調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

SRX600(型式不明)
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    00
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

シングルスポーツの傑作バイク SRX600

SRX400 1985年に400ccの「SRX400」同様、SRの派生モデル的な位置付けで登場したのが、GKダイナミクスによるデザインを採用した「ヤマハ SRX600」です。

最高出力42ps/6,500rpmと、短気筒エンジン車としてはパワフルで低速仕様のエンジンを採用しており、乾燥重量149kgという軽さで非常に操作性の良いシングルスポーツとして、今でも多くの愛好家を魅了し続けています。

このSRX600はシングルエンジン特有の鼓動感が十分堪能でき、シンプルでありながらオリジナリティの高いデザインで多くのカスタムファンがいる車種のひとつと言えます。

今回は、今なおシングルスポーツの傑作として高い評価を得ている稀少車「ヤマハ SRX600」についてご紹介させて頂きたいと思います。

SRX600インプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

シート高760mmと程よい高さにシートが設けられたSRX600は、私たち日本人の体格に非常にマッチした足つき性の良いマシンです。

スポーツライドを目的に設計されたため、シートの硬さはSRよりもハードですが、細めのシート形状によって車体のホールド感は良好。

ただし、ノーマルシートの場合は表面が滑りやすく、高速走行時に重心がズレやすくなる傾向があるため、シングルレースなどに出場する際は要対策と言えます。

SRX600インプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

全長2,090mm×全高1,045mm×全幅720mmと全体的にコンパクトに設計されたSRX600は、スリムで取り回しやすい車体の持ち主です。

乾燥重量が149kgと非常に軽く、ヤマハ車らしいハンドリングの軽さで押し引きも良好となっており、250ccの感覚で扱えるため、女性でも安心して乗りこなすことが出来ます。

シングルエンジンの細さを活かしたすり抜けも得意で、渋滞・駐車スペースといった大排気量車の弱点となる要素が殆どないのも魅力のひとつと言えます。

SRX600インプレその③・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

最高出力42psという数値は、現行モデルと比べてもかなり控えめなスペックと言えます。

しかし、ビッグシングルの利点を活かした低速トルクの太さは確かなものがあり、軽い車体と合わせて非常に粘り強さを発揮してくれます。

最大トルクと最高出力の回転域がほぼ同等であるため、パワーバンドに入れた状態でコーナリングを楽しめるのがSRX600の持ち味と言っても過言ではありません。

ノーマルのSRX600の最高速度は160km/hといったところですが、シングルレース用にチューニングすると、200km/hまでは現実的。

電子制御デバイスを満載した現行モデルにはないテイスティな走りが楽しめるSRX600は、酸いも甘いも噛み分けるベテラン好みの走りが楽しめる一台です。

SRX600インプレその④・操縦性・コーナリングは?

シンプルな構造のシングルエンジンの特性を活かし、全体的にスリムなSRX600は操縦性・コーナリング性能に優れたマシンです。

豊かな低速トルクと軽い車体により、腰の動きひとつで簡単に倒し込むことができ、初心者でも気軽にフルバンクできるほど。

SRX600は低速バンク時でも粘り強い走りを見せるため、スポーツライドをマスターしたい方にとって最適のコーチ役と言えます。

SRX600インプレその⑤・ブレーキング制動力は?

80年代に発売されたシングルマシンとしては珍しく、SRX600は前後ディスクブレーキを採用しています。

元々の最高出力・最高速度が控えめであるため、ブレーキング性能は十分と言えるほどしっかりしており、パッドの状態にさえ気を配れば不安はないでしょう。

ただし、現在では生産終了からそれなりの月日が経過しているため、ディスクローターの歪みなどには十分な注意が必要です。

SRX600インプレその⑥・排気音は?

このSRX600は純正マフラーがショートタイプですが、エキゾースト音はシングルらしくやや控えめの音質・音量となっています。

社外マフラーにはヨシムラ・OVER・スーパートラップといった有名ブランドがあり、かなり音量に変化をつけることができます。

音質と音量のバランスが取れているのはヨシムラで、現在中古パーツとしての玉数は少ないものの、まだ流通はしている状況ですので、気になる方はお早めにチェックされることをおすすめいたします。

SRX600インプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

すでに生産終了から20年近く経つSRX600ですが、根強いファンの支持によってカスタムパーツを流通は豊富にあり、今日現在でも一通りのパーツを調達することは難しくありません。

その一方、純正パーツの新品はそれほど多くなく、中古パーツのリビルト品を上手に使い分けていくことが望ましい状況にあります。

リアサスやディスクローターなどはその典型的な例にあたり、他車流用を考えるのもSRX600の楽しみのひとつと言えそうです。

SRX600インプレその⑧・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

SRX600はシンプルでタフな構造が持ち味のひとつですが、泣き所となっているのがレギュレータ。

現在でもヤマハから純正パーツとして取り寄せることは可能ですが、故障する頻度がそれなりに高く、出来るだけスペアを用意しておくのが望ましいと言えます。

ちょっとした裏技になりますが、このSRX600には「カワサキ スーパーシェルパ」のレギュレータを流用することも可能ですので、手に入りにくい場合はこちらをオークションなどで探してみるとよいでしょう。

SRX600インプレ総評

大型二輪免許取得の改正前に登場したこともあり、バイクとして優れた資質を持ちながらも時代の波に乗れなかったヤマハSRX600。

しかし、シングルエンジン搭載のバイクのみで行われるレースでは、未だに表彰台を独占してみせるほど優れたパフォーマンスを発揮し、海外ではカフェレーサーカスタムのベースマシンとして多くのファンが存在しています。

SRやW800といったレトロ感あふれるシングルの魅力も捨てがたいものがありますが、スポーツ走行も重視したい方は検討するだけの価値がある稀少な一台です。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

SRX600 は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

SRX600 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118