調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 GPZ900R最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

1998年式A11のGPZ900R 買取査定実例

人気の赤黒カラーで程度良好な1998年式 カワサキGPZ900R A11国内仕様車 買取価格実例と相場

今回買取事例としてご紹介するのは1998年式A11のGPZ900R。
根強い人気を誇る赤&黒の車体色で、扱いやすいといわれる国内仕様車。
「GPZ900Rはフルパワーやフルカスタムでなければ査定評価額が低いのでは?」と思われる方もいらっしゃるのですが、国内仕様でも高年式で状態の良い車両は買取価格で軽く50万円を超え最終型になれば100万円をも超えてきます。 発売初期の1984年のA1~2003年最終モデルのA16まで年式別の査定価格がわかる相場情報も合わせてご紹介いたします。

買取したGPZ900R
  • 買取したGPZ900R
  • オールペンのクランクケース
  • ブレーキキャリパー社外品
  • 1998年式A11
  • フロントから外装には艶有
  • 傷はあるも綺麗なミラーカバー
  • ノジマ製社外マフラー装着
  • 68.9万円の査定価格が付いたGPZ900R
  • 社外ステップ
  • 子傷あるも光沢のあるタンク
  • 評価点
  • 総合評点:6点
    (エンジン6 車体フレーム6 外装5 電気保安6 フロント5 リア5)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • GPZ900R買取価格実例
  • バイク名
  • GPZ900R

    買取価格

    68.9,000円

  • 年式
  • 1998年(A11)
  • 走行
  • 12,146km
  • 車台番号
  • フレームZX900A-078 エンジンZX900AE07
  • エンジンの状態
  • 実働 年式を考えると良好
  • 外観の状態
  • 年式相応の細かいキズ・サビあり
  • 損傷や転倒歴
  • 細かい傷はありますが大きな損傷はなし
  • 改造の有無
  • サイドカバー750R アンダーカウル欠品、ノジマ製マフラー ブレーキホースなど社外品カスタム箇所あり
  • 買取年
  • 2017年10月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

GPZ900R 買取査定のポイントや詳細

年式相応の美観を保ったライトカスタムのA11ニンジャ カワサキGPZ900R 1998年式 買取査定価格

今回買取した車両は「カワサキ GPZ900R」は、1998年に発売されたA11モデル。
オーナー様からは「国内仕様車ですが、少しでも高く売りたい…」とご相談頂き、「A11で状態が良ければ50万以上は難しくありません」といご案内を差し上げて、早速当日夕方の査定となりました。
68.9万円の査定価格が付いたGPZ900R
コツコツとご自身でレストアしながら組み上げたとのことで、初年度登録が1998年の車両としては年式相応か、それよりはやや上の部類といった状態を維持されておりました。
元々のサイドカバーの破損がひどかったため、同一車体を持つ「GPZ750R」のサイドカバーを装着し、アンダーカウルは残念ながら欠品状態。
ただし、そのサイドカバーも同一の車体色のものを装着していたため、こちらはマイナス評価とはさせて頂いておりません。
子傷あるも光沢のあるタンク
カウリングの一部には接触キズと思わしき破損箇所が一箇所、その他細かいキズは確認できたものの、修復が比較的容易なレベルに収まっていたため、年式としての評価は平均的なものに落ち着きました。
さすがに絶版から20年近い歳月が経過しているため、純正マフラーは購入時点でボロボロだったとのことで、オーナー様は代わりにノジマ製フルエキゾーストマフラーを装着。
こちらはGPZ900Rの定番マフラーのひとつとして根強い人気があり、純正マフラー欠品のマイナスを補うプラス評価の材料とさせて頂くことに。
ノジマ製社外マフラー装着
その他、メッシュホースや社外品レンズの装着も確認できましたが、いずれもクリアな光量と安全性確保というGPZ900R本来の美しさを損なうカスタムではなかった点を高く評価。 走行距離も12,146kmと、この年式のGPZ900Rとしては比較的低走行と言える状態であり、エンジンのコンディションもしっかり実働状態を維持。
ブレーキキャリパー社外品
フォークオイルやブレーキパッドも定期的に交換されておられたそうで、タイヤも十分に山が残った状態を含め、総合的に評価させて頂きました。その結果、 弊社査定スタッフがご提示させて頂いた買取金額は689,000円となり、業者間取引でのA11の平均相場を20万円以上上回る価格でご成約となりました。

■GPZ900R豆知識

俳優トム・クルーズの大出世作として有名な「トップガン」で登場し、その攻撃的なフォルムと水冷エンジンの強烈なポテンシャルで多くのシネマファンを魅了した”初代ニンジャ”の名で知られる「カワサキ GPZ900R」。
現在まで続く水冷Zシリーズの始祖としても有名。
カワサキ初の市販水冷エンジン搭載で当時最強のスペックを誇ったカワサキGPZ900Rニンジャ
先代モデルに当たるGPz1100が空冷エンジンを採用し、大排気量ながらもエンジン性能の限界で頭打ちとなってしまった点を反省し、水冷エンジンのポテンシャルとコンパクトな車体との組み合わせにより 、84年当時最高レベルのスペックでデビューを果たした「カワサキ GPZ900R」。
車体全体を覆う鋭いエッジの利いたカウリングや、ツアラー色の強い快適なライディングポジション、最高出力115psというハイパワーによる最高時速250km/hなど、今日現在でもその強烈な存在感に憧れる ファンの多い人気モデルのひとつです。
1991年までは日本の排気量上限規制の関係上、排気量をダウンした兄弟車「GPZ750R」が流通していましたが、91年のA8モデルからは規制緩和で日本での正式デビューを果たし、多くのファンに歓迎されました。
以後、2003年のA16モデルを以って生産終了を迎えるまで高い人気を維持し続け、現在では旧車として多くのオールドファン達を魅了し、カワサキ史に残る名車と言える存在です。

GPZ900R(A1~A16まで前年式)の買取相場

GPZ900R
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近3ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 73台
平均価格: 444,603円
最高価格: 1,400,000円
最低価格: 138,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 39台
平均価格: 142,846円
最高価格: 397,000円
最低価格: 20,000円

相場情報:2017年10月30日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

■GPZ900R査定相場

発売初期の1984年のA1~2003年最終モデルのA16まで年式別に16モデルに細分化されるGPZ900R
高年式ほど高査定となりますが、以下の表で初期、中期、最終期の相場を比較しています。
(2017年10月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)
年式モデル別GPZ900Rの買取相場比較
落札価格帯 A1~4
1984~
A9~10
1992~
A15~16
2002~
平均落札価格 17.5万円 40.9万円 82.2円
落札台数 12台 69台 19台
100万以上 0台 1台 6台
90万円台 0台 0台 1台
80万円台 0台 1台 3台
70万円台 0台 4台 0台
60万円台 0台 6台 2台
50万円台 0台 6台 1台
40万円台 0台 13台 4台
30万円台 0台 15台 2台
20万円台 2台 18台 0台
10万円台 10台 5台 0台
綺麗に高年式=高額査定の図式が見て取れます。
初期モデルですと状態が良くても20万円程度の査定額ですが、最終型となるとスタイルの決まっているフルカスタム車ですと150万円以上、状態の良いノーマル車で120万円超とプレミア相場が付いています。
小型で高出力の水冷エンジンと、オーバー750ccクラスとしてはスリムでコンパクトな車体との組み合わせにより、1984年のデビュー当時は世界トップクラスの性能を誇った「カワサキ GPZ900R」。
2003年の生産終了後も、シャープで攻撃的なフォルムとデザインに魅せられたファンは多く、フルノーマルの美車であれば100万円を超える高額査定となるケースもあり、 実動・不動を問わず安定して取引される人気の旧車となっております。
他社では日本国内仕様車やカスタム車両の場合、オーナー様の想像以上に減額されてしまうケースもありますが、店頭での販売力と査定力に自信を持つ弊社では今回の事例のように、 相場価格を大幅に上回る買取金額を狙うことも夢ではありません。
大事にしてきたGPZ900Rを少しでも高く売りたい…。
そうお考えのオーナー様にとって、弊社は業界最高水準の査定であなたのGPZ900Rをどこよりも高額買取させて頂きます。
 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
GPZ900R買取査定お任せください
買取査定お任せください

トライアンフ GPZ900Rは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118