全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

小さな車体に本格スポーツの魅力満載! Z125PRO

Z125Pro KSR110の生産終了以来、少々寂しいラインナップとなっていたカワサキの125ccクラスでしたが、水冷Zシリーズの末弟としてその穴を埋めるべく登場したのが、125ccオンロードスポーツモデルの「カワサキ Z125PRO」です。

昨年ニューモデルとして登場してからは、「ホンダ GROM(グロム)」と熾烈な競争を繰り広げており、原付2種クラス屈指の人気モデルとして広く支持されている一台です。

サイズこそ4ストミニサイズですが、その実力は紛れもなくスーパーネイキッド・Zシリーズそのもので、本格的な走りを追求した奥の深いマシンとなっています。

今回は「大阪モーターサイクルショー」にて公開された「カワサキ Z125PRO」の試乗を通じて感じたインプレッションをお届けさせて頂きます。

Z125PROインプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

Zシリーズの最上位モデルであり、兄貴分にあたる「Z1000」と同等のオフセットレイダウンリアサスを採用したZ125PROは、そのサイズからは想像も出来ないほどスポーティな乗り心地を持ったミニネイキッドでした。

この125ccクラスのバイクは、総じて柔らかめでスポーツ走行時は頼りなさを感じさせる車種が多いものですが、Z125PROはその印象に反して本格的なハードさでスパルタンな乗り味となっています。

シート高780mmと一般的な普通二輪クラスのネイキッドに近い高さですが、足つき性は125ccクラスならではの接地感があり、小柄な女性でも両足をベタ着けできるため全く不安感はありません。

Z125PROその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

車体重量102kgとコンパクトにまとめられたZ125PROは、押し引き・取り回しやすさでは他車の追随を許さないほどクイックで扱いやすいバイクでした。

これはZ125PROが全長1,700mm×全幅750mm×全高1,005mmと小柄な車体であることにもよりますが、それ以上に効果的なのが30mm径インナーチューブのフロントフォークです。

適度なハードさを持ったこのフォークの採用により、乗り手の体重をいなす効果がしっかりと現れ、クイックな操作性に一役買っていました。
シートに体重を預けていれば、それだけで押し引きできるほど路面追従性が高く、初心者の方でも取り回しに困ることはまず有り得ません。

Z125PROインプレその③・加速力・トルク感は?

最高出力9.7ps・最大トルク9.6N・mと、現在の規制上エンジンパワーこそ控えめな数値となっているZ125PROですが、軽量の恩恵で十分な力強さがあって伸びやかな加速力が印象的でした。

102kgという軽量ぶりがここでも大きな武器となっており、125ccクラスの低速トルクの細さをしっかりとカバー。
エンジンの出力特性が高回転仕様のため、極低速時はやはり弱さを感じさせますが、それを除けば十分なトルク感があり、不安要素は少なめと言えます。

Z125PROインプレその④・操縦性・コーナリングは?

Z1000譲りのリアサスと本格的な30mm径フォークの恩恵は非常に大きく、現行125ccクラスでは比類するべきものがないほどコーナリング性能が高い点は特筆ものです。

クイックレスポンスのハンドリングは乗り手の意思に忠実で、キビキビとした反応のよさはスーパーネイキッド・Zシリーズの末弟に相応しい見事なものと言えます。
そのコンパクトさから思い切った倒し込みをすれば、パイロンスラロームも軽快にこなしてみせるほど潜在能力が高いマシン。

カスタム次第ではジムカーナでも上位を狙え、KSR110PROと比べても魅力的なマシンと言えます。

Z125PROインプレその⑤・ブレーキング制動力は?

200mm径のシングルディスクということもあり、試乗前こそ若干の不安を感じさせたZ125PROでしたが、実際に走らせてみると必要十分な制動性能があり、街乗りレベルでは全く過不足のない制動能力を披露してくれました。

曲がる・止まるというバイクの基本は忠実に守られており、その小ささからは想像できないほど十分な基本性能と言えます。
4速リターン式というミッション構造もブレーキングに大きく貢献しており、ほんの少し走ればエンジンブレーキも使いこなせるイージーさがあり、納車後30分も走れば把握しきれるほど。

唯一の不安要素はフルスロットル時のコーナリングですが、それでも大きくアンダーを出すことはないと思われ、競技用車両としても活躍できる器を持っています。

Z125PROインプレその⑥・利便性・積載性能は?

非常にコンパクトな車体で街乗り時の利便性は十分なZ125PROですが、残念ながら積載性能に関しては全くと言えるほど低いのが難点です。

しかし、カワサキからはオプションとしてリアキャリアが販売されており、そちらの装着を前提に購入するならば積載性能はある程度カバーが効きます。
それでも車体サイズとタンクの小ささはネックで、キャンプツーリングなど一定以上の荷物を携行するシーンでは不向きです。

この点に関しては割り切りが必要ですが、そこさえ理解していれば通勤快速車という選択肢にも適しており、マイナス要素としては小さめです。

Z125PROインプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの展開予定は?

昨年のリリース以来、「ホンダ グロム」と人気を二分しているだけあり、現在のZ125PROはカスタムパーツが非常に潤沢な車種となっています。

このバリエーションは非常に多く、ミラーからカムシャフトまでありとあらゆるパーツが販売されており、自分好みに仕上げる難易度はものすごく低めとなっています。

完全新設計のフレームということもあり、カワサキの他車からの純正流用は若干厳しいものがありますが、それ以外では純正パーツの供給面でも不安はなく、維持に関しては全く問題ありません。

Z125Proインプレ総評

今年はライバルである「ホンダ グロム」が全く同じ販売価格に設定されたこともあり、より熾烈な販売競争が予想される「カワサキ Z125PRO」でしたが、試乗と展示車両を見る限りではしっかりと住み分けが行われている印象を受けました。

グロムがホビーライドよりの2種バイクであるのに対し、Z125PROは2種クラスでも本格的なスポーツライドを意識した車種と言え、ユーザーの好みに応じて直感で選べる味付けと言えます。

今年はZ800を再現したスペシャルカラーリングの「スペシャルエディション」も販売が決定しており、2種バイクファンにとっては堪らない魅力を持った一台と言えそうです。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

Z125Pro は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

Z125Pro 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118