thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

2気筒エンジンを搭載したミドルクラスの牙城 Z250SL

Z250SL マニア心をくすぐるバイクを作るのがカワサキの真骨頂。
過去にも4ストローク4気筒全盛の時代に、2気筒や単気筒のスポーツバイクをリリースしていました。
そんなカワサキから2016年3月に、Z250SLが発売されました。

ロードスポーツ・モデルとしては、1985年に発売されたCS250以来の水冷単気筒エンジンを搭載。
2気筒エンジンを搭載するNinja 250SLや、Ninja250と共に、ミドルクラスの牙城を築きます。
求めたのは付き合いやすさ。
絶対的性能はありませんが、シティユースでもツーリングでも、ストレスなく目的地に運んでくれるバイクなのです。

1 足つき・跨った乗り心地

見るからに硬くてペシャンコなシートは、見た目通りカチコチ。
長時間乗っているのが辛いです。
もっとクッション性が高くてもいいと思うのですが、スタイルとのバランスでこうなったのでしょう。
タンクがラクダの背中のようにせり上がっているため、急制動を掛けると股間を打ち付けます。

小型バイク並みにコンパクトな車体は、シート高785mmと足つき抜群。
逆にこのポジションは身長170㎝以上のライダーなら、窮屈に感じるかも知れません。
タンデムシートは人を乗せるレベルの大きさではなく、荷物を載せたくても不安定な形状なので、とても使いにくいです。
いきなりネガティブ評価の連発になってしまいました。

2 押しての出し入れ、取り回し

総重量148kgと軽量でありハンドルが高く切れ角が大きいため、取り回しは楽々。
力に自信のない人にも最適です。

3 加速性・安定性・低回転~中回転~高回転での走行実感

ダートバイクであるKLX250のエンジンを、高速回転向けにチューニングして使用しています。
SL(Super Lightweight)のネーミングはダテではなく、軽量を活かした軽快な走りが自慢。
ギアはカチッと入る感じで、シフトアップもスムーズ。
スロットルを回すとレスポンスよく加速します。

スーパーバイクのような絶対的な高速走行は期待できませんが、低回転~中回転の安定感や、単気筒らしい振動も心地よく、ミドルバイクが持つ魅力を余すことなく楽しめるエンジンフィーリングです。

4 操縦性・コーナリング

重心が高く、ニーグリップしやすいタンク形状なので、本気になれば峠道などで倒し込むことも可能。
このコンセプトは、ご先祖様といえるCS250(カジュアル・スポーツ)に通じるものがあります。

5 ブレーキング制動力

前後シングルディスクブレーキとシンプルなシステムながら、フロントには2ピストンキャリパーを採用。
新しいバイクほど、ブレーキシステムが向上しています。
もちろん効果は十分で、安全かつしなやかなに停止することができます。

6 排気音

六面体に近い形のサイレンサーを持ち、現代のバイクらしく排気ガスの減少と騒音低減が図られているため、音量は遠慮がちです。
もっともバイクの排気音など、本人以外には騒音以外の何物でもありません。
メーカーのこうしたジェントルな気配りは、オーナーも受け入れるべきだと思います。

7 カスタムパーツの多様性・純正パーツの残存状況

2016年の現行モデルですので、純正パーツに困ることはありません。
社外品のカスタムパーツは少ないですが、シングルシートカバーキットやカスタムシート、パネルアッシやタンクパッドなどがオプションとして販売されています。
それらを装着すると、ガラリと雰囲気が変わりますよ。

8 故障した際の修復可能性

もちろん現行モデルですので、修理不可能な状態に破損していない限り修復が可能です。
単気筒エンジンは構造が簡単なため、知識がある人は自分で修理してしまうようです。
また、自信がない場合は消耗品などのパーツの交換から始めてみましょう。
転倒などによるレバーの曲がりや、ワイヤーの交換は比較的簡単にできます。
ショップでパーツだけを取り寄せることができますので、自分で行ってみるのもいいでしょう。

Z250SLインプレ総評

タイ・カワサキの生産で生産することにより、新車価格が40万円台前半に抑えられるなど、価格面での魅力は十分。
シンプルな単気筒エンジンは、バイク本来の楽しさを与えてくれ、とてもコストパフォーマンスが高い一台だと思います。

残念なのはそのスタイル。
近年のNinjaシリーズのイメージを踏襲しているのはいいのですが、リアシートは人も荷物も載せることが困難な形状ですし、薄いテールカウルはフックもないので、荷掛ロープを使うことすら困難です。

個人的な感想を言えば、Ninjaシリーズのテイストを持つバイクなら、すでにNinja 250SLや、Ninja250Rが存在するので、Z250SLはオーソドックスに寄せた方が、もっとユーザーが飛びついたのではないかと思います。

そうはいってもビギナーだけでなく、大型バイクオーナーのセカンドバイクとしても納得できるスペックであるのは確か。
Z250SLは大人を夢中にさせる”オモチャ”です。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

Z250SL は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

Z250SL 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118