thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

要エンジン修理の1982年式 KZ1300買取査定

「ネットオークションで70万円で落札したKZ1300が届いたがエンジンがかからない」という事で、お得意様から修理お預かりしていましたが、 オイルが白濁し2番・3番が死んでいるエンジンなど修理コストが嵩むことから、公道を走ることなくそのまま買取となった事例です。

昨年に比べて相場が落ちている影響もあって、年式並み実働車の買取相場は50万円台~70万円となっているKZ1300。ポテンシャルを評価して相場的には限界価格の60.5万円の査定額で買取させて頂きました。
以下、KZ1300の相場情報の詳細を交えながら1982年式A-4型の査定内容の詳細をご案内しています。

買取したKZ1300
  • 買取したKZ1300
  • 2番と3番が始動しないエンジン
  • 1982年式のA4型のKZ1300
  • 制動力が弱い社外のブレーキキャリパー
  • 実働ベース車としてヤフオクで購入された国内未登録車
  • 走行中にハウリングするメーター周辺
  • 傷や溶けた物質が固着しているマフラー
  • 外装はオールペイント
  • A2型のタンクを流用
  • 評価点
  • 総合評点:4点
    (エンジン3 車体フレーム4 外装4 電気保安3 フロント4 リア3)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • KZ1300買取価格実例
  • バイク名
  • KZ1300

    買取価格

    605,000円

  • 年式
  • 1982年式(A4)
  • 走行
  • 15,548km
  • 車台番号
  • フレーム番号JKAKZAA12C
    エンジン番号KZT30AE01
  • エンジンの状態
  • 要修理(2番・3番始動なし、オイル白濁)
  • 外観の状態
  • 一部に汚れや劣化やや目立つ
  • 外傷
  • 目立つ大きな外傷はなし
  • 改造の有無
  • ライトカスタム(ブレーキキャリパー・シート社外品/A2型のタンク/オールペン)
  • 買取年
  • 2018年4月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

KZ1300 買取査定のポイントや詳細

「ネットオークションの走行動画ではエンジンのフケも快調でマシンもピカピカに見えたんだけどなぁ~%※?」とは修理のために運搬にお伺いした際のお客様のお言葉。
何でも3万円の陸送費で自宅に届いたKZ1300は別荘で送られてきたキーを挿して回してもエンジンが始動しなかったとのこと。

「Z1300買ったんだけどエンジンかからないからチョット見てくれない。登録と車検もお願いしたいし」とお客様からご連絡を頂き、弊社整備工場に運んだところ、確かにエンジンは始動しませんでした。
電装系に加工がありエンジンを始動させるまでに数時間を要しましたが、無事エンジンは始動いたしました。
しかしエンジン始動後も不調箇所は多く。お客様から買取を依頼されたのですが、不調箇所がそのまま査定で減点となりネットオークションのご購入金額を下回る査定額となってしまいました。
以下査定内容の詳細をご案内差し上げます。

外観

写真では店舗の照明を受けて余計に綺麗に見えますが、実物もパッと見た目には綺麗に見えます。
1982年式としては劣化は少なく見た目は綺麗の部類です。
左右のマフラーに傷と熱で溶けた物質がの広範囲で固着している点が見た目の印象と買取価値を若干損ねていますが、オールペイントで再塗装されていることを考慮しても総じて年式並み以上の状態といえます。
見た目の査定評価は4点と先ず先ずの点数が付きました。

実働ベース車としてヤフオクで購入された国内未登録車
足回り

前後のサスペンションにややヘタリが感じられます。再販に向けてはオイル交換のオーバーホールが必要となりそうで、マイナス査定となっています。
前後の社外ブレーキキャリパーは効きが弱く、車両重量300kgを誇るKZ1300の公道走行では制動力に若干の不安を抱きます。
旧車の場合は、たとえ制動力が弱くても純正であれば価値は高いのですが、社外品でなおかつ純正以下の機能性となると査定ではマイナス判定とならざるを得ません。

制動力が弱い社外のブレーキキャリパー
エンジン回り

2連キャブが3つ連なった6気筒で水冷エンジンのKZ1300。トルク・パワーは十分なはずなのに排気音や手応えは軽く感じます。
何かがおかしいと、エキパイの振動を確かめると2番と3番は動いていません。
2番と3番を回復させる必要がありこれもやや大きなマイナス査定として買取価値を下げました。
更にクランクケース内のエンジンオイルは白濁していて、クーラントか何かの水分が混濁している可能性があります。
現状でも、始動して走行することは可能ですが、走行を続ければ遅かれ早かれ故障に繋がることは必至の状態です。
エンジンに関しては大掛かりなメンテナンスが必要で、査定評価点は2点に近い3点で買取価値を損ねていました。
バッテリー容量が大きく始動性に難が多い車両が多いKZ1300にあって、始動性は悪くない点は好材料となっていました。

2番と3番が始動しないエンジン
電装系・保安部品

ハーネスを含め配線に加工があり、当初は配線エラーでエンジンが始動しませんでしたが、現在は回復しています。
ただ不具合が発生しやすく回復に手間取る構造になっている点は嫌気される可能性が高く若干ですがマイナス査定となりました。
走行するとメーター付近から振動で共鳴したハウリングが発生します。ネジやボルト類の締め直しで改善されず、メーター周りの材質の劣化が原因となっていました。
別途対策と修理が必要でその辺りも査定で軽い減点となりました。

走行中にハウリングするメーター周辺
フレーム回り

外装に目立った損傷はなく、派手な転倒的などは無さそうに見えますが、修復歴のある可能性もありますので、左右のハンドルの切れ角、フレームネック部分や接合部など大きな損傷の痕跡が残すか所を 入念にチェックいたしましたが、衝撃を吸収した痕跡や修復が施された痕跡は認められませんでした。
フレーム自体は剛性を損なっておらず、錆びや塗装ハゲなども少なめで旧車としては良い状態といえます。
査定評価点でも4点が付き外装と同様に先ず先ずの評価となりました。

1982年式のA4型のKZ1300
カスタムなど

浅い角ばったタンクから初期型A2と思われますが、フレーム番号は1982年モデルのA4型です。
A2型のタンクと両サイドカバーはオールペンで再塗装されています。旧車の場合は特に最も価値があるのはオリジナルペイントの綺麗な状態ですが、汚いオリジナル塗装より綺麗なオールペンの方が価値が高いことも良くあります。
オールペン車両の買取価値はデカラーリングやパターンが大きく影響します。
定番の人気カラーや純正に近いパターンであれば綺麗なオールペンは価値があります。対して独特のカラーリングや奇抜なパターンだと買取価値を下げるのが一般的な傾向です。

その他、シート、ブレーキキャリパーに社外品が使用されています。
先述の通り純正より機能の劣る社外キャリパーは買取価値を損ね、純正品のないアンコ抜きの社外シートも若干ですが買取価値を損ねています。

A2型のタンクを流用
総合評価と買取価格

以上が主な査定内容ですが、査定でのプラス項目とマイナス項目を列記すると下記のようになります。
  • ▼プラス査定
  • 始動性の良さ
  • 剛性を損なうような損傷のないフレーム
  • 比較的綺麗な見た目
  • ▼マイナス査定
  • 要オーバーホールのエンジン(2番と3番が不発、オイルの白濁化)
  • 制動力の弱い社外ブレーキキャリパー
  • 原材質劣化によるハウリング
  • 溶けた物質のマフラーへの広範囲の固着

何と言っても要オーバーホールのエンジン状態が大きく買取価値を下げています。 下段で詳細していますが、KZ1300の買取相場はやや下落傾向にあります。また、中古販売のポータルサイトを見ると販売価格が高値で設定されているKZ1300/Z1300は2年程動いていない個体も目に付きます。
合わせてエンジンの修繕も開けてみないことには見積もりが出ずらく弊社販売店での仕入れベースでの見積もりが出しずらい状況です。
業者間市場での売却を念頭に、何とかギリギリ利益を出せそうな金額として60万円弱。そこに店頭査定の価格UPキャンペーンを適応させて頂き何とか60.5万円の査定価格を提示させて頂いての買取となりました。

お客様のご感想と買取後記

「いや~70万円安ぃ~。と思ってパッションさんに自慢しようかと思うくらいの勢いで買ったんだけど」
「そういえば、60万円位までは1,000円単位で競っていたんだけど、一気に70万円で引き離したから60万円位で買えてたってことかなぁ~」
「その業者が出している旧車は全部、販売店の販売価格の半値位で落札されてたんだよね・・・」
「ネットオークションで記載されていた実働ベース車って何だ?と思っていたけど、そういう事だったのかぁ~って感じだよね。」
「ほんとッ!走行動画では100万円で転売できるんじゃないかってくらいメチャクチャ綺麗に見えたんだよな。」
とはお客様のお言葉。
お客様のスマートフォンで走行動画を拝見せて頂きましたが、90秒の走行動画からは非常に綺麗で軽快に走行しているKZ1300の様子が伝わってきました。
プロから見ても70万円なら安いと思えるような動画でした。
ですが実際には、要エンジン修復の実働ベース車でした。
写真や動画ではオートバイは実態以上に綺麗に映る傾向があります。日光や照明を受けている車体は尚更綺麗に映ります。
写真で照明や日光を反射しているオートバイの実態を想像する際はある程度割り引いて考慮することをお奨めいたします。
2番・3番が不発でオイルが白濁しているエンジンの修復、制動力のあるキャリパーへの交換、マフラーの排気漏れ改善と固着物落とし、ハウリングの改善、国内登録を行い、車検を通すまで整備を行えば、 詳細はエンジンを開けてみてからの見積もりになりますが、エンジンを開ける前の見積目安としては20万円程度~となります。
場合によって部品交換が必要であれば、レプリカパーツもなく欠品で修復不能か、パーツの自作になる可能性もあり、修理額はからり嵩む可能性もあります。

そのような可能性もお伝えしたところ、KZ1300の売却をご決断されたオーナー様。
ぎりぎりの買取価格でお客様の損失を最小に抑える事ができた点だけはお役立ちできましたが、公道を走ることなく損切のご決断となってしまったことは非常に残念な結果となってしまいました。

KZ1300 査定相場の比較

販売店の店頭では120~130万円台が中心的な価格となっているKZ1300。一体幾らで売れるのでしょうか?
実は2017年半ばから相場がやや下落基調にあります。
日本の(買取と販売の)中古相場を決定している業者間市場の取引データを使用して、買取相場をご案内差し上げます。
先ずは状態別の買取相場から。

状態別の買取相場
  • ▼状態を表す評価点の目安|KZ1300
  • 評価点5 とても状態が良く綺麗
  • 評価点4 やや状態が良く綺麗
  • 評価点3 年式並み若しくは若干の難有り
  • 評価点2 実働車だが劣悪
  • 評価点1 事故車や不動車
中古KZ1300|評価点別の取引相場
状態/
落札価格帯
評価点
5
評価点
4
評価点
3
評価点
1
130万円台 1台 0台 0台 0台
120万円台 0台 0台 0台 0台
110万円台 0台 0台 0台 0台
100万円台 0台 0台 0台 0台
90万円台 0台 0台 0台 0台
80万円台 0台 0台 0台 0台
70万円台 0台 1台 1台 0台
60万円台 0台 1台 1台 0台
50万円台 0台 1台 1台 0台
40万円台 0台 0台 1台 0台
30万円台 0台 0台 2台 1台
20万円台 0台 0台 0台 1台
10万円台 0台 0台 0台 1台
(2018年4月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

■買取相場が下落傾向にあるKZ1300

過去1年間で10台のKZ1300(2台はA6型インジェクション車のZ1300)が業者間市場で取引されています。
平均の取引価格は64.2万円と、対前年に比べると取引値は下落しています。
KZ1300の相場のピークは2016~2017年にかけて、当時は大抵のKZ1300が60~70万円台のレンジで取引されていました。極上車は150万円の値がついていました。
それが2018年には、上記表のとおり30~70万円台が取引額のボリュームゾーンとなり、極上車の取引額が130万円とトーンダウンしていることが読み取れます。
Z2やZ1といったカワサキ旧車の王様の中古相場が値上がりを続ける一方で、KZ1300の買取相場は頭打ち傾向が鮮明となっています。
ライバル車のCBX1000は順調に相場を伸ばしていることを考慮しても、KZ1300について下値が大きく下落している事実を考えると売却を検討されているオーナー様にとっては、高く売れるタイミングを逃したくないと思われるでしょう。
KZ1300は一定の評価が形成された旧車ですので急激に相場が落ちることは考えにくいです。2018年半ばの平均取引額が60万円台半ばであることをベンチマークに、2019年半ばの平均取引額を見るのが賢明でしょう。 (1年ごとに相場を比較するのは季節性がるためです。、夏は高く冬は安い傾向があるためです。中古バイクを売るのであれば夏が断然買取価格が高くなります)

■極上車は百数十万円。平均的な実働車の買取相場は50万円台~70万円

取引された10台のKZ1300の内訳をみると、 最高額の130.8万円で落札されたのはA6型のインジェクション車のZ1300の極上車。1984年式ということを考えると極上といえる状態で、買取上限価格の指標とみる事ができます。
次点の落札額は大きく引き離されて77万円。実に最高落札額から60万円弱低い金額です。故障することを織り込む必要がある旧車にあって、極上車の価値が非常に高いことが読み取れます。

評価点別に取引額の傾向を見ると、
評価点4の車両は、50後半~70万円台で取引されていますが、状態による個体差が殆どなく似たよ寄ったりの状態となっています。
同じような状態の車両がワイドな価格幅で取引されているの理由は、年に10台しか取引されない希少車種という点にあります。
毎月数十台取引されている人気車種とは違い、買い手と売り手のバランスが一定せず、需給によって取引価格が変化しやすいためです。
評価点3の車両は、30~40万円台で取引されています。
評価点によって明らかに取引額に傾向があることが見て取れます。

業者間市場での取引データから相場は判りました。では買取の実勢価格はどうでしょうか?
上記は、業者間市場における取引金額です。買取業者の買取実勢価格は、上記取引額から経費(運送費や出品手数料など)と儲けを差引く必要があります。
業者の経費と儲けはいくら位でしょうか?
大型バイクの場合は4万円程度が適正な価格で、お客様にとって競争力にある金額といえるでしょう。
したがいまして、査定現場での実際的な買取相場は下記のようになります。
  • ▼買取価格の実勢相場|KZ1300
  • 極上車は百数十万円まで
  • 評価点4の車両は50万円台~70万円
  • 評価点3の車両は30万円台~50万円

■事故車や不動車は

評価点1(事故車や不動車)の車両に着目すると、過去1年間に3台の取引があります。
・34.9万円で落札されたのはタンクに色褪せが目立つ不動車
・21.5万円で落札されたのは全体に劣化が目立つ鍵なしの不動車
・10.5万円で落札されたのは自家塗装でキャブ欠品の不動車
の3台で事故車は無く全て不動車となっています。
気になる不動車の買取価格ですが、実働化後の想定価値から実働化までのコストを差引いた金額となります。
・劣化が酷く実働化コストも高ければ、5万円程度~。
・状態は良く実働化コストも低ければ~40万円程度まで
が査定現場での買取実勢価格となるでしょう。

年式モデル別の買取相場

型式別にパワーが異なる他、見た目のスタイルも型式で異なるKZ1300。 インジェクション化し、エンブレムがKZ1300からZ1300-6となったA6の変化は分かりやすいですが、各型式毎にタンクの形状や容量が異なる他ハンドルやクランクケースなども異なっているKZ1300は、 毎年のようにマイナーチェンジを行っていた珍しい車種といえるでしょう。
そんなKZ1300は型式による買取相場に差異はあるのでしょうか?
以下に型式別の相場を比較しています。

モデルチェンジ別の年式モデルと型式
年式 型式 噴射装置 車台番号
1978年 A1 キャブ KZT30A
1979年 A2 キャブ KZT30A
1981年 A3 キャブ KZAA
1982年 A4 キャブ KZAA
1983年 A5 キャブ KZAA
1984年 A6 インジェクション ZGT30A
※上記年式と型式、車台番号は推測も交えています

年式別の中古取引相場|KZ1300実働車
相場/
年式モデル
平均落札額 最高額 取引台数
A1~A2 63.4万円 70.2万円 2台
A3~A5 48.4万円 61.2万円 5台
A6 130.8万円 91.3万円 3台
A6型のZ1300が相場が高いようですが、130万円で落札された例外的な極上車の1台を間引いても平均71.6万円の落札額で、A6インジェクション車のZ1300がやや相場が高いようです。
2年前に、150万円で落札された個体もインジェクション車のZ1300でした。
KZ1300は故障すると一大事の年代物インジェクション車より、故障しても直しやすいキャブを好むユーザーが多く中にはインジェクションをキャブ化するユーザーもいるのですが、 実際はなかなかどうしてインジェクションZ1300の相場が高いようです。
続いてKZ1000MK2のような角箱デザインの初期型A1~A2の相場が高くなっています。これは2018年に限った事でなく2016年頃から傾向として認められます。
A3~A5型であっても状態が良ければ初期型やインジェクション車を上回る価格が付いている事例ももちろんあります。母数が少ないため傾向値としては弱い点は留意が必要です。

奥が深いKZ1300の相場。
大切な愛車は、実績豊富で旧車の査定に強く、買取した車両を直接店頭販売できる買取販売店のパッションにお任せ下さい。
オーナー様のご満足頂く査定額でご期待にお応えしております。

KZ1300の買取相場

KZ1300
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 10台
平均価格: 642,800円
最高価格: 1,308,000円
最低価格: 386,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 3台
平均価格: 349,000円
最高価格: 215,000円
最低価格: 105,000円

相場情報:2018年4月10日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

 KZ1300いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
KZ1300買取査定お任せください
買取査定お任せください

KZ1300は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118