thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

バリオス2 不動車|買取と整備事例

お客様から査定に呼んで頂き買取させて頂いたエンジン不動のバリオス2の整備・再生事例
バイクパッションは、お客様から買取させて頂いたバイクを大切に整備再生して次の乗り手に繋いでいます

BALIUS 2|買取 査定時点の状態

買取査定時のバリオス2
  • 買取査定時のバリオス2
  • エンジンかからないZR250B-000
  • リアショックの目立つ錆び
  • 激しい錆び
  • 転倒して曲がっているブレーキペダル
  • エキパイやラジエーターの錆び

バリオス2 不動車

買取金額 5.6万円

エンジンかからない

買取時の査定評価 評価1

ZR250B-000(1997年式)
掲載日2014年2月18日

査定買取時点ではエンジンかからず、錆びや腐食が目立つ不動車のバリオス2
始動しないエンジンの他、
プロの磨きでもとることが難しそうな錆びが各所にあることがマイナス査定となりました。
買取後にパッションの工場でエンジンがかかるようにする整備作業の他錆び取り等を行い中古販売車両として再生しました


エンジン回り クランク キャブレター ラジエーターなど
エンジン不動
足回り フロント
Fフォークサビ(小)、アンダーブラケットサビ(中)、ダストシール(腐食中)
外装 タンクやカウル類
タンク、サイドカバー、テールカウル、Fフンダー(塗装)
足回り リア
Rサス(サビ中)、スイングアーム(腐食小)、チェーン(サビ小)
電装パーツ 保安部品
バッテリー電圧不足(12.60V)、セルモーター廻らず、
車体フレーム回り
フレームサビ(中)
カスタム/改造/社外パーツ
マフラー(サイレンサー)社外品
査定を終えて 自社工場で行った主な整備作業
エンジン回り クランク キャブレター ラジエーターなど
キャブレター清掃、プラグ脱着、交換、
足回り フロント
サビ取、磨き
外装 タンクやカウル類
磨き
足回り リア
サビ取、磨き
電装パーツ 保安部品
バッテリー充電、スターターリレー脱着、交換(中古)
車体フレーム回り
サビ取、磨き ブレーキペダル曲り
洗車・磨き仕上げ
Rサス、フレーム、ステム(三又 アンダーブラケット)サビが取り切れなかった。

プロの洗車と磨き
~プロの磨きで綺麗になったバリオス2~
かからないエンジンを始動させる
  • 1)ブースタを繋ぐ ⇒ セルモーター廻らない。
  • 2)スターターリレー交換 ⇒ セルモーターは廻るが始動しない。
  • 3)プラグ交換 ⇒ 始動しない
  • 4)バッテリー充電 ⇒ 充電前(12.60V) 充電後(12.96V)
  • 5)キャブレター清掃 ⇒ エンジン始動

プーリーキットの脱着交換
エンジンかからなかったバリオス2のエンジンを再生するまでの流れ~キャブレター清掃やプラグ交換など~

シート、左右のサイドカバー、タンクを止めるブッラケットを外しブースタを繋ぐがセルが回らない
直接セルモーターに電気を流すとセルが廻るのでスタータリレーを交換(中古)しエンジンが始動しないので プラグ交換、初暴はするが始動はしないので、タンク、エアークリーナーBOX、
スロットルケーブル、チョークケーブル、クーラントのホースを外しキャブレターを取ります。
その間でバッテリーを充電。
フロート室を開け 1~3番メインジェット 、1~4番スロージェット、 チョークのラインの詰まりを取り除き その他 のラインの詰まりを点検、清掃、キャブレターを組み付けてから、先ほど外したパーツなどを取り付け始動を確認。

ブレーキペダル曲りは、折れる恐れがあるので修理はしませんでした。

エンジン再生したバリオス2|中古販売へ向かって

整備を終えて仕上がったバリオス2
  • 整備を終えて仕上がったバリオス2
  • エキパイも錆び取り
  • リアサスペンションの錆びも払拭
  • 再生始動するようになったエンジン
  • 取り切れなかったフレームの錆び
  • タンクにも艶
  • ピカピカになったBALIUS2
  • 販売車両として再生したバイオス2
  • 前からも綺麗
  • 右サイドから
  • 左サイドから

買取した時点でエンジンかからず錆びが目立ったバリオス2が、整備を経てエンジンかかるようになり主立った錆を落として販売用に仕上がりました
バイクパッションでは、首都圏最大級の買取販売店として多数のバイクを店頭販売しています。お気軽にお越しくださいませ。
バリオス2の買取査定はパッションに任せて安心です! 買取したバイク!店頭販売もしています