廃車処分予定のバイクに査定額が付いたイメージ
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 え~ッ!値段が付いた
全車種の買取相場

データ最終更新:2020年07月03日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

買取(引取)したバイクの廃車手続きを無料代行

廃車手続きまで無料代行

買取(引取)したバイクの廃車手続きを無料代行

弊社バイクパッションでは買取業務の一環としてお客様から買取(引き取り)したオートバイの廃車手続きを 無料で代行しています。
当社にて廃車手続きが完了した後、お客様に廃車証のコピーをご郵送いたしております。
また弊社では、処分でお困りのバイクを車種や状態にによって買取(無料引き取り)しています。
炎上したスクラップ車両や海水に水没した車両、事故でオートバイの原型を失った車両等々どんな状態でも回収可能です。
買取販売店の強みを生かし再利用な可能なパーツ価値を余すところなく計上することで、査定額が付き買取となるケースも珍しくありません。

ご自分で行うバイクの廃車手続き(抹消登録)

125cc以下の原付(標識交付証明書)

  • ▼廃車手続きの手順と必要なもの
  • 1)下記の必要書類を準備
    ●取り外したナンバープレート(返納できない場合は、警察署から発行される紛失届の受理番号を別途記載します)
    ●廃車申告書(役場またはホームページからも入手可能)
    ●標識交付証明書(紛失して無い場合でも登録時のご名義とご住所が分かれば、警察署から発行される紛失届の受理番号を別途記載することで手続きは完了できます) ●印鑑(シャチハタ・三文判・認印でも可/郵送の場合は押印)
    ●ナンバープレート
  • 2)市区町村の役場(または郵送)で手続きを行います
  • 3)廃車証(軽自動車税廃車申告書兼標識返納書)を受け取る
  • 4)自賠責保険や任意保険の払い戻し請求
    バイク廃車手続きが済んで、自賠責保険の有効期限が残っている場合には、保険会社に返還請求をすることで返戻金が残存期間に応じて償還されます。

126~250cc(軽自動車届出済証)

  • ▼廃車手続きの手順と必要なもの
  • 1)以下の必要書類を準備
    ●取り外したナンバープレート(返納できない場合は、警察署から発行される紛失届の受理番号を記載した理由書が別途必要になります)
    ●印鑑
    ●軽自動車届出済証 (紛失して無い場合でも登録時のご名義とご住所が分かれば、警察署から発行される紛失届の受理番号を記載した理由書を添えることで手続きは完了できます
    ●軽自動車届出済証返納届(陸運局の用紙販売所にて入手します)
    ●軽自動車届出済証返納証明書交付請求書(陸運局の用紙販売所にて入手します)
    ●軽自動車税申告書(陸運局の用紙販売所にて入手/軽自動車税の課税対象から外すために必要な書類です)
  • 2)126cc~250ccのバイク廃車手続きを行う場所はナンバープレートを管轄する陸運局 (運輸局)にて行う事になりますので、必要書類を持って廃車手続き(抹消登録)を行います。
  • 3)自賠責保険や任意保険の払い戻し請求
    バイク廃車手続きが済んで、自賠責保険の有効期限が残っている場合には、保険会社に返還請求をすることで返戻金が残存期間に応じて償還されます。
  • 4)その他、注意点
    ●126cc~250ccを廃車手続きする際に、管轄陸運局の圏外に引越しを行っている場合は、転入抹消(管轄陸運局を変更する転入手続きを行った上で抹消=廃車手続き)となりますので転入登録の際に住民票が必要となります。
    ●126cc~250ccの廃車手続きは、手続き自体を代理人に依頼する場合でも委任状は必要ありません。
    ●軽自動車届出済証の所有者と使用者が違う場合は、所有権の解除手続きが事前に必要となります(弊社では買取/引取したバイクの所有権の解除手続きも無償代行致しております)

251cc以上(車検証対象のバイク)

  • ▼廃車手続きの手順と必要なもの
  • 1)以下の必要書類を準備
    ●取り外したナンバープレート(返納できない場合は、警察署から発行される紛失届の受理番号を記載した理由書が別途必要になります)
    ●印鑑
    ●車検証 (紛失して無い場合でも登録時のご名義とご住所が分かれば、警察署から発行される紛失届の受理番号を記載した理由書を添えることで手続きは完了できます
    ●抹消登録申請書(抹消登録申請書は陸運局にて入手)
    ●350円分の手数料印紙を貼付した手数料納付書(手数料納付書と印紙は、陸運局にて入手)
    ●軽自動車税申告書(陸運局の用紙販売所にて入手/軽自動車税の課税対象から外すために必要な書類です)
  • 2)251cc以上のバイク廃車手続きを行う場所はナンバープレートを管轄する陸運局 (運輸局)にて行う事になりますので、必要書類を持って廃車手続き(抹消登録)を行います。
  • 3)自賠責保険や任意保険の払い戻し請求
    バイク廃車手続きが済んで、自賠責保険の有効期限が残っている場合には、保険会社に返還請求をすることで返戻金が残存期間に応じて償還されます。
  • 4)その他、注意点
    ●126cc~250ccを廃車手続きする際に、管轄陸運局の圏外に引越しを行っている場合は、転入抹消(管轄陸運局を変更する転入手続きを行った上で抹消=廃車手続き)となりますので転入登録の際に住民票が必要となります。
    ●251ccの廃車手続きは、手続き自体を代理人に依頼する場合には委任状が必要となります
    ●軽自動車届出済証の所有者と使用者が違う場合は、所有権の解除手続きが事前に必要となります(弊社では買取/引取したバイクの所有権の解除手続きも無償代行致しております)

排気量別の廃車に掛かる費用

  • ▼廃車にかかる実費
  • 125cc以下:0円(郵送の場合には郵送費)
  • 126~250cc:0円(交通費などは除く)
  • 251cc以上:印紙代の350円

廃車手続きに役立つ豆知識

ナンバープレートが無い場合

廃車手続きに先立って(1)遺失届の提出(2)受理番号の取得(3)理由書の記述が必要となります。 先ず警察署に遺失届を届け出て受理番号を取得します。管轄の警察署によってはホームページから遺失届の届け出が可能で、電話で受理番号を聞くことも出来ます。
受理番号を取得したら、続いて陸運局で廃車手続きを行います。
標識が無い場合は、「紛失年月日」「届出警察署」「届出年月日と受理番号」を記入した理由書を廃車(登録抹消)の申請用紙に添えて廃車手続きを行います。
(参考記事:標識(ナンバープレート)の無いバイクの買取と査定額への影響)

登録書類が無い場合

上記、左記、ナンバープレートが無い場合の手順と同様に廃車手続きに先立って(1)遺失届の提出(2)受理番号の取得(3)理由書の記述が必要となります。
加えて、ご登録時のご名義とご住所を記入することが必要となります。
ご登録時のご名義とご住所が分かれば、理由書を添えることで廃車手続きを完了させることが出来ます。
ご登録時のご名義とご住所が不明な場合は、廃車手続きを完了させることが出来ません。
(参考記事:登録書類の無いバイクの買取と査定額への影響)

代理人に廃車手続きを依頼する場合

ご本人でなくても廃車手続きを完了させることが出来ます。
例えば行政書士に依頼した場合の代行費用は2,000~5,000円が相場です。
弊社バイクパッションでは、買取(引取)したバイクの廃車手続きは全て無償で代行いたしております。
(参考記事:弊社が廃車手続きを無料で代行している理由)

代理人への委任状の書き方

251ccの廃車手続きは、手続き自体を代理人に依頼する場合には委任状が必要となります
当事者以外の方がバイクの廃車手続きを行うには、陸運局に新旧所有者の自筆による「委任状」を提出する必要があります。
まずは紙の最上部に「委任状」と大きく分かりやすい字で書いてください。
次に受任者(実際に窓口に行かれる方のことです)の住所・氏名を記入し、その下に「上記の者を代理人として定め、廃車手続きを委任します」という一文を書き込みます。
その下には廃車手続きを行うバイクの登録番号(車体番号等)を書類に記入されている通りに書き、最下部に委任者の住所・氏名・捺印を行って完成となります。

125cc以下の原付は郵送でも廃車手続き可能

125cc以下の車両については、日本全国どこの市区町村役場でも郵送にて廃車手続きが可能です。

お引っ越しをされて管轄陸運局が遠くなった

126cc以上の陸運局の管轄車両の場合、廃車手続きは陸運局で行う必要があります。
お引っ越しなどで登録した陸運局が遠方にある場合は、住民票のある管轄陸運局で転入手続きを行ったうえで抹消登録を行うと効率的でしょう。

登録書類の所有者と使用者が異なる

ローンで購入したバイクなどで所有者が購入したバイク店となっている(所有権が入っている)状態です。そのままでは廃車手続きを完了させることが出来ません。 廃車手続きの事前に所有権の解除手続きを済ませる必要がります

  • ▼所有権の解除手続きの手順
  • 1)ローン会社から完済証明書を取得します(ローンが残っている場合は取得することが出来ないため廃車手続きを行えません)
  • 2)完済証明書を添えて所有権の解除を証明する書類に所有者の社判を押印してもらいます(バイク店によっては手数料を請求するケースもあります)
  • 3)所有権が解除されたことを証明する書類を添付して廃車手続きを行います
  • 弊社バイクパッションでは、買取(引取)した車両については上記一連の所有権解除手続きも無償で代行いたしております

自賠責保険の払い戻し

1カ月以上の残存期間のある自賠責保険の還付金は排気量と契約期間に応じて月単位で190~300円となっています。
(参考記事:お客様が自賠責の還付金(返戻金)を受け取れるようサポート致します

  • ▼自賠責の払い戻しに必要な書類と準備
  • 1)以下の必要書類を準備
    ■廃車証明書(コピーでも可) (126cc以上の場合は陸運局で発行される軽自動車届出済返納証明書/125cc以下の場合は市区町村役場で発行される軽自動車税廃車申告書兼標識返納書) ■自賠責保険証明書(保険会社の窓口にて再発行可能) ■保険標章(ナンバープレートに貼ってあるステッカー) ●振込先の口座情報 ●身分証明書の提示/コピー ●印鑑(書類への押印)
  • 2)申請:上記が準備できれば郵送や窓口での申請が可能です。
  • 3)着金:返戻金はお客様の口座に振り込みされますが、着金までは申請が受理された日から起算して1~2週間程度となります。

処分回収依頼を頂いたバイクの査定額の例

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top