thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

誰でも乗れる。誰でも速く走れる」を実現 CBR900RRファイヤーブレード

CBR900RR 400cc並みの軽快な操縦性を持ち、750ccを超える大排気量エンジンのパフォーマンスとの両立を図り、誰も乗れて速く走れるバイク。

1992年にデビューした「ホンダ CBR900RR(型番・SC28)」は、そんなライダーにとっての理想を体現した現行スーパースポーツのお手本的存在。

90年代に入るまで、ホンダのフラッグシップモデルであった「VFR750」に代わるマシンとして開発され、紆余曲折を経て900ccまでボアアップされ、登場と同時に世界中でヒットを飛ばしたスポーツバイクの名車と言えます。

今回は、元祖スーパースポーツこと「ホンダ CBR900RR SC28型」についてご紹介させて頂きたいと思います。

CBR900RR SC28インプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

全長2,030mm×全幅685mm×全高1,115mmの車体に800mmのシート高という設計のSC28型CBR900RRは、小柄な女性でも無理なく両足がつけられる足つきのよいマシン。

既存のレーサーレプリカよりもハンドルが乗り手に近く、レプリカモデル特有の強めの前傾を必要としない収まりのよさがあり、ツアラーに近い感覚で乗れるのが大きな特徴です。

オンロード専用車という設計上、シート及びリアサスがハードで人によっては硬さを感じることもありますが、ゲル座布団などで対策すれば十分ツーリングもこなせます。

CBR900RR SC28インプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

装備重量206kgと軽量のSC28型CBR900RRは、最大のウリである軽快なハンドリング性能によって非力な方でも簡単に取りまわせるマシン。

車体も同時期に活躍した「カワサキ ZZR1100」といった大型スポーツモデルと比べコンパクトで、押し引き・出し入れにも苦労しない優等生となっています。

特に停車・駐車時でも重さを感じさせない軽やかな動きは、駐車スペースが限られる都心部でバイクを楽しむ上で大きな魅力と言えます。

CBR900RR SC28インプレその③・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

893ccの水冷DOHC4バルブ4気筒エンジンを搭載したSC28型CBR900RRは、最高出力124ps/10,500rpmと高回転型でパワフルな仕様となっています。

現行モデルの「CBR1000RR」よりもマイルドな初代ですが、追い越し時に全くストレスを感じないほど初速があり、加速力と直進安定性は目を瞠るものがあります。

最高出力の発生は10,500回転とかなり回す必要がありますが、最大トルクは9.0kgf・m/8,500rpmと中速寄りであるため、低速から太いトルクを発生し全域で安定した走りが楽しめます。

CBR900RR SC28インプレその④・操縦性・コーナリングは?

SC28型CBR900RRは、リッタースポーツバイクとしては現行モデルに見劣りしないほどコントロール性の高いバイクです。

特にコーナリング時の素直な反応、高剛性のボディによる安定性の高さは他社の追随を許さないほど優れており、発売当時は「NSR250の900cc版」とまで呼ばれるほどの高い評価を獲得しています。

これらの長所によってアベレージスピードは非常に高く、今日現在でも現行リッタースポーツと互角以上の闘いを繰り広げることができる数少ないマシンと言えます。

CBR900RR SC28インプレその⑤・ブレーキング制動力は?

フロントに対向4ピストンキャリパーを採用し、フローティング式ダブルディスクと組み合わせたSC28型CBR900RRは、ブレーキ性能に関しても一切の不安がないレベルの高さが自慢となっています。

さすがにABS非搭載であるため、現行スーパースポーツと比べるとある程度の配慮は必要ですが、ソフトタッチで十分な制動力が得られるのはこの当時のバイクとしては貴重な存在。

ディスクローターのメンテ・パッド交換さえきっちり行っていれば、誕生25年目を迎えた現在でも全く問題ないほど優れています。

CBR900RR SC28インプレその⑥・排気音は?

SC28型CBR900RRオーナーにとって、唯一とも言える欠点が「エキゾースト音の静かさ」です。

年々強化される自動車排出ガス規制、並びに騒音規制を鑑みるとこの静粛性は大いに助かる好材料のひとつですが、7,000回転付近までは本当に400cc並みの音量であるため、リッターマシンらしいエキゾースト音を求める方には評価が分かれるポイントと言えます。

CBR900RR SC28インプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

SC28型CBR900RRの販売期間は、1992年から95年までと短く、現在は純正パーツの供給が徐々に減りつつあるのが実情です。

特にカウリングはすでに入手が難しい状況になっており、転倒などで破損してしまった場合、オークションや個人売買での入手も視野に入れて検討する必要があります。

また、エキゾースト音の大人しさから社外マフラーに交換するオーナーも多く、そうしたオーナーの手を経た中古車の場合、純正マフラーが欠品状態となっていることを念頭において購入するべきです。

CBR900RR SC28インプレその⑧・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

SC28型CBR900RRはタフなマシンですが、泣き所としては「レクチファイヤー」を挙げることができます。

バイクにとって電装系のトラブルは、突然死の原因と呼べるほど厄介な問題のひとつですが、シート下からカチカチ異音が聞こえてきた場合は要注意。
ショートを起こし、車両火災の原因にもなりかねないものですので、なるべく定期的なチェックを行っておきましょう。

対策方法としては同社の「CB400SF HYPER VTEC (NC39)」のものへの交換で、放熱性の高さでこれらの問題を未然に防ぐことが可能となっております。

CBR900RRファイアーブレードインプレ総評

レーサーレプリカのハイスペックさを持ちながら、中型バイク並みの軽さと操作性で一世を風靡した元祖スーパースポーツ「ホンダ CBR900RRファイヤーブレード」。

誕生から四半世紀を迎えた今日では、後継モデルである「CBR1000RR(SC59)」が高い評価を受け、ホンダスーパースポーツの主役として活躍し続けています。

当代で12代目を数える名門シリーズの始祖であるSC28型CBR900RRは、今なお色褪せない魅力を持った極めて乗りやすい大型スポーツ入門に最適なマシンと言える一台です。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

CBR900RRファイアーブレード(CBR900RR FIREBLADE) は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

CBR900RRファイアーブレード(CBR900RR FIREBLADE) 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118