バイクパッションメニュー
バイクパッション

CB1300SF買取査定相場をモデル別に事例で紹介

飽きのこない洗練されたデザインが人気!2輪の盟主ホンダのフラグシップモデルCB1300SF(1300スーパーフォア/SuperFour)の買取事例一覧です。
CB1000SFの正統な後継車種として1998年に販売開始されたCB1300 スーパーフォア シリーズ。
その後もモデルチェンジを繰り返し現在もラインナップされているホンダの主力車両です。
人気車種ということで日本最大の業者間オークションでは年間700台超の車両が出品され取引されています。
状態が良ければ取引価格が130万を超えることもあり、常に車両が供給されていることもあり相場も安定して推移しているので、年間を通して売るタイミングには事欠かない車両だと思います。
当社では月1~2台の頻度で査定依頼がありCB1300スーパーフォアの査定買取を行っております。
他業者よりもCB1300SFを見る機会が多いので確実に車両の状態を見極めて高額査定を提示出来る自信があります!
まづは以下のバイクパッションの実際の買取事例で確認してみてください!
形式、年式、事故車、不動車、様々な状態の買取を経験しているパッションだからこそ出来る満足査定!
一度ご体験くださいませ。

CB1300SF買取価格実例一覧

CB1300SF-2/SC54

CB1300SF-2

690,000円

08年式 走行 2,876km
機関良好で美車のSC54

CB1300SF初期型

CB1300SF

386,000円

98年式 走行 5,500km
年式より綺麗な初期型

CB1300SF/1999年式

CB1300SF

350,000円

99年式 走行 8,716km
カスタム車両/SC40

CB1300SF/SC54-100

CB1300スーパーフォア

450,000円

2003年式 走行 11,984km
錆びやコケ傷目立つ

CB1300SF

CB1300SF初期型

¥365,000

1983年式  走行 14,522km
外観良好

CB1300SUPERFOUR

CB1300SF

¥885,000

2014年  走行 2,384km
実走少なめでよい感じにこなれ

CB1300SF事故車・不動車

SC54型CB1300SF事故車

CB1300SF事故車

200,000円

2010年式 走行 不明
外装全損、サブフレーム曲り

CB1300SF事故車

CB1300SF事故車

10,000円

1998年式 走行 不明
車体が圧縮されている

CB1300SF欠品だらけ

CB1300SF 事故車

10,000円

2001年式 走行 不明
主要部品が殆ど無い

CB1300SF SC40型の年式とモデル

1998年~2001年発売モデルが形式SC40割り当てとなっています。
マイナーチェンジも頻繁に行われ、後期型は主に車体の軽量化に重点が置かれています。
状態が良ければ60万超で取引される場合も!10年前の車両でも大事に乗っておられれば十分高価で買取可能です。

1998年モデル SC40-100

  • 型式
    SC40型
  • 年式
    1998年
  • フレーム番号
    SC40-100~

1998年3月発売。CB1000SFを叩き台として開発されました。
排気量は1,284ccのDOHCエンジンを搭載し前後のホイールを17インチに小径化。
マフラーは左右2本出しタイプを、リヤサスペンションにダブルプロリンクを採用しています。
spacer

1999年モデル SC40-105

  • 型式
    SC40型
  • 年式
    1999年
  • フレーム番号
    SC40-105~

前後サスペンション微調整とセンタースタンドを追加しました。
カラーバリエーションが追加されました。
状態の良い1999年式が高額で取引されています!
spacer

フレーム番号がSC40-106から始まる2000年式のCB1300SF

2000年モデル SC40-106

  • 型式
    SC40型
  • 年式
    2000年
  • フレーム番号
    SC40-106~

フロントキャリパー変更で軽量化を図りました。
1998年1999年モデルより平均買取価格は上回る堅調な相場の動きをしています。

2001年モデル SC40-107

  • 型式
    SC40型
  • 年式
    2001年
  • フレーム番号
    SC40-107~

リアホイールやマフラーを変更し、より軽量化を図りました。 カラーバリエーション新色を追加しました。
SC40シリーズでは相場的には最も高値をつけていて、状態のよい車両が出回る傾向があります。
spacer

CB1300SF SC54型の年式とモデル

2003年~現在までに発売されたモデルには形式SC54割り当てとなっています。
スーパーボルドールやロングツーリング適用モデルのCB1300STといったバリエーションモデルの追加など、CB1300シリーズの人気を決定づける変更が行われました。
白バイにも採用され名実ともにバイクの代名詞とも呼べる存在となりました。

2003年モデル SC54-100

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2003年
  • フレーム番号
    SC54-100~

大規模なフルモデルチェンジを敢行しました。
リヤサスペンションのダブルプロリンクを廃止、エンジンの軽量化、マフラーを1本出しに変更、リアタイヤのショート化等々。
SC54型で最も古い2003年式。当然平均相場も一番低くなっていますが、それだけに状態が良ければ驚くほど高額で取引される場合も。

フレーム番号がSC54-110から始まる2004年式のCB1300SF

2004年モデル SC54-110

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2004年
  • フレーム番号
    SC54-110~

カラーラインナップのみの変更となっています。
この型の車両で一番高額の業者落札価格を付けたのがこのSC54-110~のフルカスタム車両でした。

フレーム番号がSC54-120から始まる2005年式のCB1300SF

2005年モデル SC54-120

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2005年
  • フレーム番号
    SC54-120~

再び細部のマイナーチェンジを敢行。大型ビキニカウル装備のスーパーボルドールモデルがランナップに追加されました。
ABS搭載モデルもこの年より追加されています。

2006年モデル SC54-130

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2006年
  • フレーム番号
    SC54-130~

ウインカーレンズやサスペンションのカラーリングなど主に塗装関係の微調整が行われました。
カラーラインナップの整理を行い、全3種に再編されました。
市場にも豊富に出回っておりその分相場も落ち着いた値動きで安定しています。

フレーム番号がSC54-140から始まる2007年式のCB1300SF

2007年モデル SC54-140

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2007年
  • フレーム番号
    SC54-140~

シートが変更された以外に大きな変更点はありませんでした。
スーパーボルドールに新色が追加されました。
堅調な値動きで時期によって価格が左右されることはないようです。

フレーム番号がSC54-150から始まる2008年式のCB1300SF

2008年モデル SC54-150

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2008年
  • フレーム番号
    SC54-150~

オートチョーク化やシート、グリップ、メーターのデザイン変更など大幅なマイナーチェンジが行われました。
またホイールがゴールドに塗装されているのが特徴の500台限定モデルが受注限定で生産されました。(SC54-151)

フレーム番号がSC54-160から始まる2009年式のCB1300SF

2009年モデル SC54-160

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2009年
  • フレーム番号
    SC54-160~

テールエンドの変更に伴いテールランプのデザインを変更しました。ツーリング適応モデルのCB1300STをラインアップに。
また白バイに採用されることになりました。同じくホンダVFRの後継機となります。
高年式に近づくごとに順調に相場も上がっていきますが、この辺の年代で市場がダブつくのか価格の谷間とでも言いますか、相場が微小ながら下落しています。

画像準備中

2010年モデル SC54-170

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2010年
  • フレーム番号
    SC54-170~

コンパインドABS搭載、シートとシートレール変更、シート高を低くセッティングするなどマイナーチェンジを実施。
時流なのでしょうかテールランプにLEDを初めて搭載しました。
SC54-170の2010年モデルは前年モデルと比べて相場が跳ね上がり、なんと前年比10%も違います。売却するなら今がその時なのかもしれません。
当社でもまだ買取実績がないので是非査定依頼をお願い致します。

フレーム番号がSC54-180から始まる2011年式のCB1300SF

2011年モデル SC54-180

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2011年
  • フレーム番号
    SC54-180~

塗装関係の変更以外は大きな変更点はありません。
ボルドールの相場がとても堅調で市場に出回る台数も通常モデルよりも多い割合で流通しています。
ボルドールタイプの方が若干値付けも高めで推移しているようです。

画像準備中

2012年モデル SC54-190

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2012年
  • フレーム番号
    SC54-190~

2012年モデルはカラーラインナップの変更のみとなっています。 まだまだ業界全体で買取事例も少ないようで、高値で売るには2012年式からという売り手市場であるようです。

画像準備中

2014年モデル SC54-200

  • 型式
    SC54型
  • 年式
    2014年
  • フレーム番号
    SC54-200~

大幅な変更点としてLEDヘッドライトの採用と騒音規制の影響でマフラーを小型化に、ミッションが5速から6速に変更となりました。

CB1300SF買取の最強店
年中無休フリーダイヤル 0120-819-118
パッションだから実現できるバイク買取価格
首都圏最大級のな中古販売店を有するからバイク高価買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車や不動車もどしどし買取しています
事故車不動車も買取ってます
バイク査定のお客様満足度95%超
査定風景
バイク査定のお客様満足度95%超
CB1300SF(CB1300スーパーフォア)は売ろうと考え時が一番高く売れます