調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 CBR250RR最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2018,3/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

走行500キロの極上車 MC51型CBR250RR買取査定

「購入したは良かったものの、どうもフィーリングが合わなくて…」と買取査定のご依頼を頂いた車両はMC51型のCBR250RR。
拝見させて頂いた車両は、実走行がある点と、小指の爪程度の小傷が数か所ある以外は減点対象が皆無だった極上車でした。
2018年現在では発売当初の品薄状態も解消され、新車が50万円台後半の車両価格で店頭販売され、業者間市場では走行0kmの未登録車が50万円台前半で取引されています。
そのような相場環境にあって走行500キロの中古車を50万円の査定価格で買取出来た秘密とは?以下の買取事例で詳しくご紹介しております。

CBR250RRを売りたいオーナー様が知りたい情報が満載
ページの下段では、『状態=評価点』『走行距離』『カラーリング』『ABS搭載の有無』の切り口でMC51型CBR250RRの買取相場を徹底検証しています。

買取したMC51型CBR250RR
  • 買取したMC51型CBR250RR
  • キーシリンダーに小傷ある以外は極上のコックピット回り
  • カバーに目立たない傷がある以外は極めて綺麗なエンジン
  • ヴィクトリーレッドのCBR250RR
  • 新車に近い状態の足回り
  • 2017年モデルのCBR250RR
  • 評価点
  • 総合評点:7点
    (エンジン7 車体フレーム8 外装7 電気保安7 フロント7 リア8)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • 新型CBR250RR買取価格実例
  • バイク名
  • CBR250RR 新型MC51

    買取価格

    500,000円

  • 年式
  • 2017年式
  • 走行
  • 509km
  • 車台番号
  • フレーム番号MC51-100  エンジン番号MC51E-100
  • エンジンの状態
  • 走行距離500kmと浅く、使用済みのエンジンである以外はほぼマイナスなし
  • 外観の状態
  • 新車と近い状態
  • 外傷
  • 気にならない程度の傷が数か所にあり
  • 改造の有無
  • フルノーマル車両
  • 買取年
  • 2018年1月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

CBR250RR 買取査定のポイントや詳細

久々のレーサーレプリカのヒット作となったMC51型のCBR250RRの買取事例。 2017年4月の発売当時は長期の納車待ちとなっていた品薄状況は落ち着き、現在では未登録車に加えて実走行車も中古市場で多く取引されるようになっています。
買取査定のご依頼を頂いた車両は乗り込みが浅く、新車で購入された当時とほぼかわらない状態を保持しており、全てのチェックポイントで新車に準じるような高評価となりました。
以下、今回拝見させていただいたホンダ・新型CBR250RR(MC51)の車両詳細となります。

足回り

前部倒立式テレスコピック・後部に5段階プリロード調整可能のプロリンク式スイングアームを採用したホンダ・MC51型CBR250RR。
250ccクラスとは思えないほどのハードさが感じられます。走行距離わずか509kmですので当然ヘタリや不具合はありません。
サスペンション機能は前後共に、十分な衝撃吸収性と十分なしなりが感じられ、非の打ち所がない状態だと言えます。
ホイールやハンドル・ステムに至るまで劣化は皆無。唯一ステムに鍵が微妙に擦れたような浅く短い点のような傷がありましたがその他は新車同様。実走行距離がある点と微妙な小傷のみが減点ともならない減点とはりましたが 査定の評価点は超極上車の8点が付きました。
新車に近い状態の足回り
外装

2016年末のティザーサイト公開以来、日本国内で大きな話題を呼んだ新型CBR250RRのシャープなフォルム
非常にエッジの効いたスタイリングながら、わずかな土埃以外にネガティブな要素は見られず、ガレージ内で大切に保管していたということが分かります。
唯一マイナス査定となったのは、日常の乗り降りで付いてしまった様な目を凝らして気付く程度の小傷がアンダーカウルとセンターカウルに有る点のみ。 赤と黒という非常にキズが目立ちやすいカラーリングでありながら、日常の乗り降りで付いてしまった様なごく浅い小傷がアンダーカウルとセンターカウルに以外はマイナス要素が見当たらず、紛れもなく極上車だと言えます。
外装の買取評価点も足回りに続いて超極上の7点が付きました。
ヴィクトリーレッドのCBR250RR
エンジン周り

最高出力約40psという現行250ccクラス最高レベルのパワーを誇るCBR250RR。
そのハイパフォーマンスエンジンも、サビ・キズは皆無と言えるほど綺麗な外観を維持しており、こちらも文句無しの極上状態。
慣らし運転もまだ完了していない状態でしたが、始動性・吹け上がりともにゾクゾクするほど良い音を響かせ、好調ぶりを十分に確認することができました。
エキパイにも排気焼け等は見られず、細かく丁寧に慣らし運転が行われてきたものと査定評価させて頂きました。
敢えて挙げればの減点対象は、実走行がある点と、目を凝らして気付く程度のエンジンカバーの小傷。
コチラも買取の評価点は7点となりました。
カバーに目立たない傷がある以外は極めて綺麗なエンジン
フレーム回り

事故はおろか立ちゴケすら皆無という良好な状態
ツヤ消しのフレームのどこにもダメージは見当たらず、展示車並みの綺麗な状態でした。
全体的に黒が多い車両というのはわずかなキズでも目立ちやすい傾向にあるのですが、画像をご覧頂ければ分かる通り、一点の曇りもない見事な状態です。
汚れが溜まりやすいスイングアームとの接合部もエアダスターを使用して綺麗にクリーニングされ、キズなしの美観状態をしっかり確認することができました。
買取査定のお客様の中にはかなり手酷い汚れのまま査定を受ける方もおられますが、これだけ綺麗な状態で買取査定をさせていただけた場合は状態チェックがしやすく、検分する箇所が少なく査定も短時間で終了します。
フレーム回りについては、実走行のある点以外の減点は皆無で、ほぼ新車という8点の評価点が付きました。
2017年モデルのCBR250RR
電装/保安部品

一週間に10km前後の程良い乗り込みでエンジンを慣らしており、バッテリーのヘタリもほとんどなし。
保安部品・ランプ類も全て作動確認OKで、外観上のキズもありませんでした。
大きな特徴のひとつであるデュアルコンビネーションタイプのLEDライトも十分な光量を確認でき、新車同然の状態だと言えます。
唯一減点となったのが、鍵で擦れたのかキーシリンダー回りにある擦り傷。それ以外は減点対象はなく、7点の査定評価点が付きました。
キーシリンダーに小傷ある以外は極上のコックピット回り
その他

新車として購入した直後から、フルノーマルの状態を維持してこられたCBR250RR。
流通してから間もないことに加えて、新車の姿の完成度が高いこともあり、中古市場ではカスタム車が殆どで回っていない状況です。 カスタム車両の相場が定まっていないだけに、フルノーマルの状態はプラスポイントだと言えます。
サービスマニュアルといった付属品も完璧に揃っており、考えうる限り実走行のある車両としては最高に近い状態だと言えます。
買取したMC51型CBR250RR
総合評価と買取価格

以上が今回のMC51型CBR250RRの買取査定ポイントです。納車からわずか5ヶ月しか経過していない上、保管状況が良く大切にされていて非の打ち所がない見事な状態でした。
中古市場でも実走行距離のある中古車は取引が未だ少ないニューモデルであったため、評価が難しかったのは確かですが、状態の良さは折り紙つきであり、そのまま店頭販売できるほどの車両です。
弊社販売店でヴィクトリー・レッドのCBR250RRので仕入れ需要があったカラーリングであったことが幸いして、販売店の仕入れ価格をベースとした50万円の査定価格で買取する事ができた1台です。
販売店の仕入れ値だと、何で高く買取する事ができるのか?
その理由は消費税と落札手数料にあります。販売店は業者間のオークション市場で車両を落札して仕入れます。
仮に落札価格が50万円だった場合、仕入れ値は消費税8%と出品手数料が加算されて約55万円になります。
従って50万円で買取しても販売店に55万円弱で売れるので十分に利益が確保できます。

対して、買取専門店は50万円で買取出来るでしょうか?
買取専門店は、買取したオートバイのほぼ全てを業者間オークション市場を通じて売却しています。
仮に、業者間市場で50万円で売れそうな車両を50万円で買取すれば、運送費や出品手数料のコストが回収出来す完全に赤字となってしまいます。
確実に利益を出そうとすれば40万円台半ばの買取価格になるでしょう。ましてテレビCM等の広告や販促に多くの費用を投入している場合は40万円台前半でも赤字になるかもしれません。

買取に強く巨大な販売店を有する買取販売店である当社は、販売店での仕入れ需要がある車種はその収益余力を査定価格でお客様に還元いたしております。

お客様のご感想と買取後記

「僕はほぼメーカー希望小売価格で買ったんですけどね。今は、グーバイクとかで新車がほぼ全て50万円台で売られてるんですよねぇ。それを考えたら500キロ走った車両を50万円で売れるのが信じられないです」 と驚いた表情を見せながらも、高額買取に非常に嬉しそうに語られたオーナー様。その場の現金払いということもあってお喜びして頂けました。
オーナー様ご本人としてはもう少し街乗り時に柔らかい感じのマシンが欲しかったそうで、弊社で販売しているニンジャ650をネットで見て興味をそもっていることもお聞かせいただきました。
「とりあえずこの買取代金はそのまま残しておき、愛車候補をじっくり検討してみるつもりです」という言葉を頂き、オーナー様のお帰りをお見送りさせて頂きました。
弊社販売店で1か月以内にご購入いただけました際には、下取りキャンペーンを適応察せて頂いて販売価格からお値引きさせて頂くこともお伝えさせて頂きました。

CBR250RR 査定相場の比較

今回は販売店の仕入れ価格をベースに買取する事ができたCBR250RR。 販売店の仕入れ価格の基となっている=買取業者の査定価格の基=となっている業者間のオークション市場の取引データを使用して、『状態別』『カラーリング別』『ABSありなし』の切り口でCBR250RRの中古相場をご案内差し上げます。

状態別の買取相場

▼状態を表す評価点の目安|MC51型CBR250RR
  • 評価点10 未登録車・未走行車
  • 評価点9 走行数キロの新古車
  • 評価点8 準新車
  • 評価点7 超極上車
  • 評価点6 極上車
  • 評価点5 状態が良く綺麗
  • 評価点4 若干の難有り
  • 評価点3 難有り
  • 評価点2 実働車だが劣悪
  • 評価点1 事故車や不動車
評価点別の査定相場比較
状態/
落札価格帯
評価点
10
評価点
9
評価点
8
評価点
7
評価点
6以下
60万円台 1台 3台 3台 0台 0台
55~59万円 10台 3台 1台 0台 1台
50~54万円 7台 2台 7台 2台 3台
40万円台 0台 0台 0台 0台 2台
30万円台 0台 0台 0台 0台 1台
総落札台数 18台 8台 11台 2台 7台
(2018年1月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(ABS搭載モデルは含まない数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

先ずトピックとして挙げられるのが、過去1年で取引された46台の内、未登録若しくは未走行の新車と同じ状態を意味する評価点10の車両が18台も落札されている点です。
評価点10の車両は、52.2万円~65万円のレンジで取引れています。新車が50万円台後半の車両価格で店頭販売されている現状を考えると、業者間市場において評価点10の車両が50万円台前半で取引されていることも府が落ちます。
一方で、転倒傷の多い評価点4の車両が57.6万円で落札されている事例もありますが、この車両はMC51が品薄である特赦な需給状況下での落札であった事が影響しています。
品薄感が解消され、新車が50万円台で店頭販売されている現状、新車が50万円台前半で業者オークションで落札されている現状を見ると、今後は評価点10の車両でも50万円程度の落札価格となっていきそうな気配です。
上記の相場環境を踏まえると、査定現場での買取価格はMAXでも50万円強であることが読み取れます。逆に下値は底堅く、現時点では多少の傷や使用感があっても買取価格で30万を割ることは少なそうな売り手有利な相場環境です。
今後、中古市場に多くの実走行車が流れ込んでくることで、中古相場が均されて、現行より緩やかに下落していくことが予想されます。
2018~2019年にかけては評価点5~7の車両が取引の中心となってきますので、そうなると40万円台の取引が中心になってくると思われます。

事故車や不動車の買取相場

事故車や不動車の査定相場比較
状態/
落札価格帯
評価点
1
30~34万円 2台
25~29万円 2台
20~24万円 1台
(2018年1月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(ABS搭載モデルは含まない数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

落札されている全てが不動車ではなく事故車となっています。 20.8万円の最低額で落札されている車両は、外装やフロントフォークが歪んでいる前面損傷の事故車で修復コストを考えると部品取りとなりそうな車両です。
その他の4台は、写真から目立った損傷は確認で出来ず、レストアベースの損傷車両と思われます。
したがいまして、現在の相場環境では、レストアベースの(完成車として修復できそうな)事故車であれば暫くは10万円台以上の買取価格が見込めます。
全損事故車のパーツ取り用途となると使えるパーツの価値に依存しますが5万円~となりそうです。

ABS搭載モデルとの買取相場比較

▼ABS装備ありなし|MC51型CBR250RR
  • CBR250RR 新車価格 75.6万円~
  • CBR250RR ABS 新車価格 80.7万円~
ABS装備ありなしの査定相場比較
ABS有無/
落札価格帯
ABS
なし
ABS
装備
60万円台 7台 7台
55~59万円 15台 7台
50~54万円 21台 3台
40万円台 2台 1台
30万円台 1台 0台
総落札台数 46台 18台
平均落札額 55.5万円 58.6万円
(2018年1月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

評価点10の車両の落札台数が占める割合が搭載モデルの方が多いという要因が影響して、若干CBR250 ABSモデルの方が現在は相場が高くなっています。
しかしながら他の車種がそうであるように、今後はABS搭載と非搭載の相場差は殆どなくなってくるものと思われます。
新車価格では金額が異なりますが、中古市場では殆んど変わらないのが多くの車種で見られる傾向です。

カラーリング別の買取相場

▼カラーリング別の新車価格|MC51型CBR250RR
  • ヴィクトリーレッド(2017) 新車価格77.8万円
  • マットガンパウダーブラックメタリック(2017) 新車価格75.6万円
  • ソードシルバーメタリック(2017) 新車価格75.6万円
カラーリング別の査定相場比較
車体カラー/
落札価格帯
レッド ブラック シルバー
60万円台 3台 3台 1台
55~59万円 9台 5台 1台
50~54万円 7台 6台 8台
40万円台 0台 2台 0台
30万円台 1台 0台 0台
総落札台数 20台 16台 10台
(2018年1月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(ABS搭載モデルは含まない数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

評価点との兼ね合いもあるので断言はできませんが、傾向としては赤(ヴィクトリーレッド)が人気なようにも見えます。対して若干ソードシルバーメタリックの勢いが弱いかなとも映ります。
以上、カラーリング・評価点別・ABS搭載ありなしでCBR250RRの買取相場を見てまいりました。CBR250RRの売却を考えているオーナー様の参考になれば幸いです。
ホンダ・新型CBR250RRを高く売りたいとお考え中のオーナー様は、まずは一度弊社パッションの無料出張査定をご体験頂ければ幸いです。

CBR250RRの買取相場

CBR250RR(型式MC51)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 46台
平均価格: 1554,783円
最高価格: 668,000円
最低価格: 380,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 7台
平均価格: 7283,800円
最高価格: 319,000円
最低価格: 208,000円

相場情報:2018年1月2日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

CBR250RR豆知識

250ccクラス初となる「ドライブ・バイ・ワイヤ」を採用し、現行250cc最高クラスのスペックで2017年春にデビューした新型CBR250RR(MC51型)は、受注開始からわずか3日間で年間販売目標台数を上回り、近年稀に見るほどのヒットを記録。 現行250ccクラスの上限規制値トップの最高出力を誇り、2017年春デビューから大きな話題を呼びました。
同クラスのライバルたちを凌駕するハイスペックぶりと豪華装備が自慢で、近年低迷が続く新型バイクの中で稀に見る大ヒットを飛ばしました。
250ccでありながら簡単なカスタムで最高速度200km/hをマークすると言われており、現行250ccクラス中最速のマシンだと言えます。
 CBR250RRいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
CBR250RR買取査定お任せください
買取査定お任せください

CBR250RRは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118