thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

バイクを個人で売買することのメリットとデメリット?

バイク無料査定をご利用される前の安心確認。お客様から良く頂戴する質問にお答えしています。
解決されない疑問や質問などお気軽にお問合せください

バイクを個人で売買しようかと思うのですが、問題点を教えてください
個人売買での高額で売れる魅力は捨てがたいですが、得てして面倒に巻き込まれます
パッション屋良が質問に答えます!
単純に金額だけを考えるなら個人売買での売却が一番高値で売れる可能性があります。
確かに買取業者は損失が出るような買取価格で買い取ることは決してありません。
ですが個人売買なら驚くような金額で売却出来てしまうこともあるのです。
買取業者にとってはマイナス面しかないようなカスタムを施した車体でも個人レベルでは魅力的に映るようなことも。
またオークションのような個人間の取引の場合には消費税がかからないことも、高額が見込めるバイクにとってプラスの要素になることでしょう。よいことだらけのようにも見えます。
しかしこのようなケースはレアといえ、金額の側面だけで個人売買を語ることは危険であると思います。
何故ならメリットよりデメリットの方が(特にバイク売却後に)遥かに割合を占めるからです。

個人間のバイク売却でトラブルに直面したお客様は「時は金なり」この格言が身に染みるはず。
車体と代金の受け渡しはどうするか?(大手オークションだとしっかり整備されている部分ではありますが)
車体を受け渡した後、故障したらどうするか?
名義変更は?廃車処理は?etc

当たり前ですが取引する相手全員が全く悪意のない善い人であるとは限らないでしょう。
実際に大手オークションサイトでのバイクの出品ページを見ていると「ノークレーム・ノーリターン」や「必ず落札前に現車確認を」などの文字が並んでいて事前に予防線を張っているものが多数見受けられます。
このようなことでも分かる通り一度個人では解決出来ないようなトラブルが起きてしまったら法的拘束力がある書面を交わすくらいの下準備をしていないと際限のない時間を取られてしまうことになるのです。
また相場に鑑みた適正な値段で売れていない場合に、どちらかが著しく損を被る可能性もあります。
つまるところ落札者が安いと感じるのは「本体価格」のみで落札しているから。
保証や保険の付いていない価格でバイクを手に入れるわけですから安く感じるのは当たり前のことなのです。
手数料や出品料などなど、気が付けば買取業者に売却した場合の査定額と変わらなくなることもあります。
一方個人売買と比べると買取業者は査定額がどうしても安くなりますが、それはトラブルを避ける為の安心料という意味で差し引かれている側面もあることをご理解ください。
取引完了までにかかる諸事の手間暇をお金で買ったと思えば、買取業者の出す査定額は決して安くはない適正な査定額に感じることと思います。
バイクパッションとしての見解
一定の条件が揃わないのなら個人売買はお勧めし兼ねます。
何故なら売却金額以外のデメリットが多すぎるからです。
ただ高く売るだけで、その後トラブルに見舞われ結局心身ともに手に入れた利益を失ってしまっては元も子もないのです。
その売却金額も、当社のように日々きちんと相場を分析しバイクの価値を正確に判定する安心感、安定感に勝るものはないと自負しています。
言い換えるなら個人売買で得られる売却額より少ない部分は我々買取業者に対する安心感を買っていることと同じです。
以下その訳を詳細に説明致します。

売却金額

余計な中間マージンが発生しないのが一番の利点になります。
もし知り合い等で売却出来る相手が既に見つかっているのだとしたら、最初の選択肢となることでしょう。
バイク買取業者では評価しないような改造を施されているような車体でも、その価値を理解している相手に売却するとしたら驚くような高額で売却出来るケースも出てきます。 以上のように売却金額に関してはメリットの方が大きいと予想されます。

輸送・商談の手間

売却相手が近いのなら乗っていく、取りに来て貰うことで済みますが、オークションなどで遠くの方に売却してしまった場合、一転輸送の問題が現出してきます。
インターネットで検索するとバイク輸送業者が多数存在することが分かると思いますが、その輸送費も遠方であればあるほどあなどれない程高額になります。
もし配送費を考えずにやり取りをしていた場合、取引成立後に余計な経費が売る側か落札した相手にかかることとなり、トラブルの元となる可能性もあります。

クーリングオフとクレーム対応

個人売買ですので、クーリンオフは対応外となります。
クレーム対応が個人売買一番の懸念材料となります。
ノークレーム、ノーリターンと謳っていても後日クレームを入れてくれる相手というのが(販売店の経験則で言うと)必ず出てきます。
中古バイクというものはどんなに入念に整備していても、いつ不具合が出てくるのか正直誰も分かりません。
極端な話、売却した翌日に故障するなんてこともあり得る話なのです。
購入した相手にしてみたらいくらクレームなしと言われても、すぐに故障したのでは納得できるものではないでしょう。
例えば返品に応じたとして、お金やバイクはどうやって返却するのか?車体とは別にかかった経費はどちらが負担するのか?
トラブルの種は至る所に落ちているといっても過言ではありません。

名義変更・廃車など手続きの手間

余程のことがない限り、バイクの名義変更や廃車処理などを何回も経験して慣れているという方は少数だと思います。
バイクを購入した際には殆どの場合登録などは代行してもらえるので、お近くの役所や陸運局で登録に関わる手続きが出来ることは何となく想像はつくと思いますが、実際に書類を揃えて出向く手間を考えると二の足を踏まれることでしょう。
個人売買のケースだと売却者か購入者どちらかが、もしかしたらかなり遠い地域まで出向いてこのような難解な手続きを行わなければなりません。
なかなか割に合うとは思えないことが続きます。

現金化までの時間

個人売買の中でも大手オークションサイトなら運営もしっかりしていますし、売却したバイクの代金はかなり早く手に入ることになります。
問題は知り合いレベルでの売買で、すぐに支払ってくれる相手ならよいですが知り合いということで支払い時期が曖昧になってしまうこともあるかと思います。
この辺がバイク買取業者に売るケースとの違いが顕著で、買取業者がすぐに査定現場で現金を支払うのは(額の大小はありますが)かなり魅力的な部分になります。

アフターケア

もし売却者がバイクの整備に明るく、出来るだけ万全な状態で譲渡出来たとしても、やはりそこは中古バイク。
浅い日数で思わぬ不具合が出てきてしまうことも多々あると聞きます。
その場合の責任の所在がやはり売った側と買った側で認識の違いが出てきてしまうのは仕方のないことです。
例えば買取業者に売却する場合には不具合が見抜けなかった査定員の落ち度となりますが、相手が個人の場合は責任のなすりつけあいにまで発展してしまう危険性があります。
オークションなどを利用した個人への売却評価寸評
売却金額 評価点4 余計な中間マージンが発生しない
驚くような高額で売却出来る場合も
輸送・商談の手間 評価点1 個人で手配するには慣れない手間も
クーリングオフ
クレーム対応
評価点1 クーリングオフは適用されません
クレーム対応に手間取ることも
名変・廃車
手続きの手間
評価点1 個人で遂行するには手間となる場合も
現金化までの時間 評価点2 大手オークションなら即現金化も
個人の場合はケースバイケース
アフターケア 評価点1 故障等の対応は万全でないリスクも
※ローン中のバイク買取 評価点2 慣れてない処理に手間取ることも
※不動車・事故車など難ありのバイク 評価点2 状態によっては後日トラブルの種に
※書類に不備があるバイク 評価点2 慣れてない処理に手間取ることも
質問一覧に戻る
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

バイクは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118