全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

250ccクラス屈指の本格アドベンチャーモデル ヴェルシスX ABS

ヴェルシスX 近年、オン・オフを問わない高い走行性能で人気となっている「アドベンチャー」。
このジャンルは750cc超えの大型バイクのみがリリースされ続けてきましたが、その人気に応える形で各メーカーが意欲作を開発し、2017年は250ccのアドベンチャーモデルが出揃う形となりました。

そんな250ccアドベンチャー界において、カワサキが送り込んできたのが1,000&650ccで人気を博した「Versys(ヴェルシス)シリーズ」の末弟となる「ヴェルシスX250ABS」です。

今回は4月15日の日本国内発売解禁を前に、「大阪モーターサイクルショー」で一足早く試乗できた「カワサキ ヴェルシスX250ABS」2017年式のインプレをお届けさせて頂きます。

ヴェルシスX250ABSインプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

シート高810mmと高い位置設定となっているヴェルシスX250ABSですが、間近で見るとそれほどの高さを感じさない雰囲気があり、実際に跨ってみるとシート形状の絶妙なバランスで両足をしっかりと接地することが出来ました。

筆者は身長165cmと、日本人男性としても小柄な体格ではありますが、両足とも指の付け根部分で無理なく接地でき、不安感を覚えることはありませんでした。
ツアラーを意識した作りであるため、シートも適度な弾力と十分な柔らかさがあり、乗り心地は非常に快適です。

ヴェルシスX250ABSその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

ヴェルシスX250ABSの試乗で印象的だったのが、ハンドル位置のバランスの良さです。
この恩恵は思いの外大きく、押し引き・取り回しに力を必要とせず、全体的に軽さを感じさせるものでした。

全長2,170mm×全幅860mm×全高1,390mm、最小回転半径が2.5mと若干コンパクトな作りで、オフ車として見ても取り回しのしやすいジャストサイズと言えます。

ヴェルシスX250ABSインプレその③・加速力・トルク感は?

ヴェルシスのエンジンパフォーマンスは最高出力33ps/11,500rpm、最大トルク21N・m(2.1kgf・m)/10,000rpm。
この数値が示す通り、高回転型の出力設定となっていますが、低速トルクも程よくあり、ゼロスタートからのダッシュ力も必要十分以上のものがありました。

これはギアレシオ1速2.600(39/15)・2速1.789(34/19)によるものと思われますが、4,000回転付近を上手く使えばかなりシフト操作性は良好で、DOHC4バルブの並列2気筒エンジンは全域で力強さを発揮してくれます。

ヴェルシスX250ABSその④・操縦性・コーナリングは?

40度と大きめのハンドル角と前19後17インチのタイヤサイズによる高さは、コーナリング時には大きな武器へと置き換えられ、車体重量175kgの軽さで軽快な車体コントロール性を確認することができました。

かなり思い切ったアクションを取ってもブレる様子がなく、エンジンパワーと車体剛性のバランスが非常に良く、兄貴分である「ヴェルシス650」に引けを取らないほど。

ライドビューが250ccクラスでは高めとなるため、最初のうちは倒し込むことに不安を感じますが、そこを乗り越えれば限界値は「ニンジャ400&250」よりも高く、スポーツ走行への適性は非常に高いと言えます。

ヴェルシスX250ABSインプレその⑤・ブレーキング制動力は?

リリース初年度からABSを標準装備しているだけあり、ブレーキング性能については何一つ不安を感じることはありませんでした。

かと思えば、ソフトタッチ時にも適切な制動性能を発揮し、微妙なコントロールが要求されるパイロンスラロームでも不安感なく操れる信頼度の高さは、今年登場する250ccアドベンチャーのライバル達と比べても一枚上手と言えるほど。

ただし、ライディングポジション的にブレーキペダルへの加重が想像以上にかかりやすく、爪先で軽くタッチするよう意識しておく必要はあります。
これは体格による問題でもありますが、気になる方は試乗時にチェックした上で調整しておくと良いでしょう。

ヴェルシスX250ABSインプレその⑥・利便性・積載性能は?

「ヤマハ セロー250」並みの大型リアキャリアと縦長のワイドサイズシートの恩恵により、ヴェルシス250ABSの積載性能は極めて優秀です。

特にグラブバーがスチール製でしっかりした作りであるため、ツーリング装備一式を積載してもロープ掛けさえしっかりしていれば、バランスを崩すことはまずないと思われました。

タンク形状も十分なゆとりがあるサイズのため、タンクバッグなどを装着すればキャンプ用品一式を携行することも十分可能。
3月15日にはパニアケース装備の「ヴェルシスX250ABS ツアラー」が先行販売されていますが、スタンダードでも利便性・積載性は十分あります。

ヴェルシスX250ABSインプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの展開予定は?

今年の注目モデルのひとつであり、様々な方面で注目を集めてきた期待のニューモデルだけに、国内パーツメーカーの殆どがカスタムパーツの取り扱いをすでに表明しています。

このため、カスタムパーツに関しては購入即調達が可能と言えそうで、大型スクリーンなど快適性を高めるパーツが多数販売されることが予想されます。

スタンダードモデルとなる「ヴェルシスX250ABS」にもっと利便性を求めたい方は、ツアラーの方がDC電源ソケットやパニアケースが装備されるため、ご自身の嗜好性に合わせてチョイスすると格安で好みのカスタムが可能です。

ヴェルシスXインプレ総評

ヴェルシス1000や650よりもシャープなフェイスマスクとなり、見るからに俊敏性を感じさせるスタイリングの「カワサキ ヴェルシス250ABS」。

最初期の「ニンジャ250R」の弱点のひとつであったカウリングの薄さもしっかり克服しており、現時点ではちょっと穴が見つからないほどの完成度の高さが印象的でした。

カワサキがいかにこの新ジャンルの開拓に力を入れているか伺える見事な出来栄えで、オーナー満足度の面でも極めて優秀なロングセラーモデルになりそうな一台です。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

ヴェルシスX は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

ヴェルシスX 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118