thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8 thumb1

グラストラッカー|買取と整備事例

フレームの損傷と補正痕が影響して準事故車扱いでの買取査定金額となったグラストラッカー
販売店の整備工場で、新品バッテリーへ交換してセルスタートを回復させた他
各所に目立った錆びや腐食は歯ブラシなどで清掃した上で、コンパウンドで磨いて丁寧に取り除き、 軽めの転倒傷などはペイントで補修し、外観は美しさを取り戻しましたが、
フレームの状態が影響して整備後の販売価格も買取価格に準じた安価な値付けととなった初期型NJ47Aです

買取~整備~販売まで一貫体制のコストカットで魅力的な買取価格と販売価格を実現。その一端を整備事例としてご紹介いたしております
バイクパッションは、お客様から買取させて頂いたバイクを大切に整備再生して次の乗り手に繋いでいます。

DJEBEL250XC|買取 査定時点の状態

買取査定時のグラストラッカー|状態悪い
  • 買取査定時のグラストラッカー|エンジンかからない
  • 全体に劣化や傷が散見されたグラストラッカー
  • キャブレターの目立つ錆び腐食
  • フロントフェンダーの凹みや塗装ハゲ
  • フロントフォークの点錆び
  • エンジンヘッドや腰上のオイル漏れ
  • プラグ周辺のオイル漏れ
  • フレームの塗装ハゲや足回りの劣化
  • 削れと溶接あとのあるシートレール

グラストラッカー

買取金額 1.5万円

フレーム加工(切断・溶接)
フレーム皺/リア足曲り
準事故車扱い
塗装ハゲ・錆び腐食多い
バッテリー上り

買取時の査定評価 評価1

NJ47A-128
掲載日2014年9月24日

査定現場でのグラストラッカーの状態は、
先ずエンジンの状態からご案内差し上げますと、9か月近く乗っていなかったという事でバッテリー切れでセルが回らない状態でしたが、キックで掛かりそうな気配がありましたので、 根気よくキックスタートを繰り返すことでエンジンの始動が確認できましたが、異音やオイル漏れが目立ち状態は良くありませんでした。
今回の査定の中で最も価格に影響したのが、フレームの状態でした。
後ろから追突されたのかと思われるほど多くくリアフェンダーが、曲がっていたので、良くをチェックするとシートレール部分が削られた跡が有り、 よく見ると溶接あとがありました。ネットーくションの個人売買でご購入されたそうで、購入時点で既にそのような状態だったそうですが、 カスタムのフレームカット用節とは異なり、損傷を補修するためのプレーム補正ですので、大きな減点となりました。
更にフレームを詳しく点検すると
メインフレームの接合部にシワ寄り、ダウンチューブ(フレーム底部)の凹みや曲り、足回りの大きめの捩れ(車体をまっすぐした際に前後のタイヤのラインが一直線にならない)があり、 前オーナーが激しく転倒又は事故したことが伺えるフレームのお状態でした。
フレームの剛性はエンジンよりも車両価格に最も影響する最重要パーツですので、上記のように大きなダメージと(自己流?)補正がある車両は準事故車扱いとなり査定価格が大幅に下がってしまいます。 フェンダーやマフラー・ハンドルなどにも曲りや大きな転倒傷がある他、各所に傷や錆び腐食が見られました。


エンジン回り クランク キャブレター ラジエーターなど
エンジン型式 J424-128
電源入らずセルでは始動しませんでしたが、キックでエンジン始動。
腰上と腰下からやや目立つ異音とオイル漏れ有り
エンジン錆び(多)、キャブレター腐食(大)、エンジンカバー傷錆び(多)
キャブレターからガス漏れ
足回り フロント
アウターチューブ凹み・傷・錆び、インナーチューブ点錆び
ステム錆び、ホイール錆び(大)、傷凹み(多)、ハンドル曲り
ブレーキ錆び、ブレーキマスター傷(大)
外装 タンクやカウル類
テールカウルとフロントフェンダー凹み(大)曲り(大)傷錆び(多)
サイドボックス・リアフェンダー欠品、サイドカバー傷、タンク傷錆び、シート張替え
足回り リア
リアショック錆び(多)抜け、スイングアーム傷錆び、チェーン錆び(多)
ホイール錆び傷(多)、ブレーキ引き摺り
電装パーツ 保安部品
マフラー傷(大)凹み錆び、エキパイ錆び(多)ヘッドライト錆び傷・内部錆び(大)
ウィンカーレンズ・メーター傷錆び
車体フレーム回り
メインフレーム ハリ部シワ・傷錆び塗装ハゲ(多)
ダウンチューブ凹み曲り、ハンドルストッパー凹み(大)、シートレール凹み曲り(大)
ステップ・スタンド傷錆び曲り
カスタム/改造/社外パーツ
エアクリーナー・ハンドル・カギ・ブレーキランプ・ミラーエキパイ・マフラー社外品
space
査定を終えて 自社工場で行った主な整備作業
エンジン回り クランク キャブレター ラジエーターなど
プラグ脱着・交換
足回り フロント
清掃、錆び取り磨き、コーティング
外装 タンクやカウル類
清掃、磨き、コーティング、転倒傷や塗装ハゲの補修
足回り リア
清掃、錆び取り磨き、コーティング
電装パーツ 保安部品
バッテリー脱着・交換、セルモーター点検
灯火類やホーンの点検・動作確認
車体フレーム回り
清掃、錆び取り磨き、コーティング
space
セルスターターで始動しなかったのエンジンの始動と確認
セルスタートでのエンジン始動までの主な工程
キック⇒始動・確認⇒ブスーターを繋ぐ⇒セルモーター・スターターリレー動作・確認⇒プラグ清掃⇒バッテリー交換⇒始動・確認⇒完了

  • メインスイッチを入れても電源が入らず、キックで始動を確認
  • セルモーターの点検の為にサイドカバーをずらしブースターを繋ぎセルスターターでも始動を確認
  • セルモーターも動作・確認が出来たので、念のためプラグも外し点検、清掃
  • バツテリーの電圧が低い為、新品と交換し再び始動を確認して完了
バッテリー&プラグの脱着交換でセルでもエンジン始動したグラストラッカー
バッテリー&プラグの脱着交換でセルでも始動するように


洗車磨き 傷や凹みの補修
ステップブラケットの奥が磨きにくく少し取り切れなかつた。転倒(事故?)と思われる損傷箇所が多岐にわたるため塗装ハゲや傷凹みの補修箇所も多数ありました

洗車・錆び取り・磨き・コーティングで綺麗になったグラストラッカー
磨きにくい部位の錆び、やや大きな転倒傷曲りなどは回復や修復できませんでした

修理・整備を終えたジェベル250XC|中古販売へ向かって

中古販売用に仕上がったジェベル250XC
  • 中古販売用に仕上がったジェベル250XC
  • 不具合を修理して実働車となったDJEBEL250XC
  • 買取時点とは全く異なった様相の販売用ジェベル250XC
  • チェーンもホーンも交換して一新
  • 車体転部の劣化も粗方除去できました
  • エキパイやエンジン回りは念入りな磨きでかなり綺麗に
  • フェンダーの裏側もご覧の通り綺麗になりました
  • ホイールリムやスポークの一本一本も丁寧に錆びを取りました
  • 錆びが目立ったリアのホイールリムも綺麗に
  • タイヤの磨きの最終仕上げが残っています
  • 艶出しでタンクにも輝きが戻りました

今回買取りさせて頂き整備して販売用に仕上げたグラストラッカーは
ロングセラー(2000年~2014年現行車)であるグラストラッカーの中でも、発売初期(2000年~2004年頃)に位置するNJ47Aですので、 中古の車両販売価格は10万円台が主流になっています。

そのような販売相場の中で、今回整備したグラストラッカーは
外装や各パーツ劣化や転倒傷などは補修して綺麗に映るようになりましたが、
皺が寄って曲りもある上に、補正した溶接跡が残るフレームは買取時点のままの状態です。
走行には問題なく通常使用は出来ますが、お客様に嫌気される フレームの剛性や修正歴は、準事故車扱いとして販売価格に直結しますので、保障を付けても6~7万円前後の車両価格に落ち着きそうです。

半日を費やして、細かい個所まで錆びや腐食を丁寧に取り除き、各所の転倒傷も補正して、綺麗に艶出しコーティング仕上げしていますので、全体としては綺麗に見える車体です。
またバッテリー&プラグ・エンジンオイルも新品に交換していますので、重ねてですが通常使用には全く問題のない車両です。
価格を重要視されるお客様にとってはお買い得といえる車両に仕上がったグラストラッカーでした。
初期モデルのNJ47A

首都圏で最大級の買取販売店だからできる好循環で、買取は高価格。
質の高い社内整備技術で万全に仕上がった中古バイクを全車種!保証付きで販売いたしています。
バイクパッションでは、首都圏最大級の買取販売店として多数のバイクを店頭販売しています。お気軽にお越しくださいませ。
グラストラッカーの買取査定と中古販売はパッションに任せて安心です! 買取したバイク!店頭販売もしています