バイクパッションメニュー
バイクパッション

エリミネーター買取価格実例一覧

エリミネーター250SE(ELIMINATOR250SE)買取

エリミネーター250SE

50,000円

走行 9,500km
状態良好

エリミネーター250V(ELIMINATOR250V)買取

エリミネーター250V

330,000円

走行 4,299km
年式より綺麗

エリミネーター250V

エリミネーター250V

260,000円

走行 2,153km
転倒車両:タンク凹み大

エリミネーター400SE

エリミネーター400SE

115,000円

92年式  走行 10,000km
年式を考えると状態良好

エリミネーター事故車・不動車

エリミネーター250LX不動廃車買取

エリミネーター250LX廃車

10,000円

走行 11,000km
長期間放置、錆び・欠品多数

エリミネーター250Vエンジン焼き付き

エリミネーター250V

45,000円

走行 9,378km
エンジン焼き付き

エリミネーター400SE

エリミネーター400SE

55,000円

92年式  走行 11,347km
2年放置、錆び劣化あるも綺麗

エリミネーター250SE

エリミネーター250SE

7,000円

走行 6,777km
4年放置、部品盗難被害、書類無し

エリミネーター400-2(Eliminator)

エリミネーター400-2

11,000円

99年式  走行 35,000km
損傷の激しい不動廃車

何度消えても復活する。125ccから1000ccまで完全制覇「エリミネーターシリーズ」

エリミネーターが初めてカワサキから発売されたのは1985年のこと。
最初にエリミネーター750/900が発売されました。
車体を共通とし、それぞれにスーパースポーツGPZ750R/900Rの水冷4サイクル4気筒DOHCを搭載。
低く構えたポジション、タンクからはみ出したエンジンなど、アメリカンとは一線を画す「ドラッグレーサーレプリカ」という新たなカテゴリーを切り開きました。

エリミネーターの系譜

1986年にはエリミネーター250/400を発売。
エリミネーター250にはスポーツモデルGPX250Rの水冷4サイクル2気筒DOHCを搭載。
エリミネーター400には、当時ベストセラーモデルだったGPZ400Rの水冷4サイクル2気筒DOHCを搭載。
スポーツバイク譲りのしなやかな走りで、多くのファンを獲得しました。

1988年にエリミネーター250/400はマイナーチェンジします。
これまでのスタイルをアメリカンに寄せて、メッキパーツを多用したラグジュアリーなモデル「LX」と、ビキニカウルやアンダーカウルを装着したハードなモデル「SE」の二つに分かれます。
中排気量が人気を得る中で、エリミネーター750は販売台数が伸び悩み、4年間で約1000台程度が発売されるにとどまりました。

排ガス規制などで一旦エリミネーター・シリーズは姿を消します。
復活はないと思いきや、1995年に突如エリミネーター400のニューモデルが発売。
初期型同様1本化され、アメリカンっぽいデザインで登場。
カラーは精悍なブラックと、ド派手な紫/黄をラインナップ。
しかし同時期によりアメリカンらしいモデルVALCANも併売していたことにより、Newエリミネーター400は静かに姿を消しました。

とうとう途絶えるかと思われたエリミネーターでしたが、1997年にエンジンをV型2気筒に変え、ドラッグレーサーイメージを復活させた「エリミネーター250V」と、タイで生産され単気筒エンジンを搭載した125ccの「エリミネーター」を発売。
不死鳥のように蘇りました。
「排除する」という意味を持つエリミネーター。
その名の通りライバルを退け、カワサキのもうひとつの顔として、長きに渡りその名を残しました。

なお、輸出モデルとして400ccと車体を共通としたエリミネーター600が、車名にはエリミネーターと付かないものの形式番号を共有するZL1000があり、エリミネーターシリーズは小型車・中型車・大型車すべての全排気量を完全制覇しています。

エリミネーター250/400

シリーズで国内販売が多かったのは、250/400です。
エリミネーター900にはヤマハ・V-MAXという強力なライバルがいましたし、エリミネーター750は逆輸入車が主流となりつつある当時のバイク事情の中で魅力が発揮されませんでした。
250/400には競合するバイクがなく、このカテゴリーのバイクとしては唯一無二の存在でした。

1986年に登場した初期型エリミネーター250/400は、GPX250R/GPZ400Rのエンジンを中・低速にセッティングして搭載。
最高出力40ps(GPX250Rは45ps)を発揮。
高速巡行をものともしない走行性を誇ります。
リアタイヤは1490/1550㎜/と太く、クラスを越えた存在感をアピールしていました。

エリミネーター250/400LX

エリミネーター250 LXのキャッチコピーは、「もっと遠くへ、ゆったりと。
時間を見つめるスポーツクルーザー、エリミネーター250LX。」その名の通りクルーザータイプのエリミネーターです。
基本設計はそのままにキャストホイールからスポークホイールに履き替え、メッキパーツをふんだんに取り入れ、ラグジュアリーさを演出。
250ccクラスは、たった1年でマイナーチェンジが図られるなど、細かな見直しが行われています。

エリミネーター250/400SE

エリミネーター250SEのキャッチコピーは、「男たちよ、とっておきの表情を用意しろ。」スパルタンなイメージを前面に押し出し、メッキだったミラーがブラックになる、アンダーカウルが装着されるなど、マイナーチェンジごとに硬派なイメージを高めていきました。
「男カワサキ」といわんばかりのスタイルは、古くからのカワサキファンからも人気となり、人気マンガ「GTO」の原型となった「湘南純愛組」にも登場しています。

■エリミネーター250SEスペック

エンジン水冷4ストローク2気筒 248cc
最高出力40ps/12,500rpm
最大トルク 2.4kg・m/10,000rpm
全長(mm)2,140
全高(mm)1,100
全幅(mm)745
車両重量(乾燥重量)143kg
変速機6速マニュアル
フロントタイヤサイズ100/90-17
リアキャリアサイズ140/90-15
燃料タンク容量12.0L

■エリミネーター400SEスペック

エンジン水冷4ストローク4気筒 398cc
最高出力54ps/12,000rpm
最大トルク 3.4kg・m/10,500rpm
全長(mm)2,210
全高(mm)1,065
全幅(mm)795
車両重量(乾燥重量)192kg
変速機6速マニュアル
フロントタイヤサイズ110/90-18
リアキャリアサイズ150/80-15
燃料タンク容量12.0L

エリミネーター250V

1997年に並列4気筒モデルとは系譜が異なるニューモデルELIMINATOR250Vが発売されました。
新たにV型2気筒エンジン「VN250AE」を搭載。
これまでのドラッグレーサー的なイメージを残しながら、新しい時代のエリミネーターといえるスマートなデザインが特徴的です。
出力は1999年式前期型までが38馬力、それ以降は平成11年度排ガス規制に対応するため35馬力となっています。

他車の250ccクラスのアメリカンバイクが5速ミッションを採用するのに対して、エリミネーター250Vは6速ミッションを採用。
高速でも音を上げないしなやかな走りと、250ccには見えない大柄な車体が人気でしたが、2007年年9月の平成18年排ガス規制により生産終了されています。

■エリミネーター最終形スペック

エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒
総排気量249cc
最高出力(KW/rpm) 26(35PS)/12500
最大トルク(N・m/rpm) 24(2.4kgf・m)/9500
変速機形式6段リターン
タンク容量(L)13
全長(mm)2355
全幅(mm)775
全高(mm)1075
シート高(mm)690
総重量(kg)186
年中無休フリーダイヤル 0120-819-118
パッションだから実現できるバイク買取価格
首都圏最大級のな中古販売店を有するからバイク高価買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車や不動車もどしどし買取しています
事故車不動車も買取ってます
バイク査定のお客様満足度95%超
査定風景
バイク査定のお客様満足度95%超
エリミネーターは売ろうと考え時が一番高く売れます