全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2019/02/06 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

エンジン始動時の異音の原因は主に4つ!その症状と対処修理方法を紹介

バイクの故障と修理 豆知識

エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない、ブレーキが効かない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

エンジン始動時に異音がするようになりました。何かやるべきことってあるのでしょうか?

症状
この頃エンジン始動時に異音が聞こえるようになりました。
始動してしまうと音はなくなるし、エンジン自体も調子が悪いわけでもありません。
このまま放置してもいいかなと思うのですが、何か対処した方が良いですか?
異音の原因。そして対応が必要であれば対応方法を知りたいです。

エンジン始動時の異音は徐々に影響が出てくる事が多い

バイクのエンジン始動時に変な音が聞こえるようになったり、いつものようにスムーズに始動ができない時がある。
そんな症状に悩んでいる方もいるのではないでしょうか?
そんな時は何らかの故障や不具合がある可能性があります。
エンジン始動時の異音の原因は主に4つ!
4つの原因別の症状とその対処法をご紹介します。

1)セルモーターピニオンギアの不良

エンジン始動時にセルモーターを回した際に「ギギーッ」や「カキーン」という音がしセルが止まってしまう場合や、「クゥクゥクゥ・・」とセルの回りが悪い場合は駆動系内部の汚れ等によりピニオンギアの動きが悪くなっている可能性があります。
他にも、始動直後に「シャー」や「クー」という音がした場合もピニオンギアに原因があります。
ピニオンギアとは?始動時にギアが飛び出てセルモーターの回転をエンジンに伝える役割をしています。 エンジンがかかった後に引っ込むはずが引っ込まないままの状態になっていると、始動したエンジンの回転でピニオンギアが回されてしまいことで「ギギーッ」「カキーン」「クゥクゥクゥ・・」「シャー」「クー」といった異音が発生します。
どちらの場合も汚れをしっかりと取り除きグリスアップをすることにより改善されます。

2)ワンウェイクラッチの磨耗や不良

セルスイッチを押しても「ウィーン」や「シャー」と音がして空回りしてしまう。セルスイッチをもう一度押すと何事もなかったようにエンジンがかかる。
最初はエンジンが温まっている時などに症状が出る程度だったが次第に頻度が高くなってきて乗るたびに症状が出るようになってしまった。
そんな時はスターターのワンウェイクラッチの磨耗や不良が考えられます。
オートバイはカム式のワンウェイクラッチが多く採用されています。ワンウェイクラッチは外輪、内輪、ローラー、スプリングで構成されています。
一方方向へは回りますが逆方向へはローラーと外輪の接触面圧が高くなりロックSあれることで動力を伝える仕組みになっています。
内輪の磨耗や、バネの力が弱くなることによりローラーの動きが悪くなりロックされず空回りをしてしまう症状が出ます。
改善方法はワンウェイクラッチ自体を分解し、ローラーやバネ、アッセンブリーの部品交換により改善されます。
ワンウェイクラッチの値段は5,000円前後~20,000円前後、バイク屋さんへ依頼した場合の工賃の目安は12,000円前後~25,000円前後となります。
フルカウル車のように外さなければならない部品点数が多いほど工賃が高くなってしまいます。事前にバイク屋さんへ問い合わせておくと良いでしょう。

3)カムチェーンテンショナーの不良

エンジン始動時、もしくは始動後ほんの数秒、金属音打音のような「カラカラ」「ジャラジャ」「ガチャガチャ」と音がしたらカムチェーンテンショナーの不具合が原因の可能性があります。
始動時や始動直後数秒で音が消える場合もあるが、ずっと鳴りっぱなしの場合もあります。エンジンの腰上部分より上記のような音がした場合はまずテンショナーを疑ってみると良いでしょう。
カムチェーンテンショナーとはカムチェーン(エンジン内部で動力を伝達しているチェーン)が伸びて緩んだままにならないようにテンションをかけ常に張った状態にする役割をしています。
テンショナーには手動のテンショナーとオートテンショナーがあり、手動の場合はテンショナー調整を、オートテンショナーの場合は一度外し作動確認後、問題なければもう一度組み直すと改善できます。
テンショナー自体に不具合がある場合は新品に交換する事をお勧めします。テンショナーの部品代は4,000円前後~15,000円前後と排気量や車種により大きく変わってきます。
バイク屋さんへ依頼する場合の工賃目安は8,000円~16,000円前後になります。車種やカウルの有無、ビッグスクーターのように外さなければならない部品点数等によって金額が変わってきます。 事前にバイク屋さんへ問い合わせをしてみると良いでしょう。

4)バッテリーの電圧不足

セルスイッチを押した際に「カッカッカ・・・」「ジーーー」と音がしてセルが回らなかったり、セルが回りきらない場合はバッテリーの電圧不足の場合が多いでしょう。
充電や交換で改善できます。充電器を持っているのであれば充電を、キック付きの車両でエンジンが掛かるようであればしばらく走行する事で充電されます。
しかし充電後もまた電圧が下がってしまう場合は、バッテリーの寿命が近づいていますので新品へ交をしましょう。
充電器をお持ちでない場合はブースターケーブルやジャンプスターターを使用し、一度始動させる事でバッテリーの電圧不良かどうかの確認をする事ができます。問題なく始動できるのであれば新品へ交換しましょう。
新品へ交換後また電圧が下がり同じ症状が出てしまう場合は漏電や充電系の電装トラブルの可能性が考えられますので別のトラブル箇所の診断、修理が必要となります。
電装系のトラブルは、その発生個所によって修理工賃はまちまちとなります。

5)始動時の異音が聞こえたら早めの対処を

始動時の異音の原因は単純なものから大きなトラブルの前兆の時もあります、早めの修理をする事で無駄な時間や出費を抑えられる他にも出先での不安や嫌な思いをする事を事前に防ぐ事が出来ます。
聞こえない振りをするのではなく積極的に修理を行う事で長く乗れる車両になります、普段から目や耳での確認を心掛けるようにしましょう。

6)


■この記事の執筆監修

バイク整備士 玉井 克幸

バイクパッション整備責任者

2級整備士

玉井 克幸

バイク整備の知識量と技術力は誰にも負けません。
修理や整備も常に冷静沈着。若手メンバーのお手本として活躍中。
販売整備部門の責任者でもあるので、何か欲しいバイクがありましたら是非玉井までご一報ください。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます

事故車不動車や故障したバイクも買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

故障したバイク買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118