調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

スカイウェイブ250M
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    00
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

MTアシストモードでより多彩な走りに スカイウェイブ250タイプM

SKYWAVE TYPEM 90年代後半のビッグスクーターブームの流れに乗り、98年のデビューと同時にスズキの想像以上の人気モデルとなったのが「スカイウェイブシリーズ」。

2017年現在も販売が継続されている人気車種のひとつであり、海外でも「バーグマン」という別名を与えられ高く評価されている定番ビッグスクーターのひとつです。

様々な排気量・タイプが展開されているスカイウェイブシリーズの中で、特に走行性能の高さで定評があるのが、「スカイウェイブ250 タイプM」。

今回は、走りに定評のある250ccビッグスクーター「スズキ スカイウェイブ250タイプM」についてご紹介させて頂きたいと思います。

スカイウェイブ250タイプMインプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

収まりの良いシート形状に加え、地面に足を伸ばす箇所のみカットされたステップなど、乗り手にとって非常に優しい設計が光る「スカイウェイブ250タイプM」。

ワイドなボディと足つき性のよさを両立した作りとなっており、小柄な女性ライダーでも両足をしっかり接地できる安心設計となっています。

フルフェイスヘルメットが2個収まるシート下の収納スペースと、ロングクルーズを意識したシートの弾力性、50mmのスライド調整可能なシートによって乗り心地が非常によく、250ccビッグスクーターの中でもトップクラスの乗り心地が自慢と言える一台です。

スカイウェイブ250タイプMインプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

全長2,270mm×全幅760mm×全高1,225mmと、250ccビッグスクーターとして十分な車格を持つスカイウェイブ250タイプMですが、取り回しは非常にイージー。

低重心で足つき性が良いため、押し引きの際に苦労することはほぼありません。
走りにこだわったタイプMの場合、リアサスも過剰な柔らかさではないため、エンジンをOFFにして押し引きするようなケースでも軽いのが特徴です。

ホイールベースが1,585mmとそこそこありますので、駐車スペースなどを探す時には若干注意が必要となりますが、総じて取り回しのしやすく扱いやすいビグスクと言えます。

スカイウェイブ250タイプMインプレその③・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

「スカイウェイブ250タイプM」のベーシックモデルとの違いは、何と言っても電子制御式のCVT「MTアシストモード」。

加速重視のパワーモード・通常もMTバイク同様の操作感を持つ7速マニュアルモードなど、様々なモードで初心者からベテランまで幅広い対応力を発揮します。

ハンドル左側に設けられたスイッチにより、状況に応じて瞬時に切り替えできるイージーさは、手軽で非常に操作性良好。

特にマニュアルモードはスポーツモデル並みの高回転域を活かしたハイスピードが楽しめ、ロングクルージングもこなす懐の深さが魅力のひとつと言えます。

スカイウェイブ250タイプMインプレその④・操縦性・コーナリングは?

ビッグスクーターというジャンルのバイクは、その大柄な車体とバンク角の小ささにより、コーナリング性能はその他ジャンルと比べてやや見劣りしてしまいます。

「スカイウェイブ250タイプM」もそれは同じですが、持ち前の低重心とCVTによって粘り強い低速トルクがそれをカバー。

滑らかに回るエンジンと安定した挙動を見せる車体により、操縦性・コーナリング性能は水準以上のものとなっています。

スカイウェイブ250タイプMインプレその⑤・ブレーキング制動力は?

「スカイウェイブ250タイプM」は、走行性能を強化した仕様に比べ、ブレーキ性能に関しては若干物足りなさを感じる面もあります。

これはブレーキシステムがベーシックモデルと変わらない設計に由来するもので、走行モードによっては通常のビッグスクーターよりも不安を感じる場面もしばしば。

特にマニュアルモードでフル加速している時はMT車同様、エンジンブレーキを意識したタッチを行う必要があり、その他ビグスクと比べると若干上級者向けな面があります。

スカイウェイブ250タイプMインプレその⑥・排気音は?

プッシュスタート式の「スカイウェイブ250タイプM」は、始動音・アイドリング音が非常に控えめ。

深夜・早朝の住宅地でも耳に触ることはないレベルに抑えられており、「ホンダPCX150」といった現行モデルと比べても遜色がないほどです。

マニュアルモードで全開までスロットルを開けた場合もそれなりの音量がありますが、総じてノイズにならない音質であるため、エンジンサウンドの面では好みが分かれる面もあります。
そういった方は、社外マフラーによって好みのカスタムを楽しまれることをおすすめいたします。

スカイウェイブ250タイプMインプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

スズキが誇る看板ビグスク「スカイウェイブシリーズ」の一員だけあり、この「スカイウェイブ250タイプM」もカスタムパーツは非常に豊富です。

登場から10年を迎える本モデルですが、現在でもスズキによって純正パーツの供給が行われているため、修理に関しても安心。
玉数が豊富だけに中古パーツとしても入手しやすく、維持の面でも優れたマシンと言えます。

スカイウェイブ250タイプMインプレその⑧・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

スズキのバイクは全般的に耐久性が高く、特にエンジンに関しては他のライバル社よりもタフです。
しかし、ATが基本のビッグスクーターである「スカイウェイブ250タイプM」は、CVTベルトを定期的に交換する必要があります。

推奨交換距離は3万kmで、これから中古車で購入される方はこの点に注意しておきましょう。
スズキによって供給が行われていますので、修理については全く不安はありませんが、ビッグスクーターにおいてベルトの消耗は死活問題。

ミッションオイルと合わせ、なるべく定期的な点検をおすすめいたします。

スカイウェイブタイプM (SKYWAVE TYPEM)インプレ総評

シリーズ共通の特徴である抜群の居住性に加え、MT車並のシフトフィールで爽快な走りが楽しめる「スカイウェイブ250タイプM」。

発売開始から10年を迎える今日でも、その走りの楽しさは色褪せることなく、現行ビッグスクーターと比べても全く見劣りしない基本性能の高さが魅力となっています。

走行距離10万kmを超える車両もちらほらと見かけられますが、定期的にメンテを行っていれば非常に元気で、これからビッグスクーターを購入される方にとってはかなりコストパフォーマンスのよいおすすめモデルのひとつです。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

スカイウェイブタイプM (SKYWAVE TYPEM) は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

スカイウェイブタイプM (SKYWAVE TYPEM) 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118