thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

これぞハーレー流ネオクラシック!XL1200CX ロードスター

XL1200CX XLスポーツスターシリーズの中でもロードスポーツ志向の強いモデルとして知られた「XL1200R」のテイストを取り入れ、ローダウン仕様モデル揃いの「スポーツスターファミリー」において唯一のスポーツモデルとなるのが「ハーレー XL1200CXロードスター」です。

オーソドックスに伸ばされた前後サスに加え、ローライズなコンチハンドル、ガンファイタータイプのシートなど、ハーレー伝統のビッグツインエンジンを搭載しながらもカフェレーサースタイルのルックスを与えられた個性派モデルです。

今回は「ハーレー XL1200CXロードスター」の2017年モデルについてインプレしてみたいと思います。

XL1200CX ロードスターインプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

「プレミアムライド・エマルジョンサスペンション」と命名されたオリジナルサスを採用し、シングルのガンファイターシートを装着したXL1200CX。

シート高が785mmと高めのため、小柄な方にとって足つき性は少々悪い印象がありますが、標準的な体格の男性であれば両足ベタづけも可能で、安定感は十分以上のものがあります。

前19・後18インチホイール化していることもあり、従来のXLシリーズと比べフワフワとした感じがありますが、程よいハードさも感じられ乗り心地はまずまずです。

シングルシート専用車であり、ライディングポジション上の収まりのよさが印象的で、ハンドルに手を伸ばすだけでもっとも楽な姿勢となり、ハーレー初心者の方でもナチュラルに乗れるイージーさがあります。

XL1200CX ロードスターインプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

ローライズコンチハンとリア18インチホイールの組み合わせにより、従来のXLシリーズよりもスポーツ性を追求したモデルだけはあり、XL1200CXロードスターはハーレーのビッグツインとは思えない押し引きの軽さを感じられるマシンです。

ずっしりと体そのものをシートに沈めるような乗り方となるその他XLシリーズに対し、軽い前傾を基本とする設計であるため、適度な力の入れ方となるよう作られており、259kgという車体重量が非常に軽く感じられます。

私たち日本人が教習所で習う「バイクの基本動作」通りの動きをしてくれ、取り回しやすさという点ではハーレーの数あるモデルの中でもトップクラスと言えるでしょう。

XL1200CX ロードスターインプレその③・加速力・トルク感などのフィーリングは?

乗り手のウェイトコントロールを必要とする車体構造上、既存のラバーマウント式モデルとは大きく走行フィーリングが変化しているのがXL1200CXロードスターの特徴です。

ハーレーと言えば、腕力でハンドル操作を行うマシンというイメージがありますが、国産の400ccネイキッドのように腰を使って自然にマシンをコントロールするよう意識すれば、加重が理想的な形となり、タイヤが路面を捉えて力強い加速力を披露してくれます。

もちろん、ビッグツインエンジンらしいトルク感があることは言うまでもありませんが、逆に言えば「ビッグバイクのお手本」通りに乗らなければ疾走感を味わいづらく、この点ではかなり好みが分かれてしまうかも知れません。

倒立式フォークの沈み方・リアサスの挙動・フットブレーキを多用する乗り方など、オーナーが慣れるべき点は多々ありますが、それを理解しきれば間違いなくハーレーの中では頂点に君臨できるだけの器で、ハーレーに本当の速さを求めたい上級者を唸らせるマシンと言えます。

XL1200CX ロードスターインプレその④・操縦性・コーナリングは?

従来のビッグツインマシンとは異なり、ビッグバイクの基本に忠実な乗り方を求められるXL1200CXロードスター。

鷹揚に構えてイージーライド、とはいきませんが、重心移動と腕力に頼らない操作性さえ把握してしまえば、非常にクイックな反応でライダーを楽しませてくれます。

1,201ccの大排気量エンジンはこれでもか!というほど躍動感がありますが、コーナー進入前のブレーキングなど、適切な諸動作を行っていれば非常にキレのあるコーナリング性能を見せてくれ、爽快感あふれる走りを楽しむことができます。

この乗り方はハーレーファンにとっては賛否両論が分かれそうですが、大型二輪免許を取得したばかりの方でもとっつきやすい乗り方であるため、初心者・リターンライダーの方でも乗りやすいハーレーと言えます。

XL1200CX ロードスターインプレその⑤・ブレーキング制動力は?

XL1200CXロードスターは、2ピース型のダブルディスク+ABS標準装備という仕様により、高いスポーツ性能をサポートするに十分な制動力を持ったマシンです。

特筆に価するのはその滑らかな動作で、急にブレーキレバーを握り込んでしまっても極めて柔軟な対応を見せ、乗り手が振り回されることがないよう配慮されています。
これはその他のハーレー車には見られないほど確かなものであり、スポーツスターファミリーの中では間違いなく最上位のもの。

極低速を求められる渋滞時から、微細なアクションを要するサーキットまで、非常に守備範囲の広いブレーキング性能と言えます。

XL1200CX ロードスターインプレその⑥・排気音は?

ユーロ4への対応化が図られたこともあり、従来のXLシリーズと比べややエキゾーストサウンドは大人しくなった印象を受けました。

とは言っても、これはあくまでもノーマル状態のものであり、ハーレー定番の「インジェクションチューニング」次第では本来の迫力あるサウンドとなることは想像に難くありません。

事実、ノーマル時もアイドリングから非常に芯の太い音質で、カスタムファンにとってのイジり甲斐も十分。
静粛性を求められる住宅街でのユース時は悩ましいところですが、ノーマルの完成度を心ゆくまで楽しみたい方向けと言えそうです。

XL1200CX ロードスターインプレその⑦・カスタムパーツの流通状況は?

スポーツスターファミリーの中でも前例がないほど短いリアフェンダーなど、様々なカスタムの可能性を感じさせるXL1200CXロードスター。

これは本国アメリカのファンにとっても同じようで、昨年からかなり多くのカスタムパーツが流通するようになっています。
Vロッドファミリーと共有しているパーツもあり、ハーレーでは珍しい純正流用も十分可能で、カスタムファンにとっては一風変わった楽しみ方が可能です。

カフェレーサールックスを維持するか否かで判断が分かれますが、奇をてらった部分は殆どなく、カスタムのベース車両としては非常に素直な部類に属します。
ハーレーらしい野趣を残し、近代的なルックスにイジるのもよし。
反対に徹底したレトロスタイルにイジるもよし。
オーナーの好みでいかようにもカスタマイズできる素体のよさは、ハーレーファンならずとも惹きつけるだけの十分な魅力があります。

XL1200CX ロードスターインプレ総評

ハーレーの魅力であるビッグツインの鼓動感と、カフェレーサースタイルという斬新な組み合わせとなったXL1200CXロードスター。

個人的には試乗前まではかなり微妙な心境でしたが、その走行フィーリングは爽快感あふれるもので、ビッグバイクファンにとっては堪らない独特の魅力にあふれたものでした。

前19・後18インチというホイールサイズにより、スポーツ志向のモデルであることは確かですが、ハーレーならではのカスタムにも柔軟な対応力があり、2017年ラインナップの中でも注目度の高い一台と言えます。

今年の新車販売価格は1,556,000円と若干高めですが、現行ラインナップの中ではリーズナブルな部類に入り、初心者の方でも親しみやすい価格設定と言えそうです。
ダークな雰囲気をウリとするXLシリーズでは異端児的な存在ですが、買って後悔させないだけのクオリティがあり、ベテランをも唸らせる走りの確かさは体験する価値ありです。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

XL1200CX ロードスター は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

XL1200CX ロードスター 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118