バイクパッションメニュー
調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 炎 矢印 個人情報不要 10秒自動査定

全車種の査定相場

データ最終更新:2019/08/07 データとは

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種
  • 総合状態
  • 車台番号
電話でお問合せ
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

駆動系にエラー発生。原因特定が困難なことも

バイク故障と整備修理のトラブル豆知識

エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

駆動系がどうもおかしいようです

症状
駆動系エラーが発生し、常にローギア状態で30km/hも出せば6,000回転になります。
レッカーでYSPに持って行き、エンジン関係の修理になるので高くなりますよと言われたので廃車の予定です。
ですがまだ修理することも諦めきれず、どうしてこうなるのか原因を知りたいです。
その理由と、修理する場合の相場(適正価格)もお願いします。

原因を把握したら、適正にしっかり対処しましょう。

駆動系エラーが発生すると、ローギアから動かせない状態で30k/hで6,000回転程になってしまうことがあります。
このような場合はエンジン関係の問題のため修理費も高くなるのが特徴です。
駆動系エラーの原因と修理する場合の相場や適正価格についてご紹介します。

原因を特定するのが困難

エンジン系のトラブルが原因の場合、エラー表示の原因を特定するためには大掛かりな分解修理が必要になるだけでなく、交換部品の点数が増えてしまうため高くつくことも多い傾向にあります。
これはエラーを検知するセンサーの異常なのか、エンジン内部自体に異常があるのか確認するための検査に時間がかかる為で、部品代をかけるか、点検や分解などの人件費をかけるかの問題になってしまいます。
簡単な整備や部品の交換で直ってしまうこともありますが、どこに原因があるか特定することが困難であり、きちんと修理を行ったという保証をするのであればどうしても高くならざるを得ないのです。

消耗品の部品だけなら安く終わることもある

ベルトやプーリーなど消耗しやすいパーツに問題がある場合は簡単な整備で直ることもありますが、この際でも1万以上の部品代がかかることも稀ではありません。
原因が特定できていない駆動系エラーであればさらに工数が増えるため、値段もかなり高くなっていきます。
全体のメンテナンスとなれば値段が10万円を超えることもあります。
これは中を開けてみないとどの部品が壊れているかわからないためで、芋づる式に増える可能性もあるからです。
車種によっても多少の変化はありますが数万円で直れば安いくらいの感覚でいた方が良く、直らなければユニット自体の交換になって金額が上がる可能性があるため注意が必要です。

日頃の整備をしっかりしていれば原因特定が容易なことも

駆動系のエラーと一言で言っても消耗部品の劣化なのか汚れが原因なのか、部品自体の故障なのか判別をすることが難しく、修理費用も高くなってしまいます。
日頃の整備をしっかり行っていれば原因の特定に役立つ場合がありますが、頻繁にバイクショップに持ち込んでメンテナンスを行っている場合や自分で積極的に整備を行っている場合に限ります。
実際に修理するより廃車にするしかないように思えることもありますが、そのような時は一旦買取査定に出してみるのも方法です。 上手くすれば廃車費用が浮くだけでなく現金でプラスになることもあり得ます。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます
事故車不動車や故障したバイクも買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
首都圏最大級のな中古販売店を有するからバイク高価買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車や不動車もどしどし買取しています
事故車不動車も買取ってます
バイク査定のお客様満足度95%超
査定風景
バイク査定のお客様満足度95%超
故障したバイク買取 お任せください