thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

ZRX400 不動車|買取と整備事例

お客様から査定に呼んで頂き買取させて頂いた時点では、 エンジンかからない他。各所に腐食や錆び・転倒傷が目立ったZRX400の整備・再生事例
買取後に自社の整備工場で、電装系~プ点火系~吸気系の点検整備・交換を経てエンジンは始動。
錆びや腐食の劣化の進行度は劣悪ではなく、20年落ちの車両なので細かいところは残りましたが、大方除去できました。
マフラーの広範囲の転倒傷、シートの目立つ破れについては、補修できない状態でしたので、部品取り用に買取してあるストックパーツに取り換えて店頭販売用に。
首都圏最大級の買取販売店(常時在庫300台以上)だからできる買取価格と販売価格の魅力!
・他社が買取(引き取りも)できないような損傷の激しい事故車も生きている部品価値で買取
・ストック部品を多数保有しているから、一部パーツに損傷があるバイクも新品に交換するより遥かにマイナス幅が少なく高価買取
・確かな社内整備技術と多数のストックパーツがあるから保証付きの車両を競争価格で販売
・極上バイクも当然高価買取
買取~整備~販売まで一貫体制のコストカットで魅力的な買取価格と販売価格を実現。その一端を整備事例としてご紹介いたしております
バイクパッションは、お客様から買取させて頂いたバイクを大切に整備再生して次の乗り手に繋いでいます。

ZRX400|買取 査定時点の状態

買取査定時のZRX400
  • 買取査定時のZRX400
  • エンジンかからないZRX400/1994年式
  • シート補修跡有
  • クランクケースのガリ傷
  • エキパイ部分4本錆び
  • フロントホイールやブレーキキャリパー細かい錆び
  • 内側の汚れや疲労
  • マフラーの広範囲の転倒擦り傷
  • ラジエーターやホーンの錆び
  • エンジン回りの細かい腐食

ZRX400 不動車

買取金額 13.8万円

エンジンかからない
ブースター繋いでも始動なし
各所サビ、腐食、塗装ハゲ、キズ多い

買取時の査定評価 評価1

ZX400E-003
1994年式
掲載日2014年5月2日

動かしていない期間長く全体的にサビ、腐食、塗装ハゲあり、
クランクケースガリ傷
マフラーに目立つ転倒傷
シート破れ大(テープ留め)
シートレール曲り
ハンドル曲り
足回り捻じれ
オールペン塗りムラ
エンジン・フロントフォーク・リアショックからオイル漏れ


エンジン回り クランク キャブレター ラジエーターなど
エンジン不動、エンジンヘッドと腰下オイル漏れ
足回り フロント
サビ、塗装ハゲ、腐食、フロントフォークオイル漏れ
外装 タンクやカウル類
各所に傷
足回り リア
サビ、塗装ハゲ、腐食、リアショックオイル漏れ、チェーン要交換、
電装パーツ 保安部品
バッテリー電圧不足、鍵曲り、ペイント浮き各所
車体フレーム回り
サビ、エンジンマウント部分細かい皺
カスタム/改造/社外パーツ
マフラー・エキパイ社外品
査定を終えて 自社工場で行った主な整備作業
エンジン回り クランク キャブレター ラジエーターなど
プラグ脱着、交換、エアークリーナー点検
足回り フロント
磨き
外装 タンクやカウル類
磨き
足回り リア
磨き
電装パーツ 保安部品
バッテリー脱着、交換、スタータリレー修理【ターミナル部分清掃】
車体フレーム回り
清掃、磨き
始動しなかったエンジンの状態を確認して始動させ、灯火類の点灯確認
ブースターを繋ぐ⇒インジケーターランプ類点灯確認⇒セル廻らず⇒スタータリレー点検、修理⇒セル廻るが始動せず⇒プラグ脱着、交換⇒エアークリーナー点検⇒エンジン始動 確認⇒完了

  • シート、バッテリーカバーを外しブースター繋ぐがセルモーターが廻らない。
  • スターターリレーを外しカプラ、ターミナル部分を掃除して組み付ける。
  • セルモーターは廻るが始動しない。
  • プラグの点検を行う為に、タンクを外し、プラグを外す、点火の確認。
  • 点火はしているが、あまりプラグが良くないため交換(ターミナル部分が少し丸くなりカブリ気味)。
  • 念の為、エアークリーナーも点検。
  • 【意外と綺麗】 エアークリーナーを取り付け 始動 確認。
  • タンク取り付けバッテリーを交換し再度始動確認。
ウインカー点灯⇒ヘットライトHI/LO点灯⇒ホーン鳴らない⇒スイッチの接点清掃⇒ホーン確認⇒テールランプ点灯⇒F,Rブレーキランプ点灯確認⇒完了
動かなかったZRX400のエンジンを始動させるまでの流れ
電装~点火~吸気系の点検整備・部品交換でエンジンが始動

洗車磨き
エンジン部分の汚れがマフラーなどが有り取にくい(少し取れなかった部分も残りました)
エンジン、カウル部分のキズなどは、簡単に塗装(タッチペン程度であまり色は合ってわいません・・・)

洗車・錆び取り・磨き・コーティングで綺麗になったZRX400
洗車・錆び取り・磨きで粗方の劣化を除去

エンジン再生したZRX400|中古販売へ向かって

整備を終えて販売用に仕上がったZRX400
  • 整備を終えて販売用に仕上がったZRX400
  • 錆びや腐食は落として綺麗になったZRX400
  • エンジンの腐食も落ちて綺麗に
  • マフラーの転倒傷はどうしようもないので交換します
  • 足回りも見違えるように
  • エキパイも金属の輝きを取り戻しました
  • ラジエーターやタンクも販売用に艶を取り戻しました
  • 綺麗になったフロントの足回り
  • 内側の汚れも取り除いてタイヤもピカピカに
  • シート破れは補修できませんでしたので交換します

買取した時点では 1994年式と20年前の車両で、放置期間もあり、エンジンかからず。各所に腐食や錆び・転倒傷が目立ったZRX400
買取後に自社の整備工場で、電装系~プラグ~吸気系の点検整備・交換を経てエンジンは始動するようになり通常使用できる状態になりました。
(走行距離が若かったのでエンジンの状態は良いと判断しての買取価格提示でしたが、整備してエンジン始動後に確認した状態は若干の異音がありました。年式並みではありますが)
錆びや腐食の劣化は劣悪ではなかったので、細かいところは20年落ちの車両なので残りましたが、大方除去できました。
マフラーの広範囲にわたる転倒傷、シートの目立つ破れについては、補修できない状態でしたので、ストックしてあるパーツに取り換えて店頭販売用に最終仕上げる最終工程が残っています。
バイクパッションでは毎月多くのZRXを買取しています。
その中には一定の割合で事故車や状態劣悪なZRXもございまして、他社では買取を断られるようなZRXもZRX400も部品取りの査定価格で買取いたしております。
買取したストックパーツは、全体的には状態の良いバイクだけれども、一部のパーツに損傷があるケースなどに活用しています。
負傷しているパーツを新品に交換する場合、その値段は非常に高価なものになります。そのことは買取価格が低くなり、販売価格も高くなってしまうことに繋がります。
パッションは状態の良いストック部品を活用することで、高い買取価格と競争価格の販売価格を実現しています。
首都圏で最大級の買取販売店だからできる好循環で、買取は高価格。
質の高い社内整備技術で万全に仕上がった中古バイクを全車種!保証付きで販売いたしています。
バイクパッションでは、首都圏最大級の買取販売店として多数のバイクを店頭販売しています。お気軽にお越しくださいませ。
ZRX400の買取査定と中古販売はパッションに任せて安心です! 買取したバイク!店頭販売もしています