thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

ホンダワークス伝統のV4マシン・NSR250R

NSR250R WGPを制したレース専用車両「NS500」を元に開発された250cc2ストロークエンジン搭載のレプリカマシン「NS250R」。

そのNS250Rを1986年にフルモデルチェンジしたのが、「ホンダ NSR250R」です。
1999年の最終モデルまで一貫してキックスターターのみの始動方式を採用し、レース戦勝車両「RS250R」と同じスタイリングで登場しました。
その戦闘力は非常に高く、競技車両と同一パーツを採用したSP仕様なども追加販売され、ストリートレーサーを中心に高い人気を博したホンダが誇る最強の2ストロークレプリカモデルです。

今回は、世界に「HONDA RACING」底力を知らしめた栄光の名車「ホンダ NSR250R 91年式」のインプレをお届けさせて頂きます。

NSR250Rインプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

全長1,975mm×全幅655mm×全高1,060mmとコンパクトに設計された3代目NSR250Rは、シート高も770mmとかなり低く設定されているため身長150cm台の方でも足つき性に不安を覚えることはまずありません。

その反面、無駄を一切削ぎ落としたレーサーレプリカの宿命として、非常に薄いシート厚と極端な前傾姿勢を乗り手に強要してくるマシンでもあります。
ハンドルグリップが下を向いている関係上、リストにもかなりの負担がかかるため、慣れないうちは1時間以内の走行でもかなりの疲労度を感じることになります。

NSR250Rインプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

乾燥重量132kgと、当時の軽量技術を極限まで追求しただけのことはあり、3代目NSR250Rの押し引きは非常に軽快です。
コンパクトな設計のため最小回転半径も2.9mしかなく、体力に自信のない女性でも軽々と取り回すことが可能です。

ただし、前述のようにハンドル位置はかなり低いため、押し引き時にも上から力を入れる必要があるため、リストが弱い方にとっては未舗装路での押し引きは辛いことも。

シートに腰を下ろしてしまえば、腰の動きだけである程度動かすことが出来るマシンですが、ハンドルの低さに慣れる必要はあります。

NSR250Rインプレその③・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

馬力規制前のモデルである3代目NSR250Rは、最高出力45psという今では考えられないほどの性能を与えられたスポーツバイクです。

2ストロークエンジンの特徴そのままに、7,000回転以上のパワーバンドに入ればスカイラインGTRに引けを取らないほどのダッシュ力があります。
その反面、5,000回転以下では低速トルクも細く、街乗り時には「ペペペペ…」と少々頼りない排気音になることも多めです。

特に渋滞時は非常に苦手で、1~2速で走るつもりでなければあっという間にプラグがカブってしまいます。
高回転時の爽快感と、低回転時のひ弱さが同居しているのが2ストエンジンの特徴であるため、乗るにはある程度の心構えが必要と言えます。

NSR250Rインプレその④・操縦性・コーナリングは?

操縦性・コーナリング性能に関しては、現行の400ccフルカウルモデルと比較しても非常に軽快そのもの。

特に3速でパワーバンドに入れれば、傾斜のキツいワインディングでも力強い加速力と軽快なハンドリング性能を武器に、ヒラリヒラリとコーナーをクリアしていける高い実力があります。

この点では4スト750ccクラスでも太刀打ちできないほどの性能があるため、走りに重きを置く方であればNSR250Rは非常に頼れる良き相棒的存在と言えます。

NSR250Rインプレその⑤・ブレーキング制動力は?

前後ともにディスクブレーキを採用し、フロントはダブルディスク化しているため街乗りでの制動性能は十分以上のものがあります。

その代わり、ノーマル状態でのブレーキタッチはかなり硬いため、乗り手の理想に合ったブレーキパッドなどで調整する必要があります。
特にパワーバンドに入ってからの加速力は、下手なブレーキ操作をすれば簡単にタイヤをロックさせてしまうほどで、これから購入を検討されている方は、試乗でブレーキタッチの確認をおすすめいたします。

スポーツ走行時は特にブレーキ操作がシビアになりやすいため、NSR250Rを乗りこなすにはエンジンブレーキなどの特性を理解し、クラッチワーク込みで考えることを意識した方が良いでしょう。

NSR250Rインプレその⑥・排気音は?

プラグをカブらせなければ、という前置きがつきますが、アイドリング時から「パンパンパン…」と軽快な音をさせるNSR250Rは、2ストエンジン特有の軽い排気音が基本です。

これは7,000回転前後までは軽い音質ですが、それ以上の回転数に上げると「バァン」と音質そのものが変化し、雷鳴のようなエキゾースト音に変化します。
これは純正チャンバーでの音質のため、社外品のチャンバーを装着すればかなり音量が大きくなり、抜け具合がそのまま走行性能に直結します。

JMCAの規格を満たしたチャンバーがおすすめですが、海外モノのチャンバーは高性能な反面、騒音値の面で様々な障害があることも確かです。
購入前は、YouTubeなどの動画サイトで音質・音量を事前確認しておくと良いでしょう。

NSR250Rインプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

すでに2ストエンジンの生産が終了している関係上、ピストンなどエンジン関連の純正パーツは流通量が少なくなりつつあります。

場合によってはノーブランドのスペアパーツを用意しておくなど、ある程度有事に備えた対策が必要と言えます。
特にキルスイッチなど、保安部品に関するパーツに関しては常にスペアを用意しておきたいところです。

一時期はデイトナなどの国内メーカーから、まずまず性能の良い社外チャンバーが販売されていましたが、現在では廃版商品化しており、現在新品として購入できるパーツは減少傾向にあります。
SUNSTAR製ブレーキディスクなど、高額なパーツは今でも入手可能ではありますが、低予算でカスタムする場合は根気よくパーツ探しをする必要があります。

NSR250Rインプレその⑧・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

既に生産を終えていることもあり、NSR250Rの外装パーツは現在非常に品薄の状況です。
ヤフオク!などのオークションサイトでは、新品のアッパーカウルひとつに10万円以上の高額設定をして出品するユーザーもいるほどで、転倒などでの破損時はかなりの覚悟が必要となります。

ただし、新品カウルに拘らないのであれば話はまた別で、ご自身によって手間隙かける気があれば、半田ごてと補修用パテ・サンドペーパーでのリペアも可能です。
この当時のレプリカモデルは、カウリングの材質に厚みがあるため、時間をかけられる方であればこうした補修も有効と言えます。

もし予算・時間の両方で厳しいという方は、社外品のノンカウルキットなどでネイキッド化してしまうのもひとつの手段です。

NSR250Rインプレ総評

1986年の初代NSR250R登場から、4代に渡って250cc2ストレプリカ界の主役を張り続けた「ホンダ NSR250R」。
その走行性能の高さは今でもレースに参戦できるほど確かで、現行250ccとは比べ物にならないほど過激な走りを楽しむことができます。

限定仕様車の「NSR250R-SP」など、それぞれのモデルにそれぞれの魅力がありますが、現在は2ストエンジン搭載車へのプレミアがついており、程度の良い車両も年々減りつつあります。
ただし、2ストエンジン自体は構造が比較的単純なため、交換パーツさえ用意できればメンテナンスは比較的容易な部類でもあります。

NSR250Rは、今後パーツの流通状況がさらに難しくなる恐れもありますが、現在はまだ一通りのパーツが入手できる状態にあります。
購入を検討されている方は、今から計画を立ててじっくり検討を重ねていくことをおすすめいたします。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

NSR250R は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

NSR250R 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118