全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2018/12/07 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

バイクのガソリン漏れ。症状別の対応法と修理費用

バイクの故障と修理 豆知識

エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない、ブレーキが効かない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

バイク転倒後や長期放置後に、ガソリン漏れが

症状
転倒によってなのか?ガソリンが漏れてきた!そのまま乗っても大丈夫?
久しぶりに乗ったバイク…エンジンの下からガソリンが漏れていました。
フューエルコックを切り替えたところガソリンも出が止まらなくなった・・
キャブレターの下辺りに茶色いガソリンのシミが付着するようになった

主な原因はキャブのオーバーフローか燃料コックの劣化、フロート室のパッキンの劣化
ガソリン漏れ

ガソリン漏れ

ガソリン漏れが発生するのは主にキャブレター車。
傾きなどの一時的な原因でオバーフロー(溢れる現象)となる場合、内部パーツの固着等によって継続的にオーバーフローとなる場合があります。
また、燃料コックの劣化によって継続的に漏れてくることもあります。フュエルコックの交換が必要な場合、その部品代は車種によって4,000円~8,000円前後、工賃は4,000~12,000円前後となります。
稀なケースでは、キャブレターのフロート室のパッキンの劣化などによってキャブレターからガソリンが染み出てくることもあります。その場合はパッキンを新品に交換することで直ります。
以下によくあるガソリン漏れの症状別の対処法を纏めました。

【事例1】転倒によってガソリンが漏れた!そのまま乗って大丈夫?

時間があまりなくバイクに乗る事が出来ず久しぶりにバイクに乗った。
久しぶりに乗ったという事もあり緊張からかバランスが取れずに信号で立ちゴケをしてしまいました、バイクはすぐに起こしたがどこかからガソリンの臭いがするのと地面に少し染みが出来ていた。
近所という事もあったのでエンジンは掛けずに押して帰った、今後このまま乗っても大丈夫ですか?


【回答1】キャブレターのオーバーフローであれば問題ありません

バイク(の燃料供給方式)はキャブレター車とFI車(インジェクション)の二種類に分かれます。
立ちゴケ等でガソリンが漏れてくる場合は殆どがキャブレター車と言えるでしょう。
キャブレターは構造上、オーバーフロー(溢れる現象)といってキャブレター内に必要以上にガソリンが送られてしまった時など外に流れ出る仕組みになっています。
バイクを倒してしまったり必要以上に傾けたりするとオーバーフローによって漏れる事があります。
バイクを起こした後に新たな漏れが確認出来なければその他の箇所の点検後、始動・発進しても大丈夫と言えるでしょう。 安全の為その後、しっかりとした点検を行う事をお勧めします。

ドレンからのオーバーフロー
【事例2】久しぶりに乗ろうとしたらエンジンはかかるがガソリンが漏れてくる

夏季を跨ぎ半年ほどバイクに乗る事が出来ず久しぶりにバイクに乗ろうと思いガソリンコックをオンにしてセルを回すと…
エンジンは掛かるものの車体の下方にガソリンがどんどん流れて出て来てしまい乗り出す事が出来ません。
なぜガソリンが漏れてしまうのでしょうか?


【回答2】フロートの固着であればキャブレターを叩き衝撃を与えることで直る可能性も

キャブレターからのオーバフローによるガソリン漏れです。 ガソリンが流れ出てくるホースを辿って、そのホースがキャブレター部に繋がっていたら間違い無いでしょう。
夏季をまたいでの長期放置となると、キャブレター内のガソリンが気化することで目減りし、キャブレター内部のパーツであるフロート等が満タンより低い位置で固着することがあります。
正位置よりも低い位置で固着しているフロートの上に供給されたガソリンが供給過多の状態となり、オーバーフローが発生していると思われます。
エンジンが掛かるという事なので症状が軽く、運が良ければキャブレター自体をドライバーの柄などで叩き衝撃を与えるとフロートが動きオーバーフローを止める事が出来る場合もあります。
ただし、それでも解消できない場合や吹け上がりが悪い、アイドリングがしない等の症状がある場合はキャブレターのオーバーホールが必要になります。

オーバーフローしていたGS400のキャブレター
【事例3】ガソリンコックをリザーブに切り替えたところガソリンが漏れるように

バイクで走行中エンストしてしまいタンク内を確認するとガソリンがかなり減っている様だったのでガソリン(フュエル)コックをリザーブに切り替えたところ、コックの部分からガソリンがポタッポタッと垂れて来て止まらなくなってしまった。
なぜ急にガソリンが漏れる様になってしまったのでしょうか?


【回答3】パッキンの劣化の可能性が。コック自体の交換が必要かもしれません

燃料コックの中にはゴム製のパッキンが使われています。
古い車体の場合しばらくコックを動かさないでいるとパッキンが硬くなってしまったり、縮んでしまい動かした時に亀裂が入ったり、隙間が生まれガソリンが漏れてしまう事があります。
修理方法は基本的にはコック自体の交換、もしくは旧車の場合はオーバーホールKITが販売されてる場合もあります。
漏れたままの状態では引火の危険がありますコックをどの方向にしても止まらない場合は、タンク内のガソリンをなるべく抜き取って漏れを止めましょう。
間違っても少量の漏れだからといって始動・走行することは避けましょう。 フュエルコックの交換が必要な場合の費用感ですが、その部品代は車種によって4,000円~8,000円前後、交換工賃は4,000~12,000円前後となります。

燃料コックからのガソリン漏れ
【事例4】キャブレターの下辺りに茶色いシミ!ろガソリンの匂いがします

普段の足として使っているバイク(125ccのMT車)なのですがエンジンのちょうどキャブレターの下辺りとキャブレターの下の方が茶色いシミのような物が出来ていて少し湿っているのが見つかり 手で触れてみたところガソリンの匂いがします。
急に漏れ出したようではないような気がしますがよくある事なんですか?


【回答4】キャブレターのフロート室のパッキンを新品に交換しましょう

稀なケースですがなくはありません、キャブレターのフロート室のパッキンが痩せてしまいガソリンが滲み出してしまったか、前にも漏れた事があり液体ガスケット等で修理をした場合、 時間が経つと滲み出してしまう事があります。
応急処置としては同じく液体ガスケットで止める方法もありますが出来る事なら新品のパッキンに交換する事が一番の修理方法です。
バイク店に頼む場合は、キャブ一発つにつき8,000円前後の工賃となります。

キャブレターからのガソリン漏れ、シミと滲み痕

■この記事の執筆監修

バイク整備士 玉井 克幸

バイクパッション整備責任者

2級整備士

玉井 克幸

バイク整備の知識量と技術力は誰にも負けません。
修理や整備も常に冷静沈着。若手メンバーのお手本として活躍中。
販売整備部門の責任者でもあるので、何か欲しいバイクがありましたら是非玉井までご一報ください。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます

事故車不動車や故障したバイクも買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

故障したバイク買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118