調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 GSR750最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2019/12/06 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 車台番号
査定を予約する

フレームから降ろした部品価値となったGSR750事故車の買取査定

事故現場にて買取して回収させて頂いたのはGSR75 ABSの事故車。
車体左側や後ろ部分は無傷に近い状態ながら、フレーム損傷で全損判定に。
フレームが商業的に再利用できないためフレームから降ろして再利用できるパーツ価値に減額されたにもかかわらず、6万円の査定価格で買取させて頂いた1台です。
仮にフレームが活用できるレストアベース車であれば25万円近くまで査定価格は伸びていたGSR750の買取事例をご案内いたします。

ページ下段では、GSR750の売却を考えているオーナー様比必見!適正な買取相場がデータを基に丸分かりとなる『状態』と『走行距離』と『国内仕様VS海外仕様』別の買取相場表もご紹介しています。

買取した事故車のGSR750
  • 買取した事故車のGSR750
  • スイッチの破損、レバーやバーエンドの転倒傷
  • 折れているエンジンスライダー
  • メインフレームの大きな凹み
  • 左サイドの激しい損傷
  • 原形が無いほど変形しているガソリンタンク
  • フレーム変形で全損事故車のGSR750
  • メインフレームの傷
  • 大きな損傷は免れたリアホイール周辺
  • ステーから折れて離脱したウィンカー
  • 下部に転倒傷のあるエンジン
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • GSR750 ABS買取価格実例
  • バイク名
  • GSR750 ABS

    買取価格

    60,000円

  • 年式
  • 2013年式
  • 走行
  • 不明(デジタルメーター表示されず)
  • 車台番号
  • フレーム番号GR7NA-100(日本国内向け) エンジン番号R751-100
  • カラーリング
  • ホワイト
  • エンジンの状態
  • 事故の影響かセルは回るが始動せず不動判定
    事故による細かいキズあるもエンジンスライダーでダメージが緩和され比較的軽症
  • 外観の状態
  • 事故による損傷を度外視すれば劣化は少なく綺麗
  • 損傷
  • ハイサイドで車体左側の損傷箇所多数
    ガソリンタンク・フレーム・スイッチ類など車体左前部の損傷多数
  • 改造の有無
  • ライトカスタム
    グリップ・レバー等社外品
  • 買取年
  • 2018年1月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

GSR750 事故車 買取査定のポイントや詳細

「時速60kmはでてたかなぁ?ちょっとしたコーナーの入り口でハイサイド。派手に転がしちゃいました」と軽妙に仰るオーナー様。
オーナー様から買取と引上げ回収のご依頼を頂いた車両はスズキ・GSR750の事故車。
左側のタンク周りを中心に、路面との接触を示すダメージ多数でしたが、オーナー様が装着していたエンジンスライダーにより、再生見込みが高かったのが救いです。
オーナー様ご自身も路肩にヘルメットを接触させてしまったそうですが、プロテクター入りジャケット着用で脚部の擦りキズ程度で済み、事故翌日ながら元気なご様子でで立ち会って頂くことができました。
以下、今回拝見させていただいたスズキ・GSR750の車両詳細となります。

足回り

転倒時の衝撃によってFフォークに軽い捩れが発生してはいたものの、比較的軽微なもので再利用可能な状態にありました。
外傷的には砂埃等による細かいキズはありましたが、事故時のものと思われるダメージはなく、前後ホイール・ブレーキともに状態は悪くありません。
一方ハンドル回りでは、ハンドル左側のキルスイッチ・ハンドル曲り・バーエンド・クラッチレバー等の損壊も目立ちました。
フロントフォーク並びにホイールやブレーキ類は、弊社自社工場での整備で十分対応できることがわかり、事故車としては足回りのダメージは少ないといえます。
大きな損傷は免れたリアホイール周辺
外装

事故時の衝撃によって、ガソリンタンクは深さの違う凹みが複合し、原形を留めない程いびつな歪み方をしておりました。
また、タンク下のフレームにも白いキズが大きく走り、かなりの衝撃であったことが伺えます。
それでも幸いなことに、ダメージ箇所が一箇所にまとまっており、車体後部側は意外にも事故による大きな外傷はない状態。
外装に関しては、タンクは原形を留めておらず無価値ですが、割れのあるアッパーカウルとフロントフェンダーは減損価値、シートとテールカウルはほぼ無傷で買取価値が計上できます。
原形が無いほど変形しているガソリンタンク
エンジン周り

オーナー様が装着されたエンジンスライダーの恩恵は大きく、エンジン外観へのダメージは最小限に抑えられておりました。
しかし、エンジンスライダーの約1/3が削げ落ちた生々しいキズ痕があり、クランクケース部をカバーする箇所に目立つキズあり。
エンジンは事故後もエンストすることなく稼働していたそうですが、一旦スイッチを切ると始動しなくなったそうです。査定時にはセルは回るものの始動は確認できない状態となっていました。
大きな外傷もなく、事故時点まで実働していたエンジンですので純実働状態と判断させて頂きました。
下部に転倒傷のあるエンジン
フレーム回り

左タンク下のフレームは傷つき大きく凹んでいます。GSR750の頑丈な太いメインフレームを大きく凹ませる事故の衝撃の凄まじさを物語っています。
メインフレームの損傷と凹みは8cm程度の広範囲に及び、塗装下のサビが見える深さまでキズが達し、凹みの深さは最深部で2cm程に達し、事故の衝撃でフレームネック部分に目立つシワが寄り、ステムとの接合部には歪が出ています。
メインフレームの大きな凹みと接合部の皺寄りが判別できた時点でフレームの剛性に疑義があり、メインフレームが再利用できない全損事故車の判定となってしまいました。
(修復費用が再販価値を上回る損傷によって)フレームが使用できないため、今回のGSR750の買取価値は、車両をパーツ単位に解体して、フレームから降ろした再利用できるパーツ価値の総計になってしまいます。
メインフレームの大きな凹み
電装/保安部品

イグニッションをONにして始動確認・保安部品・ランプ類のチェックをしてみたところ、生き残っている箇所はそれなりに多く、配線類への影響はそれほどない様子でした。
事故の影響としては、左前部ウインカーが見事に砕け散り、ウインカーステーからバルブと配線が露出した状況。
またメーターのデジタル表示が一部表示されないバグも確認。モニターパネル若しくは電装系に何かしらの不具合が疑われます。
その他、左側スイッチボックスの損傷も激しく、ハイビームスイッチ等が操作できない状態となり、この箇所に関しては全交換判定。
左ミラーも事故時にどこかへ吹っ飛んで欠品扱い。電装系に関してはやや厳しい判定に。確実に買取価値が計上できたのはマフラーとなりました。
スイッチの破損、レバーやバーエンドの転倒傷
その他カスタムなど

社外品のレバー類とグリップ以外はノーマル状態を維持しており、これから本格的なカスタムを楽しもうとしていたご様子のGSR750。
社外品のレバー類とグリップは事故による損傷で無価値になっている為、カスタムによる査定価格の影響は皆無でした。
メインフレームの傷
事故車としての総合評価と買取価格

車体を右サイドから見ると「えっ事故車なの?」とおもえるくらい目立った外傷もないのですが、左サイドから見ると一見して事故車と分かるGSR750。
実は車体の左右で連動していない部品は少なく、GSR750で例を挙げるとウィンカー、ドライブチェーン、スプロケ、テールカウル、ミラーといったところでしょうか。
今回のGSR750は左側面の損傷が車両全体の価値を大きく下げた事故車でした。

買取価値を大きく下げた理由は、
  • 変形とシワ寄せを伴うフレーム損傷によって、車両全体ではなくフレームから降ろして使えるパーツ価値に減額
  • 再利用できそうな目ぼしい部品は、始動しないエンジン・フロントフォーク・ホイールとブレーキ類・マフラー・シート・テールカウル

になります。
業者間では、すぐに店頭販売できる状態の良い実働車でも40万円台で取引されているGSR750
フレームの損傷が無い事故車でも10万円台の取引が中心となっています。
そのような相場の環境に置いて、フレームから降ろして再利用できそうなパーツ価値として6万円の査定価格で買取させて頂きました。
仮にフレームが使えるレストアベース車であれば、25万円程度の査定価格がついていただけにフレーム損傷が大きく買取価値に影響した1台でした。

お客様のご感想と買取後記

「単独の事故で公共物も壊していないので、警察には連絡しなかったのですが。実は任意保険に加入していなくて。参りました。」とはオーナー様のお言葉。
事故現場での査定で買取と回収をさせて頂いたのですが、 「JAFに頼んで有償で運んでもらおうかとも思ったのですが、仲間に教えてもらって翌日に引き取ってもらったので、売れたことよりそれが助かりました」と嬉しいお言葉を掛けて頂きました。
メインフレームの損傷が無ければ、修理して乗るという選択肢もあったのですが、「事故の恐怖で、暫くは乗れないと思う。ましてや直しても同じ車体には乗れないと思う」と仰っていたオーナー様。
頑丈なメインフレームが変形するほどの衝撃ながら、オーナー様のお身体が軽症で済んだのは何よりでございました。

状態別のGSR750買取相場

GSR750の売却を考えているオーナー様に適正な相場を把握して頂けるよう、車両の『状態別』と『走行距離別』の相場情報をご案内差し上げます。
▼状態を表す評価点の目安|GSR750
  • 評価点7 新車に近い車両
  • 評価点6 極上車
  • 評価点5 状態が良く綺麗
  • 評価点4 若干の難有り
  • 評価点3 難有り
  • 評価点2 実働車だが劣悪
  • 評価点1 事故車や不動車
GSR750|評価点別の査定相場比較
状態/
落札価格帯
評価点
6以上
評価点
5
評価点
4
評価点
1
50万円以上 12台 8台 0台 0台
40万円台 5台 32台 9台 0台
30万円台 1台 14台 10台 2台
20万円台 0台 0台 0台 2台
10万円台 0台 0台 0台 3台
総落札台数 18台 54台 19台
(2018年1月時点で、業者間市場の落札データを過去3ヶ月間遡った数字。事故車不動車は過去12か月間の数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

直近1年間では実働車で92台の取引があり、最高落札額は61.6万円で最低落札額は31.2万円となっています。
評価点別に落札価格帯を見ていくと、評価点6点の車両は50万円台以上に取引が集中、評価点5の車両は40万円台に、評価点4の車両は30~40万円台に集中していることが見て取れます。
上記の落札額から、査定現場での買取額を逆算(出品手数料や運消費などの経費と買取業者の儲けを差引き)すると、評価点6の車両は50万円台前半、評価点5の車両は40万円台前半、評価点4の車両は30万円台が 業者間市場に売却する場合の適正な基準査定額であると言えます。

今回のGSR750と同じ事故車や不動車を意味ずる評価点1の車両の取引に目を移すと、
直近1年間で7台が取引されています。内訳をみると、修復して完成車として蘇りそうなレストアベース車は20万円台以上で、今回の事故車と同様にパーツ取りとなりそうな事故車は10万円台で落札されています。
そこから逆算するとパーツ取りとなりそうな事故車の買取額は5万円程度~、レストアベース車であれば修復コストの応じて10万円台後半~30万円程度までがレンジとなりそうです。

走行距離別のGSR750買取相場

『評価点』と同様に、実働車の車両価値を左右する『年式モデル』についてはGSR750(2013~2017年頃)は殆ど差が無いので、その次に車両価値を左右する要素である『走行距離』別の相場情報をご案内差し上げます。
GSR750実働車|走行距離別の査定相場比較
走行距離/
落札価格帯
~1万km ~2万km ~3万km 3万km超
50万円以上 16台 4台 0台 0台
40万円台 19台 18台 9台 1台
30万円台 7台 6台 5台 7台
総落札台数 42台 28台 14台 8台
国内発売は2013~2017年と2018年時点では高年式であることから、全92台の45%が走行1万km以下の車両で、その多くは40万円台以上で取引されています。
対して、走行3万kmを超える車両は8台と少ないながら、その内の7台は30万円台での落札と分かり易い傾向が見て取れます。
状態が良くても走行距離が3万キロを超えてくると30万円程度の査定価格が基準となりそうです。
逆に状態が良く走行距離が少なければ50万円台前半の査定価格が中心になると思われます。
しかしながら中には、走行8kmの評価点8(新古車)の車両が51.8万円、走行811kmの評価点7(新車に近い)の車両が50万円で落札されている例もあり、 (弊社のような買取販売店であれば、販売店の仕入れ値【業者市場での落札価格+8%消費税+落札手数料】をベースに買取額を算出できる場合もあるので50万円台の査定額もリスクが無い金額ですが) 買取業者としては業者間市場での売却を考えると、バクチの要素がある50万円台の査定価格に二の足を踏みたくなる事例も見られます。

モデル別のGSR750買取相場

最後に、国内仕様と海外仕様の相場情報を比較したいと思います。

▼海外仕様と国内仕様の違い
  • 国内仕様 2013年~ フレーム番号GR7NA ABS標準搭載
  • 海外仕様 2010年~ フレーム番号JS1C511 ABSオプション
GSR750実働車|モデル別の査定相場比較
モデル/
落札価格帯
国内仕様 海外仕様
50万円以上 17台 1台
40万円台 42台 7台
30万円台 21台 4台
総落札台数 80台 12台
平均落札額 44.3万円 43.9万円台
以上、GSR750の買取相場をご紹介させて頂きました。
お客様が売却される際に、適正相場を知る一助となれば幸いです。
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

GSR750の買取相場

GSR750
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 92台
平均価格: 443,315円
最高価格: 616,000円
最低価格: 312,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 7台
平均価格: 234,286円
最高価格: 398,000円
最低価格: 121,000円

相場情報:2018年1月1日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
 GSR750いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
GSR750買取査定お任せください
買取査定お任せください

GSR750は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118