thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

社外マスターシリンダーの種類と選び方。取付方法と交換費用の目安

社外マスターシリンダーについてバイクパッションがお届けする有益な情報の数々。
失敗しない選び方…。正しい取付方法…。等々、これを熟読しておけば大丈夫!
社外マスターシリンダーならバイクパッションにお任せ!

マスターシリンダーとは

マスターシリンダーのカスタムというと、一般的にフロントブレーキのマスターシリンダーの交換が主です。
マスターシリンダーとはブレーキレバーを握る力をブレーキフルードに変換させるピストンを含むパーツです。
ブレーキフルードの圧力はその後ブレーキキャリパーの中で圧力を持ち、その圧力はブレーキキャリパーのビストン(ポット)にかかり、ピストンはブレーキパッドをブレーキディスクに押し付けることによって、スピード(回転力)を熱に変換してブレーキをかけます。
マスターシリンダーには二種類あり、ブレーキレバーを引く方向に対して横にピストンが配置されているものと、ピストンが縦にダイレクトに配置されているラジアルマスターシリンダーがあります。
交換する、カスタムするといえば、ラジアルマスターシリンダーに交換することになります。
大抵のバイクのノーマルでのマスターシリンダーはラジアルマスターシリンダーではないです。
ラジアルマスターシリンダーの方が普通のマスターシリンダーより、ブレーキタッチがダイレクトで、繊細になります。
一部のスーパースポーツバイクは始めからラジアルマスターシリンダーが装備されています。
ただし、YAMAHAのR1のマスターシリンダーでさえセミラジアルマスターシリンダーで、純粋なラジアルマスターシリンダーではありません。
また、マスターシリンダーは筒ですが、パーツとして買う場合は、ブレーキレバーから筒までアッセンブリーで売られています。

選び方

ラジアルマスターシリンダーを選ぶ基準ですが、自分のバイクのφに合ったピストンを選ぶことと、大事なことに、レシオの選択があり、初期からがっつり効くブレーキにするか、握り込んだ時にブレーキがじんわりときくように味付けが異なります。
好みによってレシオの選択をすればよいですが、基本的にラジアルマスターシリンダーも用品店では無くチューニングショップで相談して選ぶ方が良いです。

取り付け

ブレーキ関連パーツですので、整備士さんかバイクの所有者しか触れないパーツですので、注意して下さい。
ブレーキフルードの交換、エア抜きが出来る人なら自分でもできると思います。
ただ、普通チューニングショップで相談して選んでもらったら取り付けまでお願いする方が一般的かと思います。

費用

ブレンボのラジアルマスターシリンダーですと2~5万円します。
安物をつけて効果がでないのでは意味が無いですので、しっかりお店で相談しましょう。
取り付けは8000円ほどです。

バイクの種類

ビックネイキッドやハイパフォーマンス系カスタムが似合うバイクにこの手のカスタムをほどこすことが多いです。
見た目にもカッコいいです。

カスタム

もし、こだわりがなくても、ただ単にノーマルからラジアルマスターシリンダーに交換しても効果はあるのですが、もう少しレシオなどにこだわることで、ブレーキの質にこだわることができます。
ここまで細かくこだわることで、ライディングの楽しさにも影響がでますのでぜひきっちりとしたラジアルマスターシリンダーを選んでください。
もし、小排気量のバイクでそれほど、ブレーキングにこだわることがなく、見た目だけで取り付けるのであれば、色が変わった方が分かり易いので色が付いているラジアルマスターシリンダーに交換しましょう。
また、あえてブレンボを選択することでいばりがききます。

社外品

ニッシンやブレンボ、デイトナなどがあります。
ただ、細かい味付けまで選べるブレンボがおすすめです。
社外品ではないのですが、他のバイクからのセミラジアルマスターシリンダーを流用するなどの手法もあります。
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

社外マスターシリンダーのついたオートバイの買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118