thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

海外モデルから派生した本格ボバー XVS950 ボルトR スペックABS

XVS950 BOLTR 海外専用モデルとして販売されていた「XVS950 ミッドナイトスター」をベースに、近年流行の兆しを見せている「ボバーカスタム」を取り入れ、2013年にデビューしたのが「ヤマハ BOLT(ボルト)シリーズ」。

メタル感を強調した硬派なスタイリングと、無駄な装備を全て取り払ったシンプルな構造を活かしたショートライド向きのカスタムとして日本でもファンが増えております。

XVビラーゴの流れを汲む大排気量Vツインエンジンのパワーと鼓動感も味わい深く、ABSとリザーバータンク付リアサスを採用した「ボルト RスペックABS」は、スポーツ性の高さで和製ボバーマシンの中心的存在と言えます。

今回は、日本におけるボバースタイルの定番マシンとなった「ヤマハ ボルトR 2013年式」についてご紹介させて頂きたいと思います。

XVS950 ボルトRスペックABSインプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

690mmという低さのシート位置に加え、適度な硬さとコシがある乗り味が特徴の「ヤマハ ボルトRスペック」。

全長2,290mmという大柄な車体ですが、両足がべったり着く安心感で挙動の不安はなく、女性でも安心して乗れる点は大いに評価できる好材料のひとつです。

薄手に見えるサドルシートも、実際に腰を下ろしてみると適度な張り具合を持っており、座り心地についても満足度が高い仕様となっています。

XVS950 ボルトRスペックABSインプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

全長2,290mm×全幅820mm×全高1,120mmの車体サイズ、251kgという重さのボルトRスペックですが、そのサイズ感と比べ押し引きは意外にも軽やか。

手を伸ばせば実に自然な位置で掴める絶妙な設計により、押し引きに力を必要としない点は私たち日本人にとって好印象と言えます。

ルックスだけを見ると、どことなく「ハーレーダビッドソン スポーツスター」を意識させる作りですが、取り回しのよさでは前車よりも扱いやすく、大型バイク初心者でも乗りこなせる気安さを持っています。

XVS950 ボルトRスペックABSインプレその③・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

「ヤマハ ボルトRスペックABS」の最高出力は、52ps/5,500rpmと数値上はかなり控えめ。

しかしXV系エンジンならではの力強さがあり、特に中速域での元気な加速は大型バイクらしい躍動感が体感でき、アメリカンバイク好きには堪らないものがあります。

従来のアメリカンよりも1つ上のギアを意識すれば、高めのアベレージスピードでコーナリングも楽しめ、和製大型クルーザーの中でもスポーツ性は上位と言えます。

XVS950 ボルトRスペックABSインプレその④・操縦性・コーナリングは?

「XVS950 ボルトRスペックABS」は、その大柄な体格で従来のアメリカンと変わらない程度の操縦性と思われがち。

しかし、実車に乗ってみるとそれは大きな間違いであり、ヤマハ車らしい軽快なハンドリングで中型クラス並の軽さが体感できます。

そのキレの良いハンドリングによる操縦性の高さはコーナリング時にも発揮され、大型アメリカン特有のもっさりとした挙動を感じさせないほど。

リザーバータンク付ショックによる衝撃吸収性も高く、スーパースポーツとまではいかないものの、ネイキッドバイクに近いコントロール性を持っているのが特徴です。

XVS950 ボルトRスペックABSインプレその⑤・ブレーキング制動力は?

「XVS950 ボルトRスペックABS」の車体サイズは、大型アメリカンらしい見事な体格で、ブレーキ性能に関する関心はファンにとって大いに気になるポイントのひとつでしょう。

標準仕様車の場合は可もなく不可もなく…と言った制動性能ですが、ABS搭載モデルではしっかりしたタッチフィーリングで、アクシデントに対する反応が非常にシャープ。

90km/h程度では全くコントロール性が失われる恐れもなく、大型クルーザーらしからぬ「攻めの走り」が堪能できるのもアピールポイントのひとつと言えます。

XVS950 ボルトRスペックABSインプレその⑥・排気音は?

「XVS950 ボルトRスペックABS」の排気音は非常に静かですが、その中にはVツインらしい心地よいリズムが感じられ、空冷エンジンの醍醐味が十分堪能できます。

余りにも静かなため、低速時にタペット音が耳につくこともありますが、回転数を上げると殆ど聞こえなくなるレベルで、この辺りに関しては評価が分かれるポイントと言えそうです。

純正マフラーの静かさに対し、社外品マフラーはエンジン音を強調するタイプのものが殆どですので、気になる方はマフラー交換を視野に入れて検討されることをおすすめいたします。

XVS950 ボルトRスペックABSインプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

発売開始からようやく4年目を迎える「XVS950 ボルトRスペックABS」は、カスタム・純正を問わずパーツ供給の不安は全くありません。

物は少なめですが、現在ではオークションなどでも流通しており、比較的カスタム・補修はしやすい部類に入ります。

一部であれば海外モデルの「スターシリーズ」から純正流用することも可能で、カスタムファンにとってはかなりイジり甲斐のあるマシンと言えます。

XVS950 ボルトRスペックABSインプレその⑧・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

2010年代に入ってからのヤマハは、国内外を問わず非常に信頼性の高いバイクメーカーという評価を得ており、この「XVS950 ボルトRスペックABS」もこれといった弱点のない車種です。

唯一の不安点を挙げるとすれば電装系で、特にブレーキパッド交換直後のABS仕様車はABS警告灯の誤作動を起こす可能性があります。

これは本当に誤動作であれば問題ありませんが、こういった心当たりがない場合はブレーキロックの危険が生じますので、サービスマニュアル(※アーカイブ内に添付済み。
必要に応じてリンクなどで使用して頂ければ幸いです)を参照しながらセルフチェックを実施して不具合を見極めることをおすすめいたします。

XVS950 ボルトRインプレ総評

近年流行のボバースタイルを取り入れ、950ccの大排気量Vツインエンジンの鼓動感、メタリックな存在感が魅力の「XVS950 ボルトRスペックABS」。

無駄を省いたその姿は、まさに「鉄の馬」という表現がぴったりくる雰囲気抜群の大型クルーザーと言えます。

今年2017年には早くもモデルチェンジを実施しており、ABSの標準装備化と1psのパワーアップで完成度を高めたマシンに進化しており、大型アメリカンバイクの中でも要チェックの一台です。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

XVS950 ボルトR は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

XVS950 ボルトR 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118