thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

”サンマ”の通称で有名なNSR250Rのライバル車 TZR250

TZR250 250ccクラスのレース専用車両「TZ250」を忠実に再現し、クラス上限値のハイスペック値で登場した「ヤマハ TZR250」。
当時のライバル「ホンダ NSR250R」や、「スズキ RG250γ(ガンマ)」らとの壮絶な販売競争が繰り広げられ、89年には2代目へとバトンタッチとなりました。

この2代目TZR250は型番”3MA”をもじって「サンマ」とも呼ばれ、エンジン・排気システムが特徴的な2ストロークレプリカマシンです。
レーサーの技術を余すところなくフィードバックした結果、商業的には成功したとは言えない結果に終わりましたが、2ストレプリカ世代の方にとってはたまらない魅力のある一台ではないでしょうか?

今回は短命に終わった独自の設計が個性の「ヤマハ TZR250」1990年式のインプレをお届けさせて頂きます。

TZR250インプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

この当時の2ストレプリカ全てに共通することですが、TZR250も足つき性は非常に良好。
150cmあれば両足をしっかり接地することができ、体力・体格に自信のない方でも不安になることはありません。

シート下をチャンバーが通る独特の構造と、シートの薄さで初めて乗る方は頼りなさを感じるかも知れません。
これは「後方排気」という独特の形状を持つ2代目TZR250特有のもので、シート下の空間が大きいため少し慣れが必要です。

前17・後18インチというタイヤサイズのため、ノーマル時はやや重心バランスに戸惑うことも。
現在中古バイクとして流通している車両の中には、3XV型の17インチホイールを移植した車両もありますので、気になる方はそちらを検討してみるとよいでしょう。

RZ250インプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

レース専用車両に限りなく近い設計の2代目TZR250は、場合によっては小学生でも押し引きできるほど軽いバイクです。

元々TZR250自体が「ヤマハハンドリング」と呼ばれた軽快なハンドリング性能を持つシリーズですが、3MAはその中でも抜群の軽さと言えるモデルです。
ヤマハの基本コンセプトである「スリム&コンパクト」が忠実に守られており、跨っていなくても出し入れ・取り回しはかなり良好。

ただし、ハンドル位置が低いレプリカならではのリストへの負担がありますので、傾斜のある上り坂ではしっかり腰を入れて押す必要があります。

TZR250インプレその③・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

「3MAの加速力はロケットスタート」とよく言われますが、7,000回転以上での怒涛の加速力はまさに鬼足そのもので、「ドカン!」と一気にパワーが生み出されます。

タコメーターに3,000rpm以下の表記がないため、最初のうちは少々スロットルの加減が分かりにくいという難点がありますが、常用域では4,000~5,000回転を使わないと低速トルクが弱すぎるため、1・2速を意識して乗る必要があります。

2スト特有の低速時のカブりもあり、燃費の悪さを覚悟の上である程度まで回して乗るよう心がけた方が良いでしょう。

TZR250インプレその④・操縦性・コーナリングは?

後方排気というレイアウトを持つ2代目TZR250は、コーナリング性能は目を瞠るほど高い性能を有しているスポーツバイクです。

車体下をチャンバーが通らない構造上、バンク角が他のレプリカと比べて大きめとなっており、限界値の高さは歴代TZR250の中でもトップと言えるほど。
操縦性も良好ですが、実際に走らせてみると腰のベルト部がダイレクトにタンク中央部にあたるため、コツコツとした接触感が気になることもあります。

それ以外の面では操縦時の不満は感じさせませんが、タンクへのキズは見栄えも良くないため、購入時はタンクパッドの装着をおすすめいたします。
これによってマシンとの一体感がより強められ、さらに操縦性が向上しますので、検討するだけの価値は十分にあります。

TZR250インプレその⑤・ブレーキング制動力は?

ヤマハのスポーツバイクは、昔から曲がる・止まることに定評がありますが、2代目TZR250もブレーキ性能の高さに関しては文句の付け所がありません。

この点ではライバルの「ホンダ NSR250R」よりも上手ですが、難点はブレーキパッドの減りの早さとディスクの磨耗にあります。
これは安全性を保つ上で仕方のない部分ではありますが、中古車購入時に気になる方は中古パーツなどをスペアとして用意するなど、ある程度の手間をかけることを意識した方が良いでしょう。

街乗り重視かスポーツ走行重視かで適切なパッドも変わってきますので、街乗りが多い方はソフトタッチの社外品をチョイスし、スポーツ派の方は定番のレーシングパッドを選択された方が無難と言えます。

TZR250インプレその⑥・排気音は?

ノーマルマフラーの排気音は音質が軽く、パワーバンドに入れるまでは素軽く調子のいいエキゾースト音が基本となっています。

その反面、一度パワーバンドに入ればその音質は豹変し、「バババババッ!」と猛烈な爆音に変化します。
これはあくまでもノーマル時のもので、社外品チャンバーを入れるとほぼ音量は倍増すると思って頂いて結構です。

「後方排気」という独特の構造により、排気抜けがダイレクトになっているため、この独特の排気音に魅せられるファンが多いのも3MAの特徴と言えます。

TZR250インプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

2ストレプリカ全般に言えることですが、既に生産を終えてそれなりの月日が経過しているため、新品のカウルは入手が絶望的な状況にあります。

比較的エンジン関連のパーツは流通量もそこそこあるのですが、純正チャンバーは腐食などで損傷するとまず入手できないため、社外品に交換時は大切に保管しておくことをおすすめいたします。

カウリングについては、人気色のパールホワイトと不人気色のブラックの価格差が非常に大きいため、安く交換したい方はカウルの自家塗装を視野に検討するといいでしょう。

TZR250インプレその⑧・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

前述の通り、カウリングに関する点が2代目TZR250の最大の弱点です。
破損時はかなり高額の修理費を覚悟する必要がありますので、気になる方は社外品のノンカウルキットなどを用意しておくのもひとつの手段です。

低速時は生ガスを吐き出す頻度がライバル車よりも多い傾向にあり、その際にオイルまで吐き出してしまいますので、2スト特有の焼き付きにも注意が必要です。
手間と費用をかければエンジンの再生は可能ですが、今後はピストンなどのパーツも品薄になることが予想されますので、オイルの補給はこまめに行うことを心がけましょう。

その他のレプリカと比べ、パワーバンドでの加速力が強すぎるためか、スプロケットやタイヤの消耗にも十分気を配る必要があります。
2ストレプリカならではの弱点のひとつですが、手間をかければかけただけ乗り手に応えてくれるのが3MAの魅力のひとつ。
そこは割り切って、出来るだけ手間を惜しまないことが2代目TZR250を楽しみつくす秘訣です。

TZR250インプレ総評

わずか3年でその生産を終えた2代目TZR250ことサンマですが、スポーツ性能に特化した2ストレプリカでは屈指の戦闘力を持ったバイクです。

純正カウルの品薄さや、メインジェットの調整など手間をかける箇所がかなり多いバイクですが、それだけにオーナーを楽しませることでは評判が高く、2ストエンジン搭載車へのプレミアもあって中古市場でもかなり高額で取引される機会が多いマシンです。

独特の後方排気や、思わず「けしからん!」とヘルメットの下でつぶやいてしまうほどの加速力、レーサーに限りなく近い車体設計などを活かし、スポーツ走行を楽しみたい方におすすめの一台です。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

TZR250 は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

TZR250 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118