thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

スーパースポーツのベールを脱いでストリートへ転身 S1000R

S1000R 2009年にBMWの威信を賭けたスーパースポーツとしてデビューし、圧倒的なパフォーマンスでファンを魅了した「BMW S1000RR」。

そのカウリングを脱ぎ捨て、「ロードスターモデル」としてストリート仕様のネイキッドマシンとして生まれ変わったのが、「BMW S1000R」です。

本格的なサーキット仕様車である「S1000RR」を扱いやすくデチューンしてはいるものの、世界トップクラスのポテンシャルを秘めた荒々しさと穏やかさを秘めた二面性が魅力のマシンです。

今回は「大阪モーターサイクルショー」で公開された2017年モデルの「BMW S1000R」についてインプレしてみたいと思います。

S1000Rインプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

ネイキッドカテゴリに属するマシンに「ロードスター」という名称を与えてきたBMWは、ネイキッドバイクに対して完成された乗り味のよさを重視してきたブランドでもあります。

それはこの「S1000R」においても同様で、跨ってみると「ストリートファイター」ジャンルとは思えない自然な乗り心地のよさを感じることができます。

シート高814mmという高さに加え、シングルシート専用車両という言葉だけでは窮屈な印象を受けますが、ハンドルとの距離感・下半身の開放感は絶妙なバランスでした。

「スーパースポーツのS1000RRベースのマシン」としてではなく、全く別の新モデルと言っても通用しそうなほどの出来栄えで、体格差による乗り心地の違和感を意識させないナチュラルさが身上となっています。

さらに「DDC(ダイナミック・ダンピング・コントロール)」はバンク角や加重・路面状況などを瞬時に読み取り、即座に最適のサスセッティング変更を行うため極めて環境適合性の高い一台と言えます。

S1000Rインプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

リッターバイクらしい存在感を持つS1000Rですが、シートに腰を下ろしてしまえば、そのイメージとは裏腹に意外な押し引き感覚の軽さを体験することができました。

46mm径のテレスコピックフォークは重い印象を受けましたが、その重さは標準装備のステアリングダンパーによって軽減され、リッターマシンとは思えない軽やかな操作性を実現しています。

アップライトなハンドル位置もそれを大きく後押ししており、装いはストリートファイターながらシングルスポーツのような軽快な操作性となっています。

ホイールベース1,439mmという数値が示すように、コンパクトな設計で取り回しに不安もなく、小柄な女性でも扱える気安さが感じられました。

S1000Rインプレその③・加速力・トルク感などのフィーリングは?

最高出力115kw(156ps相当)/10,000rpm、最大トルク112N・m/9,250rpmと大幅なデチューンが施されたS1000Rですが、パワーフィールは「スズキ B-KING」以上の力強さが感じられました。

ただ荒々しいというわけではなく、メーター読み2,500回転あたりから感じられる強烈なトルクに裏打ちされた紳士的な力強さで、DDCなどの電子制御デバイスによる緻密なコントロールが走りの楽しさを演出しています。

もっとも、ライド・バイ・ワイヤ式ライディングモードを「ダイナミック」に切り替えれば、穏やかさは形を潜めて爆発的な加速力を発揮。

その走りはまるで弾丸のように暴力的ですが、クルーズコントロールによるイージーライドも可能となっており、変幻自在の走行性能が持ち味となっております。

S1000Rインプレその④・操縦性・コーナリングは?

状況に応じてダイナミックな変化を行うDDCの恩恵により、S1000Rのコーナリング性能は優雅さすら感じさせるものとなっております。

もっともハードな特性となる「Dynamic」を選択したとしても、路面ギャップの影響がシビアに反映されることもなく、ゆったり流して走る上でも操縦性の高さに助けられます。

異形ヘッドライトを採用する海外メーカー製リッターネイキッドとしては「ドゥカティ モンスターシリーズ」が高名ですが、それらライバル車を上回る万能感がS1000R最大の武器と言えるでしょう。

オーバースピードでコーナーインしたとしても、瞬時に変化するDDCがライダーを強力にバックアップし、オーバーハングへの限界値は世界最高レベルと言えるほど確かです。

S1000Rインプレその⑤・ブレーキング制動力は?

欧州メーカーの定番であるブレンボ製4ポットキャリパーの確かな制動力に加え、レースABSでスポーツ走行への高い適性を強化されたS1000Rは、制動性能面でも非常に安定しています。

タッチフィールは通常のABSよりもほんの僅かに硬い印象を受けましたが、握り込んでみるとタッチ・効き具合のバランスが良く、気負いせずにガンガン使える気安さがありました。

既存のリッターネイキッドと比べてもスポーツ性を重視した作りとなっているため、維持費の面では少々怖いものがありますが、これほどのハイスペックマシンに乗る以上、安全性の高さがマイナスになることは一切ありません。

まさにあらゆる走行条件を想定し、磐石のシステムと言える見事な作りとなっており、市販ネイキッド最強の称号を手にするのに相応しいパーフェクトさとなっております。

S1000Rインプレその⑥・排気音は?

アクラポヴィッチ製カーボンサイレンサー装着のS1000R日本仕様車は、非常にレーシーで乾いた高めの音質で胸のすくような抜け方でした。

特に5,000回転を超えてからのエキゾーストサウンドは痛快の一言に尽き、スピードを愛するライダーの血潮を熱くする情熱的なものと言えます。

BMW直列4気筒エンジンの進化の歴史の上で1・2を争う傑物であり、ボクサーエンジンとは異なる完成度の高さとなっています。

S1000Rインプレその⑦・カスタムパーツの流通状況は?

ノーマル状態でも非常に高い完成度のS1000Rですが、カスタムパーツも一通りのものが流通しており、カスタムファンにとっても満足のいく供給状況となっています。

定番はワンダーリッヒ製のスクリーンやカーボンカウリング、ヨシムラなどによるマフラーですが、ヘプコ&ベッカーからは置き換え式タンデムシートなども販売されており、ノーマル車両のシングルライド専用状態を解除することも可能です。

その一方、BMWからもオプションパーツとしてアクラポヴィッチ製チタンスリップオンマフラーなどもリリースされており、とことんレーシーに仕上げたい方にとって一見の価値ありです。

S1000Rインプレ総評

BMWのネイキッドモデルに冠される「ロードスター」の究極形と言えるほど完成度が高く、現時点ではリッターネイキッドとして世界最高レベルを語れるだけの実力者と言えるS1000R。

これだけのハイスペックマシンである以上、新車販売価格もさぞ高額だろうと思いきや、1,699,000円(税抜き)とかなりリーズナブルな価格設定。

これはライバルである「ドゥカティ モンスター1200R」が2,229,000円であるのに対し50万円以上も安く、ハイテク武装の最新ネイキッドとしてはお買い得と言えるでしょう。

フルカウルのスーパースポーツにはそれなりのよさがありますが、ノンカウルのネイキッドだからこそ覗くことが許される快楽の世界があることも確かです。

そんな快楽の世界へご興味のある方は、何を置いても一度は試乗するだけの価値があるスペシャルマシンです。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

S1000R は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

S1000R 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118