全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2019/01/18 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

バイクの燃費を改善する7つの簡単メンテナンス

バイクの故障と修理 豆知識

エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない、ブレーキが効かない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

最近燃費が悪くなったような・・・燃費をよくする方法って?

症状
長く乗っているので仕方ないとは思うのですが、最近愛車の燃費が悪くなりました。
整備は素人なので複雑なのは無理ですが、素人でも出来るような燃費を良くする方法ってあるのでしょうか?
簡単であれば自分でやってみたいと思っています。

日頃のメンテナンスで燃費を改善しよう

バイクの使用目的により使用頻度は人により違ってきます、通勤にほぼ毎日使う方もいれば週末や月1回程度のツーリング時にしか使わない方と様々だと思います。 しかしどなたも愛車には少しでも長く乗り続けたいものですよね。 過走行になれば燃費も悪くなってきてしまうのは仕方ありません、少しでも燃費を良くいつまでも乗り続けるためには日頃のちょっとしたメンテナンスが大切になってきます。 それでは燃費を少しでも保つ日頃から出来る7つのメンテナンスをご紹介させて頂きます。

1)タイヤの適性空気圧と交換時期を確認しよう

タイヤの適性空気圧と交換時期を確認しよう。
昔からあまり変わっているように感じないタイヤですが実は日々進化し燃費にも関わってくるようになりました。
しかしどれだけハイスペックなタイヤでも適正空気圧でないと性能を十分に発揮する事が出来ません。
最近はガソリンスタンドや駐輪場に空気圧が見れる空気入れが常備されている場所も増えました、給油ついでに定期的に空気圧を測る事で燃費の向上に繋がります。
またタイヤにはスリップサインという交換時期を確認出来る部分があります、交換時期が過ぎたタイヤは燃費が悪くなるだけではなく滑りやすく転倒にも繋がります。
定期的に確認し交換時期が近づいたら早めに交換しましょう。

タイヤの適正空気圧を知る方法として最も手早いのは、チェーンカバーやスイングアームなどに貼付されているシールを見ることです。そのシールに前後タイヤの適正空気圧が記載されています。
もし、シールが剥がれている場合は、サービスマニュアルやネットで車種別の適正空気圧を検索してみましょう。

チェーンカバーに添付されたタイヤの適正空気圧を記載しているシール
2)オイルの点検と確認をしよう

バイクのオイルはオイルキャップのゲージや確認窓でオイル量や汚れ具合の確認をする事が出来ます。
オイルが古い状態のままだと燃費に影響してきます。定期的に交換することを心がけましょう。
その他にも燃焼しきれないガソリンがオイルと混ざり粘度が落ちていたり、結露を起こし水とオイルが混ざり白濁化している場合、量が規定量より多く入っている場合も同様に燃費に影響してきます。
オイルはエンジンのスペックを最大限に発揮するために重要な役割を担っています常に良い状態を保つ事で燃費の向上に繋がります、3,000km毎を目安に交換をしましょう。

オイルフィラーキャップ/キャップについたゲージにてオイル量、色を確認
3)エアクリーナーが埃やゴミで詰まっている

エアクリーナーに埃やゴミが詰まっていると必要な空気が十分に吸い込む事が出来ません、結果的に空気が少なくなり燃料が濃くなってしまい燃費が悪くなってしまいます。
エアクリーナーを確認し清掃、必要であれば新品と交換しましょう。

ボソボソになって吸気により吸い込まれてるエアクリーナー
4)プラグの確認をしよう

プラグは消耗品の一つです、長い間交換していないプラグやススがついたプラグは火花が弱くなり燃費に大きく関わってきます。
プラグの交換時期は3,000km~5,000kmとされています、その他にも電極の角が丸くなっていたりススがついて真っ黒になっている状態では十分な火花が飛ばなくなっています。
定期的に点検、清掃、交換をすることを心がけましょう。

電極部分にススが付いて真っ黒になっているスーパープラグ
5)チェーン調整、交換時期を確認しよう

チェーンが伸びて弛んでいたりオイルが切れてサビだらけだったりするとスムーズに後輪へと力を伝える事が出来なかったり抵抗が生じてしまいます、よって燃費に大きく影響してきます。
チェーンはどんなに優しく走行していても伸びてしまうものです、車両毎に異なりますが必ず調整幅がありますので確認の上、調整しましょう。
調整幅=遊び(チェーン中央部を押して上下に動く幅)は、車種ごとに異なりますが、オンロード車は2~3センチ、オフロード車は3~4センチが1つの目安です。
また、調整不可なほど伸びてしまった場合は交換することをお勧めします、チェーンが伸びたまま走行すると燃費が悪くなる以外に走行中にチェーンが外れ転倒や事故に繋がる可能性があります。
細かい点検と早めの交換を心がけましょう。
また、同時にスプロケットの確認をしておきましょう、スプロケットの山があまり尖って細くなっている場合は交換をお勧めします。
スプロケットはリアタイヤについているスプロケットとエンジン側についているスプロケットの二つがあります、どちらの確認も忘れないようにしましょう。

交換されているチェーン
6)燃焼室のカーボン除去

走行が伸びた車両はどうしても燃焼室にカーボン(煤やタールの燃えカス)がたまってしまいます。カーボンがたまるとパワーダウンや燃費が落ちる原因になります。
燃焼室にたまったカーボンを除去するには添加剤を使用することをお勧めします。直接燃焼室へ吹き込む方法やガソリンに混ぜて使用する方法があり、 添加剤のメーカーや種類によって使用方法が変わってきますので商品の使用方法を良く確認の上、使用するようにしましょう。

7)普段の細かな気付きが大切です

直接燃費に関わることではありませんが日頃の洗車などからも細かい車両の変化に気付く事があります。
乗ったら乗りっぱなしではなく時々細かい部分まで洗車や磨き、グリスアップ等をしていると気付く事もたくさん出てきます。
また、小さな事ですが運転にも少し目を向け、急発進・急加速・急停車を避けるようにしスムーズな運転操作を行うことで車両の変化や不具合に気付きやすくなる上に燃費の向上にも繋がります。
気付いた部分を放ったらかしにするのではなく積極的にメンテナンスや修理、バイク屋さんへの相談をする事でバイク自体も長持ちし燃費の維持にも繋がります。


■この記事の執筆監修

バイク整備士 玉井 克幸

バイクパッション整備責任者

2級整備士

玉井 克幸

バイク整備の知識量と技術力は誰にも負けません。
修理や整備も常に冷静沈着。若手メンバーのお手本として活躍中。
販売整備部門の責任者でもあるので、何か欲しいバイクがありましたら是非玉井までご一報ください。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます

事故車不動車や故障したバイクも買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

故障したバイク買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118