バイクパッションメニュー
バイクパッション

全車種の査定相場

データ最終更新:2019/11/08 データとは

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種
  • 総合状態
  • 車台番号
電話でお問合せ
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

ノーマルのVJ23A|RGV-Γ250買取価格実例


VJ23A型 RGV250ガンマγ買取価格実例 。

マフラーに目立つ転倒傷ありますが、1996年モデルとしては状態が良くVJ23A型の中でも上位の買取金額が付いた事例をご紹介。


近年相場が高騰している2ストレーサーレプリカの中でも、筆頭格といえる国内最終2ストレプリカとなったVJ23A型ガンマ。相場高騰の変遷を2013年時点と2018年時点の相場を比較して、その驚異の値上がり率もご案内いたしております。

RGV250ガンマ/VJ23A査定の目安に...続きを読むなる相場情報も合わせてご紹介しています

上記を閉じる

買取りしたRGV250ガンマγ
  • 買取りしたRGV250ガンマγ
  • 最終モデルのVJ23A
  • 前ホイールに小傷多い
  • シートもへたり少ない
  • 上部から見たガンマ
  • メーターカバー内部変色
  • マフラーの転倒傷
  • タンクに小傷
  • フルノーマルで査定価格の伸びたRGVガンマ250
RGV-Γ250買取価格実例
バイク名
RGV250ガンマγ(VJ23A)
買取価格 355,000円
走行
6,128km
年式
1996年式
車体番号
VJ23A-100
エンジンの状態
年式を考えると良好
外観の状態
年式を考えると良好(塗装剥離、錆び、変色、小傷などあり)
事故歴
なし
改造の有無
フルノーマル
買取年
2013年11月
評価点
総合評点:4点
(エンジン4 車体フレーム5 外装4 電気保安4 フロント4 リア5)
※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
査定のチェック箇所と項目
layout-spacer

【毎週更新の買取相場】 RGV-Γ250 (VJ23A型/最終1996年式)

矢印
実働車 RGV-Γ250 (VJ23A型/最終1996年式)の取引価格帯

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2019年11月時点から24ヵ月間遡った数字

apacer-for-layout
評価点別 RGV-Γ250 (VJ23A型/最終1996年式) の平均取引額
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2019年11月時点から24ヵ月間遡った数字

評価点別の取引額

4
軽い難
最高
平均
最低
取引
101.2万円
64.9万円
36.0万円
22台
spacer-for-layout
3
難有
最高
平均
最低
取引
83.2万円
62.6万円
44.4万円
7台
spacer-for-layout
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
54.8万円
42.4万円
30.0万円
5台
spacer-for-layout

※データ更新:2019年11月8日

spacer-for-layout
実働車 RGV-Γ250 (VJ23A型/最終1996年式) 買取相場の推移 凡例
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2019年11月時点から48ヵ月間遡った数字

平均相場のUp Down

対前年比
+35
% up
apacer-for-layout

【2018年間 vs 2019年間】

対3前年比
+79
% up
apacer-for-layout

【2016年間 vs 2019年間】

年間平均
取引台数
15
apacer-for-layout

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2019年11月8日

apacer-for-layout
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中 状態や型式に沿った相場情報をより正確に迅速にご案内できます。フリーダイヤル 0120-819-118 layout-spacer

買取査定のポイントや詳細

1998年~1998年にかけて製造されていたRGV250ガンマΓの中で
1996年以降に発売された最終型(VJ23A)のガンマ
国内では2ストレーサーレプリカの最終モデルとして根強い人気を博し、
中古相場もVJ21A、VJ22Aと比べても高値で流通している車両です

■エンジン周り
若干エンジンのかかりが悪いですが、年式を考えると状態は良好
錆びや若干の異音、らじえたーフィンの一部に凹みあり

■ハンドル/足回り
前後ホイールに小傷多くペイント禿げ、
ステム、スイングアーム、リアショックに小錆び

■電装保安部品
メーターカバー内部変色、ウィンカーカバーやミラーレンズに小傷
マフラーに転倒傷と凹み、エキパイ変色と小傷

■外装/フレーム
アッパーカウルステー曲り、前後フェンダー取り付け不良、
タンク、アンダーカウルに小傷、アッパーカウル塗装色むら
ステップ、スタンドに小傷と錆び

■カスタム箇所
フルノーマル

■全体
マフラーに目立つ転倒傷ありますが、15年以上前の車両としては綺麗な状態を
維持しているVJ23AのRGVガンマ250です。
特に目立った劣化や損傷もなく、フルノーマルであったことがプラス査定に働き
VJ23Aの中でも上位の買取金額が付いたガンマでした。

【2018年12月追記】の買取相場情報

上記の事例は2013年の11月時点の買取で、下段の相場情報も同様に2013年の11月時点の情報です。
国内最後の2スト レーサーレプリカとなったVJ23A型のRGV-Γ250。近年、買取相場が高騰している2stレーサーレプリカの中でもNSR250Rの最終モデルと同様にプレミアム相場を形成している車種です。
2013年時点と比べて、2018年現在では、買取相場はどのように変化しているのでしょうか?
買取業者の査定価格の指標であり、販売業者の仕入れ値であり、つまり日本の中古バイクの相場を決定している業者間オークション市場の取引データを使用して、様々な切り口でVJ23A型の買取相場をご案内差し上げます。

 相場の比較【2013年⇒2018年】VJ23A型ガンマ
VJ23A型ガンマ 取引相場の比較|2013年 vs 2018年
平均落札額 最高額 取引台数
2012年 14.1万円 29.6万円 19台
2019年 61.7万円 101.2万円 21台
(2013年11月時点と2018年11月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

2013年の平均取引額が29.6万円だったのに対して2018年は61.7万円と実に2倍以上の相場となっています。
30年以上前のマシンであるVJ23A型は状態の良い車両は球数が少なく、今後も需給はさらに売り手有利の相場となることが予想されます。
続いては、更に詳しく2018年時点での相場情報を掘り下げてご案内差し上げます。

買取価格を決定する最も重要な要素である『状態』
買取業界では、総合的な車両の状態を評価する点数があり、30年以上前のマシンであるRGV-Γ250(VJ23A)の場合は下記のような点数で状態を示すことができます。
  • ▼状態を表す評価点の目安|RGV-Γ250(VJ23A)
  • 評価点5 極上車
  • 評価点4 状態が良く綺麗
  • 評価点3 年式並みで若干の難有り
  • 評価点2 実働車だが劣悪
  • 評価点1 事故車や不動車
それでは、踏まえまして状態によって買取相場に差はあるのか?買取相場の前提指標である業者間オークション市場の取引データを見てみましょう。

VJ23A型 RGV250ガンマ|評価点別の取引相場
状態/
落札価格帯
評価点
4
評価点
3
評価点
1
100万円台 1台 0台 0台
90万円台 1台 0台 0台
80万円台 0台 0台 0台
70万円台 2台 1台 0台
60万円台 6台 1台 0台
50万円台 4台 0台 0台
40万円台 2台 2台 1台
30万円台 1台 0台 2台
(2018年11月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

2018年11月時点で、直近1年間に21台の実働車が、3台の事故車・不動車が取引されたVJ23A型 RGV250ガンマ。
実働車の最高取引額は101.2万円、最低額は36万円、平均は61.1万円となっています。
最上位の101万円と73万円で取引された2台は、VG23A型の中でも最終モデルである点が評価されて取引価格を押し上げています。特に101万円で落札された個体は最終のラッキーストライクのグラフィックパターンが高い取引額に繋がっています。
VG23A型の最終モデルで状態が良ければ、80~100万円程度の金額で取引される相場となっています。
VG23A型が販売された1996年モデルに限定すると、40~70万円台前半に取引が集中していますので、状態に応じて市場では40~70万円で取引される可能性が非常に高いと見ることが出来ます。

事故車や不動車になど実働状態にない評価点1の車両は3台が取引されています。
44万円で取引されたのは長期間放置されていたためにエンジンがかからなくなった不動車ですが、外装が非常に綺麗なことからキャブのオーバーホールやプラグ・バッテリー交換で実働化できることが予想でき、 実働車に準じた相場から実働化コストを差し引いた金額での取引となっています。
32.6万円と、30万円で取引された2台はフロントが潰れている事故車で一見して事故車と分かる状態ですが、パーツ需要も非常に高くパーツ自体も高値で取引されるVJ23A型 RGV250ガンマはたとえ部品取りの状態であったとしても 最低でも10万円以上での取引が見込めることいえるでしょう。残存パーツの価値によっては20~30万円程度まで取引額が伸びるでしょう。

上記の金額はいずれも市場での取引金額であり、査定現場での買取額とは若干異なります。
何が異なるかというと、市場での取引額は買取業者にとっての転売金額であり、市場で売れる金額で買取すると赤字になってしまいます。
市場での取引金額から買取相場を逆算する方法は簡単です。
市場での取引額から、買取業者の儲けと経費(出品手数料や運送費など)を差引けば算出できます。
では、買取業者の儲けと経費はいくらなのか?
市場での平均取引額が50万円を超える250ccの場合、4万円程度が適正でお客様にとって競争力のある買取額といえます。
市場での平均取引額から2.5万円を差し引いた、査定現場での買取相場は下記のようになります。
  • ▼査定現場での買取相場【2018年】|RGV-Γ250(VJ23A)
  • 最終モデルで状態が良い:70~90万円台
  • 1996年モデルで状態が良い:50~60万円台
  • 1996年モデルで年式並み:30~40万円台
  • 不動車:20~30万円台
  • 事故車:10~20万円台

今後も相場の値上がりが期待できるVJ23A型 RGV250ガンマ。売却をご円筒中のオーナー様にとっては、最新の相場情報が気になるところ。
最新の相場情報は、個人情報不要の自動査定からご確認して頂けます。

ガンマの買取査定は丁寧対応と、2ストレプリカの価値を余すところなく積み上げて高額査定が評判!旧車の買取に強い弊社バイクパッションにお任せください。

RGV250ガンマγ(VJ23A) 買取相場

RGV250ガンマ(VJ23A型)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 19台
平均価格: 296,211円
最高価格: 450,000円
最低価格: 182,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 7台
平均価格: 184,000円
最高価格: 242,000円
最低価格: 113,000円

相場情報:2013年11月20日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

RGV-Γ250に関連する買取事例

RGV250ガンマγ

RGV250Γ

203,000円

VJ22A-113 2,800km
メンテ良好で綺麗
2012年7月買取

RGΓ・RGVガンマ買取の最強店
年中無休フリーダイヤル 0120-819-118
パッションだから実現できるバイク買取価格
首都圏最大級のな中古販売店を有するからバイク高価買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車や不動車もどしどし買取しています
事故車不動車も買取ってます
RGV250ガンマγ(VJ23A)買取査定お任せください
査定風景
事故車買取査定お任せください
RGV250ガンマγは売ろうと考え時が一番高く売れます