全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2019/08/07 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 車台番号
査定を予約する

エンジンの異音は異音の種類や発生個所によって症状を見極めよう

バイクの故障と修理 豆知識

エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

バイクのエンジンから異音がする・・・

症状
今のところ問題なく走れてはいるものの、エンジンから「こんな音していたっけ?」と感じる異音がしている。
走れているから何となく後回しにしてしまっているものの、このまま走っていると故障してしまいそうで不安に感じている。

異音の種類や発生個所によって症状を見極めよう
解体したエンジン

解体したエンジン

エンジン上部からの『カチカチ』や『カタカタ』はタペット音といいエンジンの構造上、経年とともに出てくる音です。乗車中にも聞こえるようであればタペット調整が必要です。
タペット調整の修理工賃は気筒数や排気量によって異なりますが、50ccで4,000円~が相場となっています。

回転数が落ちる時にエンジン上部から『シャー』という音や『ジャラジャラ』『カタカタ』という音がしたらカムチェーンからの異音の可能性があります。
手動のテンショナーの場合は調整を、オートテンショナーの場合は外して動作確認をし、場合によっては新品の部品へ交換を行なってみましょう。

アイドリング状態でクラッチを握った時に『カタカタ』『カラカラ』『ガラガラ』といった音がする場合はクラッチからの異音の可能性が。
修理にはクラッチハウジングの新品交換、状態によってはクラッチプレート・フリクションプレートの交換で修理が可能です。

回転数を上げた時に『カンカン』『キンキン』という甲高い金属音が聞こえる場合はノッキングを起こしている可能性が高いです。
ノッキングが引き起こすエンジントラブルは深刻化することもありますので、整備に自信がない場合はなるべく早めにバイク店にお願いすることをお勧めします。

アクセルを開けた時にエンジンのファンのあたりから『ヒュイーン』という音がしたらクランクベアリングの異音の可能性が。
深刻化すると『シャー』、『ゴー』、『ガリガリ』や『ゴリゴリ』と音が変化していき最終的にはクランクシャフトの芯ズレや抱きつきを起こす原因になります。
深刻化するとベアリングの交換修理が必要となりますが、バイク屋店に頼むとしても多額の費用が必要になります。

音の出ている場所がウォーターポンプ付近であればウォーターポンプのベアリングかメカニカルシールの劣化による異音です。
ベアリングとメカニカルシールの交換で修理が可能です。

アイドリング時や後輪を手で回した時に『シャー』や『ゴー』という音がした場合クラッチベアリングの劣化等による異音の可能性が。
放っておくと音がだんだん大きくなり『ガラガラ』とかなり大きな音がするように。クラッチハウジング内のベアリングを新品に交換する事で修理が可能です。


(1)エンジンの上の方から『カチカチ』と音がする

一般的な4ストロークエンジンであれば定番とも言える異音の一つ『タペット音』でしょう。
エンジンの吸気と排気のバルブはカムシャフトによって開け閉めされています。この時カムシャフトとバルブ(車種によってはロッカーアーム)の隙間が適正でない場合発生する『カチカチ』音がタペット音です。
もともとバルブとカムの間には必ず微妙な隙間が空いています。なぜなら隙間がないと熱膨張を起こした時にバルブを押してしまい閉まりきらなくなってしまうからです。
そのため実は新車の時点でも聞き取れない程度でもタペット音はしています。その隙間が走行距離や乗り方によって広がることでカムがバルブを叩く音が大きくなり『カチカチ』という音を発生させます。
エンジンの構造上とても出やすい『カチカチ』や『カタカタ』という音がそこまで大きくなく気にならない程度であれば問題はありません。
しかし、明らかにエンジン音を上回るタペット音が聞こえるようになってしまったらタペット調整をしましょう。
そのまま放っておくと音がどんどん大きくなったり、エンジンの不調、通常のスペックを発揮できなくなります。
タペット調整はエンジンのバルブカバーを開けシックネスゲージでバルブクリアランスの調整をする作業のことを言います。
バイク店へお願いする場合は50ccの場合4,000円~、250cc以上になると単気筒10,000円前後~、4人気筒20,000円前後~40,000円前後の費用が掛かってきます。
車種やガスケット等の交換部品の有無によっても値段が変わってきますのでまずは問い合わせてみることをお勧めします。

(2)エンジンの上の方から『シャー』『ジャラジャラ』と音がする

アクセルを開けて戻し、回転数が落ちる時にエンジン上部から『シャー』という音や『ジャラジャラ』『カタカタ』という音がしたらカムチェーンからの異音の可能性があります。
原因としてはカムチェーンの伸び、テンショナーの調整が適正でない、オートテンショナーの不良、カムチェーンガイドの磨耗が疑われます。 カムチェーンは走行距離や乗り方に応じて伸びてしまいます。伸びてしまったカムチェーンをテンショナーで常に良い状態に張っておく必要があります。 手動のテンショナーの場合は調整をしましょう。オートテンショナーの場合はテンショナー自体の不良も考えられます。外して動作確認をし、場合によっては新品の部品へ交換を行なってみましょう。
それでも直らない場合で過走行の場合カムチェーンの交換やカムチェーンガイドの磨耗による部品交換が必要となる場合があります、しかし常にオイルで潤滑されている部品ですので オイル管理がしっかりされている車両であればここまでの部品交換が必要なケースは稀です。
カムチェーンはクランクの回転をカムシャフトへ伝達する重要な役割を果たしています、放っておくと異音だけでなくエンジン不調の元となりますので早めの対処をお勧めします。

オートテンショナー
(3)エンジンの下の方から『カタカタ』と音がする

エンジンを掛けアイドリング状態でクラッチを握った時に『カタカタ』『カラカラ』『ガラガラ』といった音がする場合はクラッチからの異音の可能性が高いと言えるでしょう。
原因はクラッチハウジングの磨耗による異音です。フリクションプレートとの接触部分が少しづつ削れ段差が大きくなってしまうことで異音が発生します。
修理にはクラッチハウジングの新品交換、状態によってはクラッチプレート・フリクションプレートの交換で修理が可能です。
クラッチカバーを開けての作業になるのでカバーガスケットの用意も忘れずにしましょう。
修理にかかる費用感は、車種によって異なりますが、部品代が30,000円前後から45,000円前後、バイク屋さんに頼んだ場合、部品代に工賃がプラスされます。
工賃は12,000円前後~35,000円前後かかり、フルカウル車のように外さなければならないパーツが多いほど値段は高くなります。

クラッチ ハウジング、フリクションプレート、クラッチプレート
(4)走行中、回転数を上げた時に『カンカン』と金属音がする

エンジンの回転数を上げた時に『カンカン』『キンキン』という甲高い金属音が聞こえる場合はノッキングを起こしている可能性が高いです。
ノッキングはガソリンと空気の比率が悪かったり(ガソリンが薄い)、エンジンオイルの劣化のし過ぎ、点火タイミングがあっていない、ガソリンが古く劣化しているなど、様々な原因が考えられます。
どの原因に当てはまるかの判断も非常に難しく、放っておくとバイク本来のスペックが出ない、走行に支障が出る、走行中にエンストする、 場合によってはエンジンが焼きつく等の重い症状に繋がる可能性があります、整備に自信がない場合はなるべく早めにバイク屋さんにお願いすることをお勧めします。
バイク屋さんへお願いする際は車両の細かい情報(普段のメンテナス内容、乗車頻度、乗り方等)をしっかりと伝えることで最良の修理に繋がります。
また原因にっては高額の修理費用がかかってしまう場合もあります。バイク屋さんと相談しながら見積もりを取りつつ修理を進めることをお勧めします。

(5)アクセルを開けた時や戻した時に『ヒュイーン』と音がする(スクーター)

アクセルを開けた時にエンジンのファンのあたりから『ヒュイーン』という音がしたらクランクベアリングの異音の可能性があります。
ヒュイーンという音がしているからといってすぐにエンジンが壊れる等の症状にはなりません、しかしベアリング交換をしない限り消える事もありません。
単純にベアリング交換と聞くと簡単に聞こえますがクランクベアリングはエンジンの最も奥にあるため交換には多くの知識が必要になります、バイク屋店に頼むとしても多額の費用が必要になります、 場合によっては中古車両を購入した方が安く済む場合も・・・
初期段階は注意しないと気付かない程度の音ですが次第に音が大きくなり『シャー』、『ゴー』、『ガリガリ』や『ゴリゴリ』と音が変化していき最終的にはクランクシャフトの芯ズレや抱きつきを起こす原因になります。
しかし、車両により進行速度は変わりますので様子を見ながら修理か買い替えかを検討するのも良いでしょう。

(6)エンジンが温まると『ウィーン』と高い音がする

稀なケースではありますが音の出ている場所がウォーターポンプ付近であればウォーターポンプのベアリングかメカニカルシールの劣化による異音です。
エンジンが温まりオイルの粘度が落ちた時に音が出始めます。
ベアリングとメカニカルシールの交換で修理が可能です、車種によってはウォーターポンプアッセブリーでの交換となる事もあります。
作業自体は車種によってはそこまで難しくはありませんがオイル交換、クーラントの入れ替え・エア抜きが必要となりますのでそちらの知識や準備も必要となります。
ガスケットやパッキンの交換も必要となる事もありますので事前に用意しておくと良いでしょう。
気になる修理費用は部品代が4,000円前後~15,000円前後とかかり、バイク屋さんへ頼んだ際にかかる工賃は12,000円前後から30,000円前後となります。

(7)エンジンをかけたり、リアタイヤを回すと『シャー』『ゴー』という音がする(スクーター)

アイドリング時やセンタースタンドを掛けて後輪を手で回した時に『シャー』や『ゴー』という音がした場合クラッチベアリングの劣化等による異音の可能性があります。
長距離走った車両に多く見られる症状ですが特定の車種では極低走行でも音が出ている場合もあります。
修理方法はクラッチハウジング内のベアリングを新品に交換する事で修理が可能です。
放っておくと音がだんだん大きくなり『ガラガラ』とかなり大きな音がするようになってしまい車両の押し引きだけでも目立った音が出るようになってしまいます。
専用工具が少し必要になりますが駆動系には消耗品が複数使われていますので今後の為に作業を覚えておくのもいいでしょう。
どの場所のベアリング交換も部品代自体は何百円~千円程度で済みますが、工賃が高くなるケースが多い修理になります。自分で出来る箇所は自分で交換する事も長く同じ車両に乗り続けるコツかもしれません。

(8)異音に気づいたら早めの対応を

上で挙げた以外にも異音の種類や症状は多数あります、しかしどの異音にも言える事ですが早めに対応をすれば大きな問題に発展する前に対処出来る場合もあります。 バイクに乗るときは少しエンジン音等にも耳を傾け気づいてあげる事が長く乗る第一歩です、原因や修理方法等が分からない場合は近くのバイク屋さんに問い合わせ相談してみてもいいでしょう。


■この記事の執筆監修

バイク整備士 玉井 克幸

バイクパッション整備責任者

2級整備士

玉井 克幸

バイク整備の知識量と技術力は誰にも負けません。
修理や整備も常に冷静沈着。若手メンバーのお手本として活躍中。
販売整備部門の責任者でもあるので、何か欲しいバイクがありましたら是非玉井までご一報ください。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます

事故車不動車バイク買取に強い
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

エンジンの調子が悪いバイク買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118