thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

2009年式の半損事故車|CBR1000RR買取査定

「CBR1000RRの逆車の事故車なんですが。一時保管している購入したお店では買取出来ないと言われたんですが。パッションさんなら売れるかと思ったんですが!」と無料出張査定のご依頼を頂戴しました。
拝見させて頂いたのは、一見して事故車とわかるCBR1000RRのSC59型。フロントフォークは大きく窪み自走不可。フロントカウル~拝見のメータまで突き抜けて損壊。
フレームには皺が寄り、エンジンはエンストを繰り返し、基幹部品に損傷や不具合が目立ちましたが、弊社販売店の仕入れ価格で残存パーツの価値を積み上げて、半損事故車としては破格の36.8万円の査定価格で買取させて頂きました。


  • CBR1000RR-2
  • 事故車
  • フロント周り損壊
  • フロントフォークに穴
  • 細かい傷が多数
  • カウル割れ
  • ヘッドライト全損
  • 評価点
  • ◆総合評点 1点  
    (エンジン 0  車体フレーム 0  外装 0  電装保安部品 0  フロント周り 0  リア周り 0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • CBR1000RR(2型SC59) 買取価格実例
  • バイク名
  • CBR1000RR(2型SC59)

    買取価格

    368,000円

  • 年式
  • 2009年式
  • 走行
  • 6000km
  • 車体番号
  • JH2SC59(海外仕様)
  • エンジンの状態
  • 稼動
  • 外観の状態
  • 損傷激しい
  • 事故歴
  • フロントフォークが歪んでいる事故車
  • 改造の有無
  • ノーマル車両
  • 買取年
  • 2012年5月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

海外仕様SC59型 CBR1000RR事故車の査定内容詳細

「コーナーを曲がり切れず電柱に正面衝突した」とオーナー様が仰られた事故車は、海外仕様2009年モデルのCBR1000RR。
「保険会社のロードサービスで、購入したバイク店まで運んでもらったんだけど、完璧に直すなら新車と同じくらいの修理代金になる」ということで修理をあきらめたそうで、 「購入したバイク店だと無料なら引き取れる。ということなのでパッションさんなら買ってくれるかと」と買取査定のご依頼を頂戴しました。

一時保管先のバイク店に許可を取っての査定

一時保管されているバイク店では、「敷地内を使用して査定を行うのであれば保管料を請求する。」とNGを出されたそうで、 当社から保管先のバイク店様にご連絡差し上げて、敷地外に出して査定をさせて頂く許可を事前に頂いて、当社査定員がバイク店様の敷地から移動させて査定させて頂くこととなりました。

骨格に甚大な損傷

さて拝見させて頂いた事故車のCBR1000RR
フロントフォークは拳大の窪みが出来ており、押し引きしてみるとダンパー性が失われ、自走不能な状態。自走不能なフロントフォークの損傷は買取価値を大きく損ねる1つの要因となりました。
丈夫なフロントフォークを大きく窪ませる衝撃がフレームにも及んでいないか、心配されます。
フレームを隈なくチェックしたところ、目視できるほどの歪みは確認できませんでしたが、フロントフォークを結合しているフレームのネック部分に衝撃を吸収した事を物語る皺が軽く寄っています。
この点もフレーム剛性を損なうという意味で、事故車としてもCBR1000RRの買取価値を大きく損ねる理由となりました。

メーターも損壊

以上、骨格部分の損傷を確認しましたが、外装や保安部品の損傷も目立ち、 写真でもご覧いただける通り、フロントカウルが砕け散り、見事なまでの大破状態。
ヘッドライトからハンドル周りまでの損壊も非常に激しく、背面のメーターまでをも破壊しています。
電装系に関しては、内部の配線類が表に露見してしまっており、電ヘッドライトやウィンカーの保安部品は欠品扱いとなる損傷。

損傷の少ないパーツ

非常に傷ましい姿であることは確かなのですが、センターカウルやシート・テールカウルなどは、細かい磨きキズなどはあったものの、おおむね良好な状態でパーツ価値ありと判定できました。
チェーンやディスクローターも経年によって目立つサビが発生しているものの、こちらも大掛かりなメンテナンスの必要はなく、簡単なサビ落しで対処可能と判断。
タイヤの片減りも確認できたのですが、山は十分に残っており、交換判定には至りませんでした。
エンジンに関しては、一発始動とはいかなかったものの稼動は確認。
こちらは、アイドルが安定せずエンストを繰り返す状態の為自社工場内での入念なメンテナンスを要するため、マイナス判定となりました。

買取評価を下げた損傷のあった部位
  • ▼全損扱い
  • 歪んでいるフロントフォーク
  • フロントカウル・インナーカウル
  • メーター
  • Hライト・ウィンカー
  • ▼難有り
  • エンストを繰り返すエンジン
  • 皺の寄っているフレーム
  • 断線のある電装系

SC59型の事故車としての買取価格

総合的にはフロント部の損壊以外は、程度の良し悪しこそあれ買取価値を計上できました。
最終的には再利用できるパーツ単位で査定価格を積み上げ、買取金額368,000円というフロントフォークが歪んでいる事故車としては破格のお値段で買い取らせて頂きました。
SC57型に比べて査定相場が1段高い高いSC59型である点も、もちろん買取価格に影響いたしました。
弊社が事故車や不動車の買取に強いのは、年間2,000台以上を販売している直営販売店での4パーツ仕入れ需要があるから!
事故車た不動車・故障車も先ずはお気軽にご相談くださいませ。
ご期待以上の誠実さと価格でご期待にお応えさせて頂きます。

CBR1000RR 買取相場(2型SC59)

CBR1000RR(2型SC59)
◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 40台
平均取引価格 811,900円
最高金額 1,114,000円
最低金額 508,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近6ヶ月間の取引価格は
取引台数 16台
平均取引価格 390,500円
最高金額 552,000円
最低金額 245,000円


相場情報:2012年5月時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
CBR1000RR(2型SC59)買取査定お任せください
買取査定お任せください

CBR1000RR(2型SC59)は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118