全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2018,3/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

1年間放置でエンジンがかからないバイク

バイクの故障と修理 豆知識

エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

1年間放置でエンジンがかからなくなったバイク
1年放置の車両イメージ

1年放置の車両イメージ

症状
仕事の都合で、屋根付き駐車場でシートカバー掛けずに1年放って置いたバイク。
錆びや疲労が目立ち、パット見てエンジンかからないだろうとは思いましたが、
1年ぶりに乗ろうとしたら、やはり。。セルを押してもセルが回らずエンジンかからない。。

バッテリー交換とキャブレターのオーバーホールを

1年程度放置しているバイクは、機嫌が悪く簡単にはエンジンがかりません。
バイクは生き物ですので、放置している間にバイクの劣化や損傷は進行していきます。
放置期間と損傷に応じて、労わる様に
以下の順に試していただきエンジンの始動をチェックしてみてください。
1)バッテリーのチェック
2)スパークプラグの交換
3)キャブレターのオーバーホール(洗浄)
4)エアクリーナーの清掃
5)エンジンオイルの交換

1年程度の放置であれば、1~3の手順でエンジン始動するケースが多いです。
ですが、放置の状態によっては、他にも損傷の箇所があると思われますので、 不具合をしっかり丁寧に労わり修繕する必要があります。

1)バッテリーのチェック

ブースターケーブルで自動車や他の車両などから電気を拾いエンジンが始動するか確認してください。

バッテリーは何もしない状態(放置機関中)でも少しづつ放電している状態です。
経年劣化に伴い長期放置していると、放電過多(バッテリー上がり)、またはバッテリーの劣化で、 バッテリーが動作しない状態になります。
始動する場合は、バッテリー交換若しくは充電しましょう。
充電器を具備しているバイク屋さんで数千円で行ってくれます。 ただ、セルが回らない状態からフル充電までは長い場合は10時間程度かかるのでご注意を。
その後、バッテリー充電してもバッテリーの調子が悪い、少し乗らない期間があると、またセルの 回転が弱くなるなどの場合は、バッテリー自体の寿命が考えられますので、バッテリーの交換が必要です。
バッテリー自体はスマートフォンやノートパソコンと同様に消耗品ですので、充電しても使用時間のサイクルが目減りして息 最終的には寿命を迎えます。 バッテリー交換をしても調子が悪い場合は、エンジンの充電系統の異常が考えられます。その場合は専門知識を要しますので、 バイク屋さんで見てもらうのが良いでしょう。

2)スパークプラグの交換

スパークプラグの劣化でによって点火せずにエンジンがかからないケースも想定できます。
スパークプラグを抜いてみて、消耗や変色が確認できるようでしたら交換が必要です。
値段も1000円程度で高いものではないので10,000km以上交換していなければ交換したほうが良いでしょう。

3)キャブレターのオーバーホール(洗浄・清掃)
キャブレター

キャブレターの位置

キャブレターのオーバーホール(整備)とは
キャブレターを分解してパーツを清掃することです。
消耗箇所があれば交換も必要です。
キャブレター自身はガソリンと空気の吸気排気を調整する機能なので、 エアクリーナーとガソリンを綺麗に保っておけば、キャブレターが詰まる機会も少なくなります。
キャブレターの取り外しと分解は、根気があれば出来ない作業ではありませんが、取り外しにくい箇所の細かい作業ですので、 それなりに初めての方は根気が要ります。2気筒であれば2つ、4気筒であれば4つ作業が必要になります。

4)エアクリーナーの清掃

エアクリーナーはエンジン(キャブレター)が吸い込む空気を浄化(埃やゴミを除去)する機能を担っています。
使用を続けていると、エアクリーナーの中のフィルターが埃やゴミで汚くなり、吸気を浄化する能力を減少させ、 キャブ詰まりなどの原因を招きやすくなります。
汚くなったフィルターを清掃、または交換しましょう。
清掃は灯油に浸した後、中性洗剤などで洗って汚れを落としましょう
汚れがひどい場合や劣化している倍は、フィルター自体は1000~2000円程度ですので、交換するのが良いでしょう。

5)エンジンオイルの交換

オイルはエンジンの潤滑油ですので、定期的に交換することで、エンジンの状態を良好に保つ効果があります。
逆にオイルメンテナンスを行わないとエンジンの磨耗や劣化を招きやすくなります。
廃油口と注油口を空けるサイズに合う工具があればご自身で行うのも難しい作業ではありません。
オイル交換の数回に一回はオイルフィルターの交換もしたいところなので、最初はバイク屋さんに任せたほうが安心かもしれません。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます

事故車不動車バイク買取に強い
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

エンジンかからないバイク買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118