全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

社外ディスクローターの種類と選び方。取付方法と交換費用の目安

社外ディスクローターについてバイクパッションがお届けする有益な情報の数々。
失敗しない選び方…。正しい取付方法…。等々、これを熟読しておけば大丈夫!
社外ディスクローターならバイクパッションにお任せ!

ディスクローターについて

ディスクローターとはディスクブレーキのかなめのような存在です。
ディスクローターをブレーキパッドで挟むことで、摩擦が生まれ、スピード(回転)が熱に変わりブレーキがかかるという訳です。
中古のバイクの走行距離が正しいかどうかを見極める際にこのディスクローターの削れ具合をさわってやると、一つの指標になります。
明らかにブレーキローターが削れていると走行距離がかなり多いということです(3万キロ以上)。
なお、削れ具合が分かる原理ですが、ディスクローターがブレーキパッドとの摩耗で削れるのは、お互いが接触している部分だけで、ディスクローターの外周部分は削れず、削れているところと段差ができるので、どのくらい削れたがすぐにわかります。
バイクの場合、ディスクローターは見た目の問題により(錆びないように)ステンレスで作られています。
ですので、車ほど気を使って保存する必要は無いです。
因みに車のディスクローターはステンレスでなく鉄です。
また、ディスクローターが錆びたり、石鹸が付いてしまってもブレーキをすることで取れます。
バイク用のディスクローターは大抵の場合、軽量化のために穴がたくさん開いたドリルドローターとなっています。
多くのバイクのブレーキローターは純正の段階からフローティングディスクローターとなっており、放熱性に優れています。
最近ではディスクローターは、波上になったウェーブローターが多いです。
ウェーブローターに関しては色々な意見があるようですが、私は見た目的にもかっこよいのではと思います。
実際、一部のバイクは、メーカーの純正でウェーブローターが装備されています。
ディスクローターに求められる要素としては放熱性、強度がありますが、ウェーブローターでは放熱性に優れている一方、強度において疑問視されている場合もありますが、メーカーが純正で装備している場合では問題は無いです。
一般的にディスクローターを交換したからブレーキ能力が上がるということはあまりありません。
ただ、ディスクローターは編摩耗していくパーツですので、大分編摩耗しているディスクローターからの交換になるとブレーキのききが良くなったように感じるかと思います。
尚、ディスクブレーキはブレーキパッドが摩耗し、ディスクローターはそんなに摩耗しないものですので、基本的にそんなに頻繁に交換する部品ではないです。
ディスクローターは、過度な使い方をしないなら10万キロ走っても交換の必要がでないような部品です。

選び方

純正品でも良いのですが、社外品であればサンスターが高品質で見た目も良くおすすめです。
ブレーキローターは編摩耗してから交換すれば良いので、あえて純正からカスタムするパーツでは無いです。
ですが、せっかく交換となるならサンスターやブレンボなど高品質ディスクローターなものに交換するのも良いです。
当たり前ですが、自分のバイクに対応したブレーキローターに交換する必要があります。

取り付け

ホイールを取り外しますので、大抵の人は自分でできるレベルでは無いです。
信頼できる店で交換をお願いしましょう。

交換

ホイールを取り外すことができれば、後はブレーキローターを交換するだけです。
ただし、ロックナットを使っている可能性が高いためやはり、素人のさわる場所ではないです。
注意点としては締め付けトルクを守るためにトルクレンチで締め付けることがあります。
ロックナットの処理をする必要がある場合、処理をします。
難しい作業のようですが店でする分にはそれほど難しい作業ではありませんので、工賃もあまりかかりません。

費用

交換工賃は一つのディスクローターにつき3000円くらいです。
ブレーキローター自体の値段は後輪7000円くらいから、前輪なら1万円くらいからです。

バイクごとの違い

特にどのバイクでディスクローターを交換しがちだということはないです。
ハードブレーキングが多く、距離を乗るのであれば交換する必要がでてきます。
例えば、エンジンブレーキばかり使っているのなら、パッドは当たり前として、ほとんどディスクローターは摩耗しませんが、エンジンブレーキばかりではエンジンが痛みますので、積極的にブレーキを使ってスピードの制御をしましょう。

カスタム

カスタムをするとしたら、普通のディスクローターのバイクをフローティングローターに交換するくらいのものだと思われます。
ですが、よほどのことがない限り、あえてカスタムするパーツでは無いです。
一部のバイクではシングルディスクブレーキをダブルディスクブレーキにカスタムしますが、バネ下が重くなることに注意しましょう。
また、バネ下の軽量化のためにウェーブローターがありますが、キャリパーはどっちにしろ重たいですので、やはり注意が必要です。

社外品

サンスターのディスクローターが有名です。
ブレーキと言えばブレンボですが、ブレンボのディスクローターもあります。
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

社外ディスクローターのついたオートバイの買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118