thumb2 thumb1 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

究極という意味のZを冠した唯一無二の存在 ZZR1100

ZZR1100 Z750RS(ZⅡ)、GPZなど、カワサキの車名には「Z」の文字がよく使われています。
アルファベットの最後の文字であるZには、“究極”という意味があり、唯一無二の最高のバイクを目指すカワサキのスピリットが車名に込められているのです。

そうした意味を知ると、今回インプレする「ZZR」に対する期待の高さが理解できるでしょう。
時速320㎞まで刻まれたスピードメーターは世界最速をアピール。
これまでGPZ900R、GPZ1000RX、ZX10と追い続けたスピードへの挑戦の集大成といえるモンスターマシーンとなりました。

スピードを求めたバイクではあるものの、装備はとても実用的。
大きなカウルは風圧からライダーを守ってくれますし、フラットなリアシートは荷物を積んでも安定します。
さらに荷掛フックまで付く親切設計。
限られたシーンだけでなく、オールラウンドに楽しんでほしいという、カワサキからのメッセージを感じることができるバイクです。

ZZRシリーズは、ZZR 250、ZZR400、ZZR600、ZZR1100、ZZR1200、ZZR1400と豊富ですが、ここでは時代の先駆者となったZZR1100を紹介します。

1 足つき・跨った乗り心地

大柄な車体に威圧されながらまたぐと、身長170cm前後でも、かろうじて両足がつく程度。
車重があるので、つま先立ちだとバランスを崩しそうです。
シート高は780mなので決して低くはありません。
さらに目の前に鎮座した巨大なおはぎのようなタンクがネックです。
セパレートハンドルなため、ライディングポジションは、遠くに手を伸ばすようなスタイルになります。
体格や好みによって調整した方がいいでしょう。

2 押しての出し入れ取り回し

オーナーたちが口をそろえて「重い」というだけあり、かなりのヘビー級です。
初期タイプのC型は228㎏、タンク容量をアップなどを行ったD型は233㎏と、モデルによって重量がアップしています。
230㎏といえば現役中の曙や武蔵丸と同じ重さですので、彼らを押したり引いたりすることを想像すれば、どれだけ重いかわかるでしょう。

3 加速性・安定性・低回転~中回転~高回転での走行実感

当時の世界最速バイクが、今も遅いわけはありません。
スロットルを捻れば、後ろに飛ばされるくらい強いGを感じます。
スピードが乗ると、重い車重は安定し、すぐに免許証が一発で取り消される領域に達成。
誰でも簡単に290㎞をマークする...という話ですが、そこまでスピードを出せる環境はないので、真相のほどは定かではありません。
そんな直線番長かと思いきや、実は低速の回転も使いやすくセッティングされているので、スロー走行もこなしてしまう、器用な一面を持つバイクです。

4 操縦性・コーナリング

高速コーナーを豪快に走り抜けるのを得意としますが、大柄な車体なので、タイトなコーナーは苦手です。
ホイールベースが長いので、スラロームもきついですね。

5 ブレーキング制動力

純正でもパワーに負けるようなことはありませんが、最近のバイクと比較すると、少し甘く感じます。
不安があるのならリバーを強く握るか、アフターパーツに交換することをお勧めします。

6 排気音

多くの人が社外品にカスタムしているため、ノーマルマフラーの音を聞けることが稀です。
ノーマルの左右2本出しマフラーは野太い音を響かせますが、チープに感じる質感が残念です。

7 カスタムパーツの多様性・純正パーツの残存状況

初期のC型のパーツが入手困難、D型も物によっては厳しくなっていると思いますが、売れに売れたバイクですし、中古市場のタマ数も多いので、純正パーツの心配は少ないでしょう。
アフターパーツも、エキゾストシステムを中心に豊富に販売されています。
人気車ゆえ、オリジナリティを出すのが難しいですが、センス良くまとめてみてください。

8 故障した際の修復可能性

販売終了から年数が過ぎているので、入手困難なパーツも出てきています。
特にC型はミッションが抜ける傾向があるので注意が必要です。
中古車価格が落ち着いているので、思い切って買い替えて、壊れたバイクをパーツ取り車にするのもいいでしょう。

ZZR1100インプレ総評

1983年に発表されたカワサキ初の水冷エンジンを積むGPZ900Rのパワーユニットを、極限までスープアップさせたのがZZR1100です。
基本設計が古く、これ以上のパワーアップが望めないことから、最速を誇った水冷エンジンの集大成と呼んでもいいでしょう。

1990年から2003年までモデルチェンジやマイナーチェンジを繰り返しながら、13年の長きに渡り販売されたことからも、多くのライダーに支持されていたことが分かります。
最速でありながら、誰でも操れること、軽量化のために装着されないことが多いセンタースタンドなどをあえて採用し、「スピードだけがバイクの楽しみ方ではない」というメッセージが、人々に評価されたのだと思います。

現在のバイクにはない味があるZZR1100、一度乗ってみればその良さが分かりますよ。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

ZZR1100 は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

ZZR1100 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118