全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2020/05/22 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 車台番号
査定を予約する

【バイク】足つきを良くする6つの方法

バイクの故障と修理 豆知識

エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない、ブレーキが効かない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

足つきが悪く転倒を繰り返しています。自分に合ってないのでしょうか?

症状
せっかく新車を購入したのに・・・身体に合っていないのか転倒を繰り返します。
足つきに不安なあったものの念願の車両だったため購入しましたが、フラついた時などに足つきが悪く耐える事が出来なく転倒する事が多々あります。
何か解消する方法があるのであれば教えていただきたいのですが、対処法はありますか?

足つきの悪さは改善しよう!!

「念願のバイクを購入したものの、足つきが悪く立ちごけしてしまう」とお困りの方も多いと思います。
足つきが悪いと恐怖心から二輪らしい小回りの効いた機敏な動きが出来なかったり、不安が勝って乗る機会が減りバイクから遠ざかってしまうことになりかねません。
自分の身長、体格にあったシート高のバイクを購入するのが一番ですが、それでは車種の選択肢が狭くなってしまいますし憧れのバイクに乗る事が出来なくなってしまいます。
足つきを改善する方法は、手間と費用が掛からない順に(1)リアサスペンションのプリロード調整(2)ライディングブーツ(3)ローシートorアンコ抜き(4)ローダウンキットへの交換 (5)社外ローダウンサスです。費用は無料で出来る調整から、最も費用が掛かるローダウンサスへの交換で2万円~25万円程度と幅があります。 ここでは足つきの悪いバイクの乗り方や足つきをよくする方法をご案内します。


1)リアサスペンションのプリロード調整

リアのサスペンションにはプリロード調整という機能がついており、これを調整することで足つき性を良くする事が出来ます。
プリロード調整とはサスペンションのバネをどの程度バネを縮めておくかを調整する機能です。 簡単に説明するとリアサスペンションの沈み込みを硬くしたり柔らかくしたり調整する事が出来る機能で、柔らかく調整する事で乗車時に沈みやすくなり足つき性が上がるという事です。
しかし、プリロード調整によりセッティングを変えた場合、足つき性だけではなく乗り心地や、荷重によるハンドリングにも影響が出ることを忘れてはいけません。 調整・試乗を繰り返しながら足つき性だけではなく乗り心地やハンドリンも考慮した調整をしましょう。

プリロードを回して沈み込み調整
2)ローダウンキット

ローダウンキットとはリアサスペンションのリンク部分(車体との接合部分)を純正からローダウンキットへ交換することにより車高(シート高)を下げる事が可能なキットです。
ダウン幅は20mmや30mmと商品により変わりますがリンクの交換のみで大きく車高を下げる事が出来ます。
しかしリアサスペンションの取り付け位置がズレる為サスペンションの機能を最大限に発揮する事が出来なくなる難点があります。
大きく車高が下がるため純正のサイドスタンドの場合倒れてしまう可能性がありますのでショートタイプのサイドスタンドへ交換する必要性が出てきます。 ローダウンサスペンションより商品代金と交換工賃共に安価な為、予算を抑えたい方にはローダウンキットがお勧めです。
ローダウンキットへの交換には、ローダウンキットの部品代が7,000円前後~37,000円前後、ショートスタンドが2,500円前後~17,000円前後、工賃が8,000円前後~12,000円前後になります。 ローダウンキット、スタンド共に商品の値段により重厚感だったり作りの良し悪しが変わってきます。予算と好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

3)社外ローダウンサス

純正のノーマルサスからローダウンサスへと交換することで車高(シート高)を下げる事が出来ます。
また、見た目だけではなく商品の特徴により性能も大きく変わります。
社外品に変える事で純正のサスペンションでは味わえなかった満足感を伴うフィーリングを手に入れることも可能です。
リアサスペンションの交換に際してはローダウンキットと同様に大きく車高が変わる為サイドスタンドをショートスタンドへ交換する必要性が出てきます。
ローダウンキットと比べ価格は高くなってしまいますが車高を下げる目的以外にもビジュアルや性能を上げる事が可能なためカスタム思考の強いユーザーや 予算を確保できる方には一番おすすめしたい方法です。
リアサスペンションの交換にはローダウンサス自体の価格が10,000円前後~200,000円前後、ショートスタンドが2,500円前後~17,000円前後、交換工賃が12,000円前後から24,000円前後になります。 ローダウンサスは生産国やメーカー、性能により大きく値段が変わってきます、高価だから良い物だろうではなく、自分の乗り方や予算に合わせて商品を選ぶ事をお勧めします。

社外ローダウンサス
4)シートのアンコ抜き・ローシートへの交換

シートのアンコ(中身のスポンジ)を削るアンコ抜き、ローシートへの交換によりシート高を低くし足つき性を高くする方法です。 シートのアンコ抜きは一度表皮であるシートカバーを剥がし、中のウレタンフォーム(スポンジ)を削り調整をします。 高さを削る他、左右の角を削って幅を狭くすることでも足つきは改善されます。オーナーさんにあった形に整える事が可能です。
表皮を剥ぎウレタンフォームを削る作業まではそこまで難しい作業ではありませんが表皮を貼り直す際にウレタンフォームのサイズが変わっている為、 表皮が余ってしまい再度貼り直すには経験がない方だと難しい作業になってしまいます。
また、ウレタンフォームを削り薄くする為に少なからず快適性が失われる事と純正のシートを加工してしまう為戻したくなった時などは戻す事が出来ない点には注意が必要です。
専門業者へアンコ抜き作業を依頼した場合の価格は7,500円前後~20,000円前後~、加工内容により価格は変わってきます。
また、業者によっては衝撃吸収加工等もオプションでしてもらえるお店もあるのでまずは問い合わせてみると良いでしょう。

車種によってはローシートが販売されています。
純正シートからローシートへの交換は作業が簡単に完了する事、ウレタンフォームが純正より薄くなる事を考慮しクッション性の高い ウレタンフォームが使用されているため快適性を失う事なく足つき性を高める事が出来る点が優れています。
ローシートが販売されている車種にお乗りの場合はローシートへの交換という選択肢も出てきますのでご自分にあった方法を選ぶと良いでしょう。
ローシートへの交換はシート自体の価格が15,000円前後~50,000円前後と車種やメーカーによっても大きく値段が変わってきます。 カスタム要素も含まれる部分にもなりますのでデザインや性能を考慮した商品を選びましょう。

5)ライディングブーツの着用

現在は足つき性に考慮したライディングブーツが販売されており、バイクに直接手を加えたり専門店へお願いする事なく足つきを改善する事が可能です。
足つきをよくするライディングブーツとは簡単に言うと厚底ブーツです・・・ 厚底と言うと気が引けてしまいますが最近の商品はデザイン性がとても高くなっておりカジュアルな服装にもよく似合うデザインになっています。
操作性においてもシフトチェンジの動きを邪魔しないソールカットや柔らかさ等、本来のライディングブーツとしての性能や安全性も申し分ない物となっています。
また、通常のライディングブーツ自体がソールの厚い作りになっていますので厚底仕様のライディングブーツでなくても通常の物でも十分に足つきがよくなることもあります。
バイク自体に手を加えるのはちょっと・・・と言う方やバイク購入後で金銭的に・・・と言う方はまずは量販店やインターネットで自分に合うライディングブーツを探してみてはどおでしょうか? 安全面を考慮し足つきに関係なくバイク乗車時はライディングブーツの着用をお勧めします。

6)シートポジションをずらす

足を出す時に着地する足の方にシートからお尻を半分くらい横に出すようにずらし足つきを良くする方法です。
あまりお勧めはしない方法ですがモトクロスタイプのバイク等で車高を下げることにより車両本来の性能を下げてしまう場合はこの方法も有効的だと言えるでしょう。
またバイクのシートは前方にいくにつれ低くなっている事が多いので足をつく際はポジションを前方にずらしてから足を出すようにすると良いでしょう。

足つき性が変われば楽しさも変わる

足つき性が悪く立ちゴケしてしまう事により愛車に傷がついてしまったり自身が怪我をしてしまったり・・・ そんな事を繰り返していたら不安要素が増えてしまい元々好きだったバイクも楽しくなくなってしまうのも当然です。
いきなり高額な方法で改善しなくてもまずは安価な方法で対処する事も良いですし、カスタム要素を含むパーツで足つき性向上と愛車をもっと自分好みにカスタムするのも良いと思います。 量販店や専門店へ足を運び相談してもみても良いでしょう、まずは自分にあった方法で不安要素を取り除き安心して乗れるバイクで本来の楽しさを取り戻しましょう!

出張買取を利用して売却するという選択肢も

どうしても足つきが改善されなかったりフィーリングが合わなかったりして乗車機会が減ってしまうような場合は、出張買取を利用して売るという選択肢もあります。
バイクパッションでは完全無料の出張買取査定サービスを日本全国で展開しています。

先ずは気になる愛車の買取査定額をチェック!
個人情報不要!!10秒で査定額が出る自動査定でチェックして頂けます。
※車種別に故障車や不動車に事故車の査定額も10秒で出てきます!


■この記事の執筆監修

バイク整備士 玉井 克幸

バイクパッション整備責任者

2級整備士

玉井 克幸

バイク整備の知識量と技術力は誰にも負けません。
修理や整備も常に冷静沈着。若手メンバーのお手本として活躍中。
販売整備部門の責任者でもあるので、何か欲しいバイクがありましたら是非玉井までご一報ください。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます

事故車不動車や故障したバイクも買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

故障したバイク買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118