thumb7 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb8

バイク廃車手続き無料|廃車処分お任せください

買取業務の一環でバイク廃車手続き無料代行
バイク廃車手続き

バイクパッションはバイク買取業務の一環でお客様から買取(引き取り)したオートバイの廃車手続きを 無料で代行しています。
当社にて廃車手続きが完了した後、お客様に廃車証のコピーを郵送しています
バイクパッションは廃車処分バイクを車種によっては買取(無料引き取り)しています
炎上したスクラップ車両などどんな廃棄車両も当日に処分回収可能です
廃棄処分バイクの引き取り運搬費用は含まれてます
お客様の処分予定のオートバイ。実は価値があるかも!
査定は全て無料で、お客様満足度95%超
解体業者に処分を依頼する前にお気軽にお試しして頂けます。

廃棄処分バイク|買取/処分事例
  • VFR400R

    SRX600不動廃車

    52,000円買取

    走行 10,000km
    長期放置/タンク欠品の廃車

  • TLR200

    TLR200廃車処分

    0円無料引き取り

    走行 33,000km
    10年以上放置錆び腐食多数

  • NSR250R-2

    NSR250R-2廃車処分

    廃車廃棄処分費用1万円

    走行 不明
    10年以上放置錆び腐食多の廃棄車両

バイク解体処分の前に無料査定

フリーダイヤル 0120-819-118
  • バイクパッションのオンライン査定
  • バイクパッションの無料出張査定
自分で行うバイク廃車手続きの流れと廃棄処分の方法

二輪車リサイクルシステムが平成16年10月1日から開始されたことにより、バイク廃車処分が有料化されたと共に、自分で行う廃車処分方法が複雑になりました。

バイク廃車処分の流れは

1)まずリサイクルマークを購入する必要があります。
サイクルマークとはバイク廃車リサイクル料金の証明として、郵便局でリサイクル料金を支払いリサイクルマーク (シール)を購入することができます。
2)リサイクルマークを二輪車に貼り、ナンバープレートを取り外す。
3)ナンバープレートと必要書類を持参して管轄の市区町村の役所での廃車手続き
4)廃棄二輪車取扱店(販売店)へ収集と運搬を依頼する
※ご自分で指定引取窓口まで持ち込む場合には指定引取窓口の所在地と引き取り日をチェックしましょう!

廃車料金(合計負担費用)

1)リサイクル料金+2)収集運搬費用+3)廃車手続き諸費用で合計約7000円~になります。
1)リサイクル料金とは、メーカーが定めた費用で国内メーカーの場合4120円。外国メーカーの場合6750円になっています。
2)収集運搬費用とは、バイクをリサイクルシステムが定めた指定引取窓口まで、廃車廃棄バイク取扱店(販売店)に依頼して 運搬してもらう費用で、ご自分で指定引取窓口まで持ち込む場合には必要ありません。 販売店やバイクの重量により収集運搬費用は異なります。
3)市区町村の役所(125cc以下)または陸運局(126cc以上)で廃車手続きを行う場合の用紙・印紙代で126cc以上の場合のみ 必要で費用は約500円です。 また、諸手続き方法が面倒な場合は、行政書士に代行依頼することも出来ますが別途手数料が必要です。

125cc以下のバイク廃車手続方法

バイク廃車手続きには、一時的な手続きと、永久的な手続きがありますが、 基本的にはどちらも手続きの流れは同じです。

1)ナンバープレートを取り外す
役所での廃車手続きにはナンバープレートが必要ですので、自分でナンバープレートを取り外しましょう。
2)管轄の市区町村の役所での手続き
必要書類(下記を参照)を持って市区町村の役所で手続きを行います。
・廃車申告書(役所にあります)へ記入
・標識交付証明書(ナンバー交付時にもらった書類のことですが、紛失している方も多いためか、標識公布証明書を紛失した場合でも 手続きはできます)
・印鑑(シャチハタ・三文判・認印でも可)
・ナンバープレート
3)ナンバープレートの返納
4)廃車証を受け取る

126cc~250ccのバイク廃車手続き

1)ナンバープレートと以下の必要書類を準備
・ナンバープレート
・印鑑
所有者と使用者が違う場合は両方の印鑑が必要になります。
・軽自動車届出済証
ナンバーが交付された時にもらっている書類です。軽自動車届出済証を紛失した場合でも陸運局で再発行できます
・軽自動車届出済証返納届(陸運局の用紙販売所にて入手します)
この軽自動車届出済証返納届は、一時的なバイク廃車手続きをする場合に必要で、 車両自体をスクラップにしてしまう場合には必要ありません。
・軽自動車届出済証返納証明書交付請求書(陸運局の用紙販売所にて入手します)

2)126cc~250ccのバイク廃車手続きを行う場所はナンバープレートを管轄する陸運局 (運輸局)にて行う事になりますので、必要書類を持って廃車手続きを行います。
全国の陸運局一覧

3)バイク廃車手続きが済んだならば自賠責保険の返還請求
バイク廃車手続きが済んで、自賠責保険の有効期限が残っている場合には、自賠責保険の加入している会社に 返還請求をすると有効期限の残り期間に応じて戻ってきます。

4)その他、126cc~250ccの手続きをする場合の注意点
もし、126cc~250ccの手続きする際に、引越しを行っている場合は、住民票が必要となります。
126cc~250ccの手続きは、手続き自体を代理人に頼んでも委任状は必要ありません。

251cc以上のバイク廃車手続き

1)ナンバープレートと以下の必要書類を準備
・抹消登録申請書(抹消登録申請書は陸運局にて入手)
・手数料納付書(手数料納付書は、陸運局にて入手)
350円分の手数料印紙を貼り付けます。
・ナンバープレート
ナンバープレートがなんらかの理由で返納できない場合は理由書が必要になります。
・車検証
バイク廃車手続きには車検証が必要となります。
・軽自動車税申告書(陸運局の用紙販売所にて入手)。
バイク廃車手続きを行った際に税金の通知が送られてこないようにするために必要です。
・委任状
代理人が廃車手続きを行う場合には必要です。
・印鑑

2)126cc~251cc以上の廃車手続きを行う場所はナンバープレートを管轄する陸運局 (運輸局)にて行う事になりますので、必要書類を持って手続きを行います。
全国の陸運局一覧
小型二輪車の廃車手続きには、大体印紙代や用紙代も含めて、費用は500円ほどです。

3)バイク廃車手続き完了後の注意点
一時抹消で手続きをすると、「自動車検査証返納証明書」という書類が渡されますが、 バイク廃車手続き後に再度登録しなおす場合、この「自動車検査証返納証明書」という書類が 必要になるので大切に保管する必要があります。

4)バイク廃車手続きが済んだならば、自賠責保険の返還請求をします。

ローンで購入したバイク廃車手続き

オートバイを購入した際にローンなどで購入した場合で、所有者が他人(購入店やローン会社等)になっている場合があります。
その場合は、所有権を自分にしないと、バイク廃車手続きを行うことができないので 所有権を解除を行ってから、バイク廃車手続きを行います。

所有権を解除する方法
車検証を見ると、所有者の欄が、販売店などになっている場合があります。
これは、バイクをローンなどで購入した場合に所有者が販売店になったままであることが多いです。
こういった場合の所有権解除方法は、所有権のある所有者(購入店など)に連絡し所有権を解除するための 書類を一式送ってもらう事になります。

所有権が解除できないケース
どうやっても所有権が解除できない場合があります。
それは、ローンがまだ支払い途中である場合です。
この場合は、ローンを完済するか、残っているローンを一括返済するかのどちらかをするまで所有権を解除することはできません。
所有権の解除をしないと、名義変更や、バイク廃車手続きなど、バイクに関する変更手続きは一切できないので、注意が必要です。

廃車処分はバイクパッションにお任せください
バイク引き取り廃車処分お任せください
バイク引き取り廃車処分お任せください
事故車・不動車バイク買取ってます
事故車・不動車バイク買取ってます
廃車処分バイクの査定お任せください
廃車処分バイクの査定お任せください
バイク廃車手続き無料代行
バイク廃車手続き無料代行

廃車処分バイクも売ろうと考え時がもっとも価値があります

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118