DR-Z400SM
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    00
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

峠の走りは国産車最強 ハイパーモタード DR-Z400SM

DR-Z400SM 年々強化される「排出ガス規制」の影響を受け、国産2ストオフローダーが絶滅していく中、2000年に新設計の4スト短気筒エンジンを引っさげて登場したのが「スズキ DR-Z400S」です。

エンデューロレース専用車両「DR-Z400」の車体と、同一エンジンをデチューンして採用され、限りなくワークスマシンに近いハイスペックマシンとして高い評価を得ています。
特に峠の下りや荒れた路面状況では無類の強さを見せつけ、国産車最強クラスの実力の持ち主でもあります。

今回はそんな下りの鬼・DR-Z400Sのモタード仕様である「スズキ DR-Z400SM」の魅力をご紹介させて頂きたいと思います。

DR-Z400SMインプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

シート高870mmという高さと「三角木馬」の異名を持つDR-Z400SMは、間近で見ると尻込みしてしまいそうになる車格がありますが、気後れせずに跨ってみると意外に足つき性が高いことに驚かされます。

オフロードバイクは全般的にシートサイドを絞るのが定番ですが、乗りづらさを感じさせないギリギリのバランスでスリム化され、それが股関節の接着面積を最小限に抑えています。
この恩恵は大きく、165cmの筆者でも車体バランスを損なうことなく停止することが可能となっています。

座り心地は競技車両の「DR-Z400」ベースらしく、少々薄手すぎる印象を受けましたが、短時間走行では文句なしのフィット感。
気になる方はリアスプリング調整&バイク用ゲル座布団などで調整すれば、ネイキッド並の乗り心地にすることも可能です。

DR-Z400SMインプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

2008年モデルでも装備重量145kgということもあり、押し引きは非常に軽快。
前後17インチというタイヤサイズも丁度日本人向けのサイズであるため、腕の力だけでも軽々と動けるのはエンデューロ車ならではと言えるでしょう。

ホイールベースも1,460mmと、400ccバイクとしては比較的コンパクトにまとめられているため、街中での駐車スペース以外では困ることはまずありません。

ただし、全幅は850mmと一般的なオフ車相応のワイドさであるため、すり抜けを多用される方は十分な注意が必要となります。

DR-Z400SMインプレその③・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

最高速度を求めるタイプのマシンではありませんが、398ccのDOHC4バルブ短気筒エンジンは元気な加速力があり、時速100kmまであっという間に到達するため、街乗りレベルでは必要十分。

最高出力は40ps/7,000rpmまでセーブされているものの、マシンパワーがあまり関係なくなる状況では、怒涛の鬼足を見せてリッタースポーツを煽れるだけの加速力を有しています。
最大トルクが6,500rpmと、低めにセッティングされていることもあり、低速から粘り強さを見せ、渋滞時の徐行でも非常に車体の挙動は安定そのもの。

フロントと車体剛性がハードなため、やや路面状況を察しにくい面もありますが、ウェットコンディションでもなければ心配するレベルではなく、パンチ力のある力強さがあると言えるでしょう。

DR-Z400SMインプレその④・操縦性・コーナリングは?

ベースマシンが競技専用車両だけあり、DR-Z400SMのハンドリングは軽く、乗り手の意思を即座に汲み取って機敏な反応を返してくれます。

現行ネイキッドのようなハンドリングとはまた違った軽快さがあり、コーナリング時は頼もしさを覚えるほど。
フレーム剛性が高く、高速での挙動はやや慣れが必要ですが、80km程度でバタつくようなことはなく、重心の高さを活かした鋭いコーナリングが可能です。

ラインディングポジション的には体格による差が出てしまうため、何とも言えない部分はありますが、日本人の標準的な体格の方であればさほど疲労感はなく、初心者でも持て余すこともありません。

DR-Z400SMインプレその⑤・ブレーキング制動力は?

フルノーマルのDR-Z400SMの最高速度は160km前後といったところで、シングルディスク仕様ながらも車体重量の軽さと合わせ、制動性能は必要十分。

攻める走りに重きを置く場合はディスクの歪みが心配になりますが、チェーン交換時にセットで交換するくらいの意識であれば、ブレーキによるトラブルは気にしなくてもいいでしょう。

どちらかと言えば、エンジンブレーキの方がマイルド過ぎる印象のため、標準的な250ccオフロードの感覚では最初のうちは少々危なっかしく感じてしまうかも知れません。
この辺りは個人の感覚にもよりますが、総じてブレーキ制動力は高く、比較的メンテナンス性も良いので維持の面でも高評価です。

DR-Z400SMインプレその⑥・排気音は?

触媒の使用やエンジンのデチューンに伴い、DR-Z400SMのエキゾースト音は低速では大人しい印象を受けます。
しかし、5,000回転を超えると「バババババッ!」とけたたましいエキゾースト音に変化し、走るバイク特有のオーラを醸し出します。

中速よりのエンジンセッティングであるため、これは致し方ない部分がありますが、深夜の住宅街などで所有するにはそれなりの注意と自制が必要です。
短気筒エンジン特有のもったりとした感じは皆無なので、その元気さには本当に感心させられます。

やはり短気筒ならではの難点があり、プラグの寿命が近づくとくぐもったエキゾースト音に変わっていきますので、異音を感じたらまずはプラグの点検をされることをおすすめいたします。

DR-Z400SMインプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

国産きってのバトルマシンとしてマニア人気があり、ゲイルスピードなどのブランドから一通りのカスタムパーツが販売されているため、お好みのカスタムを楽しむには十分です。
カムシャフトなども競技車両「DR-Z400」と同一のものが比較的容易に入手できるため、その気になればエンジンまで手を入れることも可能です。

純正パーツも流通状況は悪くなく、リビルト品も通販サイト・ヤフオクなどの個人売買でそこそこ出回っていますので、低予算でも安心して修理に出してよいでしょう。
シンプルな構造の短気筒エンジンであり、外装を含めて車体剛性は非常に高く、故障の心配も殆どありません。

DR-Z400SMインプレその⑧・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

車体・エンジン共に非常に頑強に作られているDR-Z400SMは、非常にタフで不具合知らずのバイクでもあります。
ただし、それほどタフな車体であっても電装系は一般的なバイクと変わらないため、中古車として購入する際は注意が必要です。

現在は電装一式がまだ入手可能であり、故障時の修理で困る可能性は低めですが、日本仕様車の販売は絶えているため、修理時はパーツの入荷で待たされることも。

それでも2016年現在、海外仕様車がオーストラリア・オセアニアで販売継続中のため、新品パーツでも時間さえかければ入手可能となっておりますので、心配する必要は殆どありません。

DR-Z400SMインプレ総評

日本ではすでに生産・販売を終了したものの、海外では高い戦闘力を有するモタードマシンとして安定した人気のスズキ DR-Z400SM。

中古バイクとして購入しても持ち前のタフさで手がかからず、初心者でも気軽に手を出せる価格帯で販売されていることもしばしば。
400ccオフロードと聞くと、なかなかピンとこない方もおられるでしょうが、「ヤマハ WR250R」とはまた違った形で最強の称号を持った一台と言えます。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

DR-Z400SM は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

DR-Z400SM 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118