直線 炎 個人情報不要 リアル金額 自動査定 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

TL1000R買取査定価格(1999年式の不動車)

TL1000Rの不動車両に関する相談を、神奈川県海老名市在住の浅田様(仮名)より受けて査定させて頂くことになりました!
走行中にエンストして以降エンジンが始動しなくなったということでエンジン焼き付きの可能性も疑われるTL1000Rを10万円の査定価格で買取させて頂いた事例をご案内いたします。

10万円で買取したTL1000R
  • 10万円で買取したTL1000R
  • 走行距離は不明です
  • 年式は1999年式
  • フロントタイヤ部分
  • 車体番号は1AM111100始まり
  • カラーリングはイエロー
  • 買取は2017年7月に行いました
  • エンジン部分
  • 離脱したウインカー部分
  • マフラー部分
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン1 車体フレーム1 外装1 電気保安1 フロント1 リア1)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • TL1000R 買取価格実例
  • バイク名
  • TL1000R

    買取価格

    100,000円

  • 年式
  • 1999年
  • 走行
  • 不明
  • 車体番号
  • 1AM111100***
  • エンジンの状態
  • 不動
  • 外観の状態
  • 軽度のサビ・キズ多め アッパーカウルにヒビあり 前部ウインカー破損
  • 事故歴
  • なし
  • 改造の有無
  • 社外マフラー ステアリングダンパー装着(リコール対策品) シングルシートカウル欠品
  • 買取年
  • 2017年7月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

10万円で買取したTL1000Rの査定ポイント

今回ご紹介させて頂く「スズキ TL1000R」は、厚木市にお住まいの浅田様がご所有される1999年式の逆輸入車でした。

昨年のGW連休を利用し、ツーリングに出かけようとした矢先に高速道路にてエンジントラブルを起こし、修理費用と乗り換えを検討した上での処分依頼となりました。

ご友人に頼んで軽トラで自宅まで運搬してもらったものの、イグニッションをONにしっ放しであったためバッテリーの消耗し尽くしており、積み込みの際に不注意でウインカーを破損するなどしている状態を確認。

車体には年式相応のキズ・サビや、カウルの割れなどもありましたが、買い替え資金にご協力させて頂く気持ちを込めて100,000円でのご成約となりました。

以下、今回の「スズキ TL1000R 1999年式」の車両詳細となります。

■査定させていただいた車両の状態

フロントタイヤ部分
・足回り
1年以上の長期放置により、前後タイヤの空気圧が低下。
タイヤ自体の劣化に加え、フォークオイルの劣化によるダンパー機能の低下や各所のサビを確認。
TL1000Rのリコールに伴い、対策パーツとして装着されたステアリングダンパー装着。
ブレーキディスクに軽度のサビが広範囲に発生。
離脱したウインカー部分
・外装
車体色が明るいイエローであるため、経年による色褪せはそれほどない状態。
付属のシングルシートカウルが欠品状態となっており、アッパーカウル左側に割れあり。
故障した際の引き上げ時に前方ウインカーが両方とも破損してしまい、要交換判定に。
エンジン部分
・エンジン周り
浅田様のTL1000Rは以前に「抱きつき」の症状を起こした経緯ありとのお話と、高速道路で渋滞につかまり立ち往生した際に故障したということで、焼き付きによる故障と判定させて頂きました。
修理見積もりを依頼したバイクショップでは、エンジン一式の交換を勧められたそうで、こうなると高額修理の対象となってしまいます。
さすがに弊社としてもこの対処策はエンジン載せ換えが必要と判断し、エンジンに関しては評価させて頂くことはできませんでした。
マフラー部分
・その他
タイヤが前後ともに残り山が少なく、ホイールもサビ・腐食が目立つ状態。
社外品マフラーを装着しており、純正マフラーなしで中古車として購入されたとのことで、欠品扱いとなりました。
エンジン以外は十分再生が可能なレベルであるため、車体自体は年式相応の評価に落ち着きました。

バッテリーの交換も含め、再販売可能な状態にするまでにはそれなりの修理が必要な車両状態ですが、十分商品としての価値はあると判断させて頂き、最終的に端数切り上げで買取金額100,000円でのご成約とさせて頂きました!

■は後の名車・Vストロームの礎となったTL1000R豆知識

スズキ初となるリッタークラスの2気筒エンジンを搭載し、市販車レースの新規格に合わせたホモロゲーションモデルとして1998年に登場したのが、「スズキ TL1000R」です。

前年にデビューしていたハーフカウル仕様の「TL1000S」に対し、こちらはフルカウルを装着したサーキット走行を前提に作られたマシンとなっています。

性能にこだわるスズキらしく、Vツインエンジンながら最高出力135ps(輸出仕様車)ものハイパワーを生み出し、全てにおいてレース志向のモデルと言える一台です。
2003年で販売終了となり、商業的には決して成功したとは言えないモデルですが、そのVツインエンジンは後の「Vストローム1000」らに受け継がれ、多くの名車の礎となっています。

TL1000R 買取相場

TL1000R
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 15台
平均価格: 280,667円
最高価格: 434,000円
最低価格: 160,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 4台
平均価格: 99,000円
最高価格: 172,000円
最低価格: 69,000円

90年代末期の市販車レースレギュレーション改定に伴い、スズキ初の試みとして設計されたVツインエンジンを搭載した「TL1000シリーズ」。

前年に発売された「TL1000R」よりも熟成されたコントロール性を持ち、レース仕様車の方が格段に乗りやすいという珍しい評価となった車種のひとつです。

今回ご紹介させて頂いた浅田様のTL1000Rは、残念なことにエンジンの故障で不動車という判定とさせて頂きましたが、この状態であっても相場価格以上の価格をご提示できるのは自社整備に自信のある弊社ならではの強みと言えます。

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

TL1000R 解説

市販車レースのレギュレーションが変更され、4気筒エンジンの排気量上限が750ccまでに制限されたことに対し、排気量的な有利さを目的に開発された大型Vツインエンジンを搭載した「TL1000シリーズ」。

デザインも空力効果を非常に意識した独特のものとなっており、一目見れば確実にTLシリーズと分かる独自色の強いものとなっています。

同時期のライバルとして「ホンダ VTR1000シリーズ」を挙げることができますが、VTRとは対照的にピボットで高剛性を保持。
さらに世界初設計となる「ロータリーダンパー」という新機構をリアサスに採用し、乗り手の腕を要求するレーシーなマシンとしてコアなファンを獲得しました。
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
XTZ125買取査定お任せください
買取査定お任せください

XTZ125 は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118