thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

不動車を6年放置|GSX750Sカタナ3買取査定と相場

「レストア用に購入して6年触っていない750Sカタナを売りたい」と無料出張査定のご依頼を頂戴しましたのは3型のGSX750Sカタナ。
金属やメッキ特に車体下部で根深い錆びが目立ち、ボルトやネジなどは固着。初爆がなく始動する気配のないエンジンは腐食にまみれタンク内は錆びだらけ。
実働化・再商品化への労力は不動車としても大きなものになりそうでした。連動して査定価格も不動者の平均買取相場を気持ち下回る4万円での買取となりました事例です。


  • GSX750Sカタナ刀3不動廃車の買取価格
  • GSX750Sカタナ刀3不動廃車
  • 不動廃車ホイール
  • 不動廃車エンジン
  • 評価点
  • ◆総合評点 1点  
    (エンジン 0  車体フレーム 0  外装 0  電装保安部品 0  フロント周り 0  リア周り 0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • GSX750Sカタナ刀3 買取価格実例
  • バイク名
  • GSX750Sカタナ・刀3

    買取価格

    40,000円

  • 年式
  • 1984年式
  • 走行
  • 8,000km
  • 車台番号
  • フレーム番号GR72A-118
    エンジン番号R703-125
  • 買取年
  • 2009年4月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

GSX750Sカタナ3買取事例|不動車の査定内容詳細

買取させて頂いたGSX750Sカタナ3 ヒストリー

ハンス・ムート率いるターゲットデザイン社の手によるデザインを与えられ「ケルンの衝撃」と呼ばれその個性あふれるフォルムと、当時世界最高クラスのハイスペックさを武器に世界中の度肝を抜いたスズキ・GSX1100S カタナ。
日本国内では排気量規制の関係から、エンジンを750cc化したGSX750S カタナが販売され、当時の大型ライダーたちに歓迎されました。
その後、可動式ヘッドライトを搭載し、より鋭角さを増したデザインに生まれ変わったのが「GSX750S カタナ 3型」です。

6年放置で錆びが深く減点対象に

ではそのGSX750Sカタナ3の車体を具体的に査定の視点で見ていきます。
非常に個性的なフォルムを持つこのマシン、「6年位前にレストアしようと思って購入したんだけど、直後にどうしても欲しくなった1型カタナを購入しまして。。」とっはオーナー様のお言葉。
エンジン始動しない不動車を購入して、それからカバーをかけった状態で6年程野晒しにされていたGSX750Sカタナ3。劣化が進んでいます。

カバー掛けていた事で外装の日焼けや色褪せは目立ちませんが、メッキや金属部分に広範囲にサビが発生し、
特に車体下部のホイール・ブレーキ・エンジンを中心に根の深いサビ・腐食が見られます。ボルトやナット類は錆び脆くなり固着して取り外し困難な箇所も多く見受けられ、修復の難易度を上げています。
その他、純正マフラーのサビ・キズ、駆動部の消耗度合いも激しく、全体的にきついサビがGSX750Sカタナ3の評価を大きく下げてしまいました。
再商品化にあたっては車両の大規模な錆び落としに加えて、組み付け部品のネジ・ボルト・ビスの交換が必要となりそうです。かなり根気と手間のかかる作業でその分買取価値を損ねていると言えます。

購入した当時から不動車

気になるエンジンですが、オーナー様が入手された際から不動状態だったそうで、再商品化にあたっては要O/Hと判定。
査定現場では念のためブースターでエンジン始動を試みましたが初爆を確認することは出来ませんでした。
タンク内のガソリンは抜かれていましたが、内面の錆びは激しく錆びを除去は必須。キャブレターも要o/h、プラグ・バッテリー新品交換と放置系の不動車としては最低限フルコースの整備が必要な状態です。

ZX7-RとZX7-RRの査定相場

日本の中古バイクの相場を決定している業者間オークション市場において、GSX750Sカタナ3は過去1年間に実働車で3台、非実働車で2台の取引しかありませんでした。 より流通数の多いGSX750S カタナ1型と比較してみると
  • ▼査定相場の比較|実働車
  • GSX750Sカタナ1(GS75X) 取引平均26万円 取引台数40台
  • GSX750Sカタナ3(GR72A) 取引平均11万円 取引台数3台
  • ▼査定相場の比較|事故車不動車
  • GSX750Sカタナ1(GS75X) 取引平均9万円 取引台数20台
  • GSX750Sカタナ3(GR72A) 取引平均7万円 取引台数2台
(2009年4月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

実働車はカスタム内容によって100万円で取引されることもあるGSX750Sカタナ1。状態やカスタム内容によって下は10万円程度~上は100万円程度まで幅広い金額で取引されていますが、 最も多い価格帯は、全車両の9割以上が取引されている10~30万円台のレンジ。平均取引額は26万円。事故車や不動車の実働状態にない車両となると、平均取引額は9万円。
以上は、1型の相場で、3型も過去に長い期間遡ると1型に近づいてきている相場となっています。

上記は、業者間市場での取引額です。査定現場での買取額を導くには買取業者の儲けと経費(運送費や出品手数料など)を割り引く必要があります。
そうして見えてくる平均値としての買取相場は実働車で20万円台前半。事故車や不動車は5~6万円程度となります。

相場に照らして競争力のある査定金額

購入した当時からエンジンかからず、6年放置で深い錆びが目立ったGSX750Sカタナ3。不動車の相場に照らして非常に競争力のある4万円んぼ査定価格で買取させて頂きました。
1型・2型カタナに比べ、デザイン面で評価の低かった3型カタナですが、近年になってその個性的なフォルムが見直され、マニア間でレストア人気が高まりつつあります。
弊社パッションではそうした相場の動きに合わせ不動車であっても3型カタナを高く評価させて頂きます。

GSX750Sカタナ3 買取相場

GSX750Sカタナ刀3
◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 3台
平均取引価格 112,667
最高金額 132,000
最低金額 74,000

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 2台
平均取引価格 76,000
最高金額 78,000
最低金額 74,000

相場情報:2009年4月時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
GSX750Sカタナ刀3買取査定お任せください
買取査定お任せください

GSX750Sカタナ刀3は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118