thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

XJR400R 不動車|買取と整備事例

お客様から査定に呼んで頂き買取させて頂いた時点では、
長らく放置されていた転倒車でエンジンかからず・転倒による損傷の他、故障個所や錆びで覆われた劣化箇所が目立ったXJR400Rの整備・再生事例
始動が確認できなかったエンジンは、
「スタータスイッチ修理⇒オーバーフロー⇒キャブレター分解・清掃⇒バツテリー交換⇒プラグ交換」でエンジン始動。
全体的に目立った転倒傷や凹みは、
プロの修復技術で良く見ないと築かない程度にまで補修
錆びで覆われていた各パーツは
根気よく丁寧に錆びや腐食を取り除き、カウルの裏側まで丁寧に清掃して、最後はコーティングして綺麗に仕上げていきました

買取~整備~販売まで一貫体制のコストカットで魅力的な買取価格と販売価格を実現。その一端を整備事例としてご紹介いたしております
バイクパッションは、お客様から買取させて頂いたバイクを大切に整備再生して次の乗り手に繋いでいます。

XJR400R|買取 査定時点の状態

買取査定時のXJR400R
  • 買取査定時のXJR400Rの4HM
  • エンジンかからないXJR400R/2000年式
  • クランクケースの転倒傷と変色
  • キャブレターの錆びやエンジン周辺腐食
  • エキパイの錆び・ヤケ
  • フロントフォークの点錆び
  • ハンドルバーの目立湯錆び
  • クラッチレバーや取り付けビスの錆び
  • 錆びで覆われているミラースタンド
  • マフラーの転倒傷と大きな凹み
  • ホイールの腐食やブレーキディスクの錆び
  • テールカウル傷と亀裂

XJR400R 不動車

買取金額 10万円

エンジンかからない
転倒の損傷が目立つ
錆びや変色など全体的に目立つ
前後サスオイル漏れ・抜け
クランクケース欠品

買取時の査定評価 評価1

4HM-121
2000年式
掲載日2014年7月12日

割れて欠損の左クランクケース、割れているセルスイッチ、マフラーの広範囲の転倒傷や凹み、テールカウルの亀裂、目立つスイングアームの削れ傷、 ハンドル・シートレール・ステップ・スタンド曲り等・・・転倒による損傷が各所に目立ちます
転倒してから、白煙を吹きやもたつき等、エンジン不調も現れてきたそうですが、最後に転倒した際に、セルスイッチが割れて以来、 エンジンがかからないことが多くなり長らく放置してあったXJR400R
前後サスペンションのオイル漏れや抜け、錆びで覆われているミラーや、ステム・ハンドル・マフラーなどの非常に目立つ錆び、外装の変色などの見た目に色濃い風化、 劣化が目立ち交換のタイヤ・ブレーキディスク・チェーンなど、故障後放置でエンジンかからず、派手な転倒による損傷、放置による風化劣化が目立つXJR400R


エンジン回り クランク キャブレター ラジエーターなど
長らく放置していたためエンジン不動、
左クランクケース割れて欠損、キャブレター インマニホールド割れ、セルスイッチ割れ、ラジエターフィン凹み
キャブレター錆び(多)、エンジン細かい腐食(多)
足回り フロント
フロントフォーク点錆び・オイルシール割れ・オイル漏れ・抜け
ステム・ハンドル錆び(大)、ホイール再塗装ハゲ、ブレーキ錆び、ブレーキディスク・タイヤ要交換
ハンドル曲り
外装 タンクやカウル類
サイドカウル傷(少)、タンク再塗装・凹み(小) フロントフェンダーとテールカウルに転倒傷と亀裂(中)、シート劣化
足回り リア
リアサスペンション錆び(大)・オイル漏れ・抜け、
スイングアーム転倒傷(大)・凹み錆び、チェーン錆びで要交換、ホイール再塗装ハゲ・錆び傷、、ブレーキディスク・タイヤ要交換
電装パーツ 保安部品
カギ社外品で挿入しずらく回りにくい、メーターカップ・ウィンカー傷(小)メーター内変色、
ミラー錆び(大)、
マフラー転倒傷(大)・凹み(多)・錆び(中)・内部錆び(大)
エキパイ錆び・ヤケ(中)
車体フレーム回り
メインフレーム錆び(中)小傷(多)、ダウンチューブ錆び(中)、
ハンドルストッパー凹み、シートレール曲りと錆び
ステップ・スタンド曲り錆び
カスタム/改造/社外パーツ
ノーマル車両
査定を終えて 自社工場で行った主な整備作業
エンジン回り クランク キャブレター ラジエーターなど
キャブレター分解・清掃
足回り フロント
磨き、サビ取
外装 タンクやカウル類
磨き
足回り リア
磨き
電装パーツ 保安部品
セルスタータースイッチ分解・修理、バッテリー脱着・交換  プラグ脱着・交換
車体フレーム回り
清掃、磨き
かからなかったエンジンの始動と確認
エンジン始動までの主な工程
ブースターを繋ぐ⇒エンジン始動⇒スタータスイッチ修理⇒オーバーフロー⇒キャブレター分解・清掃⇒バツテリー交換⇒プラグ交換⇒始動・確認⇒完了
  • シートを外しブースターを繋ぎ、始動・確認しました。
  • キャブレターよりカソリンが漏れ、たまにセルも廻らない時が有ります。
  • サイドカバー⇒タンク⇒エアークリーナーBOXを止めているボルトを外し、キャブレターを取外しました。
  • 分解したところ、フロートの1~3番が固着していました。
  • 分解したついでに、メイン、スロージェット、ボディーをキャブクリーナーに漬け、その間にバッテリー、プラグを取外し交換しました。
  • セルスタータースイッチを分解、確認したところ接点が腐食の為、接点不良起こしたみたいなので、ヤスリで磨き修理しました。
  • キャブレターの清掃を終わらせ組み付けました。
  • スロットルワイヤー、チョークケーブルを取り付けキャブレター本体を組み付け始動。始動を確認しました。
  • タンク、サイドカバー、シートを取り付け完了です。
XJR400Rのエンジンを始動させるまでの流れ
キャブレターを分解清掃、メイン、スロージェット、ボディーをキャブクリーナーに漬け、バッテリー、プラグを取外し交換

回らなかったXJR400Rのセルスタータスイッチ修理
セルスタータースイッチを分解、接点不良をヤスリで磨き修理

洗車磨き
転倒傷が目立ち、長らく放置期間があったため劣化や腐食が各所に目立ったXJR400Rでしたので、先ず洗車で汚れを落とし、 根気よく各所の錆びや腐食を磨いて除去していき、綺麗にコーティングをして仕上げていきます。

洗車・錆び取り・磨き・コーティングで綺麗になったXJR400R
洗車で汚れを除去、根気よく磨いて錆びを除去、綺麗にコーティング仕上げ

修理・整備を終えたXJR400R|中古販売へ向かって

エンジン実働整備を終えたXJR400R
  • エンジン実働整備を終えたXJR400R
  • プラグ・バッテリー・オイル新品に交換したXJR400R
  • 洗車磨きを経て綺麗に仕上がったXJR400R
  • 販売用途の中古バイクとして店頭に並ぶXJR400R
  • エンジンやキャブも綺麗に title=
  • 錆びややけも綺麗になったエキパイ
  • 長らく放置されていた転倒車とは思えないXJR400R
  • 見違えるように綺麗になったハンドル
  • 多くの人が気にしないカウルの裏側も綺麗に仕上げます
  • 目立ったキス凹みもかなり綺麗に修復できました
  • 足回りも軽やかに見えます

買取した時点では 長らく放置されていた転倒車のXJR400Rでしたが
故障していたセルスタータースイッチの修理、キャブレターの分解清掃、バッテリー・プラグ・オイルの新品交換を行いエンジンを始動させ実働稼働車両に
目立った転倒による傷や凹みは、大きなものは近くによるときになりますが、普通に見ている分には気づかない程度にまで修復 (販売時点には転倒歴と補修箇所をご説明して、全車種保証を付けて販売しています)
各所に非常に目立った錆びや腐食は、根気よく磨いて取り除き、特に錆びで覆われつつあったハンドルやミラーなどは見違えるように綺麗になりました。

首都圏で最大級の買取販売店だからできる好循環で、買取は高価格。
質の高い社内整備技術で万全に仕上がった中古バイクを全車種!保証付きで販売いたしています。
バイクパッションでは、首都圏最大級の買取販売店として多数のバイクを店頭販売しています。お気軽にお越しくださいませ。
XJR400Rの買取査定と中古販売はパッションに任せて安心です! 買取したバイク!店頭販売もしています