Vストローム1000ABS
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    00
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

TL1000のエンジンを継承した名アドベンチャー Vストローム1000ABS

VSTROM1000ABS TL1000に搭載されていた高出力Vツインエンジンを継承し、GSX-Rの燃料噴射装置とのハイブリッドを果たした動力機関でアドベンチャーバイクとしてのデビューを遂げた「スズキ V-Strom1000 ABS(Vストローム1000 ABS)」。

2013年にはスズキ車初のトラクションコントロールを実装し、翌2014年には日本での正式デビューを果たした世界的な名アドベンチャーとして知られる完成度を誇る一台です。

大型バイクの魅力のひとつである所有感あふれるボディと、スズキの先進技術が惜しみなくつぎ込まれた設計により、「街乗り・高速道路・ワインディングまで、あらゆる条件下での快適な走りを楽しめる」コンセプトに則った素晴らしいマシンと言えます。

今回は、国産アドベンチャーバイクきっての名車「スズキ Vストローム1000 ABS 2014年式」についてご紹介させて頂きたいと思います。

Vストローム1000 ABSインプレその①・足つき・跨った時の乗り心地は?

「スズキ Vストローム1000 ABS」は、全長2,285mm×全幅865mm×全高1,410mmという迫力のボディに加え、シート高850mmと大型バイクらしい車格の持ち主です。

そのシート高を見るだけでは小柄なライダーを突き放すような印象を受け、身長165cmの筆者では片足着けがやっとです。

しかし、これはあくまでもノーマルシート装着時の場合で、スズキ純正オプションのローシートに交換すると劇的に足つき性が良くなります。

ノーマル比30mmのサイズダウンとなるローシートを装着後、両足が無理なく接地することができ、女性でも安心して乗れるように変わります。

ノーマルシートの持つ柔らかな乗り心地のよさは確かに魅力的ですが、体格に応じてチョイスできるという点では大いに評価できるポイントだと言えます。

Vストローム1000 ABSインプレその②・押し引き感覚や出し入れ・取り回しは?

大型バイクらしい堂々たる体格を持ったVストローム1000ABSですが、タンク部以外は非常にスマートな作りとなっており、その他のリッターバイクと比べると押し引き・取り回しはしやすいマシンと言えます。

ホイールベース1,555mmという数値以上に旋回性能は高く、一車線道路でも軽々と扱えるコントロール性の高さは、開発コンセプトに嘘偽りのない見事な車体の成果と言っても過言ではありません。

非力な女性でも力をかけずに扱えるVストローム1000ABSは、大排気量アドベンチャーの入門用として最適な一台です。

Vストローム1000 ABSインプレその③・加速力・安定性・低回転~高回転のフィーリングは?

前110mm・後150mmという車格の割に幅の狭いタイヤを採用するVストローム1000ABS。
その走りはフリクションロスを抑え、TL1000ベースのエンジンが生み出す最大出力100psというパワーをしっかりと路面に伝え、全域に渡って快適な加速をもたらしてくれます。

特に低速トルクの粘りは秀逸で、最大トルクをわずか4,000rpmで発生する出力仕様は、あらゆる環境下で走り続けるための最大の武器と言えます。
大排気量のVツインならではの爆発の大きさも感じられ、加速時はかなり心躍るものがあることも付け加えさせて頂きます。

低速時はギアポジションにとってはギクシャクする場面もありますが、1・2速の使い方を把握してしまえば中型バイク並みに扱いやすい一台です。

Vストローム1000 ABSインプレその④・操縦性・コーナリングは?

背が高くスリムな車体を持つVストローム1000ABSは、バイクに対する目が非常に肥えた欧州人を唸らせたマシンだけあり、狙った通りのラインを確実にトレースできる抜群の操縦性がウリとなっています。

初動が柔らかい前後サスの動きもよく、オンロードではその足長感を活かして高い衝撃吸収性を発揮。
乗り味に関しても文句のつけ所がないレベルと言えます。

コーナリング時にはスリムな車体と腰高な重心により、スイッと静かに倒れ込んでくれるスズキ車らしからぬ素直さがあり、初めての大型バイクでもワインディングを満喫できる楽しさ満載の一台です。

Vストローム1000 ABSインプレその⑤・ブレーキング制動力は?

この2014年モデルからABSが標準装備化したことにより、Vストローム1000ABSの車体コントロール性は穴がなくなり、あらゆる環境下でその実力の片鱗を見せ付けてくれます。

モノブロックタイプのキャリパーによる強力な制動力は、とっさの危機回避からゆったりと街中を流すクルージングまで、乗り手に不安を感じさせないコントロール性に大きく高貢献していると言えるでしょう。

Vストローム1000 ABSインプレその⑥・排気音は?

騒音に非常にうるさい欧州市場を舞台に活躍したVストローム1000ABSは、エンジン音・エキゾースト音ともに非常に静か。

もちろん、400ccや600ccのミドルクラスと比べると音質は重く、迫力があることは確かなのですが、バッフルを外したり社外マフラーを装着するとかなりの音量に。

社外マフラーはヨシムラかアクラボビッチが定番化しており、音質とまとまりではヨシムラ、音量と迫力ならばアクラボビッチという評価に二分されています。
こちらはオーナーの好みに合わせてチョイスされるとよいでしょう。

Vストローム1000 ABSインプレその⑦・カスタムパーツ・純正パーツの流通状況は?

日本でのデビュー4年目となり、2017年6月にモデルチェンジを迎えた「スズキ Vストローム1000ABS」。

現在の国産アドベンチャーでは最強クラスのマシンであり、高い人気を受けたスズキによる純正パーツの供給状況にはいささかも不安はありません。

カスタムパーツについては走りよりもツアラー用装備の方が多いというのが現状ですが、スズキ自身によるオプションを含めパーツの流通量は多く、総じてカスタムに困らない状況と言えそうです。

Vストローム1000 ABSインプレその⑧・ここが弱点?故障した際に修復できる可能性は?

Vストローム1000ABSにはスズキの持ち味である高い耐久性が備わっていますが、泣き所は電装系です。

特にバッテリーの電圧が下がった際、最初に兆候が現れるのはエンジン始動時で、始動前にABSランプが点灯するという特徴があります。

そのため、始動時にABSランプが点灯した際は、オルタネーターなどの電装系を疑ってチェックし、充電不良に気をつけながら原因を特定していくことをおすすめいたします。

Vストローム1000ABS(VSTROM1000ABS)インプレ総評

欧州から日本市場へと逆輸入車的な形で導入開始となった「スズキ Vストローム1000ABS」。

その走りはリッターバイクらしい加速力と操縦性、どのような状況下でも走れる守備範囲の広さ、ツアラーとしての資質の高さなど、どれを取っても一級品と言えるほど見事なマシンです。

今年2017年には日本仕様車がモデルチェンジを迎え、「Vストローム650」に先行導入されていた「ローRPMアシスト」を搭載し、ハイギアでの低速時のギクシャクを解消する試みがなされています。

嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

Vストローム1000ABS(VSTROM1000ABS) は売ろうと考えたときが一番高く売れます

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

Vストローム1000ABS(VSTROM1000ABS) 買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118