バイクパッションメニュー
バイクパッション

RGΓ・RGVガンマ買取価格実例一覧

RGV250ガンマγVJ23A

RGV-Γ250

355,000円

VJ23A 6,128km
転倒傷あるも全体綺麗
2013年11月買取

RGV250ガンマΓ

RGV250Γ

185,000円

VJ22A-109 6,225km
年式に比して状態良好
2012年4月買取

RGV250ガンマγ

RGV250Γ

203,000円

VJ22A-113 2,800km
メンテ良好で綺麗
2012年7月買取

RGΓ・RGVガンマ事故車・不動車

RG400ガンマ

RG400ガンマ不動車

200,000円

1985年式 走行 9,296km
エンジン焼付 20年放置
2018年9月買取

RGV250ガンマΓ

RGV250ガンマΓ不動車

50,000円

VJ22A-116 走行 2,298km
10年近く放置、鍵無しロック
2011年1月買取

ガンマ買取相場


スズキのグランプリレーサー機であったRGΓのレプリカマシンとして市販されたスズキのガンマシリーズ。
2ストのレーサーレプリカは、近年買取相場が高騰していてガンマシリーズも例外ではありません。中には当時の新車価格を上回る査定価格が付くモデルもございます。
ガンマシリーズの買取相場をご案内差し上げる前に、そのシリーズの変遷を振り返ってみましょう。


ガンマシリーズの変遷
ガンマシリーズの変遷
発売 型式 新車価格
RG250Γ 1983年 GJ21A
RG250Γ 1985年 GJ21B
RGV250Γ/SP 1988年 VJ21A
RGV250Γ/SP 1990年 VJ22A
RGV-Γ250 1996年 VJ23A
RG400Γ 1985年 HK31A 65.9万円
RG500Γ 1985年 HM31A 75.9万円
(新車価格は当時のメーカー希望小売価格。RG500Γの発売年は国内向け)

■ガンマ250cc

1983年に初めて市販化されたガンマはRG250Γ。1985年にモデルチェンジが行われ型式がそれまでのGJ21AからGJ21Bとなりました。
1988年にはフルモデルチェンジが敢行され、車種名がRGV250Γ(型式VJ21A)と改められよりレーシーな仕様の上位モデルのSPが併売されました。
1990年の仕様変更では型式がVJ22Aに、1996年のフルモデルチェンジでは車種名がRGV-Γ250(型式VJ23A)へ変更され、VJ21A~VJ22A型まで併売されていたSPモデルに一本化されました。


■ガンマ400cc/500cc

グランプリレーサー機RG500のレプリカとして1985年に75.9万円で国内発売されたRG500Γ。
RG400Γはスケース版として、1985年に65.9万円で発売された翌1986年モデルが最終となり、期中に型式変更や仕様変更はなくカラーリングのみが変更されています。


ガンマシリーズの買取相場

それではいよいよ本題である『ガンマはいくらで売れるのか?』その買取相場についてご案内差し上げます。
買取業者の査定価格の指標であり、販売業者の仕入れ値であり、つまり日本の中古バイクの相場を決定している業者間オークション市場の取引データを使用して、ガンマシリーズの適切な買取相場をご案内差し上げます。


ガンマシリーズの相場
中古ガンマシリーズの取引相場
相場/
年式モデル
平均落札額 最高額 取引台数
RG250Γ
GJ21A
19.0万円 43.4万円 17台
RG250Γ
GJ21B
18.7万円 50.4万円 17台
RGV250Γ
VJ21A
18.5万円 28.0万円 11台
RGV250Γ
VJ22A
25.2万円 46.8万円 26台
RGV250Γ SP
VJ22A
36.4万円 40.6万円 2台
RGV-Γ250
VJ23A
59.8万円 94.6万円 20台
RG400Γ 52.1万円 65.4万円 15台
RG500Γ 146.0万円 186.2万円 7台

(2018年9月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

上記が250cc以上のガンマシリーズの取引相場です。
250ccガンマは高年式=高相場の傾向が鮮明となっています。
400cc以上のガンマについては、レーサー機のコピーともいえるRG500Γが平均でも150万円弱で取引されています。

上記の金額はいずれも市場での取引金額であり、査定現場での買取額とは若干異なります。
何が異なるかというと、市場での取引額は買取業者にとっての転売金額であり、市場で売れる金額で買取すると赤字になってしまいます。
市場での取引金額から買取相場を逆算する方法は簡単です。
市場での取引額から、買取業者の儲けと経費(出品手数料や運送費など)を差引けば算出できます。
では、買取業者の儲けと経費はいくらなのか?
250ccの場合は3万円程度、400~500ccの場合は3.5万円程度がが適正でお客様にとって競争力のある買取額といえます。

右肩上がりの買取相場が続いている2ストのレーサーレプリカシリーズ。
状態の良いガンマの個体は減少傾向にあり、今後も需給は売り手有利な状態が続き、買取相場は上昇基調にあると思われます。
またガンマシリーズは、故障を直そうにも部品が存在しないこともあって、パーツ取りの事故車も、レストアベースの不動車や故障車も旧車部品のプレミアム価値を見積して、高値の査定金額をお付けすることが出来ます。
ガンマシリーズのご売却をご検討中のオーナー様は、今後の相場動向が気になるところでしょう。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。


RGΓ・RGVガンマ買取の最強店
年中無休フリーダイヤル 0120-819-118
パッションだから実現できるバイク買取価格
首都圏最大級のな中古販売店を有するからバイク高価買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車や不動車もどしどし買取しています
事故車不動車も買取ってます
バイク査定のお客様満足度95%超
査定風景
バイク査定のお客様満足度95%超
RGΓ・RGVガンマは売ろうと考え時が一番高く売れます