thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

稀少な油冷ネイキッド イナズマ400/INAZUMA400

INAZUMA400 1997年にスポーツ志向の「スズキ バンディットシリーズ」に代わる後継モデルとして誕生し、わずか3年で販売を終えたのが「イナズマ400」です。

ブレンボ製の対向4ポットキャリパーなどを標準装備し、スポーティさをウリにした油冷エンジン搭載ネイキッドであるイナズマ400は、今となっては絶えてしまった数少ない油冷エンジン車でもあります。

また、国外で「GSX750」の名称で販売されていた「イナズマ750」と同一の車体を持ち、400ccながらもビッグネイキッドの醍醐味を味わえるマシンとして注目を集めました。

今回は、稀少な油冷エンジン搭載の「スズキ イナズマ400」についてご紹介させて頂きたいと思います。

スズキ・イナズマ400インプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

スポーティさを強調した「バンディットシリーズ」と比べ、「GSX400インパルス」に近いオーソドックスなスタイルで登場したイナズマ400は、シート高760mmと標準的な位置にシートが設けられました。

ややソフトなセッティングのフロントと、程よい高さのシートによって足つき性・乗り心地は良好で、マイルドなスポーツライドを楽しむ層向けの仕様となっています。

187kgという重さは、完全に停車している際にはどっしりとした安定感があり、信号待ちなどで立ちゴケをおこしにくく安定感はこの当時のネイキッドとしては頭ひとつ抜けた存在と言えます。

スズキ・イナズマ400インプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

750と同一の車体を持つイナズマ400は、非常にどっしりとした重厚感を持つネイキッドです。

17インチのワイドタイヤを採用し、人力による押し引きは非常に安定した挙動を見せます。
その一方、18リットルの巨大なガソリンタンクを採用しているため、狭い駐車スペースでは他車との接触の危険性もあり、この点ではビッグバイク相当の神経を使う必要があります。

スズキ・イナズマ400インプレその③・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

750ccの車体に400ccのエンジンということもあり、400ccネイキッドとしてのイナズマ400は加速力では他車よりも低めであることは否定できません。

装備重量で210kgそこそこと、400ccバイクとしてはかなりの目方となってしまうため、必然的に高回転でクラッチを繋ぐ必要があるものの、フロントにしっかり加重していればダッシュ力も十分あります。

その一方、最高出力を11,000回転で発生する高回転型エンジンを持つイナズマ400は、ワインディングではワイドタイヤと高剛性のボディにより、見た目以上の迫力ある走りを楽しむことができます。

低速時の粘りは少々ひ弱さを見せることもありますが、400ccネイキッドとしては十分合格点をつけられるだけの実力があります。

スズキ・イナズマ400インプレその④・操縦性・コーナリングは?

「バイクにとって軽さは大きな武器」というのは定説ですが、イナズマ400はその逆に重さを武器に変えた珍しい車種のひとつです。

750ccクラスの車体により、剛性の高い車体とブレンボ製ポットのブレーキフィールにより、イナズマ400はコーナリング時に安定した挙動を披露してくれます。

その反面、倒し込みの際は思い切ったアクションを要することもしばしばあるものの、バイクの基本であるニーグリップさえしっかり行えば素直な反応を見せ、操縦性・コーナリング性とも高い実力を発揮することができます。

特に寝かせてからの安定感は、重さを上手く活かした見事な設計と言えるほどで、ビッグバイクへのステップアップを目指す方にとって、イナズマ400は優れたトレーナーと言えるでしょう。

スズキ・イナズマ400インプレその⑤・ブレーキング制動力は?

ブレンボ製対向4ポットキャリパーを装備したイナズマ400は、その他の400ccネイキッドと比べ豪華なブレーキシステムとなっていますが、使いこなすにはその車重を乗り手が把握しきることが重要です。

ソフトタッチでもしっかりとした制動性能を発揮できることは確かですが、見通しのよい直線や高速道路では無意識に高回転域まで回してしまいがちで、急ブレーキに関しては十分な注意を払う必要があります。

時速80km程度の一般的な速度域では問題ありませんが、エンジンブレーキなどを併用してコントロールすることになりますので、ある程度乗り込むことを前提に検討したいマシンと言えます。

スズキ・イナズマ400インプレその⑥・排気音は?

販売期間が90年代後半ということもあり、イナズマ400の排気音は現行の400ccバイク達と比べて非常に図太い音質となっています。

アイドリング時はバラバラとした音質ですが、3,000回転を超えてからの小気味よさは格別で、純正マフラーのままでも迫力あるエキゾースト音が楽しめます。

この音質は油冷エンジン独特のものであり、現行の水冷エンジンではちょっと真似ができないものと言えます。

パンチ力があるイナズマ400のエキゾースト音は、それのみでも体験してみるだけの価値があり、音に惚れ込ませるという表現がぴったりな一台です。

スズキ・イナズマ400インプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

最初期モデルはすでに20年を数え、生産終了となって久しいイナズマ400の純正パーツは、年々流通量が減少傾向にあります。

新品パーツはオーダーすれば入手可能ですが、中古パーツとしての調達はかなり難しく、マニアックなイナズマオーナーの方はスペア用に部品取り車を確保していることも。

海外仕様のGSX750(イナズマ750)とフルサイズの兄弟車であるため、「イナズマ400」という固有名詞にこだわらなければ純正パーツの調達難易度は下がりますので、広い視野で対応されることをおすすめいたします。

カスタムパーツはなかなか豊富で、現在でも国内のパーツメーカーの殆どから購入することが可能です。
油冷エンジンという独自の設計であるため、エンジン関連パーツは他車流用しづらいのが難点ですが、それを差し引いてもカスタムの楽しさが味わえる奥の深いマシンです。

スズキ・イナズマ400インプレその⑧・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

「スズキ イナズマ400」は非常にタフなバイクで、油冷エンジンという特殊な仕様であっても、他のバイク同様の扱いで問題なく乗り続けることが可能です。
弱点らしい弱点もなく、維持の面でも苦労することはなかなかありませんが、強いて挙げるとすればオイル交換のサイクルです。

イナズマ400に搭載されている油冷エンジンは、水冷・空冷エンジン搭載の他のバイクと比べ、エンジンオイルを循環させることでエンジンを冷やすという構造上、オイル内のスラッジが溜まりやすい傾向にあります。

これは一定期間の観察が必要ですが、イナズマ400を大事に乗り続けたいのであれば、一般的なオイル交換の目安よりも1割程度早いサイクルでオイル交換を行うことをおすすめいたします。

イナズマ400(INAZUMA400)インプレ総評

バンディットシリーズの復活に伴い、わずか3年という短期間でその生産を終えた「イナズマ400」ですが、スズキ車らしいタフな作りとエンジンにより、今日でも元気に走れる車両が多く流通しています。

しかし、初代GSX-R750から続いた油冷エンジンは、GSX1400を以ってすでに生産が終了しているため、今後は希少価値がつく可能性もあります。

タフな作りであり、バイクとしての信頼性はかなり高い車種ですが、オイル交換などの定期的なメンテナンスは必要不可欠であり、維持していく上では非常に重要です。

今後は油冷エンジン搭載モデルの部品供給自体が難しくなることも予想されますので、長期所有を考えておられる方は部品取り車の確保も視野に入れておく必要があります。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

イナズマ400 は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

イナズマ400 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118