thumb7 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb8

バイク廃車処分|パーツ価値をも失ったブロス400の無料引き取り回収事例

廃車処分バイクの無料での引き取り回収事例として劣化の激しいスクラップ状態のBROS400のケースをご案内しています
転倒による影響でエンジンがかからなくなったのがになったのが15年以上前
潮風に晒される屋外で放置されていたため腐食が激しく、再利用できるパーツを見出すことが難しい状態。
状態の良い実働車でも良くて10万円程度の査定価格に収まるブロス400の価値からして、スクラップ化すると業者間市場や海外貿易業者パーツのネットオークションなど様々な販路を検討しても買取は難しい状態。
お客様からは『出来るだけ安い費用で処分と廃車手続きをして欲しい』とご依頼を頂いていましたが、買取は売店の強みで何とかパーツ価値を見出して無料での引取り回収となったホンダ ブロスです。

無料で引き取り回収した事故不動車のブロス400
  • 無料で引き取り回収した事故不動車のブロス400
  • 腐食しているリザーバータンク錆びでボロボロのブレーキホース
  • 錆びで固着しかかっているドライブチェーン
  • 腐食しているアウターチューブ、スカスカのフロントフォーク
  • 点錆びのインナーチューブ、苔が生えているタンク
  • スクラップ状態のブロス400
  • 腐食の激しいステム
  • 錆びでボロボロのミラースタンド、固着しているボルト類
  • 錆びで固着しているばねやボルトのあるスタンド周辺
  • 傷みの激しい外装やカバー
  • 苔の生えているカウル
  • 塗装が剥離しているタンク
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • 無料引取り回収事例
    事故不動車のブロス400
  • バイク名
  • ブロス400 BROS400

    無料引き取り
    0円
    (廃車手続きも当社で無料代行)
  • 状態
  • 15年以上放置、潮風による塩害で錆び腐食激しい
  • 廃車手続き
  • バイク廃車手続き無料代行(廃車証のコピーをご自宅まで郵送)
  • 年式
  • 1989年式
  • 走行
  • 不明(メーター読み8,974km)
  • 車体番号
  • フレームNC25-100 エンジンNC25E-10
  • エンジンの状態
  • エンジン始動確認できない不動車
  • 外観の状態
  • 金属という金属が腐食しているスクラップ
  • 事故・転倒・損傷
  • 転倒歴有
  • 改造の有無
  • 不明
  • 引き取り年
  • 2017年11月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

無料での引取り回収となったブロス400 査定のポイントや詳細

事故によって不動車両化し10年以上の放置と塩害でスクラップ化したホンダ ブロスの無料引き取り実例

今回査定させて頂いた「ホンダ ブロス」は、型番NC27を与えられた「ブロス2」にあたるモデルで、登録は1989年と初年度モデルにあたる車両でした。
点錆びのインナーチューブ、苔が生えているタンク
転倒後にエンジンが不動となってしまい、修理費の見積もりを取ったものの踏ん切りがつけられず、多忙の中結局15年以上も放置していたとの事。
これまでに数回、個人での修理も検討されたそうですが、生産期間が短い上にそれほど販売台数が多くなかったため、修理用のパーツや載せ換え用のエンジンも見つからず、断念してしまったという経緯のご様子でした。
腐食の激しいステム
浜風の強い鎌倉市在住のオーナー様所有車で、屋外放置の期間が長かったことにより塩害が発生しており、車体の随所に塩害による腐食が見受けられます。
特にガソリンタンクは腐食が激しく、塗装の剥離が起こる直前となっていたほどで、タンク内部の錆びも激しく、強腐臭を放つガソリンは内部からキャブやエンジンの腐食を促進させた様子に見受けられました。
タンクからエンジン機関まで修復費用を考えるとパーツ価値を見いだせないとの判定に。
苔の生えているカウル
転倒によるダメージはそれほど目立たない車両ですが、生産期間が短くそれほど人気が出なかったVツインマシンということもあり、 店頭での車両販売価格は10万円台半ば。買取店と販売店の会員企業が参加する業者間市場での取引価格は程度の良い実働車で平均8万円程度。
レストアを目指して掛けられる採算にのる費用は5万円程度。
再販売化へのハードルは不可能という事はご理解して頂けると思います。残念ながら買取金額をご提示させて頂ける状態でなかったことが悔やまれます。
海外向けの貿易業者に現状渡しでの販売価格も値段が付いたとしても数千円。運搬経費を差し引くと無料引取りは出来ません。
スカスカのフロントフォーク、錆びで固着している各所のボルトやナット、コケが生えている外装、腐食の激しいステムやハンドル回りなどの金属やメッキ部分
何とか純正のマフラーが使えそうだが車両価値から値段は殆ど無いに等しい代物
買取販売店として汎用的な部品価値を何とか見出して、無料で引取り回収できないかと検分していたところ、
錆びで固着しているばねやボルトのあるスタンド周辺
通勤用として久しぶりにバイクが欲しいというオーナー様のご要望に沿う125ccのスクーターを当社販売店で検討してくださるということもありまして、 最終的には処分費用負担なしで無料での引取り回収とさせて頂くことになりました(業務の一環として廃車手続きは無料で代行いたしております)。

『出来るだけ安い費用で処分と廃車手続きをして欲しい』とご相談いただいていたオーナー様によれば巡回の廃車回収業者に見積もりさせた結果、 「引き取り費用として25,000円請求されましたので、これでも御の字です」と笑顔でお答え頂き、微力ながらもお力にならせて頂くことができました!

■ブロス400 査定相場

パワフルでありながら扱いやすい出力特性のVツインエンジンを搭載し、プロアームによる車体コントロール性のよさで80年代のネイキッドバイクとしては完成度の高かった「ホンダ ブロス」でしたが、 ハイスペックさを求めるユーザーの嗜好にマッチすることができず、2年という短命に終わってしまいまいました。

そうした背景を持つため、「ホンダ ブロス」は現存数も少ない珍車的な扱いを受けており、残念ではありますが中古車市場での買取評価額もそれほど高くはないというのが現状となっております。
これは買取店と販売店の会員企業が参加する業者間取引(オークション)の場においても如実で、近年では実動車両と不動車両の格差も小さくなりつつあります。
2017年現在では、登録初年度から30年近い月日が経過していることもあり、「ホンダ ブロス」に関しては最初から処分費用を請求する業者が大半となりつつありますが、 自社販売網を確立している弊社パッションでは、ブロスオーナー様に最大限の利益還元が出来るよう、鋭意邁進しております。

今回の事例では残念ながら評価額を提示することはできず無料での引取り回収となりましたが、実動車両もしくは再利用できるパーツが多めの車両であればお値段をつけさせて頂ける可能性は十分にあり、 状態の良い実働車であれば10万円以上の買取査定価格が付く車種です。
また今回の車両も、20年放置せずにエンジンかからない状態でも転倒直後に査定を行っていれば1~2万円程度の査定価格は付いていたでしょう。まずはお気軽にご相談頂ければ幸いです。

■ブロス400 豆知識

普遍性を求める声と最新機能を求めるユーザーの声を意識した独特の立ち位置となったVツイン ホンダ ブロス レーサーレプリカ全盛期の1988年、「もっと気軽に乗れる普通のオートバイが欲しい」というユーザーの声に応え、NV400シリーズのエンジンを改良してネイキッド化したのが「ホンダ ブロスシリーズ」です。
最新技術を搭載したレプリカモデルの魅力と、普遍性のある気楽なバイクを求めるユーザーの意見を折衷したマシンで、ネイキッドバイクとしては異例の「ホンダ プロアーム」を採用した数少ないモデルのひとつです。
V型2気筒エンジンを搭載し、最高出力55psと当時としては控えめなパワーであったこともあり、90年に入ると4気筒エンジン搭載の「ホンダ CB-1」に跡目を譲る形で早々と生産終了を迎えた経緯を持つ異色の存在と言えます。
国内の出力規制上限値が当たり前であるレーサーレプリカが鎬を削り合った80年代末期、過度のスペック競争に嫌気が差したユーザーの声に耳を傾けた形でリリースとなった「ホンダ ブロスシリーズ」。

650ccのプロダクト1、400cc版のプロダクト2という2グレード体制での販売が行われましたが、わずか2年で生産を終えることになってしまった過渡期における不遇を囲った存在でもあります。
生産終了を迎えた背景には、翌89年に水冷4気筒エンジンを搭載してデビューした「ホンダ CB-1」の影響が少なからずあり、CB-1の後継モデルが現在も販売を続けている「CB400SF」 であることを考慮すると、このブロスあってこそ現在のCB400SFの完成度があるという見方もできます。
現在ではなかなか実動車として走行している姿を見ることも減りましたが、NV400ベースのエンジンは非常にタフで扱いやすく、ブラジル・東南アジアなどでは未だに現役として元気に活躍するブロスの姿を見ることも。
80年代のハイスペックマシンブームに翻弄されてしまったモデルですが、その扱いやすさと素直さは非常に高く評価できるもので、初心者ライダーが事故を恐れずに腕を磨くにはおすすめのマシンと言えるでしょう。

ブロス400の買取相場

ブロス400(GK78A)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近 12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 17台
平均価格: 85,294円
最高価格: 176,000円
最低価格: 48,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近 12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 7台
平均価格: 34,286円
最高価格: 55,000円
最低価格: 18,000円
(2017年11月25日時点の相場情報)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
 壊れたバイク動かないバイクいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
バイク引き取り廃車処分お任せください
バイク引き取り廃車処分お任せください
事故車・不動車バイク買取ってます
事故車・不動車バイク買取ってます
廃車処分バイクの査定お任せください
廃車処分バイクの査定お任せください
バイク廃車手続き無料代行
バイク廃車手続き無料代行

廃車処分バイクも売ろうと考え時がもっとも価値があります

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118