thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

劣化・転倒傷有の2014年式RM07J|MT-07買取査定

査定のご依頼を頂戴したのは、2014年モデルのABSなし標準タイプのMT-09です。
ハンドル曲りなど立ちごけによる損傷、錆交換のチェーンやラジエータなどの劣化も目に付き、極上車の割合が多い高年式のMT-09としては極上未満の状態でした。
買取相場的には30万円台前半となる状態ですが、ぎりぎりの査定価格として34万円で買取させて頂きました事例のご紹介です。

マイナーチェンジで2018年モデルから型式がRM19JとなったMT-09。型式落ちとなった2017年モデル以前のRM07Jの買取相場に変化はあったのか?
型式・年式モデル別、走行距離別の買取相場も下段で詳しくご案内しています。

買取したMT-07
  • 買取したMT-07
  • 立ちごけで歪曲しているブレーキレバー
  • 立ちごけで削れているバーエンド
  • 錆びの目立つチェーン
  • 錆びや変色の目立つエキパイやマフラー
  • 2014年モデル型式RM07JのMT-07
  • ABSなしのフロンドブレーキ
  • 削れているミラーカバー
  • 錆びや細かい凹みの目立つラジエーター
  • 目立つ個所の外装は比較的綺麗
  • 評価点
  • 総合評点:5点
    (エンジン5 車体フレーム5 外装5 電気保安5 フロント5 リア5)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • MT-07買取価格実例
  • バイク名
  • MT-07

    買取価格

    340,000円

  • 年式
  • 2014年式
  • 走行
  • 9,570km
  • 車台番号
  • フレーム番号RM07J-002
    エンジン番号M403E-002
  • エンジンの状態
  • 機能良好
  • 外観の状態
  • 綺麗(目立たない個所に錆びや劣化有)
  • 外傷
  • 立ちごけ傷有
  • 改造の有無
  • ノーマル車両
  • 買取年
  • 2018年5月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

MT-07 買取査定のポイントや詳細

発売当初の2014年式、ABS装備なしの標準タイプのMT-07
写真からも伝わるように全体的には綺麗な状態ですが、細部にフォーカスすると劣化や損傷が目立つ個所も。
状態としては極上車には手が届かず、4年落ちのMT-07としては平均並みといえる状態でした。
後述の相場情報で詳細していますが、2014年式並みのRM07J型となると買取相場は30万円台となっています。
はたして幾らの買取査定額となったのか?
早速、査定内容をご紹介差し上げます。

足回り

先ずチェックさせて頂いたのは前後の足回り。車体に跨って荷重・抜重によって前後サスペンションの状態を確かめます。
弾力のある沈み込みと回復でヘタリは感じられません。錆びやオイル漏れなどの症状もなく良い機能と見た目を保持していて、幸先の良い査定スタートとなりました。
続いてタイヤホイールとみていきますが、山残りは十分でタイヤは交換の必要はありません。
錆びの目立つチェーン
ただしホイールには小傷や錆びなどの劣化がやや目立ち、チェーンには目立つ錆びが浮いています。
チェーンについては(拭き上げが難しい個所に錆び止めを塗らずに)洗車したことが逆効果となり錆びてしまったようです。
ハンドル回りをチェックしていくとバーエンドとミラーカバーに削れ傷、ブレーキレバーに曲りがあり、ハンドルも曲がっています。ブレーキレバーについては機能的な問題で要交換判定。
チェーンやバーエンドについても、外装とのバランスで見た目の印象を損なっていることから再販に当たっては要交換判定となり、劣化とこけ傷が買取価値を損ねる結果となりました。

立ちごけで歪曲しているブレーキレバー
外装

照明を反射して写真でも綺麗に映えているMT-07ですが、極上の状態を維持している2014年モデルと比べると、若干ですが当初の輝きを失っています。
シートやテールカウルに若干の使用感が漂っていますが、タンク・センタカウル・テールカウルなど主要な外装に細かいものを除けば目立つ傷はなく、状態としてはまずまず良好です。
前後のフェンダーにやや目立つ傷がありましたが、要素パーツの状態は良好です。
2014~2017年モデルの型式RM07Jとしては査定評価点としても先ず先ずの5点をお付きけする事ができました。

目立つ個所の外装は比較的綺麗
エンジン回り

セルを押して始動を試みるとMT-07の水冷エンジンは一発で始動、何度か始動テストを行いましたが始動性は良好です。
走行距離は1万キロに達しておらず、丁寧に走行されていた事をうかがわせるように、異音や白煙を発生させることなく滑らかに回転します。
ニュートラルからシフトアップ・シフトダウンとギアチェンジでの引っ掛かりもなくエンジン機能は問題なく、2014年モデルで走行の若いエンジンとして期待通りの状態でした。

錆びや細かい凹みの目立つラジエーター
ただし、エンジン下部のクランクケースに細かい削れ傷があること、ラジエーターに細かい錆びやフィンに小さな凹みが多い点、 錆びや変色の目立つエキパイやマフラーが査定で減点となり、見た目の評価で買取価値を損ねていました。

錆びや変色の目立つエキパイやマフラー
フレーム回り

歪曲したブレーキレバーやハンドル、バーエンドの削れ傷からうかがえる転倒の衝撃がフレームに及んでいかを確認するためにハンドルストッパーを確認しましたが目立った損傷はありませんでした。
フレームの接合部などにも皺よりもなく、フレームの剛性を損なうような痕跡は確認できませんでした。

2014年モデル型式RM07JのMT-07
総合評価と買取価格

査定現場で拝見させて頂いた際の第一印象は、極上車未満の良好車であったMT-07。 細部を査定させて頂くと、細かい部分に劣化や損傷の減点対象が目に付きました。 ▼CB1000SF T2としても査定価格が伸び悩んだ主な理由としては
  • ▼良い評価が付いた点
  • 2014年モデルとしては先ず先ずの見た目とポテンシャル
  • 良好なエンジン機能
  • ▼マイナス査定となった主な点
  • ハンドルやレバーの曲り、削れているバーエンドやミラーカバー、エンジン下部の細かい削れ
  • 錆びや変形の目立つラジエーター
  • 錆びの目立つエキパイとチェーン

型式RM07J(2014~2017年モデル)のMT-07は、年式が若いために査定依頼をお受けする車両の多くが極上車となっています。
総合的な状態は相対的には、劣化や損傷の影響で要交換パーツもあり中の下に位置する状態といえます。
相場的には30万円台前半の買取価格が想定される状態です。
もう一段高い買取価格を模索するために、弊社販売部門の仕入れ責任者に電話して販売店仕入れを打診しますが、『在庫が3台ある』という返答で店頭仕入価格での買取は適いませんでした。
(中間マージンが最小化される自社仕入れ自社販売だと10%は買取価格に余力が生まれるのです)
最後に出来る手段は、弊社の利益を出来るだけ削る事。
いつも通りぎりぎりの査定価格として、34万円の査定価格をご提示させて頂来ました結果、お客様から買取ご成約のご返答を頂戴することとなりました。

お客様のご感想と買取後記

「転倒傷があるので買い叩かれたり交渉材料にされるのでは?ストレスでもあり心配でした」
「でも調べるほど評判も良かったし、電話でも押し売りっぽいところがなく凄く丁寧で大丈夫だろうと」
「実際に来てもらっても誠実な対応で当初の心配は杞憂でした。凄く満足度の高い売却が出来ました」
とは、査定後に頂戴したお客様からのメールの抜粋です。
ぎりぎりの査定価格でお客様のご期待にお応えできるようより努力を重ねていくことで感謝のお言葉にお応えしていきたいと思います。

MT-07 査定相場の比較

2018年モデル(RM19J)のメーカー希望小売価格が77.6万円(税込本体)のMT-07
実勢価格である販売店の店頭では、2017年モデルの新車が、57万円台(税込本体)からの価格で売られています。
探せば、57万円で2017年モデル(RM07J)の新車を買う事ができるMT-07ですが、売却の際はいったいいくらで売れるのでしょうか?
買取業者の査定価格の指標であり、販売業者の仕入れ値であり、つまり日本の中古バイクの相場を決定している業者間オークション市場の取引データを使用して、MT-07の適切な買取相場をご案内差し上げます。

年式モデル別の買取相場

MT-07 ABSのマイナーチェンジで型式(フレーム番号)がRM07JからRM19Jへと変更されたMT-07の2018年モデル。
型式変更に伴い、買取相場に変化はあるのか?
年式モデル別の買取相場をご案内差し上げます。
  • ▼年式モデルの変遷|MT-07
  • 2014年 フレーム番号RM07J-000~
  • 2015年 フレーム番号RM07J-003~
  • 2016年 フレーム番号RM07J-005~
  • 2017年 フレーム番号RM19J-006~
  • ▼ABSモデルのマイナーチェンジで型式変更
  • 2018年 フレーム番号RM19J-000~
※上記年式とフレーム番号は推測を含んでいます(正確ではありません)

年式別の取引相場|MT-07
相場/
年式モデル
平均落札額 最高額 取引台数
2014年 39.8万円 53.8万円 39台
2015年 38.1万円 45.2万円 38台
2016年 43.9万円 59.6万円 11台
2017年 40.7万円 47.2万円 9台
2018年
RM19J
49.7万円 55.8万円 16台
(2018年5月時点で、業者間市場の落札データを過去半年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)
(2017年モデル以前は、MT-07とMT-07 ABSを足した数字)

■RM19Jは相場が一段高いものの未使用・未登録の新車が50万円強で取引

2017年モデル以前の型式RM07Jは、期中に目立った仕様や大胆なカラーリング変更はないことから年式モデルによる相場差は少なく、単純に状態によって相場が形成されていることが数字から読み取れます。
見た目のカラーリングからも2018年モデルと直ぐに認識できる型式RM19JのMT-07は、一段高い金額で取引されています。2017年以前のモデルと比べると平均価格で10万円以上高い金額で取引されています。
査定現場での買取金額も10万円程異なるか?その答えはNoです。
その理由は、発売直後という事が影響して、取引されているRM19JのMT-07の多くが、走行距離0kmの未使用・未登録車である点にあります。
販売店流れの実質新車が多く取引された結果として、高い平均取引額が形成されています。実走行のあるRM19JのMT-07の平均取引額は40万円台半ばとなっています。
年式別の買取額の結論としては、RM07J型は年式による相場差は殆ど認められず、RM19JのMT-07はRM07J型に比べて5万円程高い査定額が付く相場となっています。

MT-07 と MT-07 ABSの買取相場比較

ABSの義務化に伴い、2018年モデルからABS搭載モデルに一本化されたMT-07
2014~2017年モデルまではABSモデルMT-07 ABSと、非装備モデルMT-07が併売されていました。
2018年5月時点で、タイプはMT-07(RM07J)、MT-07 ABS(RM07J)、MT-07 ABS(RM19J)に大別できます。
2017年モデル以前ではABS装備の有無によって買取相場に差異はあるのか?下記表に纏めてみましたのでご覧くださいませ。

ABS有無の取引相場|MT-07
相場/
年式モデル
ABSなし
RM07J
ABSあり
RM07J
ABSあり
RM19J
総取引台数 32台 65台 16台
平均取引額 39.2円 39.8円 49.7円
55~59万円 0台 1台 4台
50~54万円 0台 3台 5台
45~49万円 2台 4台 4台
40~44万円 12台 24台 2台
35~39万円 12台 21台 1台
30~34万円 6台 10台 0台
25~29万円 0台 2台 0台
(2018年5月時点で、業者間市場の落札データを過去半年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

■RM07J(2014~2017年)はABSの有無は買取価格に影響なし

RM19Jの相場については先述したのでRM07Jに特化してご案内差し上げます。
特異点として、ABS装備モデルが通常モデルより多い点が挙げられます。
メーカー希望小売価格で5万円程高いABS装備モデルは通常モデルよりも流通数が少ないのが通例ですが、MT-07のようにABS装備モデルが倍近く流通している車種は見たことがありません。
今後は、義務化に伴いABSが標準装備化されていきますが、高価なABSモデルをご購入されたオーナー様には、高価なABSモデルは新車価格に準じて買取価格も高くなるのか?気になるところだと思われます。
結果から申し上げますと、残念ながらABSモデルによる買取相場の上昇は殆どありません。
これはMT-07に限らず、通常モデルとABS装備モデルが併売されていた、どの車種でも同様なのですが、ABSモデルによる買取付加価値は相場的には殆どございません。
上記表が示している通り、50万円台の上値はMT-07 ABSは取引があり、通常モデルは取引がない価格帯となっていますが、走行10kmやフルカスタムといった車両が取引されていることを差引くと、 平均取引額が示すように、結論としては、MT-07もABSの有無によって買取査定額に有意な影響はないと言えます。

RM07J型|状態別の買取相場

当ページでご紹介させて頂いています買取事例は2014年モデルのMT-07標準モデルですので、(上段ではABS有無による相場差は無いとご案内差し上げましたが) 買取事例と同一のモデルであるABSなしのRM07J型に特化して、状態別の買取相場をご案内差し上げます。
  • ▼状態を表す評価点の目安|MT-07
  • 評価点7 新車に近い状態
  • 評価点6 とても状態が良く綺麗
  • 評価点5 状態が良く綺麗
  • 評価点4 若干の劣化や損傷あり
  • 評価点3 劣化や損傷が目立つ
  • 評価点1 事故車や不動車
MT-07(RM07J)|評価点別の取引相場
状態/
落札価格帯
評価点
7
評価点
6
評価点
5
評価点
4
評価点
1
45~49万円 2台 4台 2台 0台
40~44万円 5台 8台 13台 2台 0台
35~39万円 1台 3台 18台 3台 0台
30~34万円 0台 0台 2台 6台 2台
25~29万円 0台 0台 0台 4台 1台
20~24万円 0台 0台 0台 0台 3台
15~19万円 0台 0台 0台 0台 1台
10~14万円 0台 0台 0台 0台 1台
5~9万円 0台 0台 0台 0台 1台
(2018年5月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)
(MT-07 ABSを含まない通常モデルの数字)

■実働車の買取額は30万円台後半がボリュームゾーン

型式RM07Jで標準モデルのMT-07実働車は、直近の1年間に73台が取引されています。
最高額の47.8万円で取引されたのは2017年モデルで走行0.23万kmの極上車、最低額の25.2万円で落札されたのは2014年モデルで走行1.3万kmでエンジン回りにやや目立つ損傷のある転倒車で、 全73台の平均取引額は39.1万円となっています。

状態別に取引額の傾向はあるのか?評価点別に取引された価格帯を見てみましょう。
減点対象が殆ど無く新車に近い状態を意味する評価点7の車両は、40万円台に取引が集中しています。超の付く極上車であれば業者間市場で40万円台の値で落札される可能性が高いでしょう。
とても綺麗で状態もすこぶる良い極上車を意味する評価点6の車両は、30万円台後半から40万円台前半に取引が集中しています。極上車であれば業者間市場で40万円を挟んでの落札が想定されます。
綺麗で状態の良い良好車を意味する評価点5の車両は、、30万円台後半から40万円台前半に取引が集中しています。極上車であれば業者間市場で30万円台後半での落札が想定されます。
2018年現在では、最古モデルでも2014年式と僅か4年前でありながら、劣化や損傷などが若干目に付く評価点4の車両は、20万円台後半~30万円台前半に取引が集中しています。
若干の難が認められる車両は、業者間市場で状態に応じて30万円を挟んだ値段での取引が予想されます。
以上のように、MT-07では車両の状態を示す評価点と落札額に高い相関性があることが読み取れます。

上記金額は、買取査定相場の前提指標である業者間市場における取引額です。
査定現場での買取実勢価格を弾き出すには、業者の経費(出品手数料や運送費など)と儲けを差引く必要があります。
では、「業者の経費と儲け」は幾らを見込めばよいのでしょうか?
大型バイクの場合は4万円程度を差引いた額が、適正でお客様にとって適正な金額といえるでしょう。
業者間市場の相場データから4万円程差し引くと下記のようになります。
  • 適正な買取実勢相場|MT-07(※型式RM07J)
  • 評価点7 30後半~40万円台前半
  • 評価点6 30万円台半ば~40万円
  • 評価点5 30万円台前半~40万円
  • 評価点4 20万円台~

■修復可能な事故車の買取額は10万円台~

事故車や不動車を示す評価点1のMT-01は、直近の1年間に9台が取引されています。
内訳は全9台が実働状態にない事故車となっています。
21.2万円以下で落札された事故車が4台ありますが、一見して事故車と分かる状態。
一方22.7万円以上で落札された5台は一見すると実働車のように見えます。
事故車の買取実勢価格は、パーツ取りの全損事故車となると、残存パーツの価値に応じて数万円~。
商業的に修復可能なレストアベースの事故車になると、修復後の価値から修復費用を差引いて10万円台からの買取査定額となりそうです。

走行距離別の買取相場

最後に、買取事例と同一のモデルであるABSなしのRM07J型に特化して、走行距離別の取引額をまとめた表を下記にご案内差し上げます。

MT-07(RM07J)実働車|走行距離別の取引相場
状態/
落札価格帯
~0.3万km ~1万km ~2万km 2万km超
45~49万円 7台 1台 0台 0台
40~44万円 5台 18台 4台 1台
35~39万円 1台 11台 10台 3台
30~34万円 0台 1台 2台 5台
25~29万円 0台 1台 1台 2台
(2018年5月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)
(MT-07 ABSを含まない通常モデルの数字)

予想通りといえますが、敢えてご案内させて頂くと、走行距離が若いほど落札額が高く、走行距離が多いほど落札額が低い傾向がハッキリと読み取れます。
以上、年式別・走行距離別・状態別に業者間市場の取引データを使用してMT-07の買取相場をご案内させて頂きました。
上段でも述べさせて頂きましたが、表に記載されている業者間市場の取引金額から、査定現場での買取実勢価格を求めるには(業者の経費と儲けとして)4万円程度差引く必要がございます。
年式別・走行距離別・状態別に買取実勢価格を把握して頂ければ、査定現場での適正な買取額が見えてきます。
ぜひご売却の際の参考になさってください。

MT-07の買取相場

MT-07(ABSモデルとRM19Jを含む)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近6ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 113台
平均価格: 411,106円
最高価格: 596,000円
最低価格: 276,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 24台
平均価格: 241,833円
最高価格: 3150000円
最低価格: 75,000円

相場情報:2018年5月11日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

 MT-07いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
MT-07買取査定お任せください
買取査定お任せください

MT-07は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118