バイクパッションメニュー
バイクパッション

2006年式NC39型の良好車|CB400SB 買取査定と相場


買取させて頂きましたのは、2006年モデル・ツートンカラーのCB400スーパーボルドール
CB400SB買取価格事例と相場情報

6年前のNC39型2006年モデルとしては非常に良好な状態をキープしていた1台。

特にエンジンと外装の状態は極上の評価点である6点が付き、総合評価でも5.3点と良好な点数をお付けすることが出来ました。

純正品が欠品していた点は惜しかったですが、メーカー品で状態の良い社外マフラーもプラス査定に働きました。

2012年時点で...続きを読むは、NC39型ボルドールの平均買取額が31.5万円となっているところ、平均相場を10万円以上も上回る42.8万円の査定額で買取させて頂きました。



後発のNC42型で繰り返される仕様変更によって型落ち感が強まり相場が下落傾向にあるNC39型のCB400SB・・・
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。




上記を閉じる


  • CB400SBの買取価格
  • CB400ボルドールNC39-120
  • 2006年式のツートンカラー/ゴールド塗装のキャストホイール
  • マフラー社外品
  • 外装・保安部品綺麗
  • エンジン良好
NC39型 CB400SB買取価格実例
バイク名
CB400SB
CB400スーパーボルドール)
買取価格 428,000円
年式
2006年式
走行
ツートン・白/青/赤
走行
3,700km
車体番号
NC39-120
エンジンの状態
良好
外観の状態
綺麗
事故歴
事故歴なし
改造の有無
カスタム箇所有り(純正パーツ保有)
買取年
2012年9月
評価点
◆総合評点 5点  
(エンジン 6  車体フレーム 5  外装 6  電装保安部品 5  フロント周り 5  リア周り 5)
※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
査定のチェック箇所と項目
layout-spacer

【毎週更新の買取相場】CB400SB(NC39型/2005~06年式)

矢印
実働車CB400SB(NC39型/2005~06年式)の取引価格帯

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2019年12月時点から12ヵ月間遡った数字

apacer-for-layout
評価点別CB400SB(NC39型/2005~06年式) の平均取引額
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2019年12月時点から12ヵ月間遡った数字

評価点別の取引額

6
極上
最高
平均
最低
取引
40.2万円
40.2万円
40.2万円
1台
spacer-for-layout
5
良好
最高
平均
最低
取引
35.6万円
33.4万円
31.2万円
2台
spacer-for-layout
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
40.0万円
24.6万円
15.2万円
120台
spacer-for-layout
3
難有
最高
平均
最低
取引
22.2万円
18.9万円
15.4万円
8台
spacer-for-layout
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
18.0万円
14.4万円
6.1万円
17台
spacer-for-layout

※データ更新:2019年12月11日

spacer-for-layout
実働車CB400SB(NC39型/2005~06年式) 買取相場の推移 凡例
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2019年12月時点から48ヵ月間遡った数字

平均相場のUp Down

対前年比
-6
% down
apacer-for-layout

【2018年間 vs 2019年間】

対3前年比
-12
% down
apacer-for-layout

【2016年間 vs 2019年間】

年間平均
取引台数
150
apacer-for-layout

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2019年12月11日

apacer-for-layout
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中 状態や型式に沿った相場情報をより正確に迅速にご案内できます。フリーダイヤル 0120-819-118 layout-spacer

買取査定のポイントや詳細

買取させて頂きましたのは、2006年モデル・ツートンカラーのCB400スーパーボルドール。
2008年モデルの仕様変更でNC42型となる前のNC39型(2005~2006年モデル)で、上位カラーリングのツートンは75.6万円の希望小売価格が設定されていました。
発売から6年が経過している車両ですが綺麗な状態を保持していた1台は幾らの査定額となったのでしょうか?以下に査定内容のトピックスをご紹介させて頂きます。

■高額査定を予感させる第一印象

査定現場に到着して目にしたNC39型CB400スーパーボルドールの第一印象は「綺麗」。輝きを放つメーカー品の社外マフラーも決まっており高額査定を予感させました。
先ずは外装から査定させて頂くことに。
スーパーボルドールの特徴であるハーフカウルをはじめ、ツートンカラーのメーカー塗装が施されたタンク、テールカウル、そしてフロントフェンダー、サイドカバー、シートといった外装パーツは色褪せもほとんどなく艶と輝きを保持しています。
発売から6年が経過している車両としてはかなり綺麗で、伴って高い査定評価点となりました。

錆びや腐食が出やすいメッキや金属パーツはどうでしょうか? スプロケやチェーンに錆、スイングアームに多数の小傷が見られますが、その他錆や傷がよく見られるハンドル周りやリアサスペンション、エキパイ、ラジエーター、ブレーキキャリパーといったあたりも劣化が少なく綺麗な状態。
ツートンタイプ特有のゴールドに塗装されたホイールも買取後の磨きをほとんど必要としない綺麗な状態です。

外装・保安部品綺麗

■機能面も良い点数に

続いては機能面を見ていきましょう。
先ずは水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒・400cc HYPER VTEC SPECIIIのエンジン回りですが、シリンダーやキャブレター、ジェネレーターカバー、クランクケースには目立った劣化は見られません。
オイル漏れもなく調子のよいエンジン状態を予感させます。
セルスターターでエンジンは一発始動、アイドリングも安定して、気になる社外マフラー装着後のキャブレターセッティングもしっかりと出来ているようで、純正マフラーの静かな音とは異なったサウンドが響きます。
加速も減速もシフトチェンジも心地よく機能的にも良好なエンジンが確認できました。
伴ってエンジンについても非常に高い査定評価点をお付けすることが出来ました。
前後のサスペンションにもオイル漏れはなく伸縮に違和感はありません。
ここまで来て、純正のブレーキやクラッチレバーの先端を含め目立つ外傷のなかったCB400スーパーボルドール。
立ちごけや転倒もなかったようですが、念のために修正痕や衝撃を吸収した痕跡がないか?ハンドルストッパーやフレームの接合部を中心に見ていきます。
修正や衝撃を吸収した痕跡もなく、錆びや傷もほとんどなく良い状態であることが確認できました。ただ一か所やや広範囲に塗装はげが見られた点が細かいマイナス査定となっています。

マフラー社外品

■総合評価と買取額

以上が査定内容の主なトピックです。
6年前のNC39型2006年モデルとしては非常に良好な状態をキープしていた1台。
特にエンジンと外装の状態は極上の評価点である6点が付き、総合評価でも5.3点と良好な点数をお付けすることが出来ました。
純正品が欠品していた点は惜しかったですが、メーカー品で状態の良い社外マフラーもプラス査定に働きました。
2012年時点では、NC39型ボルドールの平均買取額が31.5万円となっているところ、平均相場を10万円以上上回る42.8万円の査定額で買取させて頂きました。

【2019年2月追記】の買取相場情報

上記内容は2012年9月時点時点の買取事例です。
2012年9月時点の相場情報に基づいて算出された査定金額です。

買取事例でご紹介させて頂きましたNC39型は、1992年に発売されたCB400スーパーフォア・シリーズの上位車種として2005年に発売されたCB400スーパーボルドールの最初の型式です。
2006年モデルでは、イグニションコイルの大型化とウインカーレンズの変更という小さな仕様変更が実施されましたが希望小売価格は据え置かれました。
この2006年モデルがNC39型の最終モデルとなり、2008年モデルからは仕様変更によって型式がNC42となりました。

なぜNC39型の歴史に触れたかといいますと、 ロングセラーの現行モデルは、メーカー希望小売価格が値上がりする仕様変更や型式変更を境に買取相場が大きく動く傾向にあります。
CB400SBも例外ではなく、2007年の型式変更、2014年と2017年の仕様変更を境に買取相場は大きく異なります。
(参考記事:【型式/モデルチェンジ別】CB400SBの買取相場

2012年から7年が経過した2019年時点では、2014年と2017年の仕様変更によってNC39型(2005~2006年モデル)のCB400スーパーボルドールの型落ち感はさらに強まっています。
はたして買取時点から7年が経過した2019年時点の買取相場はどうなっているのか?
2012年と2019年の相場を比較して、2019年であれば、いくらの査定額となっているか?

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引データを使用して、NC39型CB400スーパーボルドールの買取相場をご案内差し上げます。
業者間オークション市場での取引額とは、買取業者の転売額であり、また販売業者の仕入れ値です。つまり国内の中古バイクの相場は市場の取引額がベースとなっています。

相場の比較【2012年 ⇒ 2019年】NC39型 CB400SB 実働車
【2012年 ⇒ 2019年】NC39型 CB400SBの取引相場
【相場の変遷】 平均落札額 最高額 最低額 取引台数
2012年 34.5万円 55.2万円 20.2万円 40台
2014年 33.3万円 45.4万円 19.6万円 50台
2015年 29.2万円 39.2万円 20.6万円 50台
2018年 37.4万円 24.9万円 16.4万円 37台
2019年 25.2万円 43.0万円 15.8万円 151台
【事故車・不動車】CB400SF VTEC2
2012年 21.9万円 24.5万円 18.8万円 6台
2014年 20.4万円 31.2万円 3.8万円 5台
2015年 21.5万円 30.3万円 9.0万円 7台
2018年 14.8万円 17.9万円 10.6万円 4台
2019年 21.5万円 14.9万円 8.7万円 22台
(2012年~2018年は9月時点からから3か月間、2019年は2月時点から1年間。買取業者の転売先である業者間オークション市場の落札データを遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

■CB400SF VTEC2の買取相場は下落基調

上記は、買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引金額の推移をまとめた表です。
オートバイの買取相場には季節性があり、夏に高く、冬に低くなる傾向があります。2012年~2018年は各9月時点から過去3カ月間と季節を統一していますが、年間の傾向も把握して頂けるよう2019年は2月時点から過去1年間との集計としています。

表を見ると、NC39型(2005~2006年モデル)のCB400スーパーボルドールの相場は下落基調にあることが分かります。
実働車の平均取引額を比較すると、2012年が34.5万円、2014年が33.3万円、2015年が29.2万円、2018年が24.9万円、2019年が25.2万円となっています。
過去7年間で約3割平均相場が下落していますが、中でも2014~2018年にかけての下落幅が大きいのは、2014年と2017年に敢行されたCB400スーパーボルドールの仕様変更が大きく影響していると思われます。
(参考記事:【型式/モデルチェンジ別】CB400SBの買取相場

買取相場の上値の指標となる、市場取引の最高額はどうでしょうか?
2012年が55.2万円、2014年が45.4万円、2015年が39.2万円、2019年が43万円となっています。
極上状態であれば50万円台で取引されていたNC39型も現在では40万円台前半が上限の取引額であることが分かります。
1992~1996年モデルのCB400スーパーフォアのNC31型の平均取引額が10万円台前半まで下落していることを考えると、NC39型のCB400スーパーボルドールはまだ下がる余地があるように思われます。
今後の仕様変更やフルモデルチェンジが実施されるタイミングで更に1段下落していくことが予想されます。
NC39型のご売却をご検討中のオーナー様は、次の仕様変更が実施される前に売却されるのが高額査定の秘訣といえるでしょう。

さて、上記の金額はいずれも、買取業者の転売先である業者間オークション市場での取引金額であって、査定現場で提示される取引額とは若干異なります。
査定現場での買取額は、市場での売却想定額から買取業者の経費(出品手数料や運送費など)と儲けを差し引いた金額となります。
2019年時点での正味の査定額を纏めると下記のようになります。
  • ▼査定金額のボリュームゾーン|NC39型CB400SB
  • 極上車:30~40万円
  • 年式並~良好車:18~30万円
  • 難有車:12~18万円
  • 不動車:10~20万円
  • 事故車:~15万円

最新の買取相場をチェック!

上記の買取事例は2013年10月時点の内容です。また相場情報は2019年2月時点の内容です。

CB400スーパーボルドールのご売却をご検討中のオーナー様は、今後の相場動向が気になるところでしょう。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

CB400SB(CB400スーパーボルドール) 買取相場

CB400スーパーボルドール(NC39型)
◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 40台
平均取引価格 345,550円
最高金額 552,000円
最低金額 202,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 6台
平均取引価格 219,909円
最高金額 245,000円
最低金額 188,000円
(2012年9月2日時点の相場情報)
(相場情報=買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引データ)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

CB400スーパーボルドールに関連する買取事例

CB400 SUPER BOLD'OR ABS

CB400ボルドール

600,000円

2016年式 走行 565km
限定カラー 状態良好

CB400SF Revo

CB400SFレボ

479,000円

2010年式 走行 1,750km
エンジン良好、小傷錆び
2013年7月買取

 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
年中無休フリーダイヤル 0120-819-118
パッションだから実現できるバイク買取価格
首都圏最大級のな中古販売店を有するからバイク高価買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車や不動車もどしどし買取しています
事故車不動車も買取ってます
CB400SB(CB400スーパーボルドール)買取査定お任せください
査定風景
事故車買取査定お任せください
CB400SB(CB400スーパーボルドール)は売ろうと考え時が一番高く売れます