thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

売れるなら個人売買で高く売った方がお得ですか?

バイク無料査定をご利用される前の安心確認。お客様から良く頂戴する質問にお答えしています。
解決されない疑問や質問などお気軽にお問合せください

個人売買の方が高く売れそう!メリットとデメリット教えてくれますか?
個人売買では高額で売れる可能性の方が高いですが、それぞれ一長一短があります
パッション屋良が質問に答えます!
個人売買では中間に入る業者が取るマージンがないため、高値で売れる可能性が高いですがトラブルや書類処理などで思わぬ時間と手間を取られることも充分に考慮しないとなりません。
買取販売店(バイクパッション)が何故選ばれるのでしょう?
バイクを売る、思い立ったら最短即日、その場で現金化も可能なところが個人売買に比べて買取店の最大の強みであるといえます。
例えばネット通販の即日配達、例えばクリーニングなどの即日仕上げ。即日と名が付くサービスには別途料金がかかるというのが常ですが、バイク買取業ではそれは当てはまりません。
一方バイクを売ると決めるとき、例えば急な入用で現金が必要なとき、例えば課税確定前、急な引っ越しなど様々なケースでバイク売却までリミットがないときには大いに活用できるのがバイク出張買取なのです。

次に個人売買と比べたら弱いと思われる査定額の面ですが、実際は一概にそうとは言えない部分もあります。
では買取専門店はお客様から買取したオートバイをどのように売却するのでしょうか?
ここで紹介するその内訳とは…
  • 業者間のオークション市場:90%超
  • Yahooなどのネットオークション:4%弱
  • 海外貿易の専門業者へ直卸:6%弱
上記のように個人売買に代表されるネットオークションを売却先として殆ど活用していません。
何故なら売り先が対個人の場合には相場が安定しないからです。
出品したバイクの価値を個人の主観で判断されてしまうため驚くような高値を付けることもあれば逆に売却想定額を下回ってしまう可能性もあります。
個人対個人の取引ならともかく会社組織として考えると、すぐに売り先が見つかる保証もないこのような取引はリスクが高くなってしまいます。
業者間のオークションの活用が多い訳も、相場の安定感(毎回多少の上下動はありますが)と店売りを主とするオークション参加者が多数集っている安心感が根底にあります。
状態の良い車両がより活きる環境へと効率よく再配置するという業界全体の意思もあり、対個人よりは対中古販売店を優先しています。
また当社のような買取販売店では業者間オークションの割合を控え、上記売却先に加え
  • 直営店舗での店頭販売:30%
が加わり、直接お客様に販売するルートも存分に活用いたしております。
買取専門店がどうしても業者間オークションの相場に引きずられがちなのに対し、販売の選択肢を持つ買取販売店ではその地域の特色だったりと別の要素が加わるため独自の査定額での買取が可能となるのです。
業者間の相場には他人任せの色合いが勢い強くなってしまいますが、自社販売という店頭で直接お客様の顔を拝見しながらの売却実績があるからこそギリギリまで損益を追求した買取査定を行えるのが強みといえます。
売買形態の違いによるメリットとデメリット

売却金額比較

一番高額で売却出来る可能性があるのは個人売買でしょう。
相場を反映し安定した金額で買取出来るのは買取を主業務とするバイク買取業者です。
廃品回収を主業務とする業者は相場を把握していないため安値で買われてしまいます。
売却金額評価寸評
個人売買 評価点4 余計な中間マージンが発生しない
驚くような高額で売却出来る場合も
買取販売店(バイクパッション) 評価点4 相場で安定
販売用に買取なら高額査定も
買取専門店 評価点3 相場で安定も柔軟性に欠ける場合も
廃品回収・リサイクル業者 評価点2 直近のバイク相場に明るくない
購入したバイク屋 評価点3 日頃の付き合いを考慮してくれる査定額となる可能性も

輸送・商談の手間比較

個人売買以外は業者に安心して委ねられる領域であるといえるでしょう。
個人売買に必ず付いて回る手間のひとつでもあります。
輸送・商談の手間評価寸評
個人売買 評価点1 個人で手配するには慣れない手間も
買取販売店(バイクパッション) 評価点3 指定した場所で商談
成立後は速やかに輸送
買取専門店 評価点3 指定した場所で商談
成立後は速やかに輸送
廃品回収・リサイクル業者 評価点2 バイクに詳しいわけではないので相場や価値が分からない
輸送手段は豊富
購入したバイク屋 評価点2 持ち込みのみの査定の可能性
一度商談をしている関係性なのでスムーズ

利便性・無料出張比較

バイクが置いてある場所まで出向いてくれるのはやはり魅力的です。
利便性・無料出張評価寸評
買取販売店(バイクパッション) 評価点3 計画が立てやすい
指定した時間に出張査定
買取専門店 評価点3 計画が立てやすい
指定した時間に出張査定
廃品回収・リサイクル業者 評価点3 思い立ったら即売却

クーリングオフ・クレーム対応比較

クーリングオフに熟知し手慣れた対応のバイク業者に安心して任せられます。
個人売買でのクレーム対応がこの形態の最大のネックであるといえます。
クーリングオフ・クレーム対応評価寸評
個人売買 評価点1 クーリングオフは適用されません
クレーム対応に手間取ることも
買取販売店(バイクパッション) 評価点3 クーリングオフ対応
手慣れたクレーム処理
買取専門店 評価点3 クーリングオフ対応
手慣れたクレーム処理
廃品回収・リサイクル業者 評価点2 クーリングオフ制度自体不勉強の可能性
二次利用を考慮していないためクレーム外となる場合も
購入したバイク屋 評価点3 クーリングオフやクレームには通常対応

名変・廃車・手続きの手間比較

煩わしく複雑なバイクの書類処理は個人で遂行するには限界もあります。
やはり手慣れたバイク業者に一日の長があるといえるでしょう。
名変・廃車・手続きの手間評価寸評
個人売買 評価点1 個人で遂行するには手間となる場合も
買取販売店(バイクパッション) 評価点3 無料で手続き代行
手続き後の連絡も
買取専門店 評価点3 無料で手続き代行
手続き後の連絡も
廃品回収・リサイクル業者 評価点1 廃車手続き等の処理に明るくない可能性も
購入したバイク屋 評価点3 処理に明るいので安心感あり

現金化までの時間比較

その場で現金化できるのはバイク買取業者の強みです。
思い立ったら査定依頼から即日査定して、即現金化出来る足の速さも買取店ならではと言えるでしょう。
現金化までの時間評価寸評
個人売買 評価点2 大手オークションなら即現金化も
個人の場合はケースバイケース
買取販売店(バイクパッション) 評価点3 その場で現金決済
買取専門店 評価点3 その場で現金決済
廃品回収・リサイクル業者 評価点1 その場で対応も、殆どのケースで処分代がかかるでしょう
購入したバイク屋 評価点3 商業店舗なので常識的な範囲で支払可能

アフターケア比較

個人売買でアフターケアまで対応するのはバイクの知識がない場合は至難の業となります。
アフターケア評価寸評
個人売買 評価点1 故障等の対応は万全でないリスクも
買取販売店(バイクパッション) 評価点3 バイク買取に付随する諸問題完全対応
買取専門店 評価点3 バイク買取に付随する諸問題完全対応
廃品回収・リサイクル業者 評価点1 そのまま処分されてしまいます
購入したバイク屋 評価点4 大事な顧客なためケアは万全
個人に売却するメリットとデメリット
オークションなどを利用した個人への売却評価寸評
売却金額 評価点4 余計な中間マージンが発生しない
驚くような高額で売却出来る場合も
輸送・商談の手間 評価点1 個人で手配するには慣れない手間も
クーリングオフ
クレーム対応
評価点1 クーリングオフは適用されません
クレーム対応に手間取ることも
名変・廃車
手続きの手間
評価点1 個人で遂行するには手間となる場合も
現金化までの時間 評価点2 大手オークションなら即現金化も
個人の場合はケースバイケース
アフターケア 評価点1 故障等の対応は万全でないリスクも
※ローン中のバイク買取 評価点2 慣れてない処理に手間取ることも
※不動車・事故車など難ありのバイク 評価点2 状態によっては後日トラブルの種に
※書類に不備があるバイク 評価点2 慣れてない処理に手間取ることも

個人に売却するメリット

高値で売れる可能性が最も高くなります。

個人に売却するデメリット

手続きが煩雑で個人での対応にも限界があります。
クレームなども面倒の種に。
買取販売店(バイクパッション)に売却するメリットとデメリット
買取販売店(バイクパッション)への売却評価寸評
売却金額 評価点4 相場で安定
販売用に買取なら高額査定も
利便性
無料出張
評価点3 計画が立てやすい
指定した時間に出張査定
輸送・商談の手間 評価点3 指定した場所で商談
成立後は速やかに輸送
クーリングオフ
クレーム対応
評価点3 クーリングオフ対応
手慣れたクレーム処理
名変・廃車
手続きの手間
評価点3 無料で手続き代行
手続き後の連絡も
現金化までの時間 評価点3 その場で現金決済
アフターケア 評価点3 バイク買取に付随する諸問題完全対応
※ローン中のバイク買取 評価点4 問題なく買取可能
※不動車・事故車など難ありのバイク 評価点4 必ず買取出来る
※書類に不備があるバイク 評価点4 条件付きで買取

買取販売店(バイクパッション)に売却するメリット

業者間オークションでの転売や自社での販売など販路のチャンネルが多彩。
なのでギリギリまで利益を絞った買取が可能となる。

買取販売店(バイクパッション)に売却するデメリット

個人売買に比べたら値段はつかない。
買取専門店に売却するメリットとデメリット
買取専門店への売却評価寸評
売却金額 評価点3 相場で安定も柔軟性に欠ける場合も
利便性
無料出張
評価点3 計画が立てやすい
指定した時間に出張査定
輸送・商談の手間 評価点3 指定した場所で商談
成立後は速やかに輸送
クーリングオフ
クレーム対応
評価点3 クーリングオフ対応
手慣れたクレーム処理
名変・廃車
手続きの手間
評価点3 無料で手続き代行
手続き後の連絡も
現金化までの時間 評価点3 その場で現金決済
アフターケア 評価点3 バイク買取に付随する諸問題完全対応
※ローン中のバイク買取 評価点4 問題なく買取可能
※不動車・事故車など難ありのバイク 評価点4 必ず買取出来る
※書類に不備があるバイク 評価点4 条件付きで買取

買取専門店に売却するメリット

買取を専門の業務にしているのでバイク買取に関する諸事に対して安心感がある。

買取専門店に売却するデメリット

自社販売を睨んだ値付けが出来ないので市場の相場動向に左右されがちになる。
廃品回収・リサイクル業者に売却するメリットとデメリット
廃品回収・リサイクル業者への売却評価寸評
売却金額 評価点2 直近のバイク相場に明るくない
利便性
無料出張
評価点3 思い立ったら即売却
輸送・商談の手間 評価点2 バイクに詳しいわけではないので相場や価値が分からない
輸送手段は豊富
クーリングオフ
クレーム対応
評価点2 クーリングオフ制度自体不勉強の可能性
二次利用を考慮していないためクレーム外となる場合も
名変・廃車
手続きの手間
評価点1 廃車手続き等の処理に明るくない可能性も
現金化までの時間 評価点1 その場で対応も、殆どのケースで処分代がかかるでしょう
アフターケア 評価点1 そのまま処分されてしまいます
※ローン中のバイク買取 評価点2 慣れてない処理に手間取ることも
※不動車・事故車など難ありのバイク 評価点2 難ありの状態によっては後日トラブルの種になることも
※書類に不備があるバイク 評価点2 慣れてない処理に手間取ることも

廃品回収・リサイクル業者に売却するメリット

どんな状態でも力技で買取してしまう。

廃品回収・リサイクル業者に売却するデメリット

バイク専門ではないので廃車等の手続きに精通していない。
購入したバイク屋に売却するメリットとデメリット
購入したバイク屋への売却評価寸評
売却金額 評価点3 日頃の付き合いを考慮してくれる査定額となる可能性も
輸送・商談の手間 評価点2 持ち込みのみの査定の可能性
一度商談をしている関係性なのでスムーズ
クーリングオフ
クレーム対応
評価点3 クーリングオフやクレームには通常対応
名変・廃車
手続きの手間
評価点3 処理に明るいので安心感あり
現金化までの時間 評価点3 商業店舗なので常識的な範囲で支払可能
アフターケア 評価点4 大事な顧客なためケアは万全
※ローン中のバイク買取 評価点4 所有権がそのままになる場合通常通りの価格での買取もあり
※不動車・事故車など難ありのバイク 評価点3 適正価格で買取
※書類に不備があるバイク 評価点3 処理に明るいため安心感あり

購入したバイク屋に売却するメリット

よしみがあるので買取業者よりも高く買ってくれる可能性があります。

購入したバイク屋に売却するデメリット

前提として買取をしてくれるかどうかが店によって違う。 質問一覧に戻る
個人売買でバイクを売るメリットとデメリットを知る
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

バイクは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118