バイクパッションメニュー
バイクパッション

KZ1000買取価格事例と査定相場



KZ1000買取価格事例をご案内。

KZ1000の中でも査定相場が若干高い1997年式のZ1000A1でしたが、目立つ異音・白煙吹き・オイル漏れ・回転不良が認められるエンジンの状態と、ネック部分に凹みがあるふれえーむの状態だけでも
15万円近いマイナス査定となり、全体的に目立った機能的と見た目の劣化も合わさり査定価格が伸び悩んだKZT00A-000




バイク買取業界の全社が指標にしているKZ1000の査定相場もZ1000A1とZ1000A2を比...続きを読む較して詳しくご紹介しています。

最高の接客と価格で、お客様からお褒めの言葉を頂戴することも多い、

バイク買取無料査定をお気軽にお試しくださいませ。

KZ1000の買取。お客様のご期待にお応えいたします!

上記を閉じる

買取りした劣化が目立つKZ1000
  • 買取りした劣化が目立つKZ1000
  • 調子が悪いエンジンフィンの腐食
  • エンジンヘッド部分の目立つ腐食
  • オイルシール割れ・ふろんふぉフォーク点錆び
  • ウィンカーステーやヘッドライトリムの目立つ錆びや傷
  • アクセルグリップひび割れ・メーターカップ錆び
  • 1977年式のZ1000-A1
  • キャブレターやマフラーなど社外品
  • オールペンなどカスタム箇所多数のKZ1000
KZ1000(Z1000A1) 買取価格実例
バイク名
KZ1000(Z1000A1)
買取価格 500,000円
年式
1977年式(昭和52年式)
走行
15,000km
車体番号
KZT00A-000/フレーム KZT00AE/エンジン
エンジンの状態
異音・煙吐き・オイル漏れあり
外観の状態
劣化が目立つ
事故歴
なし(立ちごけ傷などあり)
改造の有無
オールペン他、カスタム箇所多数
買取年
2014年9月
評価点
◆総合評点 3点  
(エンジン 3  車体フレーム 2  外装 5  電装保安部品 3  フロント周り 3  リア周り 3)
※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
査定のチェック箇所と項目

買取査定のポイントや詳細


エンジン昨日や外装や各パーツに劣化が目立ったKZ1000
エンジンからの異音・煙吹き・オイル漏れ、フレームの凹みなど要素パーツのマイナス査定が査定価格に響きました。

買取させて頂いたKZ1000は、Z1改良モデルの後継機種で、1978年位Z1000MK2に受け継がれるまでの2年間製造販売されていた短命車種で
1997年式のZ1000A1(KZT00A-000~0274)
1998年式のZ1000A2(KZT00A-0275以降)
の2モデルが存在していますが、A1とA2で査定の相場は違うのでしょうか?
Z1Bの買取価格事例Z1000MK2の買取事例
■KZ1000の査定相場
買取時の査定価格の前提となっている相場情報を以下の指標で比較てみると
▼買取店と販売店の間で中古バイクを取引する業者間オークション市場での落札価格▼
(買取業者は業者間市場に買取した殆ど全てのバイクを出品して売却しているため、上記市場での落札価格を査定価格の基準にしています)

▼Z1000A1とZ1000Z2の落札価格の比較
KZ1000(Z1000A1/Z1000Z2)の査定相場比較
落札価格帯 Z1000A1 Z1000A2
平均落札価格 680,889円 600,600円
落札台数(合計) 9台 10台
90万円台 1台 0台
80万円台 1台 0台
70万円台 0台 1台
60万円台 4台 4台
50万円台 3台 5台
業者間市場の過去1年間の落札データ/2014年9月29日時点

35年以上前の絶版の旧車ですので落札台数が少なく傾向値としては弱いですが、
Z1000A1の方が若干、中古相場が高く、60万円台が落札の中心価格帯で、状態が良ければ応じて90万円程度まで狙えることが分かります。
対してZ1000A2は50万円台の落札が中心で伸びて70万円台といった相場になっています。
(傾向値としては弱いことに加えて、相場には季節変動等もあります)
中古の車両販売価格では、80~100万円台が中心で、カスタムや希少性をアピールして130万円を超える車両も珍しくないKZ1000ですが、
実際には、業者間市場では60万円台が中心で落札されています。落札している買い手は中古バイクの販売店ですので、実際には60万円台~90万円台で仕入れた車両を 手を加えて販売しています。旧車は純正部品が無い上に壊れやすくレストアや整備も大変なことと、実は売れにくく在庫として抱えやすいこともあって、仕入れ価格を考えると店頭販売価格は若干化粧されている傾向会があります。

■KZ1000の状態
さて、買取させて頂いたKZ1000(Z1000A1)の状態ですが、37年前の車両と言う点を考慮しても良くありません。
先ず最重要部品の1つであるエンジンですが、腰下からやや大きめの異音があり、加速時にもたつきがあり、アイドルリングや加速時に目立つ白煙を排出します。
加えてベース付近に広範囲のオイル漏れがあり、ヘッド部分を中心に腐食が激しく、再ペイントしてあるエンジンも塗装が剥げてフィン部分などの腐食が目立ちます。
もう1つの最重要部品であるフレームですが、ネック部分に凹みが有る他、再ペイントしてある塗装が剥がれて錆びが非常に目立ちます。

その他、
全体にオールペイントしてありますが、再塗装が剥げている箇所が多く、キズや錆びも全体多く、
リアショックのオイル漏れに、オイルシール割れて目立つオイル漏れがあり抜けているフロントフォーク、
カウルやフェンダー・タンクなどにやや多い小傷、
各所ステーやヘッドライト・メーターカップ・マフラー・スイングアーム・R/Fホイール・スタンド・ステップなその他各所金属の錆び、錆びで固着しかかっているボルトやナット類あり、
アクセルグリップやホースのぐむ部分の劣化やひび割れ、
シートキー紛失、インジケーター動作不良、タンク変形、
テールボックス・シートキー・ミラーレンズ・チェーンケース欠品
など全体に見た目や機能的な劣化が目立ちました。
またマフラー・キャブ・Fフェンダー・リアショック・ウィンカー類など社外品を多数装着しており純正品の価値が高い旧車としてはカスタムのぷさす査定とはなりませんでした。

以上のように、1977年式としても状態が悪かったKZ1000。
10年程前に中古でご購入されてご自身では再塗装などされていないということでしたので、オールペンなどはバイクショップでレストアと並行して行われたものと思われますが、 10年を経て非常にくたびれた状態に風化してだいぶ価値が下がってしまった車両です。
機関とフレームの状態が悪い点が大きくマイナスとなり、加えて全体的な劣化も各所に目立ち、総合としても悪い状態でしたので査定価格も連動して上がらなかったZ100A1でした。

KZ1000(Z1000A1) 買取相場

KZ1000(Z1000A1)
◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近12ヶ月間の取引価格は
取引台数 19台
平均取引価格 638,632円
最高金額 970,000円
最低金額 504,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近12ヶ月間の取引価格は
取引台数 0台
平均取引価格 No Data
最高金額 No Data
最低金額 No Data

相場情報:2014年9月29日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
年中無休フリーダイヤル 0120-819-118
パッションだから実現できるバイク買取価格
首都圏最大級のな中古販売店を有するからバイク高価買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車や不動車もどしどし買取しています
事故車不動車も買取ってます
KZ1000(Z1000A1)買取査定お任せください
査定風景
事故車買取査定お任せください
KZ1000(Z1000A1)は売ろうと考え時が一番高く売れます