査定風景 調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 査定もすごく親切だね
バイクのイメージ画像

最新!買取査定相場

Indian チーフ ダークホース【2016~現行】

下記、自動見積りの表示金額は査定現場での実際の買取額!
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い買取額を表示しています。

高額買取 お笑い芸人パッション屋良

業者の指標である買取相場を把握することは、適正価格以上での売却に繋がります!先ずは詳細な相場情報をご覧くださいませ。

より詳しくお知りになりたい方は
0120-819-118(全国対応!年中無休9:00-21:00)

出張買取予約
Indian チーフ ダークホース【2016~現行】 の買取相場

データ最終更新:2024年07月12日

  • 出張査定を予約する
  • 無料査定のご希望日時
    査定は全て無料です (お断り頂いても無料です)
    査定自体は5分。お支払いと車両の引取を含めても20分程です

    戻る 07月18日〜07月24日 進む
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    8:00-
    10:00
    10:00-
    12:00
    12:00-
    14:00
    14:00-
    16:00
    16:00-
    18:00
    18:00-
    20:00
    20:00-
    21:00
  • 郵便番号

  • 町名の先のご住所(バイクの保管場所)

  • お電話番号(ハイフンなし 数字のみ)

  • メールアドレス

  • お客様のお名前

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

Indian チーフ ダークホース【2016~現行】毎週更新の買取査定相場

Indian チーフ ダークホース【2016~現行】 買取査定に役立つ豆知識

【車両解説】Indian チーフ ダークホース【2016~現行】
Indian チーフ ダークホース【2016~現行】

ハーレーダビッドソンと双璧を成すアメリカンVツインの大御所にして二大巨頭として知られるインディアンモーターサイクルは名門バイクメーカーのひとつでしたが、数度の倒産と復活を経てきたことでも知られる存在で、1953年以降は不遇の半世紀を託っていましたが、2011年にオフロード系輸送機器の製造販売を手がけるポラリス・インダストーリー傘下となり、米国内や欧州を中心にした大排気量クルーザーで好調な業績を上げることに成功。その一環として、2015年よりラインナップに加わったのが本機・Chief Dark Horse(チーフ ダークホース)です。

同じ2015年に登場した姉妹車・チーフクラシックがパールホワイトで彩られた車体と上質なクロムパーツが奢られた華やか、かつ煌びやかで豪華なイメージなのに対し、本機チーフダークホースはその名の通り飾りっ気の一切を排除したダークスタイルを強調したビジュアルが最大の特徴。ボディやエンジンはおろかハンドルバーにフロントフォーク、果てはヘッドライトハウジングまでをも黒で統一するという徹底ぶりで、専用設計のシングルシートによって孤高のオーラを強調したソロライド専用モデルとして設計されました。全長2,630×全幅1,025×全高1,176mmの巨体はインディアン独自設計の鋳造アルミ製一体型エアボックス付きフレームが骨格となっており、大径ヘッドライトを採用しつつもブラックアウトした迫力あるヘッドライトハウジングで男らしい力強さを具現化。その下のフロントフェンダーにはイグニッションをONにすることで光を放つウォー・ボンネットが配され、ダークヒーロー然としたクールなスタイリングを醸し出す上で重要な役割を担っているのも見所だと言えるでしょう。20.8リットルという大容量タンクも車体の力強さを演出する上で大きな役割を果たしており、タンクサイドには鈍いシルバーで描かれたウォー・ボンネットをデザイン。古き佳きモーターサイクルを表現したビジュアルのよさは、宿敵・H-Dのビッグツイン群にもひけを取らない見事なもの。前3.5-16・後5-16インチのホイールサイズ、そのタイヤの半分を覆う大型フェンダー、ハンドルへ楽々と手が伸ばせる居住性と自由性の高いポジション、キーレスイグニッションによるクールな始動方式など、新車販売価格17,249ドルに見合うだけの所有感をオーナーに与えてくれる稀有な存在です。

搭載されるエンジンにはツーリングモデル・ロードマスターと同じ1,811cc(111ci)の大排気量を誇るThunder Stroke 111が採用され、乾燥重量で341kgという巨体に見合った138.90Nm/2,600rpmのトルクによる怒涛の推進力を発揮。クルーズコントロールは4速以上のギアで作動する仕様だけに街乗り時に活躍する機会がほぼないものの、長い直線や高速道路では快適な巡航速度をもたらすために抜群の働きを見せる実力派。余りにもパワフルすぎるため、頻繁にストップ&ゴーを強いられる日本の道路事情では扱いが難しいものの、ゼロスタートからの力強い加速とサンダーストロークエンジンが上げる独特の咆哮は実に心地よく、(信号さえなければ止まりたくない…)と乗り手の思わせるほど魅力のある強心臓だと言えるでしょう。

1,730mmという長大なホイールベースのため、旋回性はそこまで優秀ではありませんが、29℃の角度で取り付けられた46mm径テレスコピックフォークの動きとハンドリングは軽快なもので、モノショックサスによる衝撃吸収性の高さで乗り心地も非常に良く、道路上のギャップを踏んでもビクともしない抜群の安定感あり。フロントにはダブル、リアにはシングルながら300mmという大径のフローティングディスクと4ピストン&2ピストンキャリパーで求められる以上のストッピング性能を付与し、強烈な制動力をABSによる介入で扱いやすいものに調整している点など、H-Dのビッグツイン群とは異なるアプローチとなっているのも本機ならではの魅力のひとつで、以下の変更を経て2021年まで販売を継続。

・2016年…新登場
・2017年…エンジン見直しによる出力強化(最大トルク161.6Nm化)
・2018年…車体構成パーツ見直しによる軽量化(乾燥重量341kgから338kg化)
・2019年…マイナーチェンジ(伸縮式カートリッジタイプフォーク採用・および車体構成パーツ見直しによる軽量化(乾燥重量338kgから332kg化))
・2020年…マイナーチェンジ(エア調整機構付リアサスペンション採用・フロントホイール17インチ化・重量増加(332kgから334kg化))
・2021年…標準タイヤ変更(ダンロップ製エリートからメッツラー製クルーズテック化)

2022年モデルでは排気量を1,890cc(116ci)化したサンダーストローク116を搭載し、小径LEDヘッドライト、タンク別体型となったタッチスクリーン式の新型ディスプレイメーター、容量4.0ガロンとなったスモールタンク、フロントホイールを17インチから19インチ化しピレリ製ナイトドラゴンを標準タイヤ化。カラーリングを従来のサンダーブラックスモーク1色からステルスグレーなど複数色を設定するなど、大幅な仕様変更によって型番をTED型へと改めフルモデルチェンジとなりました。兄弟車としては同じ2022年モデルとしてラインナップに加わったチーフ ボバー ダークホース、第1世代のビジュアル性を引き継いだスプリングフィールド ダークホースらで、販売面においてはハーレーダビッドソンのFLHRXS ロードキングスペシャルが最大のライバルだと言えます。

第1世代と第2世代で大きく様変わりすることとなった本機チーフダークホースですが、第1世代の迫力ある車体へ対する評価が高く、第2世代へ移行して日が経った2024年初夏時点でもそこまで大きな値崩れは起こしておらず、屋外保管によって多少の使用感は出ているものの走行距離3,000km未満の車両が133万円にて落札され、旧モデルでも高額取引に期待できるという実例になりました。現行モデルのTED型は実動車1台と少ないものの、『極上車』を示す総合評価5点台の車両が150万2000円という価格で成約に至っていることを踏まえると、最初期型であっても高額買取に期待ができるモデルだと言えるでしょう。

チーフシリーズの派生モデルとして生を受け、今現在ではシリーズの中核を担うエース的存在となったインディアン・チーフダークホースで高額買取を狙うには業者選びが非常に重要で、モデルイヤーごとに異なる車両仕様に関する造詣の深さ、独特の咆哮を上げるサンダーストロークエンジンの特性への正しい理解、千差万別の車両コンディションを的確に見抜ける目利きの確かさなど、様々な要素を満たした買取業者に任せるのが最善です。弊社バイクパッションはそれら基準を全て満たしており、中古バイク買取業界トップの顧客満足度の高さにより、買取査定をお申し込み頂いたオーナー様からお褒めの言葉を頂戴しております。また、車両状態によっては単一店舗としては日本最多の販売台数実績を誇る直営店舗を持つ強みを活かし、再販売を前提とした「販売仕入れ価格」を適用した上で相場を大きく上回る超高額買取にも期待できます。

インディアン・チーフダークホース 全年式の買替、高額売却をお考えでしたら、買取査定は海外メーカー製モデルの価値にも精通しているバイクパッションに!

解説記事更新日:2024年07月09日

【スペック・仕様】
車名/型式/年式 Chief Dark Horse(チーフ ダークホース)/CCD型&TED型/2015年モデル(※画像・スペック共)
発売年月 2015年2月~
車両サイズ(mm)・重量(kg) 全長2,630×全幅1,000×全高1,176mm・乾燥重量341kg
シート高・最低地上高(mm) シート高660mm・最低地上高140mm
エンジン機構・最高出力・燃費 水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒・138.90Nm/2,600rpm(最大トルク)・--km/L(NA)
エンジン始動・燃料供給装置・タンク容量 セル・インジェクション・20.8リットル
新車販売価格 $17,249(※2015年当時・海外専用モデル)
【ライバル・兄弟車】最新買取相場
  • 事故 不動車
  • 実働車

【実働車の取引価格帯】 Indian チーフ ダークホース【2016~現行】

単位【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2024年7月時点から84ヶ月間遡った数字

【取引価格帯と構成比】

最高
150 ~ 160
万円
%
20
構成比
最多
80 ~ 90
万円
%
40
構成比
最低
80 ~ 90
万円
%
40
構成比

※データ更新:2024年07月12日

【状態別の取引額】 Indian チーフ ダークホース【2016~現行】

最高額
平均落札額
最低額
【評価点】
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年7月時点から84ヶ月間遡った数字

【状態別買取額の目安】

8
新車
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
7
超極上
最高
平均
最低
取引
144.0万円
144.0万円
144.0万円
1台
6
極上
最高
平均
最低
取引
150.0万円
150.0万円
150.0万円
1台
5
良好
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
132.8万円
101.5万円
85.2万円
3台
3
難有
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
2
劣悪
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台

※データ更新:2024年07月12日

  • 事故 不動車
  • 実働車

【走行距離別の取引額】Indian チーフ ダークホース【2016~現行】

最高額
平均落札額
最低額
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格

2024年7月時点から84ヶ月間遡った数字

【走行距離別買取額の目安】

0〜4999km 最高 150.0万円 3台
平均 142.3万円
最低 132.8万円
3〜5万km 最高 86.5万円 2台
平均 85.9万円
最低 85.2万円

※データ更新:2024年07月12日

  • 事故 不動車
  • 実働車

【カラー別の取引額】Indian チーフ ダークホース【2016~現行】

【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年7月時点から84ヶ月間遡った数字

【カラー別 平均買取額の目安】

119.7万円 5台

※データ更新:2024年07月12日

  • 事故 不動車
  • 実働車

【実働車|過去10年間の買取相場の推移】 Indian チーフ ダークホース【2016~現行】

最高額
平均落札額
最低額

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
※51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2024年7月時点から120ヶ月遡った数字

【平均買取相場の変動】

対前年比
+75
% up

【2023年間 vs 2024年間】

対3前年比
+13
% up

【2021年間 vs 2024年間】

年間平均
取引台数
1

過去10年間の取引台数÷10

※データ更新:2024年07月12日

自動査定の金額】は査定現場での実際の買取額です。
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い実際の買取額を表示 しています。

【グラフ領域の金額】は買取業者の転売額です。
転売額とは買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場での落札金額に当たります。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引されています。
実は買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
そのため、業者間市場での取引額(業者の転売額)から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を割引いた金額が査定現場での実際の買取額になります。
業者間での取引額から割引かれる金額は、単価の低い原付バイクで0.6万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正かつ競争力の高い割引額と言えます。
率にすると概ね2%~10%の(高額車両ほど率が低い)割引率なので、業者間での取引額の90~98%が実際の買取額となると憶えておけば、査定額の妥当性や競争力を判断する材料になることでしょう。
  • 事故 不動車
  • 実働車

Indian チーフ ダークホース【2016~現行】 上位20台の取引額 (データ更新:2024年07月12日)

落札額 評価点 車台番号 走行距離 カラー
1 Indian チーフ ダークホース【2016~現行】 150.2万円 5.5点 TEDAA6L3 445km
2 Indian チーフ ダークホース【2016~現行】 144.2万円 7.0点 CCDAA3G3 515km
3 Indian チーフ ダークホース【2016~現行】 133.0万円 4.2点 CCDAA2G3 2,318km
4 Indian チーフ ダークホース【2016~現行】 86.7万円 4.3点 CCDAA9G3 31,960km
5 Indian チーフ ダークホース【2016~現行】 85.4万円 4.2点 CCDAA9G3 32,278km

【評価点】8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車 5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪 1点:事故不動
(※3~4点の評価ながら、値段が跳ねているケースの多くは純正品の無いカスタム車です)

【走行距離】単位はkm

上記は買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札金額のデータ
業者間オークション市場では年間に約20万台の中古バイクが取引されています

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い