thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

80年代の125cc最強マシン TZR125

TZR125 1982年に発売された「RZ125」のフルモデルチェンジマシンとして、1987年にデビューした原付2種マシン「ヤマハ TZR125」。

レース専用車両としてすでに活躍していた"TZ"の名称を与えられ、RZよりもスポーツ性を高めたモデルということを強烈にアピールし、80年代の原付2種クラス最強マシンとして名を馳せた存在でもあります。
RZ125の後期型で実装された「YPVS」により、2ストエンジンの弱点であった低速トルクの極端な細さを解消し、街乗り時にも扱いやすい出力特性を持たせたことで支持層を伸ばすことに成功した名車と言えます。

今回は、80年代の2種クラスを代表するマシン「ヤマハ TZR125 2RM型」についてご紹介させて頂きたいと思います。

・足つき・跨った時の乗り心地は?

レーサーであるTZシリーズの名が示すように、TZR125はノンカウルマシンながら非常にレーシーな作りをしているのが大きな特徴で、前16・後18という極端な前傾スタイルは、その性格をもっとも如実に示したものだと言えます。
シート高は760mmと、125ccクラスとしてはやや高めながら、ヤマハ車らしいスリムな作りで足つき性は悪くなく、150cm台の女性でもバランスを崩さずに乗ることが可能です。
後年のTZR250などと比べ、シートが比較的肉厚に作られており、スポンジを抜いた「アンコ抜き」などもしやすく、小柄な体格の方でも自分に合った調整がしやすい点はポイント高めとなっております。

・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

TZR125は「ヤマハハンドリング」を非常に色濃く体現したマシンで、押し引き・取り回しの感覚は非常にクイック。
16&18インチというタイヤサイズですが、90/100と細めのものが採用され、停車時・走行時を問わずスムーズな切り返しを得意としています。
車体サイズも全長2,020mm×全幅695mm×全高1,100mmとスリム&コンパクトな設計であり、「自転車一台停められるスペースがあれば何とかなる」と言われたほどで、駐車スペースに困る都心部でも扱いやすいマシンと言えます。

・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

4ストロークエンジンと比べ、瞬発力に優れ低速トルクが弱いという性質を持つ2ストロークエンジンですが、先代RZ125の低速トルクの細さをカバーするため、このTZR125には発売当初から「YPVS」を実装。
これにより、極低速時のギクシャク感はそれなりに抑えられ、初心者でも乗りこなせる安定性を身に着けることができました。
低回転時は原付スクーターにも遅れを取るほどですが、7,000回転を超えてからの怒涛の加速力は4スト250ccマシン顔負けのものがあり、最高出力22ps/10,000rpmというスペックは、現行モデルを含めてもクラストップの実力車。
2ストスポーツモデルらしくメリハリが非常に利いたマシンであり、渋滞時には脆さを見せますが、乾燥重量108kgという軽さの恩恵も大きく、ダウンヒルであればリッタークラスのバイクとも互角に戦える戦闘力の持ち主です。

・操縦性・コーナリングは?

前90mm後100mmという幅の狭いタイヤと、250ccクラスと同等の高い重心を持つTZR125は、「ヤマハハンドリング」との相乗効果で非常に軽快な操縦性の持ち主です。
特にコーナリング時は108kgという車重が遺憾なく発揮され、重心をわずかにずらすだけで右に左にクイックな反応を見せてくれます。
これはTZR250と同じ「デルタボックスフレーム」を与えられたことによる恩恵とも言え、125cc離れした操作性に優れたボディがTZR125の魅力と言えます。

・ブレーキング制動力は?

高回転時の爆発的な加速力を武器としていた先代RZ125は、乗り手が曲がりきれないと思い込んでしまうほどブレーキ性能に不安があったマシンでしたが、レーサーの名称を与えられたTZR125はこの問題を大いに追及。
前ディスク後ドラムという構成はRZ125と同様でしたが、タッチがややソフトに変化し初心者でも十分使いこなせるハードルの低いものに変化しています。
特に90年以降のモデルではこれが顕著で、フロント17インチ化したことと相まって実にバランスの取れたブレーキング性能に進化しています。
現行の125ccと比べるとさすがに不安はありますが、この当時のバイクとしては極めて高水準なものであり、今日現在でも十分使用に耐えうる見事さを持っています。

・排気音は?

TZR125はアイドリング状態ではそれほどでもありませんが、さすがに2ストロークエンジン搭載車らしく回転数が上がるにつれ、排気音は凄まじい大音量に変化していきます。
短気筒エンジンながら最高出力22psを叩き出すだけのことはあり、3日エンジンをかけなかっただけで周囲を埋め尽くすほどの白煙を吐くことも珍しくなく、街道を白煙に染めながら走り去るTZR125の姿は、80年代当時を知る方にとって鮮烈なイメージがあるかと思います。
ノーマル状態でも乾いた大音量のTZR125ですが、社外品チャンバーを装着するとさらに雷鳴のようなエキゾースト音に変化するため、住宅地での所有を考えておられる方は十分な注意が必要と言えます。

・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

今では2ストロークエンジン搭載車自体がプレミア化してしまったこともあり、残念ながらTZR125の純正パーツの流通は年々減少化の一方です。
しかし、80年代から90年代末期までの2ストエンジンはタフでシンプルな作りとなっており、中古のリビルトパーツでの再生が容易だという定評もあり、新品パーツが手に入りにくいからという不安をさほど感じさせない点は評価できる材料でもあります。
多少の加工は要しますが、イタリアの「ベルガルダヤマハ」では、日本国内でTZR125の生産・販売が途絶えた後でもフルカウルモデルの「TZR125R」「TZR125RR」が販売され続けていた背景があり、加工技術次第では流用も可能となっております。

・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

250ccの2ストレプリカほどではありませんが、このTZR125も最高出力22psを10,000回転で発揮する高回転型エンジンの持ち主であり、最大の弱点は「エンジンの焼き付き」です。
特に海外TZR125の「OSピストン」を組んだカスタム車の場合、シビアなキャブセッティングが要求されるため、混合ガソリンを使うなどある程度オーナー自身の気配りが必要で、こまめにキャブクリーナーを使用するなど対策が必要です。
また、特別エンジンに手を入れていない車両の場合でも2スト特有の「チャンバー詰まり」が起こりやすい傾向にあるため、チャンバーの焼入れ・洗浄を行えるよう自前のツールボックスを確保しておくことをおすすめいたします。

TZR125インプレ総評

80年代後半から生産終了を迎える90年台末期において、125ccクラスのレースでも非常に優れた実力を披露した「ヤマハ TZR125」。
この2RM型はノンカウル仕様車ですが、空力的な不利を物ともしない抜群のスペックを誇り、今日現在でも125ccクラスのバイクとは思えないスポーツ性能を高く評価されています。
その反面、2ストマシンの泣き所である燃費の悪さとオイル消耗の度合いには十分な注意が必要となりますが、これほどスポーツ性に特化した125ccバイク自体が少ないため、ライディングテクニックを磨きたい方には最適なマシンと言えます。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

TZR125 は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

TZR125 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118