thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

ZX-9R(1998年式)買取価格実例と相場

事故の衝撃でフロント部分大破のニンジャ。
処分費用も覚悟の上での査定依頼でしたが、事故の影響のない部分をしっかりと判定させていただき何とかプラス査定となりました。
ニンジャブランドの根強い人気で部品としての価値も高く、弊社としてもそこの部分は値段をつけることが可能です。
お客様のご希望になるべく添えるような査定を心がけています。
他社で処分代と言われ諦めかけていた車両でも一度弊社にご相談ください。

5万円で買取させていただいたZX9R
  • 5万円で買取させていただいたZX9R
  • 年式は1998年
  • 走行距離は不明です
  • 事故の影響あるフロント部分
  • フロントタイヤ部分
  • タンク部分
  • バックストッパー部分
  • エンジン不動です
  • リアタイヤ部分
  • カラーリングは青系統
  • 車体番号はZX900C-017
  • 2017年1月に買取いたしました
  • マフラー部分
  • 駆動系は形をとどめています
  • 評価点
  • ◆総合評点 1点  
    (エンジン 1  車体フレーム 1  外装 1  電装保安部品 1  フロント周り 1  リア周り 1)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • ZX-9R 買取価格実例
  • バイク名
  • ZX-9R

    買取価格

    50,000円

  • 年式
  • 1998年
  • 走行
  • 不明
  • 車体番号
  • ZX900C-017***
  • エンジンの状態
  • 実動
  • 外観の状態
  • フロントフォークひん曲り
  • 事故歴
  • あり
  • 改造の有無
  • 不明
  • 買取年
  • 2017年1月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

元々人気車種のため部品取り価値高めでプラスとなったZX-9R事故車買取査定価格

カワサキ ニンジャZX-9R事故車買取査定のポイントや詳細

横浜市の区内では最大面積を誇る戸塚区。
ここは毎年新春恒例の「箱根駅伝」の中継地点として全国に名を知られており、国内有数の通信拠点地帯となっています。
かつては「横浜ドリームランド」という遊園地があり、横浜市民のレジャースポットでしたが、現在は閉園・解体され住宅地としての再開発が行われています。
鎌倉・藤沢市に隣接する位置にあり、閑静で上品な住宅地が多いのも特徴のひとつで、今回ご相談を受けた本島様宅も、区内西部のとある住宅街でした。
走行距離は不明です 冬の気配が強まり始めた10月半ば、日が暮れきった午後6時過ぎに本島様宅へお伺いさせて頂きました。
お出迎え下さった本島様は20代後半の男性で、5ヶ月前にある峠で大事故を起こし、放置期間ありの事故車両ということで査定のご相談を頂きました。
フロントが大破しているため、詳しくは実際に見た上で決めて欲しいということで、ご挨拶もそこそこに早速ZX-9Rを拝見させて頂く事に。

エアインテーク部まで剥き出しのニンジャ ZX-9R。処分費覚悟の査定相談は果たして…

事故で大破したニンジャZX-9Rとはお聞きしておりましたが、カウル類が原型を留めていないほどの状態に数秒間絶句してしまいました。
本島様は当時の事故による影響で、左肩に後遺症が残る形になってしまい、ビッグスクーター程度であれば乗れるものの、SSは乗ることが困難になってしまったそうです。
事故の翌日にはご友人の方々が軽トラを使用し、こちらのニンジャZX-9Rをピックアップしてきてくれたそうですが、放置期間が長く現車確認の上で相談したい、との事でした。
事故の影響あるフロント部分 フロントフォーク下部はエンジン側へ衝撃によって湾曲し、事故の規模を伺わせるものでした。
見ての通りエアインテークが剥き出しになるほどカウル類は砕けており、わずかに配線の一部に残骸が残るのみです。
フロントタイヤ部分 Fフェンダーも歪に歪み、タイヤに接触してしまうほどダメージを受けています。
どうやらFディスクブレーキはロック状態になってしまっているようで、押し引きが難しい状態でした。
タンク部分 タンク・フレームにもかなりのダメージが確認できます。
塗装の一部が剥がれ落ちるなど、パーツとしての再利用は少々困難と言えるレベルで、衝撃によってシートのマウント部にも歪みが発生しています。
バックストッパー部分 衝撃でシート後部のバックストッパーもこのように破損。
シート自体が社外品のカスタムパーツでしたが、純正パーツはなしとの事で、このままの評価とせざるを得ませんでした。
エンジン不動です フロント周り・車体上部にはかなりのダメージを負っているニンジャZX-9Rでしたが、幸いにもエンジンへの影響は大きくはないようです。
イグニッションがずっとONになっていたままでしたので、残念ながら始動は確認できませんでしたが、再利用は十分可能と判断させて頂くことに。
リアタイヤ部分 スイングアーム・リアサスなどへの影響はなさそうです。
経年によってチェーンカバーの劣化・傷が見て取れましたが、本島様のニンジャZX-9Rは初期のC型であることを考えると、年式相応のコンディションと言えます。
スプロケットには少々錆が浮いていますが、ホイールなどを含め中古パーツとしての再利用は十分可能です。
駆動系は形をとどめています 右からのエンジンはこういう状況です。
クランクケース部に事故による傷が確認でき、一部には擦り傷も見て取れました。
ペンライト等を使用し、フレームの影で分かりにくいマウント部もチェックさせて頂きましたが、そこまで大きなダメージは受けていないようです。
マフラー部分 社外品のスリップオンサイレンサーを装着されていたそうですが、残念ながら事故後に引き上げてくるまでの間に、盗難の被害に遭われてしまったようです。
バックステップ部には歪みなどもありませんでしたので、こちらも中古パーツとして再利用可能と判定させて頂きました。
さすがに各部位にダメージを受けている箇所も多く、本島様も処分費用を何とか格安に出来ないか、とのご希望でしたが、最終的には50,000円で買取させて頂くことに決定。
査定ランクは10段階評価の「1」となっておりますが、エンジンの再利用が見込める状態であったことが価格の決め手となりました。

「処分費がかからないなら…」弊社査定ならこの状態でも価格が提示可能です!

オーナーである本島様ご自身、この状態のニンジャZX-9Rに価格が付くことは予想していなかったようで、何とか処分費と相殺できるようであれば…とのご希望でした。
しかし、査定によって再利用できる見込みのある部分が意外に多かったため、「いえいえ、とんでもございません。こちらの価格でいかがでしょうか?」との提示に二つ返事でOKを頂きました。

「まさか処分費なしでお金になるとは思っていませんでした。ぜひお願いします!」とご快諾頂け、弊社スタッフとしても喜ばしい限りでした。
後継モデルであるニンジャ ZX-10Rの方が人気はありますが、「ユメタマ」の愛称を持つZX-9Rはコアな人気があり、スペアパーツのストックを確保しておきたいオーナー様に需要があります。
こうした中古パーツとしての価値を評価できるのが弊社査定の特徴であり、本島様は処分費用の出費を負担することなく、今回の買取金額を頭金にマジェスティを購入したいとの事でした。
さすがに本島様のニンジャZX-9Rは、見た通りの大きなダメージを負った車両で、評価は「1」となりました。
しかし、コアな人気のあるニンジャZX-9Rだけにパーツとしての価値を評価し、買取させて頂くことが出来ました。

ZX-9R(ZX900C) 買取相場

ZX-9R
ホンダ CBR900RR ファイアーブレードや、ヤマハ YZF-R1などの陰に隠れた形となった第3のZ1・ニンジャ ZX-9R。
ライトツアラー仕様の設計もあり、SSという評価を得られなかったモデルでしたが、愛嬌のある特徴的なカウルデザインは現在でもコアなファンによって愛され続けています。
特に、後年のニンジャ ZX-12Rとスズキ ハヤブサによってスピードリミッターが設けられたSSより、こちらの方が扱いやすいという評価もあります。

2年前から査定依頼が増えており、中古市場でも価格が下がり始めましたが、バリバリの街道レーサー仕様のニンジャ ZX-9Rに754,000円という価格を提示させて頂いたケースもございます。

◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近12ヶ月間の取引価格は
取引台数 23台
平均取引価格 195,826円
最高金額 370,000円
最低金額 96,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近12ヶ月間の取引価格は
取引台数 2台
平均取引価格 84,000円
最高金額 87,000円
最低金額 81,000円

昨年以降、ニンジャ ZX-9Rが中古車市場に出回った台数が多くなり、結果としては下落して来ています。
それでもある程度純正パーツの付属した車両であれば、20万円以上の価格も十分に期待が持てます。
特筆点としては部品取り車の欄で、再利用可能なパーツの数・程度によっては20万円台での売却も可能となっています。

最初期モデルは今年で20年以上の経年となり、そろそろ純正パーツのデッドストック化が心配されるようになってきました。
それを危惧したファンが部品取り車を確保する動きもあり、現在乗り換えを検討されているニンジャ ZX-9Rオーナー様にとってはまたとない追い風と言えるでしょう。
後継モデルであるZX-10Rもやや下がりつつありますので、迷っておられるオーナー様は弊社までお気軽にご相談ください!

相場情報:2017年1月時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
ZX-9R買取査定お任せください
買取査定お任せください

ZX-9Rは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118