thumb7 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb8

腐食で覆われたスクラップ状態のGN50E|無料引き取り回収事例

「レストア途中で行き詰まって、腐らせたバイクを安く処分して欲しい…」というご相談を頂いたGN50は、 ブレーキが固着し車両の押し引きもままならず、エンジンは圧縮が無く、車体は錆びや腐食で覆われていました。

実働車でも0.5~2万円程度の買取相場となっているGN50E。相場的には処分費用を頂戴しての回収となるところですが、海外貿易ルート―を活用することで無料で引取りさせて頂く事ができた事例です。
以下、査定内容の詳細をご案内させて頂きます。

無料で引き取り回収した事故不動車のGN50E
  • 無料で引き取り回収した事故不動車のGN50E
  • ダウンチューブやエキパイなど車体底部の激しい錆び
  • 腐食の目立つクランクケース
  • 腐食で覆われたエンジン
  • キャリパーが離脱しているフロントブレーキ
  • 劣化の激しいアウターチューブ
  • 取ろうが剥げているジェネレーターカバー
  • 固着しているリアブレーキ
  • ヘタリ感が激しいシート
  • スタンドやボルト・チェーンなどは錆びで覆われています
  • タンク内にも錆びが目立ちます
  • 大きくひび割れているタイヤ
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • 無料引取り回収事例
    事故不動車のGN50E
  • バイク名
  • GN50E

    無料引き取り
    0円
    (廃車手続きも当社で無料代行)
  • 廃車手続き
  • バイク廃車手続き無料代行(廃車証のコピーをご自宅まで郵送)
  • 年式
  • (1981年発売開始の車種)
  • 走行
  • 不明(メーター読み8,974km)
  • 車台番号
  • フレーム番号GN 50-11 エンジン番号GN50-11
  • エンジンの状態
  • 年季の入った腐食で外観は白一色状態・当然ながら始動不可
  • 外観の状態
  • ガソリンタンクの補修とハンドル以外はほとんど手が入っておらず、全体的に劣化激しい
  • 事故・転倒・損傷
  • 来歴不明ながら車体数カ所に転倒を思わせるダメージあり
  • 改造の有無
  • 純正パーツの欠品あり(レストア途中で断念)
  • 引き取り年
  • 2018年1月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

無料での引取り回収となったGN50E 査定のポイントや詳細

「50ccトラッカーを作ろうと思って。友達が腐らせていたGN50Eを無料で貰引き取ったんですが、レストア用パーツのあまりの少なさに断念しました」と今回処分するいきさつを教えてくださいました。
エンジンに雪が積もっているのかと見紛うばかりの腐食をはじめ、まだら模様に汚れたシート等どれひとつとっても商品価値を見出すことは難しい状態ではありましたが、 アジア向けの貿易ルートで何とか商品価値を見出し、処分費用を頂戴することなく無料で引取り回収させて頂いた事例です。

足回り
125cc版のGN125E並のロングフォークを採用したスズキ・GN50Eは、GN80Eとほぼ同サイズの姉妹車です。
GN50E・GN80Eどちらも中古市場への出品が少なく、部品を調達するのが難しく、自作パーツを作成する必要性に迫られるなどレストア難易度の高い車種となっております。
さて足回りの状態を確認すべく、先ずは前後のサスペンションをチェックしたところ、茶色を通り越して無数の青サビや腐食が発生しており、 フロントフォークはまるでモップの柄のようにガチガチでフォークの減衰が確認できないほど劣化しておりました。
続いて前後のブレーキをチェックしていくと、リアブレーキは固着して、車体の押し引きが1人では難しいほどの抵抗を生んでいました。フロントブレーキは留め具欠品でキャリパーが離脱。前後とも商品価値のないジャンク品と化していました。
前後ホイール・リアショックといった重要箇所もサビ・腐食がキツく、パーツとしての価値を見出すことは事実上不可能でした。
固着しているリアブレーキ
外装
「友達から無料で引き取った時はもう少しましだったかな?」とオーナー様が仰る現在の状態は長らく放置されていたことで荒廃感に満ちております。
張り替えられたシートカバーがパリパリになっているシートにはパーツ価値を見出せませんでしたが、
内部が錆びているタンク、キツめの腐食が見受けられる前後メッキフェンダー、色褪せの目立つサイドカバー等は状態こそ良くはありませんが、パーツ価値として評価できる状態にありました。
足回りは散々な評価でしたが、外装で若干リカバーし無料で引取り出来る可能性も見えてきました。
ヘタリ感が激しいシート
エンジン周り
少なく見積もっても10数年以上の不動状態と思われるエンジンは、全体が白一色に見えるほどサビ・腐食に覆われ、並大抵のリペア作業では再生できない状態にまで侵されておりました。
キックレバーを踏み込んでの圧縮もほとんど反応がなくエンジンは死んでいる状態、再生させるにはクランク交換などフルO/Hが必要と思われました。
まだ部品供給が行なわれている車両であればともかく、市場評価額がそれほど高くないスズキ・GN50Eの場合、明らかに修理コスト方が高いと判断し買取での対応を断念せざるを得ませんでした。
圧縮が無く腐食で覆われたエンジンは完全に処分対象のジャンク品の扱いとなってしまいました。
腐食で覆われたエンジン
フレーム回り
80年代のスズキ車らしい頑強さを持つGN50Eでしたが、フレーム接合部などに重度のサビ・腐食が発生しており、再生させるにはそれなりの補強が必要と思われる状態でした。
特にエンジンマウント部やダウンチューブサ・スタンド接合部などの錆びは激しいものがあります。
それでも剛性を損ねるようなダメージはなく充分に再利用可能な状態にありました。
GN50Eのフレームは100~150ccのエンジンを積むにも十分なスペースを有しています。
エンジンは処分対象の評価となってしましましたが、100ccクラスが流通の大部分を占める東南アジア向けにフレーム価値が見込めたことはポジティブな内容となりました。
ダウンチューブやエキパイなど車体底部の激しい錆び
電装/保安部品
ウインカー・ヘッドライトといった保安部品は一通りついているものの、バッテリーそのものが欠品状態。
現在の傷み具合から判断しても、正常に作動できる見込みが限りなく低く、見込み判定ながら最低評価に留まりました。
また、経年によるダメージはコード類表面も激しく劣化させており、配線の一部には焦げ茶色の腐食具合を示した箇所まであります。
ここまで進行してしまうと手の打ちようがなく、電装系の評価も低い内容に。電装・保安部品を含めてここまでの車両評価で、無料で回収できるか、処分費用が発生するか、微妙な情勢に。
スタンドやボルト・チェーンなどは錆びで覆われています
その他
ハンドル以外はほぼ純正パーツのままでしたが、現在の市場評価額を考えると中古パーツとしての価値は甚だ低く、あらゆる部品に痛みや劣化が目立つ状態である点を考慮すると、車両価値ほぼゼロという結論に至りました。
オーナー様からは格安での処分ということでご相談頂いたのですが、何とか無料で引取り回収する事ができないかを模索するためしばしお待ち頂くことに。
劣化の激しいアウターチューブ
無料引取りとなったスクラップ状態のGN50Eの総合評価
下記で詳細していますが、GN50Eは実働車でも0.5万円~2万円程度の買取相場となっています。
常識的に考えれば、サビと腐食がない箇所が皆無と言えるほど傷んでいるスクラップ車両に買取価値がないのは明白です。
再利用可能なパーツも非常に少なく、圧縮が無く死んでいるエンジンは修復コストが再販価値を上回るため、国内流通では処分費用を頂戴して回収しない限り赤字になることが濃厚です。
ただし、東南アジア向けのマーケットには適合するポテンシャルを有しています。そこで取引先の貿易業者に確認したところギリギリ無料で引取り回収できる有意な値段提示が!
弊社パッションの販売ネットワークを洗ってみた結果、無料での引取り回収が出来る事となりました。

お客様の談話と無料引取り回収後記

「いやぁ~。出来るだけ安く処分してとは言いましたけど。無料で引き上げてくれるとは思いませんでしたわ」と快諾してくださったオーナー様。
「もともとレストア用に無料で引き取ったジャンクバイクでしたから。貰った当時より今の方が状態は悪いしね。無料で引き取ってくれるんなら助かるわ。」と仰って頂きました。
「やっぱ、多少はパーツが揃ってないと相当きついね。」と組み立て最中のモンキーを見やりながら、多少の無念さが滲んでいたお言葉が心に残りました。

GN50E 査定相場

全長1,950mmの大柄なボディとなり、RG50Eと同型エンジンを搭載してデビューしたスズキ・GN50Eは、60km/h規制前のバイクであるため、実動車両はかなりパワフルな加速力を持っております。
しかしながら販売成績が振るわず、短命に終わってしまったこともあり、市場での流通は極めて少ないです。
毎週、数千台もの中古バイクが取引される業者間市場でも落札事例は少なく、過去24か月遡っても5台の取引しか確認できませんでした。
以下、業者間取引市場における直近24ヶ月の取引データとなります。
GN50E|取引相場の詳細
落札価格 状態 外観
3万円 実働車 使用感有
2.6万円 実働車 使用感目立つ
2.6万円 不動車 見た目は綺麗
1.7万円 不動車 使用感有
0.9万円 不動車 劣化目立つ
(2018年1月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

過去24カ月間で合計5台の取引があったGN50E。内訳は実働車が2台、不動車が3台。平均取引額は実働車が2.8万円、不動車が1.7万円となっています。
実働車であれば、使用感が色濃い車両でも2~3万円程度の取引額は見込めそうです。不動車はそこから実働化に向けた修復コストが減額された額で数千円~2万円程度の取引が多くなりそうです。
上記、業者間市場での取引額から買取業者の査定額を逆算するには、業者の儲けと経費(出品手数料や運送費用など)を差引く必要があります。
逆算して見えてくる査定相場は、実働車では0.5~2万円程度、不動車になると修復コストの応じて、処分仕様を頂戴しての回収~買取で値段が付く場合は1.5万円程度までとなっています。

GN50Eの買取相場

GN50E
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近 24ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 2台
平均価格: 28,000円
最高価格: 30,000円
最低価格: 26,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近 24ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 3台
平均価格: 26,000円
最高価格: 17,333円
最低価格: 9,000円
(2018年1月19日時点の相場情報)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

■GN50E 豆知識

80年代50ccバイク最速を誇ったRG50Eと同型エンジンを搭載し、パワフルな50ccアメリカンというコンセプトで販売を開始したのがスズキ・GN50Eです。
残念ながら販売成績はさほど振るわず、早々と生産を終えてしまいましたが、兄貴分にあたるGN250やGN125は中国生産にて販売を継続中。
その生産コストと販売価格の安さで販売台数を伸ばしており、現在でも元気に走る姿を街中で見ることができます。
 壊れたバイク動かないバイクいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
バイク引き取り廃車処分お任せください
バイク引き取り廃車処分お任せください
事故車・不動車バイク買取ってます
事故車・不動車バイク買取ってます
廃車処分バイクの査定お任せください
廃車処分バイクの査定お任せください
バイク廃車手続き無料代行
バイク廃車手続き無料代行

廃車処分バイクも売ろうと考え時がもっとも価値があります

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118